琵琶湖の風景

近江八景

室町時代に中国の瀟湘八景になぞらえて、琵琶湖の南部から選ばれた八箇所の名所です。
江戸時代の浮世絵師・歌川広重の浮世絵によって広く世間に知られることとなりました。


膳所

滋賀県淡水養殖漁業協同組合の事務所がある水産会館は大津市の「におの浜」というところにあります。
江戸時代には膳所藩・本多氏6万石の城下町として栄えました。近くには旧東海道が通り、歴史情緒ある町です。


琵琶湖の漁法

琵琶湖の魚を取るために様々な漁法が行われています。
その中には鮎苗を取るために生まれた琵琶湖独特の漁法である「えり」や「やな」といったものがあります。


義仲寺

義仲寺1

粟津で源義経の軍勢に打たれた源義仲(木曽義仲)の菩提を弔って立てられた草庵が始まりとされています。江戸時代の俳人・松尾芭蕉がこの寺を愛し、遺言によりこの寺に葬られました。

義仲寺2

境内には義仲と芭蕉の墓が隣りあって建てられています。
芭蕉の弟子・又玄の句 『木曽殿と背中合わせの寒さかな』
(JR琵琶湖線「膳所駅」/京阪石山坂本線「京阪膳所駅」下車)