輻射で冷えを緩和・改善

女性の8割・男性でも4割の人が冷えの自覚があると言われて、冷え性は「血行不良」です。
何故?血行不良が起こるのでしょうか?何故?女性に多いのでしょうか?

筋肉量の違い

筋肉が収縮する事でポンプの働きを行い、血液をからだ中に送りだしからだを温めていきます。女性は男性に比べて筋肉量が少なく、ポンプの働きが弱い為血液が行きにくい手足が冷えていくことで冷えると言われています。

輻射で冷えを改善

昔から、「頭寒足熱」と言われていまが、冷えを改善するポイントがたくさん詰まっています。頭を冷やすと身体は体温を上げようとするので、手足の先側まで血液を流そうとするので、血行が良くなり身体が暖まっていきます。逆に足元を冷やしてしまうと、ふくらはぎを冷やすことになってしまいます。

ふくらはぎは、第二の心臓と言われ下半身の血液を、心臓に戻す役割を担っています。ふくらはぎを冷やすことで、血液のめぐりが悪くなり、冷えやむくみに繋がります。輻射で暖房することで、上下間の温度差がほとんどなくなり、足元を冷やすことなく暖房できます。

夏も冷えがある・冷房病

夏にも冷えになる事があります。「冷房病」と言われる症状です。夏は汗などで身体の熱を外に逃がし体温を調整しようとします。この時、血管を広げ熱を逃げやすくします。ただ、冷房の効いた部屋でも身体は夏の身体になっているので、熱を外に逃がそうとしますが、そうすると身体が寒くなったり、冷房のきいた、部屋と熱い外を行き来する事で、自律神経のバランスが崩れ、肩こり・だるさ・などは、冷えにより引き起こされる症状です。

冷暖房時の適正温度

夏の冷房時の適正温度は、25℃~28℃で湿度60%前後で風速0.3m/秒以下と言われています。体感になるので「寒い」と感じないと感じる温度が好ましいと思います。

冬の暖房時の適正温度は、18℃~20℃で湿度60%前後で風速0.3m/秒以下と言われています。輻射式冷暖房システムや床暖房で冷暖房を行う事で、この温度や湿度を維持する事ができます。輻射で冷房・暖房する事で快適で身体にも優しい冷暖房を行う事ができます。

ふく射の快適性

輻射で冷暖房を行う事で、身体に優しい冷暖房が可能になります。輻射は空気を、直接温め・冷やしたりせず適度な湿度を残してくれます。前項でも書いたように適度な湿度は冷暖房ともに50%~60%程度で、輻射システムはお肌にも優しい冷暖房設備です。

快適でからだに優しい冷暖房生活はじめませんか?

女性にも男性にも優しい冷暖房!それが輻射の魅力です!