無銘 備前国 祐定
登録・神奈川県教育委員会 昭和39年 第 3■■■2 号
[銃砲刀剣類登録証が付いておりますのでどなたでも所持出来ます]
古研ぎですが研ぎする必要はございません。十分にこの状態で鑑賞出来ますが、審査にだす場合は研磨をおすすめいたします。
E-9004    55 万円
 
 
 
 
 
 
 
 
         
         
 
       
ご覧のように桐の紋が入り鐔と縁に銘が入っています。 
                       
     
登録・神奈川県教育委員会 昭和39年 第 3■■■2 号    鞘全長・89.5Cm    銘文・無銘
保存・特別保存審査に合格する可能性は十分にあります。
刃長・60.3Cm / 反り・ 1.0Cm /元巾・2.86Cm / 先幅・0.51Cm / 先巾・2.1Cm / 元重・0.62Cm / 目釘穴・3個
               参考
戦国期の備前の祐定、 清光、 勝光、 祐光、 則光、その他の備前物を総称して、末備前と呼んでいる。戦国期に当たり刀
                                剣の需要が格段に多かった時代で、 各地の豪族から注文が殺到した。 武田信玄と上杉謙信が5度も戦った川中島の合
                                戦でも、武田方の武将・上村但馬守 (たじまのかみ) も2尺3寸余の「備前国住長船祐定」を所持していた。 神社・仏閣
                                            などに奉納されている 「祐定」 を時折見掛けます。 祐定は応永頃の”小反り”の一派から派生した刀工と云われ、 永正の
                               頃に名工が輩出した。 一般に俗名の有る刀が優れているとされるが、 一方、これらの刀工でも、俗名を付けない作も造って
                               いる。鍛えは板目。刃紋は祐定らしい大きな互の目乱れを直刃と混ぜてか な り大胆に刃紋を描き出している。鋩子は乱れ
                               込んで小丸に返る。
寸法等多少の誤差につきましては、あらかじめ御了承願います。      刀掛け・経机は付属しておりません。
ご注文は整理番号をインデックス〜メールでお知らせください。   古銭  COINS

  陶磁器  CHINAS
  切手  STAMPS

  骨董  ANTIQUES