本文へスキップ

アダルトチルドレン/アスペルガー症候群/発達障害/うつのご相談/カウンセリング・スキルトレーニング・認知行動療法は大阪市中央区・山手心理相談室へ。 

phone06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

 登録商標山手心理相談室 大阪/本町

コミュニケーションHEADLINE

あだち君(AC)や発達障害とコミュニケーション能力

コミュニケーションという言葉はさまざまな意味で使用されていますが、本来は言語学の用語だったそうです。一般的に使われているコミュニケーションについては以下のような能力があります。

     

★お互いの感情を理解しあう能力。

★その前段階として「言葉の意味」を互いに理解しあう能力。

★それらを生かして信頼関係を築いていく能力。


また、言葉以外の方法でも

★非言語的な要素(相手の表情・アイコンタクト・場の空気)を読み、相手の気持ちを推
察する能力。(聞く力)

★上記の非言語的な要素により感知した気持ちを尊重して、自分の感情や意思を相手に伝
える能力。(伝える力)



が求められることになります。 


ところが、他のページでも何度も述べているように、アダルトチルドレンという環境下で育った
方にとっては、今まで経験したことがない作業を強いられることになります。

学校の授業にも出席させてもらえなかったという方にとって、前段階の「言葉の意味」が理解で
きないために、友人はともかく職場や親戚・パートナーとの意思疎通も(何もないときにはうま
くいったとしても)混乱する傾向があります。

外見は成人だとしても、本来得ておくべき知識が蓄積されていないので、社会生活には対応でき
にくいのです。

さらに、子供ができたとしても、どう扱ってよいのか理解できません。自分自身が親の成功体験
でなかったために、その体験を生かすことができないのです。特に最近では、核家族化の進展や
格差拡大によりアダルトチルドレンに対する救いの手も激減しています。

ケンカになると、普段は抑えていた言葉も出ることが多くなりますので、「やっぱり親のいない
子はダメ」などと周囲から罵声を浴びせられ、さらに逆上するという悪循環になってしまうケー
スも後を絶ちません。


職場を点々としたり、離婚するだけならまだましなのですが、暴力事件に発展することも多く、
そうなるとせっかくの人生を取り戻せなくなってしまいます。お互いを傷つけあうという事態に
至らないよう、日頃からスキルトレーニングを行い、社会的能力を向上させることが大切です。