視力回復とドライアイ

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. ドライアイ

ドライアイとは

目の渇きを感じたら、どうしますか?大抵の人は、目薬を指しますよね。
でも、目薬は目の健康にあまり良くないって知っていましたか?

ドライアイとは、涙の量が減ったり、涙の成分が変化したりして、目が乾く症状です。
目の疲れやかすみ、痛みなど、不快な目の症状の原因の60%が「ドライアイ」と言われています。

涙の主成分は水ですが、涙は「ムチン層」「水」「油層」の順に3層構造から成る薄い膜構造を形成しており、角膜の表面を覆って目を守っています。

角膜と水の間にあるムチン層の「ムチン」は、のりのような成分で、目の表面から水が重力で流れ落ちるのを防いでいます。
また油分は、水の蒸発を防ぐ役目を持っています。
涙には、乾燥を防ぐだけでなく、細菌やウイルスを殺したり、ゴミなどの異物を流したり、目の表面(角膜)に栄養を補給したりする重要な役割があります。

このように、涙は、目の健康に欠かせない存在です。
しかし、「目薬を差す」という行為は、この重要な涙を洗い流してしまいます。
たしかに、目薬を差した後は、爽快感を得ることができます。
目の渇きが消えます。
しかし、目薬の差しすぎは、目の健康を考えた場合、NGです。
あくまでも差し過ぎですよ、異物が混入したり、目が乾いて乾いてしょうがないなど一時的に水分を補給する場合は、別問題です。
また、部屋の乾燥によっても、ドライアイを誘発しますので、加湿器を置くなどして、乾燥を防ぐことが大事です。
ドライアイを防ぐ一番簡単な方法があります。
まばたきです。
簡単ですね。
直ぐに実行しましょう。

応急的に目薬

目薬が目のために良くないとはいっても、今必要な乾きにたいしての応急的な使い方には最善な方法です。継続してだらだらと続けるのはよくないですが、その一時しのぎとしての使い方なら「目薬」しかありません。

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. ドライアイ