僧ヶ岳・駒ヶ岳
毛勝山への行きがけの駄賃のつもりで僧ヶ岳に登りましたが、駒ヶ岳まで足を延ばせば結構ハードでした。
駒ヶ岳(毛勝西北尾根より)


【日  時】2002年10月12日(土)
【山  名】僧ヶ岳(1855m)・駒ヶ岳(2002m)
【山  域】北アルプス前衛
【天  候】快晴
【メンバー】伊能さん、HiOさん、多聞さん、パルプ
【コース 】阿部木谷出合(東又谷)からピストン
阿部木谷出合7:30〜8:45伊折山8:55〜9:30成谷山9:40〜10:30僧ヶ岳10:55〜12:25駒ヶ岳13:00〜14:05僧ヶ岳14:15〜16:15阿部木谷出合
僧ヶ岳(右奥がピーク)

 前夜10時に大阪を出て阿部木谷出合の広場には2時半頃に着いた。それでも宴会をして、寝るまもなく翌朝は7時半に出発した。登山口からいきなりの急登で標高差300mを稼ぐ。補助ロープが連続し、半端な登りじゃないです。小さな広場で少し落ち着くが伊折山までは急坂が続く。 この先、傾斜は緩みブナやナナカマドなどの素晴らしい紅葉の中をぬっていく。成谷山では北側の展望も開け、日本海が見下ろせる。僧ヶ岳の山腹の紅葉と空の青さが美しい。僧ヶ岳山頂は宇奈月側からの登山者で賑わっていた。日本海から針ノ木岳までの後立山連峰が一望できる。
 時間も早いので駒ヶ岳まで行くことにした。駒ヶ岳は以前は道のない山であったが昨年、新しく僧ヶ岳から道が付けられたそうである。
駒ヶ岳より(後立山) 駒ヶ岳より(毛勝山と剱岳)

 一端、100mほど下り鞍部に降り立つ。登返したピークが北駒ヶ岳で、まだ先があった。(^_^;) 少し下って、補助ロープの設置された岩場を越え、後わずかの登りで山頂だった。干支の山で標高が2002mなので人気が有り沢山の人出だ。展望は素晴らしい、超一級(^_^)/ 正面に毛勝山、その奥に剱岳、後立山はもちろん一望出来る。北側には日本海も望める。明日、登る予定の毛勝山西北尾根が手に取るように見える。下り始めた頃にはガスが上ってきて視界は閉ざされてしまった。

home