2010年 2月

TOPPAGE

横断歩道に埃をかぶった手袋がひとつ





はれやかに横顔涼し舞一つ







 大阪城公園の堀にて


群れ遊ぶ飛翔する翼を持ちながら





 木の下にて


空にひび声を枯らして叫ぼうか



空にひび今日はすっかり忘れたい




よんでいる埋もれている静けさと




呼ぶ声のしょうがないかとなく千鳥





さすらえどさぶらふなかれわがことば




かたりたい何も言えない深い空には




待ちぼうけ人の心と夏の空には





呼んでいる懐かしき問い今さらに




呼んでいるはるかな問いが沈黙のまま





呼んでいる世代を越えてはるかに遠く





打てない手白紙のままの私の頭





空とぼけすっかり春となりにけるかな





見渡せば花も嵐もなかりけり







 河川敷を散歩中に



柔らかく陽光風が吹きすぎる







少年の時に鋭くさしとおす





寛いで懐かしすぎる浜辺かな





寛いで時のしじまに欠伸かな





今日はうたが漂うにちようび





間隔を保ってゆきすぎる自転車の群れ





やわらかなまなざしひとつ持ちてゆく





癌になり結婚すると友人がぽつり




はりさけんばかりに胸がいとおしい





極端にはりさけそうな胸の内





桜桃今年も小さき春かとぞ見ゆ





夕月夜大きく見ゆる底の底へと





虚と実となくなりそうなこのところ





 月によみて


打ち明けたあとに感ずるなつかしさ



打ち明けたあとに気づいた空っ風





 星によみて

うち明けた跡も気づかず大空の解



うち明けた跡に気づくか大空の解



うち明けたあとも気づかず星のむれゆく