お問い合わせ
06−6609-9510
定休日:火曜


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 スクールご案内
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 Cカード取得コース

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 シニアダイバー
 キッズダイバー
 プライベートレッスン・コース
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 スキルアップ・コース
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 スペシャルティ・コース
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 プロ・コース
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トップページプロレベル・コース
 プロレベル・コース
 
指導者としての自覚と責任を究める

プロレベル・コース

ガイドやインストラクターなど、プロとしてのダイバーを目指す方のコースです。


プロへの入り口 ダイブマスターコース
       ;
      
      
      
      
      
      
PAGE TOP
 ダイブマスター 


PAGE TOP
 エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター


PAGE TOP
 インストラクター開発コース(IDC)
PADIインストラクター開発の基礎となるのが、PADIコースディレクターの
元で開催されるインストラクター開発コース(IDC)です。
このIDCは、アシスタント・インストラクターコース(AI)と、オープン・ウォー
ター・スクーバ・インストラクタープログラム(OWSI)の2つから構成されています。


アシスタント・インストラクターコース(AI)
PADIアシスタント・インストラクターコースは、PADIインストラクター開発コース(IDC)の最初の一部です。
このコースはPADIプロフェッショナルとして経験を得るだけでなく、
PADIダイバー教育システムを学ぶ最初のステップでもあります。

コース参加の条件
@PADIダイブマスター、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして認定されている。
A18歳以上であること。
Bナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、
Cログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。
D認定ダイバーになってから6ヶ月以上経っていること。
E過去24ヶ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。

コースの内容
@IDCナレッジリビュー、規準エグザム、IDCカリキュラム・プレゼン
 テーションの聴講と知識開発プレゼンテーション
Aダイブ・スキル評価、限定水域プレゼンテーション
Bオープン・ウォーター・講習プレゼンテーション、
 PADIダイブマスター・コースのレスキュー評価



オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクタープログラム(OWSI)
PADI OWSIプログラムはPADIインストラクターになるための最終のステップです。
このコース中、それぞれの生徒が必要としていることをPADIダイバー教育システムを
使って適応させることを学びます。包括的なトレーニングと多様な教材を使い、
同僚や生徒から多くの信頼も得ることになります。
このPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターは、PADIディスカバー・
スクーバ・ダイビングからPADIダイブマスター・コースまで幅広い範囲に及ぶPADI
プログラムを実施することができます。

コース参加の条件
@PADIアシスタント・インストラクターとして認定されているか、
  または他の指導団体でリーダーシップ・レベルとして認定されている。
A18歳以上であること。
Bナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲ
  ーションを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上
  であること。
C認定ダイバーになってから6ヶ月以上経っていること。
D過去24ヶ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。
Eダイビングに適した健康体であり、過去12ヶ月以内に行われたダイビング
  健康診断のPADI病歴/診断書を提出する。

コースの内容
@IDCナレッジリビュー、規準エグザム、IDCカリキュラム・プレゼンテーションの
  聴講と知識開発プレゼンテーション
Aダイブ・スキル評価、限定水域プレゼンテーション
Bオープン・ウォーター・講習プレゼンテーション、PADIダイブマスター・コースの
  レスキュー評価を修了(PADIダイブマスターでない場合)
CIE参加までにログブックに記録されているダイビングが100本以上


PAGE TOP
 インストラクター試験(IE)
PADIインストラクター試験(IE)日程
>>> IEスケジュール


PAGE TOP
 オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター
オープンウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)資格は、
ダイビングのプロフェッショナルが最初に取得するPADIインストラクター資格です。
インストラクター資格取得後は、ディスカーバー・
スクーバ・ダイビングからダイブマスターまでのPADIプログラムを実施することができ、
コースを通じで人々にスクーバ・ダイビングを教える責任を担います。


認定方法
インストラクター開発コース(IDC)やOWSIプログラムを修了し、
PADIインストラクター・エグザミナーション(IE)に合格すること。


PAGE TOP
 スペシャルティ・インストラクター
各PADIスペシャルティ・インストラクター資格に対し、それぞれに個別に申請を行えば
PADIスペシャルティ・インストラクター資格が取得できます。
PADIスペシャルティ・インストラクター資格を取得することによって、お客様に色々な
ダイビングの楽しみ方と提供することができるようになります。お客様はそれぞれの
スキルを身に付けていくことで、水中での快適度や安全性を高めることができます。


認定方法
資格更新済みのPADIアシスタント・インストラクター、またはPADIオープン・ウォーター・
スクーバ・インストラクター以上。または過去12ヶ月以内にIDC/OWSIプログラムを修了している。


PAGE TOP
 マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー

もし、あなたがお客さまをPADIダイバー継続教育システム使ってレベルアップさせて
あげたいと思っているならば、PADIマスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーになるこ
とをお勧めします。なぜならこのマスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーは、5つの
PADIスペシャルティ・インストラクターを取得することによりお客様により多くのダイバー
継続教育の機会とニーズを満たすことができるからです。

前条件
@5種類以上のスペシャルティ分野でPADIスペシャルティ・インストラクターとして認定されている。
Aこれまでに25名以上のPADIダイバーを認定している。
B資格更新済みのPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターであること。



PAGE TOP
 ICDスタッフ・インストラクター
IDCスタッフ・インストラクターは、インストラクター開発コース(IDC)で
アシスタントとしての役割を担います。
PADIコース・ディレククターと協力して、インストラクター開発プログラムのチーム・
メンバーとしてコース運営をサポートします。
「プロを育成する」という責任感はIDCスタッフ・インストラクターならではもので、
とてもやりがいのある資格です。
またIDCスタッフ・インストラクターになると、PADIアシスタント・インストラクター・
コースを単独で実施することができるようになります。


このコースに参加するには
@資格更新済みでティーチング・ステータスのPADIマスター・スクーバ・
 ダイバー・トレーナーである。

A年齢18歳以上

このコースの内容
@インストラクター・ダイビング理論と規準エグザム、知識開発プレゼンテーション、
  限定水域プレゼンテーションをマスターする。

AIDC聴講(オプションA)か実践トレーニング(オプションB)を修了させる。


PAGE TOP
 マスター・インストラクター
マスター・インストラクターはPADIダイバー教育システムを熟知し、すべての
プログラムとコースを実施した経験を持つ、最も経験豊かなPADIインストラクター資格です。


前条件
@資格更新済みでティーチング・ステータスのIDCスタッフ・インストラクターである。
APADIインストラクターになってから2年以上経過している。
B資格更新済みのエマージェンシ・ファースト・レスポンス・インストラクターである。
Cこれまでに150名以上の生徒ダイバーを認定している。


PAGE TOP
 コース・ディレクター

コース・ディレクターは、PADIダイバー教育システムにおける最高位のランクで、
その数は、世界中の全PADIプロフェッショナルの約1%にも及びません。
毎年2回行われるPADIコース・ディレクター・トレーニング・コース(CDTC)には、
世界中から約200名の応募があり、その中から選ばれたわずか70名が2週間に
及ぶ長いコース(CDTC)に参加することが許されます。
PADIコース・ディレクターは、インストラクター開発コース(IDC)を開催してPADIオープン・
ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)を認定できる唯一の資格です。
またダイビング業界で強い影響力をもつオピニオン・リーダーでもあります。


PADIコース・ディレクターになるための条件は
@PADIマスター・インストラクターになってから6ヶ月以上経過している。
Aログに記録されているダイブ本数が250本以上。
B現役のエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクターである。
CPADIダイブセンターまたはPIRAリゾートで働いた経験を有する。

PADIコース・ディレクターになると
@PADIインストラクター開発コース(IDC)、OWSIプログラム、
  IDCスタッフ・インストラクター・コースを実施できる。

Aステータス・アップデートを実施できる。
Bエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・トレーナー・コース
  修了後に、エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを実施できる。



PAGE TOP

| トップページ | Cカード取得コース | ダイビングツアー | 店舗 | 器材販売/メンテナンス | リンク |

DAC DIVERS
〒545-0014 大阪市阿倍野区西田辺町1-14-1  
TEL/FAX 06-6609-9510

定休:火曜日
Copyright DACDIVERS.All right reserved.