新月の光と遊ぶ子どもかな

鮎を煮つ好きなものには一癖ありて

マフラーを巻いて理性はここに在り
 

短歌をやり始めると同時に俳句も。
季語など無視している
川柳っぽいものもあります。(短歌もですが)
五・七・五だけで世界をつくれる人はすごい。
いざつくりだしてみるとそれを実感。
私の場合、短い日記みたいなものかもしれません。
よろしければ最近のものからどうぞ。

俳句