Since2003.6.13

≪お願い≫このHPは、Microsoft 「Internet Explorer Ver.5」以上のブラウザで閲覧してください。




「育てる会」は2003年1月に設立された市民の会です。
会の母体は、2002年1月から12月にかけて伊丹市から委嘱を受けて審議してきた「伊丹市まちづくり基本条例をつくる会」の元委員や、提言づくりをともに行ってきた市民によって構成されています。
会の名称に「伊丹市」が入っていますが、行政からは経済的にも運営面でも独立した自主的で自律した市民団体です。運営費用は会費や事業、寄付でまかない、行政からの補助は受けていません。
毎月1回の例会を行い、今後の活動のあり方や会の運営について、あるいは会員自身が感じている事柄について自由に話合い対話の場の実践もしています。
会の中心となる考えは「熟議を重ねて多様な立場や考えを尊重」していくことです。あなたの参加をお待ちしております。関心をお持ちの方は連絡してください。


まちづくりの機軸を行政主導から市民の参画と協働へと大きく転換していかなければなりません。この市民の参画と協働のまちづくりを進めるためには,市民も市も異なる立場や考え方をお互い理解し合いながら,対話を重ね,合意に向けて努力を積み重ねるという熟議を行うことが重要です。※条例前文より引用
「育てる会」への問い合わせ等はメールで。ご希望されれば返信させていただきます。寄せられた情報を外部に漏らすことはありません。


「育てる会」はリンクフリーです
≪第155回例会案内≫
・2017年11月26日
10:00~12:00
(2011.4.27)

【伊丹市まちづくり基本条例フォーラム】
伊丹市スワンホール:2010年10月30日(土)「まちづくりのキーワード」・・・まちづくりへの参画は市民の権利・・・「できることを、できるときに、できる人が」・・・参画の権利とは非公平性こそ対等な関係が保障される

【交野市くらしの夢を語ろう市民フォーラム】
交野市ゆうゆうセンター:2010年1月31日(日)パネリストとして参加「市民自治のまち・・・伊丹」


【伊丹市総合計画第会事前学習会・伊丹市まちづくり基本条例の実践の立場から
総合教育センタ:2008年7月12日(土)「なぜまちづくり基本条例なのか」「いままでのまちづくり・これからのまちづくり」「基本条例のこれからの課題」

【交野市職員研修・まちづくり基本条例~市民はそこになにをみるのか~】
交野市役所:2007年11月21日(水)「行政のあざとさ・市民の身勝手さ・市議会の傲慢」

【伊丹市職員研修(新任主査)でまちづくり基本条例の説明】
総合教育センター:2007年10月19日(金)「地方自治の本旨」とは、判りやすい情報公開を、市民は職員の資質向上を期待している等々。

【鳥取市まちづくり基本条例検討委員の皆さんと交流】
中央公民館2階B会議室:2007年7月24日(火):まちづくり基本条例についてのプレゼンテーションと質疑。(検討委員12名事務局2名)

【まちづくり基本条例の講座】
2007年2月10日・17日(土):中央公民館/市民自主講座

【和歌山県日高川町中津地区の皆さんと交流】
伊丹大鹿交流センター2006年7月13日(木):まちづくり基本条例と現状について

【市民参画と協働のまちづくり基本条例フォーラム】大阪府八尾市2006年5月19日(土):パネリストとして参加
【市民フォーラム~みんなで育てよう!みんなの条例】
広島県三次市2006年1月28日(土)

【市長と気軽にグループ・トーク】
2005年11月27日(土)14:00~15:10神津福祉センター

【まちづくり基礎講座】
2005年10月29日(土)10:00~12:00女性児童センター

【ショートコントで考えるまちづくりフォーラム】
2004年11月28日(日)商工プラザ

【まちづくり基本条例の市民アンケート】
2004年10中旬~11月中旬

【結果のまとめと考察作成】
2005年3月

【まちづくり基本条例街頭インタビュー】
2004年9月26日午後から阪急伊丹駅前

【基本条例市民解説版】
2004年3月発行:伊丹市と「育てる会」との協同制作・発行

ページのトップへ
≪まちづくり基本条例の見直し≫
第1回提言(2007.3)

第2回提言(2011.3)

(2017.10.1)
  • 第51回ふらっとカフェ           ~リアルフェイスブック~
    • 2017年11月18日(土)13:30~15:30
    • いきいきプラザ 1階ロビー

    伊丹環境ネットワーク !!
    • 第18回 2017いたみアースデイいたみ
    • 2017年6月3日(土)10:00~14:30
    • 伊丹市立中央公民館

2017年11月≪管理者のつぶやき≫

伊丹市が7月に「伊丹市幼児教育推進計画(案)」を発表した。「幼児教育無料化」と抱き合わせで公立保育園、幼稚園の大幅な統廃合計画が唐突に発表され、市民の中に不安と混乱と行政への疑念が巻き起こっている。
「伊丹市の子どもの未来を考える会」が結成され精力的に学習会、行政説明会、議員意見交換会、署名活動を展開されている。署名の要望項目は非常にシンプルなものである。
● 8月の計画発表で、12月の議会での決定は急ぎすぎです。
●当事者の意見を聞いて、計画案を練り直してください。
●市民に丁寧に説明をしてください。

結論ありきで内容がはっきり示されない計画案を、早急に決定しないでと立ち上がった市民の説明要求に、「市民説明会」は硬直した『決定報告会』にすり替わったと、市民から憤りの声上がっている。以下に「facebook」に掲載された市民の声を引用する。
2017-10/26(木)「市民自治部」と「幼児教育施策推進班」をお招きして「女性・児童センターがこれからどうなるの?」「女性・児童センターにできる認定こども園って何?」について説明会を開催いたしました。「幼児教育施策推進班」おきまりの「公立幼稚園入園者が減少したので適正規模にしようということ、また、幼稚園では働く人のニーズに合わないので全国的に認定こども園が増えています。」から始まりました。で、保育所の老朽化とあわせて対応することを考えたら、万能な解は認定こども園だった、といういつもの話。「市民自治部」さんからはな、な、なんと、9月に行われた大炎上の説明会とほぼ内容が変わっていない「・・・検討しています」「この部署だけでは決められない・・・」連発の説明でした。(中略)集まって下さった方々は「Gセンがこれからどのように変わるのだろう」ということを聞きたくて集まって下さったにもかかわらず全く疑問は解消されない。12月に採択されてしまうのにGセンのあり方が何も決まっていない、あまりにもお粗末で悲しくなる説明会でした。帰宅して夕方に市民自治部の方からお電話をいただき「9月の説明からはだいぶ変わったのにそれが伝わらないなんて悲しいです」なんてお電話をいただきました。
2017-10/28(土)これからの伊丹を暗示するかのような台風の中、Gせんこれからどうなるの?」「認定こども園て何?」の説明会。分かったことはGセンについて、認定こども園ができることが確定してから、中身を考える」12月(議会)に採択されてそれから中身を考えて、今年度中に青写真を見せますってこと。市民の声は、「今が丁寧に聞くときなんです」っておっしゃるけど、認定こども園ができることが決まってしまえば、市民のこと考えてくれてないんだね・・・お金のことしか考えてないんだね・・・作った資料(行政への質問)に沿って説明はなく、でも私自身も「これに沿って説明してください!」という元気もなくなってしまいました。
「なぜ認定こども園をすずはら幼稚園の跡地に作らないの?Gセンじゃなきゃダメなの?」。
「広さのことや再編を同一年度で行うことを考えると、Gセンになりました。作れとなったらどこにでも作れます」。
どこに認定こども園を作るのか、どこの園を廃園にしてどこを残すのか、どの保育所を廃園にするのか、すべてにおいて明確な基準がないんだな。。。
から説明できないんだね?なんだって具体的に包み隠さず説明してほしい!私たちは市民なんだから「伊丹をもっとよくしていきたい」って気持ちは同じなんだから、(市民から)突っ込まれたら(行政職員は)下を向いて黙ってるんじゃなくて「本当はこういうことやねん」って言ってほしい。。。言ってくれなきゃ全然納得できない!市民がいくら言ったって、聞いてるふりして、お金の勘定だけしてうまく理由をつけて逃げようとするんだね。でも、もう11月なのになんで「どんな広さでどんな部屋数で」も決まってないの?具体的なことが決まってないのに、じゃあ、どうやって総合的な判断をして12月の(議会)採択で議員さんは決めれるの?

「まちづくり基本条例」の前文を紹介すると。「・・・市民も市も,これまでのまちづくりに対する意識を改革し,まちづくりの機軸を行政主導から市民の参画と協働へと大きく転換していかなければなりません。・・・」「この市民の参画と協働のまちづくりを進めるためには,市民も市も,異なる立場や考え方をお互い理解し合いながら,対話を重ね,合意に向けて努力を積み重ねるという熟議を行うことが重要です。
おまかせ民主主義は権力の「独善」を呼び「独裁」へと変質する。まちづくり基本条例は「市は,市政について市民に説明する責任を果たすよう努めなければならない。」と規定されているが、「説明」は「説得」ではないことを行政は勘違いしていないか?
管理者の意見
 ・権力は独善にはしる
 ・
幼児教育無償化の財源確保
 ・ちょっと待て!!幼児教育「無償化」