--・お待たせしました 11月の新曲

スイスイと 来たわけじゃない 八十路ざか・rakki
冬への標・滋賀 三重・愛知2017-12月(写)スライドショー32点(12月14日更新)


せっかくだから ゆくり おはなし しましょうか

懸命に 生きた道にも 冬隣り・rakki

まだおとこ 黙して微熱 抱いたまま・rakki

この道の先には なにがあるのだろう きっと 天国だろう

この道をゆくと 誰と出会うのだろう きっとあの人だろう

戻ってきた人は ああだったこうだったと 自慢するだろう

教えてくれるだろうけど あなたは自分で 見たいんだろう

それなら怖いけど 不安だけど この道をひとりでゆくんだね

小さな夢と小さな希望を 心の風呂敷に包んで 大事にに持って

じぶんでこの道を ゆくんだね きっとキット何かに出会えるよ

しあわせを運んでくる青い鳥か 幸運の夢をみせる黄色い鳥か

いままでいろいろあったけど 辛いこといっぱいあったけど

自分だけじゃないと思うんだ そう誰もが皆辛いこといっぱい

あったと思うんだ 受け止め方が違うだけ対処の仕方が違うだけ

いつも笑っているからって辛いことなかったって ことじゃない

幸せだって言いきる人も 辛いことなかったって わけじゃない

自分だけって思うと もっと悲しくなるかもよ思いを変えてみよう

自分だけじゃないって思うと 少し元気になれるかもよ そうよ

自分だけじゃない 自分だけじゃない 自分だけじゃないんだよ

師走だよもう エンジング書こうよ 自分なりの書をつくったよ

これを読んだ人たちは「なんか訳わからん?」と言うだろうな〜




・BGM/駅馬車(アメリカの古い民謡)
おお一人寂しく草原に埋めないで 悲しげな声が響く
野生のコヨーテが吠え掛かってくる 所なんかで
死の床に伏せる若者の唇から 日も暮れる頃に
狭い墓に 一人寂しく草原に埋めないでくれ!