黄斑 by 眼力

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. 黄斑

黄斑とは

はっきり見るために

黄斑水晶体の真後ろ、網膜の中心部に位置します。
おびただしい数の細胞で形成されるごく小さな部分で、読書したり物体をはっきりと見るために必要な高解像度視力を生みだす助けとなります。
黄斑色素が網膜を守ると考えられ、眼の健康状態は黄斑色素濃度によって測られてきました。

黄斑や水晶体には、ルテインゼアキサンチンが存在しています。これらは、各部が正常に機能するために重要な栄養素で欠かすことはできません。

加齢黄斑変性

最近、よく聞くようになりました。これも、高齢化社会が進展したことによるのでしょうか?

よくいわれる症状が、「物が歪んで見える」。自分がこの病気になって歪んで見えたわけではないので、実際の映像はわかりかねますが、「ぐにゃ」と曲がった映像には驚きを隠せません。こんな風に見えるようになると、お先真っ暗になりますね。

手術である程度はよくなるようですが、完全に回復はしないようです。なので、早め早めの対応が鍵になります。違和感を覚えたら、すぐに眼科へ。
そして、定期的に、片目で物を見るようにする。確認のためです。片目で生活をするわけではなく。気づいたときに片目で物を見る。これだけで症状が現れているかどうかわかるときがあります。

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. 黄斑