杜撰なレーシック手術

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. 杜撰なレーシック

レーシックの失敗例

東京都中央区にある診療所においてレーシック手術を受けた患者が感染性角膜炎などを発症しました。
院長は開院以来、手術器具の滅菌装置を一度も点検していないことが分かりました。更に使い捨てにすべき患者用手術着の使いまわしも判明しました。
今回の件は、角膜の表面を薄く切る道具の先端を高温で滅菌する装置の故障が一因である可能性が高いようです。
メーカーの調査によると滅菌温度が十分に上がらない不具合が確認されました。更に、手袋を着用せずに手術した事があるほか、手洗い用の消毒液についても薄めて使っていたようです。

それにしてもあまりにも杜撰な管理体制に呆れました。
レーシック手術は、今まで安全だとされてきました。しかし、この事件によりレーシック手術が危険な手術だと考えられるようになりました。その責任は非常に重いです。
ただ、手術器具を正しく管理し使用すれば、全く問題は無さそうです。レーシック手術をするなら、今まで多くの実績を積んだ大手の眼科を勧めします。そして、治療をするなら、その前に、説明を聞きに行き、病院を目で見て判断するようにしましょう。

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. 杜撰なレーシック