自己紹介

<自己紹介>

 霊的真理に出会うまでは、何故人間はこの苦しい人生を生きていかねばならないのだろうか、何のために生まれてきて何のために生きるのだろうかといつも考えていました。常に孤独感に苛まれ、自分の価値を見いだせずに、自分は誰にも愛されていないのではないかという恐怖を持って生きていました。

 自分で自分の存在価値を否定し、孤独の恐怖の中で生きるのは大変苦しいものです。そうした自分の弱さや人生の苦しさを何とか克服しようと、心理学・自己啓発・哲学・宗教などの本を読み、そのときには何となくその気になって気持ちは楽になっても、やはり単なる精神論や、「空」「無」という言葉にとらわれ、わかったようなわからないような曖昧な内容、矛盾に対して理性が納得しうる程のものが無いことなどの理由から、次から次へと本を読み漁り、真実を求めて様々な修行体験にも参加するといった日々が丸10年続きました。今にして思えば、その真理を求める10年の日々は私にとって霊的真理へ至る必要不可欠な過程でした。苦しくて辛かった日々でしたが、それが私の魂を霊的真理を受け入れられる状態まで高めてくれたのだと思います。

 霊的真理に出会った時、「これこそ私がずっと求めてきたものだ!」と歓喜に満たされました。そして、読み進めれば進めるほど、疑問は解消されていき、理性で納得できることばかりであるということが、更に私に霊的真理の真実性を確信させることになっていきました。というのも、真理に出会うまではどんなに素晴らしいことが書いてあっても必ず物足りなさがあり、肝心な所がはぐらかされているように感じて矛盾や疑問は増すばかりで、真実を知りたいという欲求に応えてくれる内容に出会ったことがなかったからです。

 読めば読むほどに新しい気付きがあり、知的欲求が満たされたことも大きな喜びではありますが、それだけではなく何よりも、「自分は孤独ではなかったのだ!」「今までもこれからも自分は決して一人ぼっちではないのだ!」という、目には見えず耳にも声は聞こえずとも、「神と守護霊という常に愛してくれる存在がいる」という事実を感動をともなって実感できるようになったことが最大の慰めとなりました。

 強烈な孤独感の中で真実を求めて歩むことが、私にとっては霊的真理を理解するために必要なことだったと思いますが、霊的真理に導かれたお陰で孤独とは無縁の生き方に180度変化しました。常に神と霊界の方々とともにあることを感じながら、本当に安心して生きられるようになりました。それは苦しみが無くなったということではありません。霊的真理を知ったから苦しみがなくなるのではなく、苦しみに対処する心構えが変わったということです。何故苦しみがあるのか、何故生きるのか、という長年の疑問に対して、理性で納得できる回答を得ることができたからです。

 霊的真理は地上の多くの宗教のように無理に押し付けたり、宗教団体を作って入信させる必要はありません。教祖も救世主も、教義も儀式も、神殿や宗教建造物も一切不必要です。これは嘘八百だと思われる方がいてもそれはそれでかまいません。これこそ本物だと感じた人の生き方が変わればそれでいいのです。スピリチュアリズムとは一人ひとりが変化し、何百年・何千年とかかって少しずつその数が増えていくことで地上世界が変化していくという気の長いプロセスです。

 霊的真理を知ることによって、「生きることが辛く苦しい」と思いながら生きている人が、生きる希望を見出し、苦しみを乗り越えていく力を得てくだされば、そしてその一助となることができれば嬉しく思います。

                                          森浦 芳枝