ここは粉粒体充填についてのページです。

2017年8月28日(月):セミナー 粉粒体の粒子径分布、粒子形状測定と充填性・流動性向上への応用 東京で開催 

多くの工業製品たとえば加工食品,医薬品,セラミックス,充填材,トナ−などは粉で出来ており、中間製品あるいは製品の形で粉を何かに詰めて保管、輸送、移動します。また、粉体を成形して製品を作る場合も多く見られます。この際に重要なことは粉体の詰まり具合すなわち充填性ですが、粉は液体や気体などと違い、粉や条件によって充填性が大幅に変化します。したがって、どれだけ粉が詰まるのかを予測したりすることが難しく,思うように詰まらないとかどれだけ詰まるのかわからないなどという問題を持っています。
そこで粉粒体工学研究室では,粉や粒の充填性の測定や粒子径、粒度分布、粒子形状などが充填性に与える影響を研究しています。

粉の充填性を測る
粉体層の圧縮充填性を測る
粉体充填層の内部構造を見る
粉の充填性(空間率)に及ぼす粒度分布の影響
粉の充填性(配位数)に及ぼす粒度分布の影響
粉粒体関係の発表文献(2017〜1975)