シルバーバーチの霊訓抜粋


<今月のシルバーバーチの言葉>

2019年09月

「皆さんの助力を必要とする人が無数にいます。皆さんはいつでも援助の手を差しのべられる用意ができていないといけません。それができてはじめて、自分の存在意義を発揮したことになるのです。どんな大言壮語をしても、人のためになることをしなかったら、自分が得たものを人に与えるということをしなかったら、せっかくあなたに託された霊的知識が教えてくれる生き方をしていないことになるのです。

 やるべきことが沢山あります。どうか皆さんも、わたしたちとともに、自分の行為によって生きる愉(たの)しみを知ってくれる人が、ここにも、あそこにもいてくれるのだという喜びに満ちた期待をもって、仕事に邁進(まいしん)いたしましょう。

 そして、例によってわたしの心は、大霊への祈りの気持に満たされます。

 ああ、大霊よ、あなたの霊力はわたしたちを生かしめている力です。あなたの霊力はわたしたちの魂を高揚させる力です。わたしどもはその力をできうるかぎり豊かに地上へ顕現せしめ、それに気づかずにいる者に、その素晴しさを認識させてあげたいのでございます。大霊の祝福のあらんことを!」

『地上人類への最高の福音」(スピリチュアリズム普及会)P.149/L3〜LB1

2019年08月

 「春のあとに夏がつづき、夏のあとに秋がおとずれ、秋のあとに冬がめぐってきます。その永遠のサイクルに進化の要素が伴ってまいりました。これからも進化を伴いつつめぐりつづけます。同じように、皆さんも生命の冬の季節から春を迎え、やがて夏に向かって内部の神性を花開かせてまいります。

 こうした規則正しい自然の流れの中に、大霊の働きの確実性を見て取ってください。その大霊の力があなたを通して働くように仕向けさえすれば、言い変えれば、大霊の道具として役立てる用意さえ整えれば、確実な知識にもとづく叡智とともに、豊かな恩恵をわがものとすることができるのです。

 地上の人間には失望させられることがあるかも知れません、信頼していた同志から裏切られることがあるかも知れません。国がこしらえた法律や条令によって欺(あざむ)かれた思いをさせられることがあるかも知れません。しかし、大霊は絶対に裏切りません。なぜなら、完全なる摂理として働いているからです。

 その働きの邪魔だてをしているのは、ほかならぬ自分自身なのです。自分の無知の暗闇を追い出し、正しい知識の陽光の中で生きなさい。そうすれば、この地上にあって天国の喜びを味わうことができるのです」

『地上人類への最高の福音」(スピリチュアリズム普及会)P.256/L7〜P.257/L5

2019年07月

 「手を差しのべるべき人が無数にいます。願わくば、われわれの手の届くかぎりにおいて、その無数の人々のうちの幾人かでも真の自我に目覚め、それまでに欠けていた確信を見出し、全人類にとって等しく心の拠(よ)り所となるべき、永遠の霊的真理への覚醒をもたらしてあげられるように――更生力に富み、活性力と慰安力とにあふれ、気高い目標のために働きかける霊の力の存在を意識し、代わって彼らもまた、いずれはその霊力の道具となって、同じ光明をますます広く世界中に行きわたらせる一助となってくれるよう、皆さんとともに希望し、祈り、そして決意を新たにしようではありませんか。

 真理はたった一人の人間を通じてもたらされるものではありません。地球上の無数の人間を通じて滲透していくものです。霊力の働きかけがあるかぎり、人類は着実に進歩するものであることを忘れないでください。今まさに人類は、内在する霊的遺産を見出しはじめ、霊的自由をわがものとしはじめました。そこから湧き出る思い、駆り立てられるような衝動、鼓舞されるような気持は、強烈にして抑えがたく、とうてい抑え通せるものではありません。霊の自由、精神の自由、身体の自由にあこがれ、主張し、そして希求してきた地球上の無数の人々を、今その思いが奮い立たせております。

 こうして、やがて新しい世界が生まれるのです。王位は転覆され、権力的支配者は失脚し、独裁者は姿を消してまいります。人類はその本来の存在価値を見出し、内部の霊の光が世界中にさん然と輝きわたることでしょう。

 それは、抑え難い霊的衝動の湧出(ゆうしゅつ)によってもたらされます。今まさに、それが更生の大事業を推進しているのです。わたしが決して失望しない理由はそこにあります。わたしの目に、人類の霊的解放というゴールへ向けての大行進が見えるからです」

『地上人類への最高の福音」(スピリチュアリズム普及会) P.202/LB5〜P.203/LB1

2019年06月

 あきらめてはなりません。真理普及というこの大きな闘いにおいて、わたしたちの味方になられた方に“敗北”はありません。時として後退のやむなきに至ることはあるでしょう。が、知識が無知を追い払い、光が闇をかき消しながら、われわれは絶え間なく前進を続けております。

 わたしは古い霊です――皆さんからそう見られております。わたしくらいになると、人間の可能性というものが分かります。そのわたしから、あなたに激励の言葉を述べさせていただきます。一切のあきらめの念を駆逐しなさい。そうです、わたしたちには為さねばならない仕事があるのです。偉大な仕事です。よろこんでその手を、その心を、その精神を貸してくださる人々の協力を必要とする、大仕事があるのです。

 あなたもぜひ参加してください。あなた自身が手にされた知識を、寛容の精神で他人に披露して、その良さを知っていただくための努力を忍耐強く続けてください。そのうちきっと、少しずつ変革が生じていることに気づかれます。

 それしか方法がないのです。集団的暗示や熱狂的説教による陶酔ではいけません。理性と叡智と論理と常識、そして何よりも愛をもって、真実を説くことによって一人ひとり得心させていかねばなりません。結局はそれしかないのです。そう思われませんか。

『地上人類への最高の福音』(スピリチュアリズム普及会) P.57/LB5〜P.58/L10

2019年05月

 私があなた方に繰り返し援助をお願いするのは、人類の悲劇に終止符を打つためです。(中略)私たち(霊界と地上界)の努力によって物質界の至るところで大きな仕事が成し遂げられていることを誇りに思っています。地上の暗闇に光が射し込み、悲しみに暮れていた心に喜びがもたらされるようになっています。まだまだわずかではありますが、無知に変わって知識が存在するようになっています。

 私たちは、生きる気力を失った人々を助け、人生に疲れた人々に勇気を与え、進むべき道を見失った人々を導いています。そして地上の同胞のために働いている人々を鼓舞し、大霊とその子らのための仕事をするすべての人間の背後には、強力な霊の大軍が控えていることを理解させようとしているのです。

『シルバーバーチ最後の啓示』(ハート出版) P.128/LB4〜P.129/LB5

2019年04月

 大霊から授かっている才覚を精一杯発揮して、一人でも多くの人に霊的真理を知らしめるのが、私たちの使命なのです。最初はごく少数の人たちの集まりでした。が、その滴のような小さな集まりが小川となり、やがて大河となって海へ注ぐことになるのです。

 スピリチュアリズムと呼ばれている新しい啓示が世界に知れ渡るのに、(19世紀半ば以来)ほぼ一世紀を要しました。もう一世紀後には、その数は信じられないほど多くなっていることでしょう。皆さんはその先駆者なのです」

『スピリチュアル・メッセージ』(ハート出版) P.132/L9〜L11

2019年03月

 訓えは十分に揃っているのです。今必要なのは、その実行者です。

 そこで、その実行者たるべきわれわれは、悲しみに打ちひしがれた人々、重苦しい無常感の中にあって真実を希求している無数の人々の身の上に思いを馳せましょう。われわれの影響力の行使範囲にまでたどりついた人々に精一杯の援助を施し、慰めを与え、その悲しみを希望に変え、孤独感を打ち消して、人生はまだお終いではないとの確信をもたせてあげましょう。

 無限の宝を秘めた大霊の貯蔵庫から、霊力を引き出しましょう。われわれに存在を与え給い、みずからのイメージに似せて創造したまい、神性を賦与してくださった大霊の道具となるべく、日常生活において、われわれ自身を厳しく律してまいりましょう。

 われわれこそ、その大霊の計画の推進者であることを片時も忘れることなく、謙虚さと奉仕の精神と、託された信託への忠誠心をもって臨むかぎり、恐れるものは何一つないこと、いかなる障害物も、太陽の輝きの前の影のごとく消滅していくとの確信をもって、邁進(まいしん)いたしましょう」

『地上人類への最高の福音』(スピリチュアリズム普及会)P.204/L3〜LB1

※引用に際してはスピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

2019年02月

 摂理の作用は完全無欠であり、その支配の外に出られるものはありません。小さすぎるからということで無視されたり、見落とされたり、忘れ去られたりすることはありません。それは大霊の一部が生きとし生けるものすべてに宿っているからです。言いかえれば神がその一部を各自に吹き込んだからこそ存在しているのであり、その霊性が神とわれわれとを結びつけ、また、われわれお互いをつないでいるのです。

 その絆を断ち切ることの出来る力は地上にも死後の世界にも存在しません。その絆があるからこそ、叡智と真理と啓示の無限の貯蔵所を利用することも可能なのです。

 生命力すなわち霊がすべての存在、すべての人間に宿っているのです。その最高の形が他ならぬ人類という存在に見られます。人類の一人一人の中に、永遠に神と結び付け、また人間同士を結びつけている霊性が宿っているのです。その絆こそ万全の宇宙的ネットワークの一環なのです。(中略)

 大自然の法則は、われわれの一人一人に生命を吹き込んでくださった創造神と常に一体関係にあるように、そして地上世界はおろか霊の世界のいかなる力によってもその絆が断ち切られることが無いように配慮してあるのです。

 さらにその霊の機構を愛の力が導き管理し常に調和を維持して、受け入れる用意のある者が霊力と叡智と真理とインスピレーションとを授かるための手段を用意しております。

 その上、われわれ自らが道具となって、地上の人間生活を豊かにし、病める者を癒し、喪に服する人を慰め、人生に疲れた者に力を与え、道を見失える者に導きを与える、全存在の始源からの崇高な霊力の恩恵をもたらすことができるのです。

 われわれはそのための才能を授かっているのです。それを発達させることによって、われわれが手にした掛け替えのない知識の恩恵にあずかれずにいる不幸な人たちの為に活用することができます。要するに、この荘厳な霊力の流れる通路として一層磨きをかけ、受け入れる用意のできた人々に惜しみなく恩恵をもたらしてあげられるようになることが、われわれの大切な務めなのです。

『シルバーバーチの霊訓(10)』(潮文社) P.26/L9〜P.29/L6

2019年01月

 ここに集まっている私たちは、宇宙の最大の力、神性を帯びた霊力の使者であり道具です。受け入れる用意のできた者なら誰でも手に入れることのできる、最高の霊的恩寵を送り届ける通路(チャンネル)です。

 霊の威力はすでに証明済みです。それが意味する深遠な意義は、直感的洞察力を持つ者には明らかです。それが理解できた人には自由がもたらされます。霊的な束縛からの解放です。地上人類の多くが、自らこしらえた迷路にはまり込んで、精神的自由を失っているのです。

 そういう人たちにとって、スピリチュアリズムの真理は、大霊が意図された霊的存在としての本当の生き方を体得する道への指標です。本来人間は、内在する気高い能力を発揮し、自分より恵まれていない人たちのために役立つことをし、和平をもたらすための基盤をこしらえる手段を教え、神性を宿した霊的存在として恥辱ともいうべき環境のもとで暮らしている人々に、本来の生き方を教えてあげることができるのです。

 私たちが働きかけているのは、そうした目的の成就のための道具となって、いつでもどこでも人に役立つことのできる人々です。それを邪魔だてする人は、いつかは辛い思いをさせられることになります。一度真理を知った人の場合は尚更のことです。おそかれ早かれ、そういう人は神の計画から排除されます。神の計画は何としても推進しなければならないものだからです。

 今さら申し上げる必要はないと思いますが、霊力が地球全体を包み込み、世界各地に霊的灯台が築かれて、人生に疲れ迷っている旅人に進むべき道を照らし出してあげるようになることが、大霊の計画の中に組み込まれているのです。

 あなた方、そして世界中で同じ霊的真理に目覚めている人々がこの地上に生まれて来たそもそもの目的は、そこにあるのです。すでにこの世を去った偉大な先駆者たちも、今、こちらの世界から同じ目的のために献身しているのです。

『シルバーバーチ 新たなる啓示』(ハート出版) P.147/L3〜P.148/L10