QUASI88 で必要なROMイメージファイル


  QUASI88 を動かすには、PC-8801 の ROMのイメージをファイル化した、ROMイメージファイル が必要です。このファイルは実機の PC-8801 から抜き出す必要があります。(それ以外の手段で入手することは著作権上問題があると思われます。ご注意ください)

通常必要となるのは、以下のROMイメージファイルです。

ROMの種類
サイズ
ファイル名
備考
 N88 BASIC ROM 
  32KB 
 N88.ROM  
 N88 BASIC 拡張ROM バンク 0 
   8KB 
 N88EXT0.ROM  
 N88 BASIC 拡張ROM バンク 1 
   8KB 
 N88EXT1.ROM  
 N88 BASIC 拡張ROM バンク 2 
   8KB 
 N88EXT2.ROM  
 N88 BASIC 拡張ROM バンク 3 
   8KB 
 N88EXT3.ROM  
 N BASIC ROM 
  32KB 
 N88N.ROM  
 サブシステム (FDDユニット) ROM 
   2KB 
 N88SUB.ROM  Mシリーズの 場合、8KB 
 漢字ROM JIS第1水準 
 128KB 
 N88KNJ1.ROM  なくてもOK
 漢字ROM JIS第2水準 
 128KB 
 N88KNJ2.ROM  なくてもOK
 辞書 ROM 
 512KB 
 N88JISHO.ROM   なくてもOK
 フォントイ メージ 
   2KB 
 FONT.ROM  なくてもOK

   ※ ファイル名はすべて大文字です。


  では、どうやって 実機の PC8801 から抜き出すのでしょうか?

残念なことに、QUASI88にはそういったツールは同梱されていません。でもご安心ください。インターネット上には実機の PC8801 から ROMのイメージやディスクのイメージを吸い出すさまざまなツールが公開されています。 AKATTAさんの 88Break  などのWebPageをみれば、それらのツールが手に入るでしょう。
こんなすばらしいツールを作ってくださった方々に感謝!


  さて、P88SR.EXE や M88 といった他の 88エミュレータで使っている ROMイメージファイルを使いたい! という方もおられると思います。そういう場合は、以下のようにしてください。
 

P88SR.EXE 用の ROMイメージファイルは、すべての PC-8801のROMイメージを専用のフォーマットでまとめて一つにしたものです。QUASI88 の起動時に、-compatrom オプションを指定すれば、このROMイメージファイルが使用できます。
% quasi88 -compatrom <filename>
ここで、<filename> が、P88SR.EXE用ROMイメージファイルのファイル名です。
 
ver 0.5.3 より、M88 のROMイメージをそのまま扱えるようになりました。 ただし、ファイル名はすべて大文字にしておいてください。

ver 0.5.2 以前のバージョンをお使いの場合、M88 の ROMイメージファイルを QUASI88 のROMイメージファイル名にリネームすれば、そのまま使用可能です。
【M88 でのファイル名】 【QUASI88 でのファイル名】
 N88.ROM  N88.ROM
 N88_0.ROM  N88EXT0.ROM
 N88_1.ROM  N88EXT1.ROM
 N88_2.ROM  N88EXT2.ROM
 N88_3.ROM  N88EXT3.ROM
 N80.ROM  N88N.ROM
 DISK.ROM  N88SUB.ROM
 KANJI1.ROM  N88KNJ1.ROM
 KANJI2.ROM  N88KNJ2.ROM