ブレーキキャリパー クロモリ締結ボルト レイデント仕様


SCM435(クロモリ)を鍛造(冷間圧造) ネジ部は転造  ボルト頭をNC旋盤にて切削加工
表面仕上げには下地に無電解ニッケルめっき処理し、その後にレイデント処理を施しています


テーパータイプ
M8-P1.25 品番 長さ(mm) 価格(税別)
RT-8035 35 \690 全ネジ
RT-8040 40 \700 半ネジ
  RT-8045 45 \720 半ネジ




ご注文は こちら からお願いします



高強度ボルトへの交換
オートバイのカスタムが進むと『ボルト交換』に出会います
高負荷のかかった時に『逃げてしまってた力』を高い締結力により受け止めます
一番に思い浮かぶのは64チタンボルトなのですが、高価なので数本交換しただけで万単位の金額になってしまいます

そんな64チタンボルトと同等の引張強度をもつクロモリボルトなら1/10の金額で同等の効果が得られます
確かに重さではチタンボルトに敵いません  
しかし一般に市販されてるステンレスボルトと比べると僅かですがクロモリの方が軽いのです

ステンレスボルトの誤解
一般的に誤解されてるナンバー1は『ステンレスボルトが強いと思われてる』って事。
ステンレスのボルトをお持ちなら頭部を見ていただくとA2-70(A2-50)と刻印があると思います
A2は材質がオーステナイト系ステンレス鋼である事を表しています  
その後の70が強度を表します この場合は引張強さが700N/mm2という事です
弱くはないですが、決して強い訳じゃありません

最小引張破断荷重
ネジ径  ネジの有効断面積  クロモリボルト クロモリボルト オーステナイト系ステンレス鋼
 強度区分 10.9   強度区分 12.9  強度区分 70
 単位 mm2  単位 N  単位 N 単位 N
 M5 14.2 14200 17040  9940
 M6 20.1 20100 24120 14070
 M8 36.6 36600 43920 25620
 M10 58 58000 69600 40600
 M12  84.3 84300 101160 59010
例えば M8ボルトの有効断面積は 36.6 である  その値に引張強度を掛けると・・
10.9 クロモリボルト 36.6×1000=3600
12.9 クロモリボルト 36.6×1200=43920
A2-70 ステンレスボルト 36.6×700=25620

※パドック クロモリボルトは強度区分12.9となっております

トップページ