速く走るコツを掴む練習方法で  短距離走に勝つ!  速く走る為の理想的な方法  その秘密が今明らかになる! 

短距離走でライバルに勝てる 速く走る方法はコレだ!   > 速く走るコツ!
 

 スポンサードリンク

スポンサードリンク

  

 速く走るコツを掴む練習方法で短距離走に勝つ!

 
速く走るコツを掴む練習方法で短距離走に勝つ!

 それでは、具体的な方法を説明しますが、 「えっ!これだけで?」と、思うかもしれませんが、 かなり期待できる方法なので是非実践してみて下さいね。
速く走る為の理想的な方法ですが、これは、 あのオリンピック金メダリストのウサインボルト選手を 見て気づくかもしれませんが速く走るには、 大きなストライドと速い足の運びです。 ですから、それを意識して下さい。
では、速く走るコツを掴む練習方法です。

1)少し大股気味に走ること!
これは、遅い子供は足の運びが悪いので、 速く走ろうとして逆に歩幅が小さくちょこちょこ走る感じになりがちなので、 足を高く上げるとか、ももをあげるという指示では、うまく走れないのです。 そこで、いつもより歩幅を大きく走りないさいというだけで、 走る基本をマスターできるのです。

2)腕を大きく前にすばやくふること!
これは、腕をふることで足を運ぶためには、 フォームを気にするよりも腕を少し前に押し出す感じで速くふると足がおのずとついてくるのです。 陸上選手のフォームをイメージするとわかりやすいと思います。 だから、イメージトレーニングも必要なのです。

3)緩やかな坂道ダッシュ!
これは、スタート時のスピードアップのためです。 坂道を走った後で平坦な道をダッシュすると、スピードが出るのがわかります。

4)ゴールラインよりも5〜6メートル先まで力を抜かずに走りぬく!
これは、足の遅い子供達はゴールラインに近づくと、スピードが落ちてしまうことがあります。 それは、脳が「走るのはここまで」という指令を無意識のうちに出しているのです。 だから最後まで走っていても実はスピードに乗りきれないのです。

以上、4つのことを意識して練習してみましょう。 今までよりも速く走れるようになりますよ! もちろん、ちょっとの努力は必要ですが・・・。  但し、がんばりすぎて、足を痛めないように注意しましょうね!

また、体力的なことも考慮して、とにかく簡単に足が速くなる方法を試すなら、
  速く走るコツを掴む練習方法の特徴マーク >>> ランニングマスターで走り方を極めるのもいいかもしれませんね。

 速く走るコツを掴む練習方法の特徴マーク速く走るコツを掴む練習方法の特徴マーク速く走るコツを掴む練習方法の特徴マーク ■■■  速く走るコツ!! ■■■ 


 マラソンなどの長距離走の走りとは違う

速く走る

言うまでもないことですが、
50m走や100m走などの短距離走では、 マラソンなどの長距離走の走り方とは違い、 一気に駆け抜ける筋力などの違いが現れますが、 小中学生ぐらいまでならある程度は克服できます。



     速く走るコツを掴む練習方法の特徴マーク マラソンなび!



 スタートから差がつく短時間で出来る最速走法

 

   速く走るコツを掴む練習方法の特徴マーク  詳しくは >>> ■1時間で足が速くなる方法 へ!


>>>■□■男子100m 陸上競技が熱い!■□■<<<

スパイクはアシックスのサイバーエッジのようですね。

■□■ ↓↓↓ ちなみに、こんなやつです。↓↓↓ ■□■

トップスピードを最後まで維持するスプリントスパイクのフラッグシップモデル!


   速く走るコツを掴む練習方法の特徴マーク  詳しくは >>> ■桐生 10秒01 へ!




>>>■□■注目ニュース■□■<<<


【 1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法 】!!詳しくはコチラ!




スポンサードリンク


小学校の運動会で1番
を目指す子供たちや、
中学校、高校の陸上部で
短距離走に真剣に取組む
生徒たちのために開設。

速く走る方法はコレだ!

小学校の運動会で1番
クラスや部活のヒーロー
になる最短の方法!

それは、
 「足が速い!」

 誰もが憧れる人気者!