本文へスキップ

アダルトチルドレン/夫婦問題/発達障害/うつのご相談/カウンセリング・sst・認知行動療法は大阪市中央区・山手心理相談室へ。 

phone06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

 登録商標山手心理相談室 大阪/本町

カウンセリングとトレーニングTRAININGE

トレーニングご希望の皆様へ

トレーニングの前にご覧ください

よく、「トレーニングはどれくらいの期間通う必要がありますか」「カウンセリングはトレーニ
ングとどう違うのですか」とお問い合わせをいただきます。

 SST 大阪  SST 神戸  SST 堺

まず、山手心理相談室ではカウンセリングでお悩みをお伺いし、その際のお話やテスト結果など
を勘案して弱点改善のためにSST(トレーニング)を併用しています。

トレーニングについては人それぞれ方法や期間が違いますが、手術などと対比してみると、がん
などの治療ではある程度期間の目安があります。手術室から退出すれば、あとは一定期間安静に
していれば「寛解(かんかい)」状態になりますから、目安を伝えることが可能になります。

ところが、手術後リハビリテーションが必要な場合はどうでしょうか。言うまでもありませんが、
リハビリテーションとは、身体的、精神的、社会的にベターな生活水準の達成を目指しています
が、ある程度時間を限定した過程でもあります。

リハビリの期間は、骨折などのケガやがん・脳出血などの病気かという区別、あるいは患者さん
の年齢や性別などによって異なります。ただ、共通の目安としては、国が定めているケース毎の
リハビリ実施期間というものがあります。残念ながらスキルトレーニングには目安期間はありま
せん。(できるだけお伝えするようには努めています)

山手心理相談室のアダルトチルドレン・発達障害改善への取り組み


山手心理の「発達障害改善」というのはリハビリに近いものがあります。クライエントさんそれ
ぞれの状態・能力などにあわせてそれぞれベターな状態になっていただけるように取り組んでい
ます。

まず発達障害とは何か、発達障害とはどのような症状を指すのかといった点を考えてみる必要が
あります。

ありがたいことにメディアから取材にお越しいただくことがありますが、さて、どこまで発達障
害について理解されているのかなという場面に行きあたります。発達障害の方が健常者同様(あ
るいは以上)にコミュニケーションができたり、仕事が数倍できるようになったりするのですか
という意味のことを確認されるというケースです。


実際には、発達障害は先天的な脳機能のアンバランスさのために、日常生活に支障をきたしたり、
程度によって単独では生活できない場合もあります。


発達障害には大きく分けて次のような種類があります。


自閉症(高機能自閉症を含む)

アスペルガー症候群

ADHD(ADDを含む)

広汎性発達障害(PDD)

LD(学習障害)



アダルトチルドレンも、原因は違いますが同じようになる場合も多いです。また、両者が絡み合
うこともあります。


改善に必要な条件


トレーニングができないケース

下記のように症状が重い、あるいは身体症状が重複している場合は、トレーニングが行えないだ
けでなく、ご来室いだだくというだけで体調が悪化することもあります。カウンセリングより多
くのストレスが発生しますので、うつなどの症状を先に改善していきます。(必要な場合は、一
緒に医療機関をお探しします)

トレーニングには(人それぞれですが)相当(3ヶ月以上)の日数が必要です。その間の金銭的
負担・時間的制約など諸条件を調整しなければ、せっかく改善してきたころに継続できなくなる
といったケースも発生しています。

特に、ご自身の体調にはご注意いただき、体調がわかりにくい方はできればご家族の方とご相談
の上お越しください。

☆パニック発作が頻発する・うつが長期化している等、朝起きてみないとその日の体調が
 判断できない。

☆発達障害の程度が中度以上。(言葉を聞くと頭痛がする・音は聞こえているが外国語を
 聞いているような感覚あるいは言葉が口にできないなど)

☆身体的な疾患があり、その疾患が原因でうつやパニック症状が発生する。



トレーニングが継続不可能なケース

☆さまざまな課題の意義が理解できない。(学力が関係することもありますが、意外な点
 から判明することも多いです)

☆一般の方(健常者とは限りません)と同等、またはそれ以上を目指したい場合。(話し
 方教室などをお勧めしています。山手心理で「現状以上」は可能ですが、専門的なこと
 はその道のプロに師事してください)

☆依存傾向が顕著で、トレーニングの成果を日常生活に応用できない。



これらの場合は、途上であっても継続をお断りすることがございます。特に遠方の方の場合、1
回ごとの面談が重要になりますが、無理をされて体調を崩し、当日もホテルに宿泊することにな
ったというケースも発生しています。トレーニング・カウンセリングは万能ではありません。無
理せず、じっくり取り組む状態にすることが大切です。

(遠方の方の場合は電話・メールでフォローさせていただきます)