お問合せこのサイトについて
SEの気晴らしホーム
ワインロゴ


友人が女の子を集めてパーティをすると言うので、ワインを買って行く事にしました。
種類が多くて迷っている内に、店員さんに勧められて試飲をする事に成りました。
苦味のタイプが、ライト、ミディアム、ストロングの3種類を飲み比べてみると、今まで漠然としていた苦味の味が初めて判ったような気がしました。
そうすると通になったような気分になって、自分の好みのワインを探して見たくなりました。
貴方も自分のお気に入りのワインを一度探してみませんか。


< お勧めワイン一覧 >
iconicon MACON-CHARDONNAY CLOS DE LA CROCHETTE マコン・シャルドネ クロ・ド・ラ・クロシェット icon
クリスピーな酸味としっかりとしたミネラルのバックボーンに支えられた、強く長い余韻と完璧なバランスを有しています。
iconicon MONTES ALPHA CHARDONNAY モンテス・アルファ・シャルドネ icon
ご存知モンテス・アルファシリーズのシャルドネ。そのクオリティの高さは世界中で認められ、L.A.やN.Y.のヒップ&セレブなレストラン、南国のリゾートホテル、様々なエアラインのオフィシャルワインとしても大活躍しています。
iconicon PETIT CHABLIS プティ・シャブリ icon
「テイスター陣絶賛!シャブリ地区の格付けの中で4番目のプティ・シャブリながら『ACシャブリに格上げされるべき!』とテイスター陣の話題をさらった1本。
iconicon CH.CAMPILLOT CH.キャンピロ icon
明るいルビー色の色調、ブルーベリーやラズベリーの華やかなアロマ、タンニンは非常になめらか(!)、フルーティーでアロマティックな余韻がふんわりと続きます。
iconicon CH.LAMARTINE CH.ラマルティーヌ icon
カシス、ブラックベリー、ブルーベリーなどの果実のアロマにインク、シナモンなどのスパイシーなアロマが混じります。密度が高くキメが細かいタンニンが感じられますが、たっぷりと溶け込んだ果実味がそれを包み込んでいます。
iconicon CH.SAINTE MARIE LE MOULIN ROUGE CH.サント・マリー・ル・ムーラン ルージュ icon
ボルドーの、しかもこの価格帯にしては驚くほどの手間暇がかかっています。 葡萄の収穫は手摘み、収穫した葡萄は手で選別し、パーセル(葡萄畑の区画)ごとにワインの仕込みを行います。
iconicon CH.DE BIROT CH.ド・ビロ icon
主にフランス国内の固定客向けに販売され、日本にはなかなか入ってこないのであまり知られてはいませんが、クオリティは高い。スタイルは格調高い正統派、厚く滑らかなクラシックなテイスト。おすすめです。
iconicon CH.DAUZAC CH.ドーザック icon
濃い果実味、厚いタンニン。特級格付らしい重厚感がありますが…なるほど全体の印象は明るくてチャーミング!
iconicon CLARENDELLE ROUGE クラレンドル・ルージュ icon
特級格付第一級=シャトー・オー・ブリオン、同じくシャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオンを擁するドメーヌ・クラレンス・ディロン。

                            お酒は二十歳になってから

生カキには、白ワインが合うとよく言われるが、ワインの酸味が生カキの生臭さを強調してしまう様で合わないのでは、むしろ日本酒の方が合うと思う。(蛇足でした)
やっぱり日本酒という方はこちら
なんだかんだ言ってあんたは酒を飲みたいだけなんでしょ(すいません)




戻る ホーム