設立の主旨

   おいしい野菜を沢山食べたくて、「自分の食べるものは自分で作る」との思いで家庭菜園をはじめました。仏教に「身土不二」という言葉がありますが、その土地で採れたものを食べていると病にならないという意味です。
 地産地消はまさにその教えの実践といえるでしょう。食卓に地域農産物を優先的にのせていただくよう、消費者に呼びかけていきましょう。
 地域の農業・農家はこのままでいいのだろうか?・・・との思いで2005年に菜園クラブを立ち上げました。
 周知のとおり、農家は食材の国際化による収入の低下、それによる専業農家の減少、高齢化の進展や温暖化、気候の変化による不作などの多くの課題を持ち、非常に厳しい状況にあります。
 菜園クラブは、土いじりが好きで集まった仲間達による勉強会ですが、それだけにとどまらず、このような状況にある地域の農業・農家を応援しようと、月に一度程度のボランティア活動を行っています。
 この活動を通じて、地産地消の推進、地域農業活性化による社会貢献に少しでもお役に立てればうれしく思っています。
                        =地域の農業・農家を一緒に応援してみませんか=
  農家の方からも「ありがとう」を、たくさん頂けるグループになりたいと思っています。
 勉強会を行うにあたっては、多方面の方々に多大なるご協力を頂いており、この場をお借りして感謝いたします。
 

Copyright (C) saien-club All Rights Reserved.