視力回復とコラーゲン

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. コラーゲン

コラーゲンとは

コラーゲンは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨、硝子体角膜網膜などを構成する蛋白質のひとつです。
体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全蛋白質のほぼ30%を占める程多い。
また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されています。
ゼラチンの原料はコラーゲンであり、化粧品、医薬品などにも様々に用いられています。

コラーゲンは、様々な結合組織に、力学的な強度を与えるのに役立っています。
若干の弾力性もあります。
特に、腱の主成分は上述のコラーゲン線維がきちんとすきまなく配列したもので非常に強い力に耐えることができます。
腱には、筋肉が発生した引っ張り力を骨などに伝え、運動を起こす際に非常に強い力がかかります。
また、骨や軟骨の内部では、びっしりと詰め込まれたコラーゲン細線維が、骨や軟骨の弾力性を増すのに役立っており、衝撃で骨折などが起こることから守っています。
また、皮膚の弾力性や強度に役立っている、などがあります。
こうした従来から知られている機能とは別に、コラーゲンが、それに接する細胞に対して、増殖、分化シグナルを与える、情報伝達の働きも担っていることがわかってきました。

要る?要らない?

必要か

コラーゲンを積極的に飲む・食べることで、軟骨のコラーゲンも新陳代謝が活発になります。
そして、関節も強くなります。
プラハ(チエコ共和国)のリウマチ研究所は、コラーゲンをとることで、患者の関節の痛みを和らげることができた、と報告しています。

不必要か

コラーゲンを多く含む健康食品が、皮膚の張りを保つ、関節の痛みを改善するなどと宣伝されていることがある。
しかし、その有効性について科学的に十分な証明がされている事実はなく、この点でマイナスイオンなどと同じく疑似科学とされる。
また、コラーゲンはタンパク質の一種であるから、消化作用によりその構成単位であるアミノ酸まで分解されないと体内に吸収されないし、また分解されたアミノ酸が必ずしも体内で再びコラーゲンに生成されるとは限らない。
そもそもタンパク質をはじめとした栄養を含む食品類をバランスよく摂っていれば体内で合成することができるので、健康食品で補う意義は乏しいと考えられる。

どっちなの

コラーゲンに対しての、二つの意見があります。
一方は、必要。
片方は、コラーゲンは必要だけど、コラーゲンの経口摂取は、科学的に十分検証されていないので、必要ないんじゃないかという意見。

では、どちらが正しいのでしょうか?
現時点では、どちらも正しいのではないかということです。
一ついえることは、コラーゲンは、体内の健康維持、器官向上に必要不可欠な存在だということです。
その意味において、コラーゲンを含む食品を食べる。
バランスの良い食事を心掛けて、ビタミンCを積極的に摂取して、体内でコラーゲンを合成させるようにする。
などの対策が必要では、ないかと思います。
ただ、加齢とともに、コラーゲンの新陳代謝が衰えてくるので、その時には、コラーゲンの経口摂取が有効ではないかと考えます。

  1. 眼力
  2. 目の健康
  3. コラーゲン