金剛堂山
 富山県にある200名山の金剛堂山のピークハントに山スキーで行ってきました。
金剛堂山(1451mより)

【日  時】2003年3月2日(日)
【山  名】金剛堂山(1638m)
【山  域】富山・岐阜県境
【天  候】晴
【メンバー】伊能さん、Taqさん、アウタースキーさん、パルプ
【コース 】利賀スキー場から栃谷登山口経由でピストン

利賀スキー場7:00〜7:40栃谷登山口7:45〜1346mピーク付近11:20〜思案峰(1451m)12:00〜12:50金剛堂山13:40〜1346mピーク14:45〜栃谷登山口16:10〜16:30利賀スキー場

GPS軌跡

 前日の土曜日は気温も高く、ずっと雨! 大阪を20時に出発したが、何とこの雨は利賀村では雪だった。砺波IC経由で深夜の1時前にスノーバレー利賀に到着し、建物の軒下で雪を避けて幕営した。
 スキー場の対岸の林道を板を担いで歩き出したが早々とシール歩行に切り替える。ほぼ平坦な道を30分ほどで栃谷登山口に到着。鉄の橋で川を渡り、沢沿いに登っていく。昨日からの雪が膝ほどまで有りトレースは無い。伊能さんが頑張る。ラッセルまたラッセル。アウターさんも応援する。
もうすぐ尾根だ 1346mからの下り

 1250m付近で尾根に乗っかる。この辺りブナ林が素晴らしい。アウターさんのシール・トラブルで小休止。
 次の1246mピークは西側を巻く予定だったが東斜面を直進した。しかし、これは間違いだった。かなりの急斜面のトラバースで雪崩の危険も有りそう。しかも、最後は雪庇を削って尾根に逃げた。伊能さん、ご苦労様でした。m(_ _)m 出た地点は1346mピークの直ぐ南側だった。
 50mほど滑り降り1451mを目指す。天気は上々で景色も素晴らしい。尾根東側の雪庇には圧倒される。その奥には金剛堂山の堂々とした姿が望める。少し下って最後の登りを頑張る。
もうすぐ山頂 山頂!

 山頂にはスキー場経由の登山者数名が先着していた。真向かいには白木峰、反対側には人形山などが望める。
パウダー パウダー

 さあ、滑降。山頂付近はややクラスト気味。でも、問題ない。その下はパウダー! Taqさん、アウターさん、伊能さんは上手い。パルプは2回ほど転けたが何とか1451m手前の鞍部に到着。板を担いで登り返す。次の鞍部までも快適滑降(^_^)v さあ頑張って1346mを登り返す。
 1150m付近まで尾根通しに滑るが徐々に雪が重くなってきたのでパルプは転ぶ回数が増えてきた(^_^;)
 林間の急斜面をパルプは斜滑降とキックターンで切り抜ける。1030m付近から谷に向かって滑り降りるが、超悪雪(T_T) 難儀しつつ登山口まで滑り降りた。ふうぅ〜。えらく、お待たせしました。m(_ _)m

 帰路に天竺温泉に立ち寄った後、帰阪したが充実した1日でした。

home