床からの立ちあがり

布団,床からの立ちあがり

高齢者や麻痺のある方,筋力の衰えた方にとって、

床からの立ち上がりは、難しいと思われがち。

コツを学んで、慌てず騒がず♪ 助言&介助しましょう♪

 

 

 足にむくみ(浮腫)のある方にとって、膝を曲げた姿勢から、

まっすぐ前に立ち上がるのは、とっても難しい事だよね?

むくみがあると、足の裏も不安定。足首だって曲がりづらい。

それにお腹が邪魔して、膝が曲がりきらないんだよね?(^^;

膝が曲がりきらないって事は、足がつっぱらかっちゃって、前には立てないんよね?

1度ご自分で、むくみのある方になりきって、試してみてくだしゃれませ^^ まぁ〜難しいから(笑)

↑の図では、手すりの位置も上すぎて、これでは腰を数cmうかせるのが精一杯。

まぁ数cmでも腰が上がれば、腰の下に台を敷けるから♪そこからならまだね(^^;

 

じゃぁど〜するの?って(^^; ↓の図をご覧ください♪

 

 両足を伸ばした姿勢から、両手を腰の横に♪

 そのまま体重を腕に乗せて、腰を浮かして体を

 ひねれば?♪ 簡単に四つ這い位になれるっしょ?^^

 これはたいていの方が、ラクに出来る。。。って言うか

 寝たきりで、ビクとも動けない人が、床から立ち上がる事は

考えられないもんね?(^^; 

たいてい床に落ちるのは、浴室や、ベット→車椅子,車椅子→トイレor椅子etcでしょ?

 

さて♪四つ這い位になれたら?ここから色々な方法に分けて書くね?^^

台があると便利なんよねぇ〜♪

 

麻痺が無く、台が有る場合の立ち上がり方法

  四つ這い位になった時点で、目の前に安定の良い台を置く。

 お風呂の踏み台なんかが有るといいよね?♪

 台に手をつき、片膝を立て、重心を斜め前に移動するように

 立ち上がればエエんよね?♪↑そう♪だから?介助する時は?

 腰を持ち上げるんじゃなく?腰を斜め前に押し出すように介助するんです^^

 

ほんじゃ、台が無い場合は?

 あなたのその立派な(?笑)大腿部を台にするんよね?^^(失礼(笑)

 これぞ高さ自在,どこでも移動可の立派な補助台♪(笑)

 介助者は、要介護者の腰を保持して、自分のほうに引き寄せれば

 エエんよね?♪ その時も、手でひっぱるんじゃなく、介助者自身の

 重心を後ろへ下げるとエエですよ^^

 

 

さてと、片麻痺が有る方の場合の、床からの立ち上がり方法は?

さぁ〜困った?(^^; ここで1つご注意を!麻痺の有る方が、床にすべり落ちたらねぇ〜?

もぉ〜パニック状態?!って方が多いんですぅ〜。パニックになると、体に無駄な力が入って

足や腕が突っ張らかっちゃうんよね?そぉ〜なると介助は大変です(^^;

だから、ヘルパーしゃん♪&ご家族様♪焦っちゃダメよん?♪(笑)

内心は心臓バクバクでもね?(苦笑) しっかと様々な方法を学んでおけば

介助者も慌てずに、余裕を持って介助が出きるからね?♪がんばって♪^^

はいっ、では本題に^^

 ←図のように、健足(麻痺の無い足)をあぐらを組むように

 開き、健腕(健康な腕)|_・)チラ ややこしい?(^^; じゃぁ

 この図では、右麻痺のおさるさんなので右手左手でいくね?(^^;

 左足はあぐらを組むように開き、左手は腰の斜め前に持ってきます^^

 そのまま左手に体重を乗せ、腰を浮かせて体をひねる。

 

このままだと、左手・左膝・右足が一直線になってるでしょ?

 これだと不安定だから立ち上がれないんよね?

 だから今度は左手を、左膝と右足を底辺とする正三角形になる位置に

 移動してください♪ ん?自然と左足が動いたでしょ?膝は固定したままで

 左足(膝から下)が自由になり、外側に開いたと思うんだけど?♪

 んで、左手に体重をかけ、左足のつま先を立て、左膝を伸ばせば?

どうかな?立ち上がれた?♪ 健側がしっかりしてる人なら、この方法でご自分で立てるはず♪

 

↑の方法で、立ち上がれない場合は?

台を置けばいいんよね?♪ うん?また台が無ければ?

 あなたのその立派な大腿部を…|_・)チラ m(__)m(謝笑)

 麻痺の程度にもよりますが、膝折れする方や、不安定な方なら

 腰や脇を、しっかと補助してくださいね?

 

 

 

筋力が無く、四つ這い位から立ち上がれない場合は?

まるで交尾のごとく…|_・)チラ (コメントby RONちゃん(笑)

 介助者は要介護者の腰を保持し、←図の赤い矢印方向へ

 介助者みずからの重心を移動すればエエよ^^

 

 

 

 

腰が痛くてねじれない、股関節が痛くて開けない…って場合は?

   上        右        左 

ほいっ、鉄則♪ 慌てず騒がず♪^^

←の一番左の絵は、上から見たところ。

膝を立てて、少し斜めに倒す。

ここでお姉さん座り(?横座りと言うらしい(笑)が

出来る人なら、そのままベタンと横に倒して、四つ這い位になればいいんよね?

それが出来ない人は、少しだけでいいから斜めに倒してください。そして利き手(片麻痺が有る方なら

麻痺の無い手)を腰の斜め前に置く。反対の手を介助者の肩にまわす。(麻痺があるならまわさなくていいっす)

いちにのさん!で体重を斜め前に置いた手にかけ、腰を浮かす。介助者は腰が浮いたと同時に

赤い矢印方向へ、弧を描くように、自らの重心を移動する。 真っ直ぐ前に立つんじゃなく、

手をついた側に、弧を描くように移動です^^ 

介助者の足の位置に注目〜(^^;(言葉での説明が、ややこしくて(笑)

片膝を立て、前かがみの姿勢から、赤い矢印方向へグルリと重心を移動します。

最後はかかとにお尻がつくような姿勢になるはず。保持する部分は、脇or腰で♪

 

 

 

こんな感じでどうかなぁ?('-'*) どう?やってみたくなって。。ない?(笑)

やってみたいからって、じっちゃま&ばっちゃまを、わざと床に落すべからず!(当たり前(笑)

 

 

体位変換

床からの立ち上がり

車椅子へ等の移動

着衣着脱

オムツ交換

チン巻き

清拭

洗髪

車椅子の介助方法

爪の切り方

散髪

 


ホームに戻る