介護の方法を具体的にご紹介♪

 

【着替えの介助(着衣着脱)】

 

まずは、衣服えらび

吸湿性・通気性のよい木綿がお勧め。

マヒがある方には前開きの物。かぶり物なら

伸縮性のある物をお勧めします。

(脇ぐりの狭い物は着にくいよ〜)

着脱準備

室温は22〜24℃が適温。急激な気温の変化は、

体温調節機能や血管伸縮機能など、様々な機能が

弱まった高齢者にとって、身体に悪影響を及ぼすので

気をつけて下さい。

脱ぐ前に着る服を用意。

(当たり前の事だけど、裸ってやっぱ寒いよ(^^;)

半身麻痺のある方の着衣着脱

脱健着患といって、健康な側から脱いで患側から着ます

(左に麻痺のある方なら、健康な右手・右足から脱いで

患側の左手・左足から着ます。)

気をつけて欲しい事

少々時間がかかっても、自分で出来る事は

なるべく自分で行ってもらいましょう。

手足の運動になるし、自信や満足にもつながります。


【ゆかた(寝巻き)を交換する方法

 

麻痺の無い場合

 

紐をほどくぬぐ

 

 

 

1.浴衣の紐をほどき、肩をはずす。浴衣を手前にひいて、

 肘を曲げ脱がせる。

 脱いだ浴衣は、内側にまるめてまとめておく。

(内側にまるめることで、汚れを下に落とさないですむよ♪)

着せる
2.新しい浴衣をそでに通す。



押し込む
紐をわたす3.身体を横向きにし、汚れた浴衣を

身体の下に押し込むように入れる。

 この時、新しい浴衣の背中心を

背中の中心にあわせシワを伸ばす。

紐の中央と背中心を合わせ、わたしておく。

 


上向く
4.上向きにもどし、汚れた浴衣を取り除き

 新しい浴衣を引き出し、片側を着せる。

 腕を通す時は、左図のように軽く手を握って

 体側につけて曲げてもらい、『握った手』に、

浴衣を少しずつかぶせ着せるようなつもりで、まず手を袖まで通しきり

それから肘を通すようにすると、やりやすい。

次に肩の部分を整えて

 絞り上げる

仕上げに、背中・腰のしわをのばし

襟元をあわせて紐を結ぶ。

背中のシワを伸ばすには、右図のように前中心でクルクルと

巻き上げるとGood!d(-_☆)

 


半身麻痺のある場合(下図は右麻痺の例)


片麻痺麻痺側の足を乗せる
両肩をはずし、浴衣を健側にひっぱり、

 健側の腕をぬぎ、内側にまるめてまとめる。

 脱健着患(健側から脱ぎ患側から着る)

対象者自身に健側の腕で、麻痺側の腕を持ってもらう。

介護者は麻痺足を健足の上に乗せる(or対象者自身に健足ですくってもらう)


健脱
健側が下になるように横向きし、浴衣をおろしながら

患側のうでをぬぐ。浴衣は内側にまるめ

身体の下に押し込んでおく。

患着
新しい浴衣を患側の腕から着る。

背中の中心を合わせて、シワをのばしておく

残りの浴衣部分は、まるめて身体の下に入れる。

あとは、麻痺の無い場合の4と同じ。

 

 

体位変換

床からの立ち上がり

車椅子へ等の移動

着衣着脱

オムツ交換

チン巻き

清拭

洗髪

車椅子の介助方法

爪の切り方

散髪

 

   


ホームに戻る