空木岳・南駒ヶ岳・越百山
【日  時】2000年7月15日(土)16日(日)
【山  名】空木岳・南駒ヶ岳・越百山
【山  域】中央アルプス
【天  候】15日;曇りのち雨、16日;快晴
【メンバー】パルプ、伊能さん、りかあさん、多聞さん、おはりこさん
【コース 】伊奈川ダムから空木岳、越百山を一周

15日;林道ゲート前駐車場6:20〜四合目林道分岐7:43〜うさぎ平8:04〜北沢9:15〜12:10木曽殿山荘
16日;木曽殿山荘6:20〜7:40空木岳8:00〜赤椰岳9:00〜9:40南駒ヶ岳9:55〜仙涯嶺11:05〜越百山12:05〜12:25越百小屋12:45〜林道出合14:35〜15:10駐車場
南駒ヶ岳からの空木岳

 前夜9時半に千里を出発し、R19から伊奈川ダムへの分岐で間違ったものの2時前には林道ゲート前の駐車場に着いた。幕営、宴会後、寝たかと思えば起床。(^_^;)
 一般車通行止めのゲートの先で林道は左右に分かれる。左が空木方面だ。林道歩き1時間45分ほどでうさぎ平登山口に到着した。親子熊に注意って書いてある。(@_@)
 登山道の最初は急坂だが、すぐに平らな道に変わる。北沢の橋を越えれば再び急坂が続く。深い樹林で雨も気にならない。仙人の泉を過ぎても坂は続く。八合目からやっと平坦な尾根道となり木曽義仲の力水の直ぐ先が木曽殿山荘だった。外は風雨だし、昼から宴会が始まりました。
 翌朝になっても風雨はおさまらず計画変更かと思えたが6時頃には天候回復の兆しが見えてきたので出発した。空木山頂までは岩場の急登が続く。徐々にガスが切れ始め山頂に着く頃には青空が広がり360度の大展望となった。
空木岳山頂からの御嶽
北側には木曽駒が間近に見える。西側には御嶽が大きい。その奥には白山も北アも見える。東側には八ヶ岳、南アの稜線が連なっている。南はこれから向かう南駒ヶ岳だ。赤椰岳のピークを越え登り返せば祠のある南駒山頂だ。もちろん360度の展望だ。南に越百から安平路山への稜線が連なり、南木曾岳や恵那山が立派だ。仙涯嶺との間のコルは見事なお花畑だった。
お花畑
つづく岩場は特に危険なものではなかった。後は、なだらかな稜線散歩で越百山に到着した。後は下るのみ。西側鞍部に見える越百小屋を目指す。林間の小屋前で小休止。重くなってきた足を引きずりながらやっとの事で林道に飛び出した。30分ほど林道を下れば駐車場に到着し今回の山行は終わった。
越百山山頂
帰路の伊奈川ダム近くでは子熊と出会ったりもしましたが(@_@)「フォレストスパ木曽恋路の湯」で汗を流し中津川の「くるまや」で蕎麦を食べて大満足の2日間でした。

home