奥茶臼山前茶臼山
 梅雨明けが遅れ行き場所に困ったが、奥茶臼は林道歩きが長いので雨でも良かろうと出かけた。
奥茶臼山(林道付近より)

【日  時】2003年7月20日(日)
【山  名】奥茶臼山(2474m)・前茶臼山
【山  域】南アルプス前衛
【天  候】曇り
【メンバー】伊能さん、HiOさん、ごましおさん、パルプ
【コース 】青木林道経由、林道終点から奥茶臼、前茶臼を一周
      青木林道ゲート5:05〜林道二股6:55〜8:25林道終点8:35〜10:15奥茶臼山11:00〜前茶臼山12:30〜13:30林道終点13:45〜15:45林道ゲート

 前日は、軽く熊伏山をピストンし遠山郷の「かぐらの湯」で時間を潰した後、青木林道に向かった。
青木林道ゲートの側には広場があり今夜の宿とした。
 夜中に降った雨も朝には上がっていた。さあ、13.4kmの林道歩きに取りかかる。
2時間ほどで二股に到着し、標識に従い左に向かう。この上で林道補修工事が行われており道路脇にトラックとショベル車があった。正面に前茶臼山が望まれるが奥茶臼方面はガスの中だ。林道は大きく左に迂回して高度を稼ぐ。平坦になった林道を暫く行くと、最後は行き止まりの小広場になっている。
もうすぐ林道終点だ 林道終点登山口

 奥茶臼山への道標から山道に入る。すぐに前茶臼山の標識があるが道は見あたらない。鬱蒼とした原生林を抜けると、大岩を巻くちょっとした難所が現れる。濡れた丸太が滑りそうで緊張する。
 伐採地のガレ場を何度か横切り、テープに従い稜線を目指す。北股源流からほんの少しで稜線に出た(2254mの北側)。小さなアップダウンを繰り返し、明瞭な踏み跡を南に辿ると伐採地の先にピークが見えてきた。南アルプス主稜線方面はガスに覆われ見えないが、きっと素晴らしい展望だろう。山頂は樹林に囲まれ展望は無い。携帯電話で登頂報告し小休止する。
もうすぐ山頂 前茶臼山方面

 
奥茶臼山頂 前茶臼への尾根

 下山は元に戻るが、稜線通しに前茶臼山に向かう。踏み跡は殆ど無く倒木も多いが問題なく歩ける。前茶臼山東側の崩壊地が凄まじい。道が平坦に変わり西に向きを変えれば山頂だった。標識は有るが展望もなく自然度の高い山頂だ。下山は南に向かったがガレ場に向かいそうなので登り返す。改めて尾根を西に向かうと小さな岩稜を超えた所に目印のテープが有った。テープは所々に有るが、踏み跡は極めて不明瞭である。下りきると朝に通過した前茶臼山の標識の辺に下りてきた。
 広場で休憩後、ショートカットしながら林道を下れば2時間でゲートに到着した。

home