2010年 9月

TOPPAGE

ふと思ふ他の土地にて暮らすこと



夕凪にマイナス思考の月曜日




現実が吾の足元を照らしたる




満月に立ち尽くしたる現実を見よ




夏深み新芽の色の淡くある




処暑過ぎて暑さを処すること為らず




夜も更けて猫の喧嘩の眠り妨ぐ




一房の葡萄自然のつくりたる




秋雨の降り出したるまだ薬雨



夕散歩腕にふはりと蜘蛛の糸




高い空何かできそうな気がして




もう少し踏み入りたいか秋の月




秋初め曇り或いは何もない空




ブログ読むあなたの時間が流れ込む




朝は広い私の頭を突き抜ける程




ほつとする考え事や祖父と恋




けさの秋人生のリズムもこのように




残照のまた新しく待つ日かな




待ち時間ぽかりと浮かんだ月のよう




古ることの年を経てこそ重くある




ふっくらとやはらかき手の赤子かな




失恋を越え友人はうつくしくなる




木漏れ日のさしたる先を待つ日かな




秋風に朱を添へたる彼岸花





東京にて

祝日の衆院議院静かなり


赤門の意外と大きく見ゆるかな


下車多き霞が関にひとは住みたり