癒しのとき


こちらにまとめている「腹式呼吸・発声法」は、
研究と共に、随時、ちょこちょこ更新して参りますので、
すみれウクレレ倶楽部員は、時々、チェックしてね♪


俱楽部員さんには、是非、大切に心掛けて、
練習を積んで頂きたいことなのです。




緊張している時、不安な時、気持ちが高ぶっている時、ストレスに疲れた時、
ほっと、こちらに立ち寄って頂ければ幸いです。


最も簡単で、効果的なリラックス法・腹式呼吸法をご紹介します。
私達、すみれウクレレ倶楽部員にとっても、良き発声につながりますね♪






まず、背筋をまっすぐ伸ばし、おへそから指3本分くらい下に手を当てます。
この奥の「丹田」という場所を意識して呼吸することが大切です。


まず、吐くことから始めます。

口をすぼめて、糸を吐くように、
ふーっと、ゆっくりと、ゆったりと、細く、細く、長く、長~~~~~く、
息を、一定に吐いていって下さい。
お腹が、次第に、へっこんでいっくようにです。

お腹の中の風船が、しぼんでいくイメージです。
お腹の筋肉に、緊張感を感じます。


すっかり、完全に、100%、吐ききってしまったところで、息を止めます。


●●● 努めて長~く、すっかり全てを吐ききることが大切です ●●●


お腹の緊張を解いて、腹筋を緩めて、
鼻から息を、下腹部が膨らむように吸います。


吸う時間は、吐く時間より短く、
意識的に吸うというよりは、
「自然に空気が入ってくる」という感じです。
お腹の中の風船が、膨らんでいくイメージです。

すっかり慣れてきたら、
胴回りをビア樽のようにイメージし、
吸うにつれて、
体の周り、つまり、横や背中も膨らむように、
ズボンをはいた時にベルトがくる辺りが膨らむように。

この時、肩が上がってはいけません。


これ以上吸えなくなったところで、再び、息を止めます。


そして、再び、ゆっくりと、ゆったりと、ふーっと、息を吐いていくのです。



●●● 「吐くこと」に重点を置いて、意識するのです ●●●


胸にも手を当て、胸部が動いていないことを確認するのもいいですね。
動くのは下腹部だけです。


腹式呼吸が出来ているかどうかわからない人は、
仰向けに寝転んで下さい。
その状態での呼吸が、腹式呼吸なのですよ。
寝転がっている時は、誰もが腹式呼吸なのです。




慣れてきたら、是非、腹式呼吸に、次のことも加えましょう!!!

●●● 「吸う」時に、「口角を上げる」のです ●●●

「口角を上げる」だけで、
目や心は笑わっていなくても、
脳は、「今、幸せ♪」と勘違いを起こし、
セロトニンの分泌量が増えるのです。


セロトニンとは、「幸せホルモン」と呼ばれている神経伝達物質で、
リラックスや幸福感、安心感をもたらします。
また、免疫力も上げてくれます。


脳は、とっても騙されやすいのです。


本当に不思議と魔法のように、その瞬間、満たされた気分になるんですよ!



いつでもどこでも簡単にできる、
超効果的リラックス健康法・腹式呼吸
(吸う時に口角を上げる)を、
日常生活の中でも、どんどん取り入れていきたいものです。






最後に、
すみれウクレレ倶楽部員として、
腹式呼吸と共に、歌の発声について心掛けて欲しいことを、申し上げます。


「あくび」をした時のように、
口を縦気味に開き、顎を下げ気味に、喉を拡げて、
あたかも、教会のドームの内部のように、
口の奥の空間を拡げることが大切なのです。

ただ単に、前から見て口を大きく開けるのではないのです。

口の内部こそ、大きく、広く、
空間を拡げるようにするのです。

そして、声を、その広々とした空間の中で、意識的に共鳴させるのです。




                    



ウクレレサークル ウクレレ同好会 習い事  宝塚 ウクレレ教室 宝塚 すみれウクレレ俱楽部 ウクレレクラブ  近畿 関西 阪神 兵庫