に戻る

公益社団法人関西吟詩文化協会公認鷺声吟詠会会則

                             
第1章 総則

(名称)
第1条 本会は、公益社団法人関西吟詩文化協会公認鷺声吟詠会と称する。
(事務所)
第2条 本会は、主たる事務所を大阪市内に置く。
     但し 会計に関する事務所は会計部長宅に置く。
(組織)
第3条 本会は、公益社団法人関西吟詩文化協会(以後「関西吟詩」という。関西吟詩の総本部を「総本部」と いう))に属し、故塩谷鷺声師門下の各支部会員資格を有する者を以って組織する。

第2章 目的及び事業

(目的)
第4条 本会は、総本部諸事業に参画するとともに、故塩谷鷺声師の遺志を継ぎ、吟道の精進と親和を図り、鷺声吟詠会の発展に寄与し、併せて吟道の発展・普及振興をはかることを目的とする。
(事業)
第5条 本会は、第4条の目的達成の為に次の事業を行う。
  (1)総本部が発行する教本に基づく、詩歌吟詠の研鑽・研修会・昇段審査。
  (2)指導者の育成及び会員の増強
  (3)総本部及び加盟連合会が主管する事業(記念大会・競吟大会等)への参加
  (4)錬成吟詠発表大会・競吟大会
  (5)初吟会・吟行会等会員相互の親睦事業
  (6)機関誌の発行
  (7)漢詩講座
  (8)その他目的達成に必要な事業

第3章 会員及び代議員

(会員)
第6条 本会は、次の会員を置く。
  1.会 員  第3条の該当者で、本会の目的に賛同した者。
  2.名誉会員 本会の設立・運営に特に功績があり、その栄誉を賞する為、本会が特に名誉会員に委嘱した者。
(入会)
第7条 本会に入会しようとする者は、所属支部の指導責任者(支部長及び講師)を通じ、所定の入会申込書を、会長宛に提出しなければならない。
  2.入会申し込みがあったとき、会長はこれを決定し、総本部に申請する。
(任意退会)
第8条 会員は、別に定める退会届を提出することにより、任意に何時でも退会することができる。
(除名・会員資格喪失)
第9条 除名及び会員資格の喪失については、総本部定款第10条並びに第11条に準じておこなう。
(代議員)
第10条 本会は、総本部が定める代議員選出規則に則り、代議員を選出する。

第4章 役員

(役員の設置)
第11条 本会に次の役員を置く。
  会長 1名 副会長 若干名 事務局長 1名 会計部長 1名 会計監査 2名
  常任理事 若干名 理事 若干名 
(役員の選出)
第12条 本会の役員は、次の定めにより選出する。
  (1)理事は、指導者(師範代以上)及び分会長をもってあてる。
  (2)常任理事は、理事の互選により選出する。
  (3)会長の他・副会長・事務局長・会計部長・会計監査は、常任理事の互選により選出する。
(役員の任期と定年)
第13条 第12条第3項により、定められた役員の任期は、2ケ年とする。但し再任は妨げない。
  2.前項の役員に欠員が生じ、補欠として選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
  3..前項の役員の定年は、満75歳とする。
   なお特例として、常任理事会及び理事会の承認のもとに延長も可とする。
(顧問・相談役・参与の設置)
第14条 本会の運営を円滑にする為、常任理事会の議を経て、顧問・相談役・参与を置くことが出来る。

第5章 会議

(会議)
第15条 本会の会議を次のとおり定める。
  1.総会 毎年1回開催し、当年度の事業報告・会計報告及び事業計画・予算他定められた審議・決議を行う。
    総会は理事をもって構成する
  2.常任理事会・理事会 定例的に実施し、本会の運営に必要な事項・重要な審議を行う。
  3.部会・専門部会 本会の事業を推進する機関として随時開催しし、必要事項を協議する。
(会議の成立)
第16条 前条1項の会議は、構成員の過半数の出席を以って成立する.(委任状による出席を認める。)
    なお、前条1.2項の会議は会長がこれを召集し、会長が議長を務める。

第6章 資産及び会計

(経費)
第17条 本会の収入は、会費及び寄付金、その他を以ってこれにあてる。

(会費)
第18条 本会の会費は次のとおり定める。
  1.本会会費は総本部正会員(師範以上)は年額3、600円を、総本部通常会員は年額2、400円を会費として納入しなければならない。
  2.遠隔支部・各支部分会については正会員・通常会員共に年額1、200円とする。
  3.各支部は毎年4月1日現在の総本部会員の会員数の会費を納入しなければならない。(年度内の会員の増減を問わない)
  4.学生は本会会費を免除する。
  5.臨時会費 必要ある時は常任理事会の議を経て徴収することが出来る。
(事業年度)
第19条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
(予算及び決算)
第20条 本会の予算及び決算は、事業年度終了後直ちに所定の書式に則り総本部に報告する。

第7章 慶弔

第21条 慶弔規定を別途定める

第8章 附則

(会則の変更)
第22条 本会則の改廃、又は定めのない事項の追加及び決定は、常任理事会の議を経て理事総会の決議を要する。
(細 則)
第23条 本会則施行についての細部事項は細則に定める。
(会則の施行)
第24条 本会則は、平成23年1月1日より施行する。

附 則
本会に定めなき事項については総本部の規定を準用する。
本会則は昭和50年10月11日より施行する。
昭和53年7月1日改正(会名変更)
昭和61年一部改正
平成9年2月15日一部改正
平成10年3月21日一部改正
本会則改正は平成13年4月1日より施行する。
本会則改正は平成15年4月1日より施行する。
本会則改正は平成18年4月1日より施行する。
本会則改正は、平成23年1月1日より施行する。

本会則改正は平成24年5月19日より施行する。

頁の始めに

に戻る