文部科学大臣杯第18回小・中学校将棋団体戦京都府大会のご案内

【日時】令和4年6月11日(土)午前9時30分開始(受付9時)
【会場】「ひと・まち交流館 京都」(京都市下京区河原町五条下る東側)3階
【参加費】1チーム(3人)で 3,000円(1校から複数チーム参加可)
【参加資格】同一の小学校・中学校に在学する生徒3名にて編成されたチーム。
【審判】中尾修七段   
【競技方法】対局は、総平手、2勝通過2敗失格の予選後、決勝トーナメント。チェスクロック(対局時計)使用します。
【申し込み】事前申し込みとし、6月7日(火)までに別紙申込書(こちらをクリック)をダウンロードし、申込書に記入の上、添付ファイルとして、下記のメールアドレスに申し込んでください。
 kfe2206dantai@ss027267.stars.ne.jp
【指導対局】予選リーグ敗退チームを優先して、関西在住のプロ棋士による指導対局を予定しています。


【その他】
・参加費は大会当日受付にてお支払いください。6月9日(木)以降のキャンセル、または当日棄権の場合は、参加費を徴収させていただく場合があります。 
・新型コロナウイルスへの感染予防のため、大会当日は必ずマスクを着用し、会場に入る際は、入り口にある消毒液を利用してください。体調不良の場合は参加をご遠慮ください。また、保護者の入室は出来ません。
・全国大会(西日本大会)2022年7月26日(火)に開催。会場は、ホテルモントレ大阪(大阪市北区梅田3-3-45)

・京都府代表出場チームは、小学校2チーム、中学校2チーム。
 小学校・中学校とも、西日本大会の代表校数は32校。決勝大会への進出チーム(小・中学校、各2チーム)を決定する。
・決勝大会は8月10日(水)大手町サンケイプラザ(東京都千代田区大手町 1-7-2)で開催予定。
小学校・中学校とも東日本大会と西日本大会の上位各2チームにより行われ優勝~第4位までを決定します。


【競技規定】  
1. ルールは、原則として、日本将棋連盟採用のルールを適用。
(禁じ手)①二歩を打った場合②打ち歩詰めの場合③行き所のない駒を打った場合④駒を裏向けに打った場合、⑤王手なのに他の手を指した場合、⑥行けない所へ行った場合、⑦成れない所で成った場合、⑧二手続けて指した場合などは反則負け。
(千日手)同一局面を4回繰り返した場合(手順が変わっても)、千日手とみなし残り時間内で、先後入れ替えて指し直し。
(持将棋)27点制を採用(大駒5点、小駒1点で計算)
(先 後)先後は振り駒で決定(1番で振り、交互に先後)
2.待った、助言、批評の厳禁(手を放したら変更なし)
3.持ち時間:各10分、以後一手30秒の秒読みとする。
4.遅刻は各戦とも開始後10分までは認めるが、それ以降は不戦負け。
5.その他問題が生じた時は、すべて審判の判定に従うこと。

なお、新型コロナウイルス感染拡大の状況、参加チーム数等その他の事情により競技方法を変更する場合があります。

問い合わせは、下記へお願いします。
日本将棋連盟 京都府支部連合会
 廣田 電話 090-5098-3820

2022年05月10日