本文へジャンプ
映画から始める英会話TOP映画で英会話>「ザ・クライアント/依頼人」




1日20分のトレーニングで、リスニングもスピーキングも同時にマスターでき、
1ヶ月半後には、日常英会話に困らなくなります。
「ネイティブトーク」





1994年アメリカ映画「ザ・クライアント/依頼人」
"The Client"
Susan Sarandon, Tommy Lee Jones
スーザン・サランドントミー・リー・ジョーンズ、他出演より

 (マフィアの弁護士の自殺を目撃したことにより、マフィアとFBIから
 追われることになった少年と、彼を守ろうとする女性弁護士との闘い。)
★★

((((((((((((( 今日のいちおし表現 )))))))))))))

「どうした?」「何があった?」を、簡単に言ってみましょう。

What's up?

詳しくはあとでね。
=============================================================

マークと弟は、茂みの中に止まった車を見ています。その車の持ち主は・・・
「あいつ自殺しようとしてるぜ。」




He's trying to kill himself.

〜しようとする try to 〜
自殺する、無理をする kill oneself









警察が駆けつけて、マークたちを見つけます。
「ぼくたち、どうした?」(
今日のいちおし表現) 




What's up, kids?

(事が)持ち上がって、起こって up
(例)何か起こったの?
Is anything up?
=============================================================

事件の後、弟は心を閉ざしてしまいます。母親のせりふ。
「何をそんなに怯えているの?」




What are you so scared of?

〜を怖がって scared of
=============================================================

警察官のせりふ。
「坊っちゃんたちは、自殺を目撃したのです。」




The boys witnessed suicide.

〜を目撃する witness
自殺 suicide
=============================================================

”俺は警察官だ”・・・に続くせりふです。
「質問をするのが、俺の仕事だ。」




It's my job to ask questions.

〜すること[不定詞の名詞的用法・真主語] to 〜
(例)窓から身を乗り出すのは危険だ。
It is dangerous to lean out of the window.
尋ねる ask
質問 question
=============================================================

弟は心を閉ざしたままです。医師のせりふ。良くなるまでに・・・
「1日か2日ですむと希望を抱きましょう。」




Let's hope it'll only take a day or two.

希望を抱く hope
(時間が)かかる take
1日か2日 a day or two
=============================================================

わめくマークに対する、母親のイライラは頂点に達します。
「むちゃくちゃいらいらさせるわね!」




You're getting on my last nerve!

神経過敏(な状態)、イライラ nerves
人の神経にさわる、〜をイライラさせる get on one's nerves
(例)騒々しい子供たちにはいらいらさせられる。
Boisterous children get on my nerves.
最後に残った、おしまいの、決定的な last
=============================================================

マークは、弁護士レジーに弁護を依頼しようとしています。マークの質問。
「いくつ訴訟に勝った?」
「敗けたより多くね。」




"How many cases have you won?"
"More than I lost."


いくつ(数を尋ねる表現です。) how many 〜?
訴訟(事件) case
勝つ win
won は win の過去分詞形です。
have +動詞の過去分詞形で、現在完了形を表わしています。ここでは
疑問文ですので、have が前に出ています。
(例)これまでに何件の事故にあったことがありますか?
How many accidents have you had?
〜より多く more than 〜
負ける lose
lost は lose の過去形です。
=============================================================

レジーに弁護を依頼しようとするマークですが、問題は弁護料です。
「いくらかかるの?」
「いくら持ってるの?」




"How much do you cost?"
"How much have you got?"


いくら(値段を聞く表現です。) how much 〜?
(〜の金額が)かかる cost
have you got(話し言葉) = do you have
=============================================================

ロイたちはマークを丸め込もうとしています。マークがトイレに立った後、
女性が部屋に入って来ました。
「部屋を間違えられてると思うのですが。」




I think you are in the wrong room.

間違った wrong
間違った部屋におられると思うのですが。
部屋を間違えられてると思う
のですが。
=============================================================

レジー弁護士はマークにいろいろ質問します。
「もう少しで終わるわよ。」




We're almost through.

We're = We are
もう少しで、ほとんど almost
終わって、済んで through
(例)私はその本を半分読んだ。
I am halfway through the book.
=============================================================

病院にいるマークに、見知らぬおじさんが声をかけてきます。弟のことを話すと・・・
「彼はどこが悪いんだい?」




What's wrong with him?

〜のどこが悪い? what's wrong with 〜?
=============================================================

レジーは、マークを自分の家に連れて帰ります。マークのせりふ。
「病院に連れて帰ってくれ。」




Take me back to the hospital.

〜へ連れて帰る take back to 〜
=============================================================

ドアがノックされました。
「どなた?」




Who is it?

(ドア越しに)どなたですか? Who is it?
≪参考≫(電話で)どなたですか?
Who is speaking?
Who is this?
Who's calling?

=============================================================

レジーは、以前アルコール中毒でしたが・・・
「もう3年もお酒を飲んでないのよ。」




I have been sober for three years.

been は be, am, is, are の過去分詞です。
have +動詞の過去分詞形で、現在完了形の継続を表わしています。
「ずっと〜である」・・・過去に始まり現在まで継続している事柄について話しています。
しらふの、酒を飲んでいない sober
ずっとお酒を飲んでいない have been sober
3年間 for three years
=============================================================

タバコを欲しがるマークに。レジーのせりふです。
「タバコをすうと体に悪いのよ。」




Smoking is terrible for you.

タバコをすう smoke
タバコをすうことは smoking
非常に良くない(口語) terrible
=============================================================

ロイのせりふ。マークを拘置した、という電話をもらって・・・
「君なら出来ると思ってたよ、ジェイソン。よくやった!」




I knew you could do it, Jason. Well done !

〜が分かる、確信している know
knew は know の過去形です。
could can の過去形
よくやった! Well done !
=============================================================

マークはなぜ狙われるのか?
「彼は知り過ぎている。」




He knows more than he should.

(人・事・物を)よく知っている know
〜より多く more than 〜
〜すべきである、〜することが望ましい should
=============================================================

レジーはいらついてます。
「あなた黙っててくれます?」




Would you shut up?

〜してくださいませんか(依頼) would you 〜?
本来、丁寧な依頼の表現ですが、映画ではきつい口調で言われていま
すので、必ずしも丁寧ではありません。
黙る shut up
=============================================================

母親がレジーに、過去の非礼を謝ります。
「病院で言ったことについて、謝りたいの。」




About what I said in the hospital, I want to apologize.

〜について about
(〜した)こと[関係代名詞] what
病院 hospital
〜したい(と思う) want to 〜
謝る、詫びる apologize
=============================================================

ロイとマークが別れ際に話しています。
「あなたって目障りだったよ。」




You have been a pain in the neck.

been は be, am, is, are の過去分詞です。
have +過去分詞→現在完了形[ここでは継続]
悩みの種、腹立たしい人、もの a pain in the neck
×××
本当は映画では a pain in the ass と言われていました。
ところで
ass というのは卑猥な言葉で、「けつ、けつの穴」などという意味があります。
上品な皆様は、使ってはいけない言葉ですので pain in the neck に変えさせて
いただきました。
=============================================================


さて最後は
クイズです。

 レジーに頼み事をするマーク。頼れるのはレジーだけです。


「ぼくをがっかりさせないでくれ。」


ヒント;「〜を失望させる」という意味の2語から成る表現を考えてみましょう。

Don't ( l・t ) me ( d・・・ ).

(   )に適当な単語を1語ずつ入れてください。
 ・に1文字ずつ入ります。
 
=============================================================


クイズの
解答・解説です。


答え; 
Don't let me down.


解説;「〜を失望させる」 let 〜 down

(例1.)わたしは、あなたを失望させたくない。
 
I don't want to let you down.

(例2.)この機械には、きっとご満足いただけるでしょう。
 
This machine won't let you down.


≪参考≫他の let を使った頻出表現も少し見てみましょう。

「〜を放す」 let 〜 go
(例1.)行かせてくれ。放してくれ。
Let me go.
(例2.)彼らを放してあげなさい。
Let them go.


「〜を中に入れる、通す」 let in
(例1.)中に入れてください。
Please let me in.
(例2.)犬を中に入れる
let the dog in


「はてな、えっと」 Let me see.


「〜を出す」 let out
(例1.)ここから出して。
Let me out.
(例2.)車を出す
let the car out


=================================
My special gratitude to the US movie, "The Client"




1日20分のトレーニングで、リスニングもスピーキングも
同時にマスターでき、1ヶ月半後には、日常英会話に困らなくなります。
5000人が実証済。なぜ1日20分で、英会話がマスターできるのか、
その秘密はこちらから。
  1ヶ月半で日常英会話力を習得する「ネイティブトーク」


映画・海外ドラマのセリフで、使える英語が学べる無料メルマガが、
週2回あなたのお手元に届きます。
今なら、登録するだけで
プレゼントがもらえます
 無料メールマガジン「映画から始める英会話(2000年創刊)」









英会話/英語が話せるようになりたい!
リスニング/映画・海外ドラマの英語を聞く力をつける
リーディング/英語を読む!
ライティング/英語を書く!
発音(ネイティブスピーク)
英文法だってバッチリ!
英単語を覚えて英語の総合力アップ!
TOEICスコアアップ!
英語教材ばりばり情報
無料英語ばりばり情報
キッズ英語/子供を英語のバイリンガルに・・・
その他(こんな英語学習しました。)
このページのトップへ戻る

※This magazine is made within the fair use exception to the US Copyright Law by the guidance of a US attorney.
Copyright (C) 映画から始める英会話, All rights reserved. Since2000/03/01
                    映 画 か ら 始 め る 英 会 話
                            このサイトは2000年3月より運営しています。
英語学習 映画で英会話 海外ドラマで英会話 その他英語コンテンツ