視力回復にはゼアキサンチン by 眼力

ゼアキサンチンで視力回復

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. ゼアキサンチン

ゼアキサンチンとは

ゼアキサンチンはルテインと共にヒトの網膜黄斑に存在するカロテノイドとして知られています。
物性的にはβ-カロテンに酸素原子が導入された構造を有し、ルテインとは構造異性体の関係にあり、ルテインと同様に、ケール、ほうれん草、卵黄などに豊富に含まれています。
自然界にある600種類以上のカロテノイドのうち、網膜の黄斑部にはルテインとゼアキサンチンだけが存在し、青色光を吸収し、それによる傷害を防止するとともに、抗酸化作用により網膜に有害な脂質の過酸化を防いでいると考えられています。

存在部位から見ると、ゼアキサンチンの方がより黄斑変性症の予防に寄与しやすい位置にあるといえます。
網膜には錐体細胞と杆体細胞の2種類の視細胞があり、錐体細胞は黄斑の中心部に、杆体細胞は黄斑の周辺部にあります。錐体細胞は明所視での光覚を司り、杆体細胞は暗所視での光覚を司るとされています。
また脂質の酸化防止力においてもゼアキサンチンが他のカロテノイドより優れていると報告されております。
特に体内で酸化傷害に重要な働きをしているペルオキシ亜硝酸塩に対する防御作用が確認されているのは、ゼアキサンチンだけです。
2003年の英国の報告では、黄斑変性症を低下させる因子として、ゼアキサンチンの方がルテインより高い相関関係を示しています。
これらのことから、ゼアキサンチンが黄斑部に多く存在し、かつ優れた抗酸化力で黄斑部を守っているカロテノイドと思われます。

ルテインを

黄斑や網膜に多く含まれるゼアキサンチンを摂取する方が良さそうに思われるかもしれませんが、ルテインは体内でゼアキサンチンの立体異性体であるメソゼアキサンチンに変換されます。
メソゼアキサンチンは、黄斑部でゼアキサンチンと同じように働くと考えられています。
従って、ルテインを摂取すればゼアキサンチンも自動的に補給されるという訳です。

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. ゼアキサンチン