水晶体 by 眼力

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. 水晶体

水晶体とは

水晶体は眼の中にあって、外界から入ってきた光を透過させ、網膜に結像させるレンズの役割をはたしている。主として,上皮細胞と上皮細胞が脱核してできた線維から構成されるという特異な器官であり、代謝はない。

何十年にもわたって水晶体の透明性を維持できるのは、線維の整然とした配列と水晶体タンパク質の秩序だった構造が保持されているためである。

水晶体は、水(65%)とクリスタリンたん白質(35%)からなりたっています。成分のほとんどが水分なので、「 目には乾燥が大敵 」なのがよくわかります。

厚さは約4mm前後で、直径は約9mm。無色透明で、凸レンズの形状。眼球における屈折力の1/4から1/3を担っている。
血管や神経は全くありません。そのため,他の器官のように血液から栄養をとるのではなく,房水から栄養をとり,いらなくなった老廃物を房水の中にもどしています。

毛様体筋とつながり、毛様体小帯(チン小帯orチン氏帯)で支えられている。
近くを見るときは毛様体筋が収縮し、毛様体小帯が弛緩することで水晶体が厚くなり、ピントが遠くに合うようになる。
遠くを見るときは逆に毛様筋が弛緩し、チン小帯が引っ張られることで水晶体が薄くなり、ピントが近くに合うようになる。

長時間近くを見続けるなどすると緊張により一時的に元に戻らなくなることがある 。この状態を「仮性近視」と呼び、常態化すると近視となると言われている。スマホ近眼と言われるのはいわゆる「仮性近視」

水晶体は加齢とともに硬くなるため、焦点を調整することが困難となります。これが、老眼の元です。目薬で乾燥を防ぎ、水晶体にやさしい行動をとるように心がけましょう。

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. 水晶体