エオルゼア(Eorzea)
  • エオルゼア」は、小大陸アルデナードと周辺の島々からなる地域の総称であり、各都市国家から成る文明圏の名前でもある。FF14は「エオルゼア」と呼ばれる大地を舞台にして繰り広げられる。
  • プレイヤーは、以下の都市国家のいずれかひとつに所属することからゲームが始まる。
    • リムサ・ロミンサ
    • ウルダハ
    • グリダニア
    • シャーレアン
    • イシュガルド
    • アラミゴ
  • 都市国家の詳細はこちらを参照
エオルゼアの歴史
エオルゼアの歴史

かつてハイデリのどこかからエオルゼアに最初の人々がやってきました。 彼らの忍耐強さに感銘を受けたこの地に住む神々は、彼らに恩恵を与えます。

神々はいつしか十二神と呼ばれるようになりました。

町は神の守護の元発展し、都市国家と呼ばれるようになります。 国々は、領地や権益、信仰上の問題などを巡り、合従連衡を繰り返しながら、長き戦乱の歴史を刻んできました。

しかし、15年前新たな脅威が突然襲ってきます。東から重装備の兵士と巨大飛行艦隊が侵攻してきたのです。
抵抗勢力を集めたものの及ばず、かつて6大都市一の強国と言われたアラミゴは東の強国ガレマール帝国の前に陥落しました。

北の地で血まみれの侵攻を続ける帝国に対し、残った国々は互いの争いをやめて密かに軍事同盟を締結しました。帝国 の侵攻は収まり、以降再び来る事はありませんでした。

この後、『凪の時代』と呼ばれる、暫しの平和な時代を迎えます。

新たな軍事同盟を結んだ国々が最初に行ったのは軍備の増強です。
各国が正規軍の整備を進めたために不要となった傭兵や退役兵たちは職に溢れ、不穏分子と化していきました。 これを憂えたさる傭兵隊長は、有能な者を集めて互助組織を結成します。
そして、様々なトラブルをよろず引き受けて解決する、新たな稼業を確立させるに到ったのです。

その名は『冒険者

冒険の世紀の幕開けです。

  • 第六星暦を使用している。
信仰
  • エオルゼア域内の都市国家はそれぞれ十二神の一柱を信奉している。
種族分布
  • プレイヤーキャラクターである5種族を中心としたいくつかの種族・部族が確認されている。
    • 北洋の海洋民族ルガディンは、ゼーヴォルフ族がリムサ・ロミンサを拠点とし、ローエンガルデ族はウルダハで稀に見られる。
    • 南洋諸島の農耕民族であったララフェルは、暖かい南方を中心に定住している。
    • 3大氷結時代に海を渡ってきた狩猟民族ミコッテは、エオルゼアでは少数派である。
    • 遊牧民族であるエレゼンは、後から侵入してきたヒューランと対立していた時期もあるが、現在エオルゼアではヒューランがもっとも栄えている。