トップ  レッスン概要
左手
  手の形
   一直線上で1mm単位で正確に置いてゆきます

 
始めは「指の場所」として覚え込みますが、だんだん耳で「音程」を覚えていきます。
   左手の形

 
脱力して手首をまっすぐに。 上から見ても、横から見てもだいたい45度になる。
説明: http://www.eonet.ne.jp/~violic/image/image316.jpg 説明: http://www.eonet.ne.jp/~violic/image/image148.jpg
  ストレッチング

  
 手が柔軟でないと正しい形は作れません。手の形が崩れたり、力が入ってしまいます。
小さい子も充分基礎やストレッチングのの大切さを理解して取り組んでいます。

  
  力を入れずにフォームが作れることが大切です。

 1、できるまで、2、できていても。出来るだけ小さいうちに(手が柔らかいうちに)手のモバイルエリアを広げましょう。