野伏ヶ岳
【日  時】2001年3月24日
【山  名】野伏ヶ岳
【山  域】両白山地
【天  候】快晴
【メンバー】伊能さん、HiOさん、パルプ
【コース 】白山中居神社→和田山牧場跡→ダイレクト尾根→野伏ヶ岳(往路を滑降)
茨木IC4:05=7:10登山口7:30〜9:10和田山牧場跡〜12:00野伏ヶ岳12:30〜和田山牧場跡13:40〜15:30登山口

 野伏ヶ岳は白山の南にあり日本三百名山の一座であるが道のない山である。普通は残雪期に登られ山スキーに最適と言われている。
 山スキー初心者のパルプは昨年の今頃も、此処を目指したのですが大雪とアクシデントに阻まれ敗退しました。
登山口 野伏ヶ岳(牧場跡より望む)

 朝4時に大阪を出て順調に走り、白鳥ICを経て石徹白の白山白居神社の先の橋のたもとの広場には7時過ぎに到着した。既に8台ほどの車が止まっている。快晴である。道端の雪は50〜60cmといったところだ。
 シールを装着し7:30に出発した。 でも、雪の上に立ってみれば結構しまっていて歩きやすいので、結局スキーは担ぐことにした。時たま足首を越えて潜ってしまうがおおむね歩きやすい。昨年のラッセルとはうって変わって、楽に牧場跡の大雪原に到着した。ここの景色には本当に感動します。ここまで来て雪と戯れるだけでも充分に価値が有るでしょう。昨年は雪上キャンプのグループにも出会いました。
 さて、正面左手のピラミダルで真っ白な山が向かう野伏ヶ岳です。ダイレクト尾根(牧場跡から見て三角形の左辺に相当する尾根)の取り付きまでは少しのアップダウンが有る。尾根に乗っかる位置は何処でも良いんでしょうが、先行者のトレースに従った。でも、結構な急登で疲れた。尾根に乗っかれば樹林帯の中を緩やかに登っていく。先行するパーティはシールで登っているが、我々は相変わらず担いで登る。樹林帯が終わる辺りに大きな木がある。一休みする。眼下に牧場跡の雪原が広がる。結構登ってきたんだ!
 これより上には樹木は無く、空の青さと雪の白さのコントラストが有るのみだ。少し緩やかに尾根を辿った後、最後の急登が待っている。ステップを刻みながら慎重に一歩一歩登っていく。雪庇を乗り越えれば北東尾根との合流地点となり傾斜は緩む。山頂は近い。
もうすぐ山頂 山頂
 快晴で遮るもののない大展望に感激! (^_^)v 我々の後にも3パーティほど登ってくる。単独行の女性スキーヤーもいる。みんなシールで登ってくるんだ。我々は出番の無かったシールを外し滑降の準備をする。でも、スキー初心者のパルプは怖々である。(-_-;)  とてもゲレンデのようには滑れない。 さっそく転倒。(^^;) 北東尾根との分岐点から下は急に落ちているので可成り怖そう。(-_-;) でも、斜面が広いので斜滑降とシュテムターンで何とかクリアー。(^_^)v 樹林帯に入ればボーゲンばっかりで、時々は横滑りとキックターンで何とか木を避ける。ところが何せパルプは初心者。下手な滑りで無駄な力がメチャ入る。 牧場跡に着く頃には足はすっかりヨレヨレ。(T_T) とても林道を滑り降りる事が出来ず、またもや担いで歩くことになりました。 朝とはうって変わって歩きにくくなった雪に足を取られながらやっとの事で、2人に遅れること1時間で駐車場にたどり着きました。なお、初心者のパルプが居なければ山頂から駐車場までの所要時間は1時間半程だったでしょう。
 
山頂からの眺め(白山方面)
 5ヶ月ぶりの山に加え、慣れない山スキーということで辛い山行でしたが好天にも恵まれ満足出来るものでありました。
GPS軌跡

 

home