大阪大学 産業科学研究所

生体分子制御科学研究分野 細胞グループ

Welcome to Cell Biology Group Homepage

Japanese/English../saito_2/English_Home.htmlshapeimage_1_link_0
 

News

メンバーリストを2017年度版に変更しました。(4/1 ’17)

日本医療研究開発機構AMED-CRETの研究課題に採択されました。(11/1 ’16)

一緒に研究をしてくれる学生さんを募集しています

所属は大阪大学薬学研究科の細胞生物学分野になります。


阪大薬学部以外の方には一般入試以外に特別入試があります。
特別入試は学部の成績とTOEICに加えて、口述試験のみで合否を判定します。
興味のある方は下記リンクの募集要項を参照してください。

http://www.phs.osaka-u.ac.jp/testtakers/exam.html

学振特別研究員などのでの研究へ参加や共同研究も歓迎します。
ご質問などは西毅まで直接ご連絡下さい。


細胞グループメンバー(2017年度)

准教授     西 毅  博士(理学)  トランスポーター全般(ATPaseを含む)

    (大阪大学研究者総覧へのリンク) の生理的役割と構造機能相関の解明

特任研究員   西 晶子 博士(理学)   液胞型ATPaseの構造機能相関
(非常勤)

現在学生はおりません。当分野での研究に興味のある方はいつでも連絡してください。

研究概要 (作成中)

 トランスポーターオリエンティドな創薬を目指しています。
  1) 脂溶性および両親媒性細胞間情報伝達物質の細胞外放出輸送体の同定と
   それら輸送体を標的とした創薬

  2) オーファン輸送体の生理的役割の解明に基づく創薬

  3) 細胞内、細胞外酸性化機構の解明とpH調節機構を標的とした創薬

細胞グループOB/OG

現在の主な研究内容と主な論文(全論文リストはこちら)


・脂質メディエーター等の両親媒性情報伝達物質の細胞外放出機構の解明

      J. Lipid. Res. 57, 2088-2094 (2016)
      Biochim. Biophys. Acta -Mol. Cell Biol. Lipids 1831,  759-765 (2014)
      PLoS ONE 7(6), e38941 (2012)
      J. Biol. Chem. 286, 1758-1766 (2011)
      J. Biol. Chem. 284, 21192-21200 (2009)
      Science 323, 524-527 (2009)
      J. Lipid. Res. 47, 614-621 (2006)

・オーファン輸送体の生理的役割の解明
       Biochem Biophys Res Commun. 395, 387-394 (2010)    
       Mol. Cell. Biol. 25, 4138-4149 (2005)

・液胞型プロトン輸送性ATPase(V-ATPase)の機能と構造の解明
       J. Biol. Chem. 278, 46396-46402 (2003)
       J. Biol. Chem. 278, 41908-41913 (2003)  
       J. Biol. Chem. 278, 12985-12991. (2003)
       J. Biol. Chem. 278, 5821-5827. (2003)
       Nature Reviews Mol. Cell Biol. 3, 94-103. (2002)
       J. Biol. Chem. 276, 47411-47420. (2001)
       Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 98, 12397-12402 (2001) 
       J. Biol. Chem. 276, 34122-34130. (2001)
       J. Biol. Chem. 276, 17941-17948. (2001)     

       J. Biol. Chem. 275, 6824-6830. (2000)
       J. Biol. Chem. 274, 14655-14661. (1999)