このホームページは1992年から2002年までRCカーによる選手権レースを開催していたRafale Racing Teamのホームページです。

2009/04/19 タミヤF1グランプリイン関西

関西2回目のタミヤグランプリの舞台はワイン城。 毎年春はこの会場で開催されるのが恒例になっている。 が、今年は開催期間の2日間とも好天に恵まれたまでは良かったが「春」とは思えないほどの暑さとなった。 ・・・・ま、雨天中止よりは遥かにいいけど(笑)

さて今回は地元関西での開催とあって、参加メンバーも久しぶりの大所帯である。 bun選手は2日開催の内、2日目の19日に参加したが同日に参加した顔ぶれは次のとおり。

【ミニスポーツ】
・グレード1(参加75台)
bun選手(ラファールRT)
ぴっか選手(チームキャノンボール)
めびうす選手(チームキャノンボール)
TERA3選手

・グレード2(参加47台)
ニシ選手(チームキャノンボール)
Kalinky選手(チームキャノンボール)
くわとろ選手(チームキャノンボール)

・グレード3(参加96台)
猫男選手

【F1クラス】(参加108台)
bun選手(ラファールRT)
ニシ選手(チームキャノンボール)
くわとろ選手(チームキャノンボール)
TERA3選手

(*TERA3選手、猫男選手はチーム名無しでエントリーしているため本レポートでもそれに合わせている)

なんと初の3グレードに分けられたミニスポーツクラスは総勢218名の参加人数。 ダブルエントリー可とはいえF1クラスも108名とまさに大盛況状態。 事前に報告されていたエントリー台数はこれを上回るものであり、 参加者にとって決勝レースの開催数はレース進行次第と覚悟する羽目になっていたのである(笑) 尚、ドラミにおいてKalinky選手がコンクールデレガンスを受賞するのは普段どおり過ぎるので割愛する(笑) 今後は受賞を逃した時だけレポートに記載しようかと検討中である(笑)

それでは早速予選の模様から見ていこう。予選レースは全25レースで行われた。

予選1回目

ミニスポーツグレード3。 予選第3レースに出走した猫男選手が順調に周回を重ねて7周2分5秒780で予選暫定3位につけるいきなりの好成績。 続くグレード2の予選でもニシ選手が7周2分1秒781で予選暫定4位、くわとろ選手が7周2分11秒107で予選暫定15位とAメイン圏内。 そのくわとろ選手と同じ予選組で出走したKalinky選手は他選手のプロポによる「視界不良(^^;)」により7周2分13秒291で予選暫定25位となった。 ミニスポーツグレード1では、bun選手も好調なところを見せるが微妙な8周2分15秒057で予選暫定11位。 もちろん一コケしているのは言うまでもない(笑) めびうす選手が7周2分2秒942で予選暫定24位、キャノンボールのリーダーぴっか選手、TERA3選手は下位に沈み、予選2回目での巻き返しを狙う。

F1クラス予選。練習走行時からグリップしない路面に各選手は大苦戦。 各ピット間では「タイヤ情報」と「なんとか普通に走るレベルにしたい各選手の思惑」が飛び交う(笑) 唯一の救いはこのクラスの予選がベストラップ方式であったことかも知れない(^^;) さてF1クラスでは予選21レースに出走のbun選手がまずアタック。 なかなかクリアラップが取れない状況だが、それは全予選組で同じ条件である。 タイムは16秒501で暫定32位、予選24組にはニシ選手とTERA3選手、ニシ選手は16秒661で予選暫定37位につけたが TERA3選手はアタックラップをまとめることが出来ず19秒台に留まる。 さらに最終25組に出走したくわとろ選手は、なんとスタートと同時にグリッドに留まったまま(^^;) リヤシャフトのイモネジ緩みで1回目は1周もできずに記録なしとなった(^^;)

予選2回目

これで決勝のグリッドが決まる予選2回目。 しかして2回目でタイムアップを果たした選手はぴっか選手、TERA3選手、それと視界不良がなくなったKalinky選手(笑)。 さらに大きくタイムアップしたのはくわとろ選手。今度は無難に周回し記録を残した。 しかしスタートで大きく蛇行するくわとろ選手のF103を皆が心配そうに見ていた(笑)

ということで全ての予選結果は次のようになった。 bun選手はまたもやAメインボーダーでBメイン落ちとなり放心状態、この後に行われたF1の予選2回目ではメロメロだったという・・・(笑)

【ミニスポーツクラス】
グレード3 猫男選手 予選5位 決勝Aメイン5番グリッド
グレード2 ニシ選手 予選7位 決勝Aメイン7番グリッド
グレード2 Kalinky選手 予選19位 決勝Bメイン4番グリッド
グレード2 くわとろ選手 予選25位 決勝Bメイン10番グリッド
グレード1 TERA3選手 予選46位 決勝Dメイン1番グリッド
グレード1 ぴっか選手 予選33位 決勝Cメイン3番グリッド
グレード1 めびうす選手 予選37位 決勝Cメイン7番グリッド
グレード1 bun選手 予選16位 決勝Bメイン1番グリッド

【F1クラス】
bun選手 予選46位 決勝Dメイン1番グリッド
ニシ選手 予選53位 決勝Dメイン8番グリッド
くわとろ選手 予選81位 決勝Fメイン6番グリッド
TERA3選手 予選100位 残念ながら予選落ち

決勝レース

決勝レースもミニスポーツグレード3から。 Aメイン5番グリッドからスタートした猫男選手、スタート直後にいきなり順位をあげてレース序盤は3位を走行する。 しかし途中で混戦に巻き込まれ順位をドロップ、結果的にこのレース6位でゴールした。 グレード2の決勝Bメイン。Kalinky選手が4番グリッド、くわとろ選手が10番グリッドからの出走である。 スタート後のコーナーでKalinky選手が一つ順位を上げ3位に浮上。 後続は接近戦ながらレース終盤までこの3位を守るが、結果的に一つ順位をさげスタート時と同じ4位でゴールすることとなった。 くわとろ選手はこの後方7位でゴールした。

グレード2の決勝Aメイン。なんとか表彰台を目指したいニシ選手にとんでもないアクシデント。 1周目から動きがおかしいニシ選手のM-03M、なんとバッテリーが飛び出ている! バッテリーホルダーの付け忘れによりレースのほとんどをマーシャルのくわとろ選手とともに過ごす(^^;) 急遽動画撮影していたbun選手がグラステープを持ってかけつけ、レースに復帰。 しかしすでにレースはほぼ終了状態で最後尾15位でゴールすることとなったのである。

グレード1の決勝DメインではTERA3選手がポールポジションから独走。 後方グリッドから著名選手数名のプレッシャーを受けながらも全く危なげなくこのメインを独走で制するのであった。 ちなみに、このTERA3選手のDメイン優勝の盾がこの日唯一の盾獲得となる。 続くグレード1決勝Cメインではぴっか選手とめびうす選手が出走したが、めびうす選手12位、ぴっか選手13位という結果となった。 Bメインではbun選手がポールポジションからスタート。 終始僅差のバトル状態ながらもトップを守るが、レース終盤にして1コーナーでミスを犯して3位にダウン。このままレースを終えるのであった。

F1クラス決勝Fメイン。6番グリッドからくわとろ選手。 予選第2ヒートにてようやく走る状態になったばかりのくわとろ選手のF103は何回かスピンを重ねながら周回を重ねる(笑) このレースは9位でゴールすることとなった。

bun選手とニシ選手が出走するF1クラス決勝Dメイン。ポールのbun選手は慎重に走りながらもなんとか首位をキープしていく。 しかし後続との差はごく僅か。レースも後半に入ったところでbun選手はミスして後ろを向いてしまうというミニクラスと同じ展開(笑) そこに8番グリッドから追いついてきたニシ選手、絡んで共倒れにならないように必死にbun選手を避ける(笑) 結局このレースはbun選手2位、ニシ選手3位でゴールするのであった。

■レース結果
【ミニスポーツ】
・グレード1(参加75台)
予選16位 決勝Bメイン3位 bun選手(ラファールRT)
予選37位 決勝Cメイン12位 めびうす選手(チームキャノンボール)
予選33位 決勝Cメイン13位 ぴっか選手(チームキャノンボール)
予選46位 決勝Dメイン1位 TERA3選手

・グレード2(参加47台)
予選7位 決勝Aメイン15位 ニシ選手(チームキャノンボール)
予選19位 決勝Bメイン4位 Kalinky選手(チームキャノンボール)
予選25位 決勝Bメイン7位 くわとろ選手(チームキャノンボール)

・グレード3(参加96台)
予選5位 決勝Aメイン6位 猫男選手

【F1クラス】(参加108台)
予選46位 決勝Dメイン2位 bun選手(ラファールRT)
予選53位 決勝Dメイン3位 ニシ選手(チームキャノンボール)
予選81位 決勝Fメイン9位 くわとろ選手(チームキャノンボール)
予選100位 決勝未開催 TERA3選手

【その他】
コンクールデレガンス受賞 Kalinky選手(チームキャノンボール)

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP