キマダラカメムシ(黄斑亀虫)
Since 2010/08/28
Last updated on 2015/11/02


 2010年8月26日、畑(兵庫県相生市)に植えているスモモの幹に、見慣れない昆虫が4匹張りついていました。外観から、カメムシの1種だろうと考え、手持ちの昆虫図鑑を繰ってみましたが、該当するようなカメムシは見つかりませんでした。

 インターネットで調べて、キマダラカメムシの幼虫と分かりました。外来種の大型カメムシのようです。戦後、長崎周辺から九州一円に広がり、近年は中国地方や近畿圏でも観察されています。確かに、在来種とは一味違った文様をしていると思います。

 果樹や農作物にとっては害虫になる可能性が大きいので、ピンセットでつまんで、水を1/3ほど入れたガラスビンに落とし、水葬にしました。その際、予想通り、相当な悪臭を感じました。 


【増補】2015/11/02 :成虫の画像(1枚)を下に追加しました。自宅の物置で見つけた個体です。 


「生きもの便り」に戻る

メールはこちらへ
tonbiiwa@gmail.com