乗鞍岳
 【日  時】 2002年4月20日(土)
 【山  域】 北アルプス
 【山  名】 乗鞍岳
 【天  候】 晴れ
 【メンバー】 伊能さん、薫さん、パルプ
 【ルート 】 乗鞍高原温泉スキー場(三本滝レストハウス)からピストン(山スキー)
茨木IC21:00=01:30三本滝レストハウス6:20〜位ヶ原〜蚕玉岳〜11:10剣ヶ峰11:40〜13:00三本滝レストハウス   =は車
乗鞍岳

 パルプは乗鞍岳は初めて。でも畳平までなら車で来たことがある。(^_^) 伊能さんと薫さんは2000年にも山スキーで来ている。
 東海北陸道は工事通行止め(T_T)。松本経由で4時間半ほどで三本滝レストハウスに到着した。通行止めゲートの前にテントを張り3時過ぎまで宴会(^_^;) 5時半起床するが天気は良さそう(^_^)v 6時半頃出発する。板はもちろん担ぎ。どうせ山頂付近ではアイゼン必携になるので、最初からつけて歩く。最初は最上部ゲレンデを上るが、結構しんどい。ゲレンデより上は、幅広く切り開かれた林間コースとなる。
林間の登り 剣ヶ峰直下
高度を上げていけば雪に覆われた山頂部が姿を現せてくる。帰りには美味しい斜面になるのだろうが、さすが登るのには辛い斜面を超えれば位ヶ原の大雪原に到着した。進行方向を北西に変え緩やかに上っていく、が足が進まない(^_^;) 2人からだんだん離される。さあ、最後の急斜面! 伊能さんは剣ヶ峰と蚕玉岳の鞍部へ直登するようだが薫さんは朝日岳側に回り込む。バテ気味のパルプはトラバースして肩の小屋から続く稜線を蚕玉岳目指した。最後は5分ほどの登りで剣ヶ峰(^_^)v 2人からは30〜40分ほど遅れてやっと到着。天候はまずまずだ。小休止の後、直ぐ下の鞍部まで戻る。
滑降開始地点からの眺め 楽しい滑り
滑降の準備を整え斜面に飛び込む。恐れるほどの斜度じゃ無かった(^o^) 快適(^_^)/ あんなに苦労して上ったのに滑ればあっという間! 雪質も滑りやすい。 ちゃんとターンも出来るぅ。位ヶ原を過ぎ林間コースに入れば、荒れた雪面になり快適には滑れない。パルプには不得意かつ辛い雪質である。またまた1人遅れ気味に出発地点に帰り着いた。楽しかった!
 帰りは乗鞍高原の「湯けむり館」で汗を流し「いがや」で美味しいそばを食べて帰路についた。

同行の伊能さんの報告(GPSの詳細図も有ります)へ。

home