本文へスキップ

アダルトチルドレン/アスペルガー症候群/発達障害/うつのご相談/カウンセリング・スキルトレーニング・認知行動療法は大阪市中央区・山手心理相談室へ。 

phone06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

 登録商標山手心理相談室 大阪/本町

カウンセラープロフィールHEADLINE

中村秀樹カウンセラーについて

はじめまして。カウンセラーの中村です。いざカウンセリングを受けようと思っても、ではどんなカウンセラーか分からなければ不安になってしまいます。

このイラストは結構似ていると評判なので、実際に顔出しするよりも効果的かなと思っています。

白衣こそ着ていませんが、だいたいこんな雰囲気で「一緒にやりましょう」をモットーに日々励んでおります。よろしくお願いします。

個人ブログは休止中です。
 

QアンドA

○経歴を教えてください。

 大学卒業後、20年以上上場企業に勤務しました。そこでは営業をはじめさまざまな仕事に携わってきま
 した。相談業務に従事した期間も5年以上あります。また、勤務中は営業することができませんから、い
 のちの電話相談員や民間NPOの相談員を経験しました。

 平成19年に相談室を開業。当初は催眠療法とカウンセリングを併用した相談室にしたいと思っていまし
 たが、発達障害にかかわるうちに催眠療法よりSST(ソーシャルスキルトレーニング)が有効なことを
 発見し、現在では社会人経験を生かした現実的カウンセリング(登録商標)を中心に活動しています。

 今も昔も、カウンセリング=傾聴することという常識がありますが、実際には経験のないことをイメージ
 してアドバイスすることは難しいです。また、カウンセラーを10年以上行っている方は、いつも自分よ
 り「弱い」方を相手にしているので、学校の教師のような口調の方がとても多いです。

 資格だけはたくさん所有しています。よく「未来が見えない」という方がおられるのですが、私も同じよ
 うな状況になったことが(笑)あります。その時に取得した資格(表面よりも中身)がこの仕事を行う上
 でとても役に立っています。

 宅地建物取引主任者・社会保険労務士・中小企業診断士・行政書士・税理士科目合格3種をはじめ、飽き
 っぽい(!)のかあれこれ違う種類を勉強しました。カウンセリング関連の資格としては、産業カウンセ
 ラーと催眠療法士を取得しています。

 開業後、カウンセリングで体得したものや所有する資格の知識だけではクライエントさんの信頼を得られ
 ないことに気づき、精神科医や脳神経外科医さん・教育関係者の教えをいただきながらカウンセリング界
 の常識を大幅に超える数の面談をこなしてきました。

○料金が安ければカウンセリング能力も低いという方もおられますが。

 現在大阪地区ではかなり低価格での営業を行っています。これは、社会経験もなく学術理論偏重のカウン
 セラーがあまりに多く、また料金設定についても高所得の方しか対応できないような価格設定になってい
 ることに疑問を抱いたためです。カウンセリングやスキルトレーニングは1回で完了するものではありま
 せん。

 催眠療法などでは1回3時間5万円というケースもありますが、クライエントさん(カウンセラーもです
 が)が緊張を維持できる時間は1時間程度ですから、あとはお金と時間を無駄にするように感じます。山
 手心理の料金設定は、「一人でも多くの方に・続けていただきやすい料金」と考えています。

 また、カウンセリングを続けるために必要なものの一つに「相性」というものがありますが、当相談室で
 は地域に関係なく多くの方がお見えになっています。こればかりはお越しいただけないと分かりませんが
 レベルが低いとここまで多くの方に信頼されないようには思います。

 一人でも多くの方とお会いしたいと思っています。最近はご予約が多く、ご希望の時間帯に対応できない
 こともありますが、ぜひ一度連絡をしてみてください。お待ちしています。

      料金確認⇒     カウンセリングご予約⇒    

 *大学院の学生さんや公共カウンセリングではもっと安い(または無料)のところがあります。

 *有名カウンセラーのフランチャイズは、そのカウンセラーに対する上納金(笑)を含んだ料金設定にな
  っています。弟子ならまだしも、フランチャイズ契約を結んだだけの方が担当するケースなどは「高か
  ろう・悪かろう」ということもあります。


発達障害について

○なぜ発達障害に興味を持ったのですか。

 いまでも、別に発達障害専門カウンセラーではありませんが、直接のきっかけはあるカウンセリング実技
 テストを受けたことです。当時は開業前でしたが、相談業務の経験などから結構自信を持っていました。

 ところが、いざ試験が始まると、相手の方(同じく受験生です)が何も話してくれません。仕方なくこち
 らから話しかけるハメに。冷や汗が流れてきます。何とか終了したものの、相手の方には「話しづらい」
 という評価をいただき、不合格になってしまいました。(通常は受験生同士お互いにフォローします)

 そのとき思ったのは、カウンセリングでは対応できない方がおられるという現実です。当時は、普通では
 言うはずがない相手の言葉に対して「怒り」より「疑問」で一杯でした。発達障害という言葉がまだ一般
 的でなかったために、コミュニケーションができない方がおられるということを知らなかったのです。

 開業後も他の相談室から「黙っていると怒られた」というクライエントさんが多くおいでになり、この方
 たちを少しでも理解したいと思って発達障害の勉強を開始したのですが、当時は実績のあるカウンセラー
 でも発達障害のことはご存じありませんでした。そこでカウンセリング以外のさまざまな方面に修行に出
 向き、習得したのが現在の手法です。


明るく、丁寧にお話をお聞きします。学術系カウンセラーさんのように黙り込むことはありませんので、 安心してお越しください。(学会に参加すると、みなさん静かなのにいつもびっくりします)

上場企業で約20年間さまざまな仕事をしていましたので、カウンセリング用語は多用せず、できる限りフ
 ツウにお話をさせていただいてます。難しい話をしたい方を簡単に見分けようと思う方は、カウンセラー
 さんのホームページに次の2点が記載されているか確認してみてください。(・_・;)

  1.精神医学に詳しい    2.インテーク面談(面接)


ひとりひとり違う人生です。解決方法もオーダーメイドが当たり前だと思っている人です。また、同じ
 立場で改善に臨めるよう、一般社会人としての基本を忘れないように極秘トレーニングも欠かしません。

「24時間体制でなんてウソだろ」などと言われそうですが、メールの返信時刻などで納得いただいてるよ
 うです。(もちろん、いつかは寝ていますよ)


大阪市の24区は当然ですが多くのお客様がお越しになります。中央区・旭区・阿倍野区・生野区・城東区・天王寺区・平野区・東住吉区・住吉区・住之江区・東成区・天王寺区・西区・浪速区などは特に交通の利便性から多数おいでになりますが、北区・此花区・大正区・浪速区・淀川区・東淀川区・都島区・港区・西淀川区からもありがたいことにおいでくださいます。
西成区からは交通の便がよいのですが、なぜかあまりお見えになりません。ずっとそうなので、不思議ですね。(笑)