鳥海山
 
鳥海山

【日  時】2006年5月4日(祝)
【山  名】鳥海山(2236m)
【山  域】東北
【天  候】快晴
【メンバー】パルプ、沢雪山歩の仲間11名
【コース 】鉾立から上り大平に下山
 象潟登山口・鉾立駐車場8:25〜御浜神社10:40〜11:40七五三掛〜千蛇谷〜大物忌神社〜13:10新山14:00〜大物忌神社〜七五三掛〜扇子森〜御浜神社〜15:30吹浦登山口・大平駐車場



  鳥海高原家族旅行村付近には雪が無く湯ノ台ルートは却下され、一番楽そうな祓川ルートで鳥海山を目指すことになった。しかし、祓川は遠い。5時に出発し、カーナビを頼りに祓川を目指したが・・・。途中で道は雪で消え・・・。敢えなくアプローチで敗退。再度、道路地図で検討するも、時間的に無理があるのでルートを変更することになった。鳥海ブルーラインは今の時期8時〜17時以外は閉鎖されているが、充分開門までには間に合いそうである。象潟側のゲート前で開門まで半時間ほど待ったが、鉾立の駐車場に無事に到着した。
鉾立から 七五三掛のトラバース

 シールを着け上り始めたところで親切なスキーヤーから忠告を頂いた。鉾立ルートは途中まで雪が無くシール歩行・滑降に不向きなのでスキー登山の場合は吹浦ルートがお勧めとのこと。衆議の結果、パーテイを分け、健脚の4名は大平駐車場へ車を移動し100mほど余分に上ってもらうことにした。我々は板を背負って上り始めた。賽の河原付近からは雪がたっぷりで谷筋をシール歩行で上っていく。最後は真っ正面の尾根を直登すれば御浜神社だった。小屋は殆ど雪に埋もれているがトイレは掘り起こして使用可能な状態であった。天気は最高だが風の通り道になっていて寒い。ここで吹浦ルートの4人と合流し先を目指した。扇子森のピークは左から巻きコルまで滑り降りる。登り返して七五三掛だ。先のパーティは下を覗き込んで結局、撤退した。尾根ルートを選択する人達も多いようだ。確かに、このトラバースは緊張しそうだが今日の雪質なら大丈夫か? 念のためクトーを使用する。最初の5mほどは嫌らしいものの、その後はさほど問題なかった。
 千蛇谷に降り立ば眼前に素晴らしい斜面が広がる。しかし、辛い登りだ。谷が左にカーブする付近で左の急斜面を登ると大物忌神社が雪に埋もれていた。さあ、最後の登りだ。クラストぎみの急斜面を1歩1歩シールをきかせて頑張れば新山に到着した。ピークは狭いが直下にはスペースが有り、いつものように乾杯。
新山山頂 さあドロップ

 シールを外し、いざドロップ! 最初のクラスト気味の急斜面をこなせば、超快適斜面が続く。あっという間に七五三掛だ。帰りのトラバースは板を担いで進むが、最後の部分が強風に煽られ怖かった。板を引っ張ったり担いだりしてコルから登り返す。
 さあ、御浜神社から大平駐車場までは下るのみ。ゲレンデ並、いやそれ以上の快適斜面が延々と続く。全員、歓声を上げながら日本海を目がけて車の横まで滑り降りた。
 日帰り温泉「あぽん西浜」に立ち寄り、道の駅 鳥海『ふらっと』で新鮮な魚を買い求め、休暇村への道を急いだ。
 
千蛇谷は素晴らしい 日本海に向かって

home