トップ 
      教室の四季

 秋 autumn

こちらでは教室の小さなお庭の四季の草花の様子をお伝えしていきます。

最後に更新した記事にはnewがついています。

10月11日
ハロウィン
小さな庭や、教室に
子供たちが喜んでくれる物を使い季節感が出せたら!!
と思い毎年色んな飾りつけをしています。

アメリカでは子供たちが魔女やお化けに仮装して
近くに家々を訪れてお菓子をもらったりする風習があるそうです。



今年は、教室の卒業生が、夏の剪定や、施肥を行ってくれました。

これから順次、美しい大輪のばらが咲き誇ることでしょう。

この薔薇は、かなり大きな剣咲き。

ややオレンジがかったピンクに、白のぼかしが不規則に入っています。

残念ながら品種名はわかりません

9月25日

朝晩はすっかり涼しくなりました。

見て頂けなくて残念ですが
奥庭に、秋の花の代表ともいえる、りんどうを植えました。

りんどうの根は、昔から胃薬として、漢方で利用されてきました。

竜の胆のように苦いことから、ついた中国名だそうです。

朝晩はすっかり涼しくなってきました。

春の七草は有名ですが、秋の七草は、
それほど知名度が高くないようです。

その内の一つ、ききょうです。

古くから愛され、万葉集にも登場します。

つぼみの状態は、まるで風船のようで、
英語ではバルーンフラワーともいうそうです。

根はサポニンを多く含む生薬として、
これも古くから利用されてきました。

裏庭ではカボスも実っています。

カボスはタネからでも比較的簡単に発芽します。

また成長が早いので、すぐに大きくなって実をつけてくれます。

ところで、教室には酸っぱいカボスを好んで食べる、
なぞの鳥がいます。

毎年どこからともなく現れて、
カボスを長い間枝にとまって食べています。

物置の脇にひっそりと育つ植物がありました。

かわいらしいオレンジの実をつけています。

名前が分からなかったのですが、
調べたところ、おそらく「ふゆさんご」だと思います。

植えた覚えがないのです。種が飛んできたのでしょうか?
毎年かわいい実を付けています。

 教室の前の公園。たくさんの思い出があります。
 今は高校生になっている生徒さんのお母さんが
 「10年前はシーソーをするのにこの子を1番後ろに座らせて
 私が前に座ってやっとバランスがとれたのに今では
 身長も体重も抜かされました!」と。
町内清掃
桜の葉っぱが落ちつくしたころ
毎年、町内で清掃をします。

この恒例行事が終わると寒い冬がやって来ます。
きれいになった公園。
我が家の愛犬がお散歩


春 夏 秋 冬

             HOME