金糞岳
 【日  時】 2002年3月9日(土)
 【山  域】 湖北(奥美濃)
 【山  名】 金糞岳
 【天  候】 快晴
 【メンバー】 伊能さん、HiOさん、薫さん、アウタースキーさん、BAKUさん、パルプ
 【ルート 】 近江高山キャンプ場からピストン(山スキー)
茨木IC4:45=6:20近江高山キャンプ場6:40〜7:40白谷出合7:50〜8:20下部林道出合8:30〜9:30上部林道出合9:40〜10:20小朝ノ頭10:30〜11:35金糞岳12:20〜13:10小朝ノ頭13:20〜13:30上部林道出合13:40〜14:35下部林道出合15:00〜16:20キャンプ場   =は車
金糞岳(小朝頭の手前より)

 金糞岳は7年前の無雪期に登った事がある。今回は囲炉裏の仲間と山スキーで行ったが、この山は正に山スキー向きの山といっても過言ではないだろう。大阪近郊の山に限ればベストかも知れない。
 大阪を早朝に出発すれば登山口まで1時間半強で着いてしまった。鳥越林道に車を進めて入れるところまで行くという手もあるが、キャンプ場周辺に車を停めて旧道から歩く事にした。
 周囲には殆ど雪は無く、当然ながら板は担いで歩くことになった。川沿いの林道を辿っていけば雪が現れてきた。はるか上部の稜線は真っ白(^_^)/ 良かった! 白谷出合からは林道を外れ尾根道を辿る。この辺りは殆ど雪は無い。少し雪が現れてくれば、程なく下部林道出合に到着した。林道にはたっぷり雪がある。帰りは林道を下ろう。
 林道出合から中津尾根を忠実に辿る。
中津尾根の登り
出合の斜面を登った先からは雪は充分に有る。樹林の中で高度を稼ぐ。自然林の美しい疎林帯を過ぎれば、程なく上部林道出合に到着した。振り返れば琵琶湖が眼下に望める。
 さらに高度を上げていけば眼前に真っ白な金糞岳が姿を見せる。小朝ノ頭の辺りから東側の展望が一気に開ける。真っ正面に奥伊吹スキー場が望める。遠く、御岳・乗鞍も見える。しかし、この先は辛いアップダウンが待っている。 伊能さん、HiOさん、薫さんは速い。付いていけない。アウタースキーさん、BAKUさんは遅れているようだ。
白山・穂高・乗鞍・御岳(写真では見にくいですね〜)

 あと1時間は掛かるかと思ったが、山頂まで20分〜30分の標識を見て一安心。最後の純白の斜面を休み休み辿って到着(^_^)/ ピーカンで360度の大展望。穂高まで見える。 後の二人はシールで登ってきているが、パルプは結局使わずじまい。
バックは白山

 さ〜! 滑降だ! 西側の美味しそうな斜面に飛び込んでいく。 でも、雪が重い(^_^;) しかし贅沢は言えない。こんな気持ち良い斜面だもの。 シュテムとプルークで下っていく。 一月前の赤坂山よりははるかに良く滑れる。あっという間に鞍部に降り立ったが、登り返しは辛かった(^_^;) 小朝ノ頭からは斜面を少しばかりショートカットして林道上部に降り立った。
山頂直下西斜面

 中津尾根の樹林帯の滑りは下手なパルプには辛いかと思えたが、皆に遅れながらも楽しく滑りきれました。最後は5分ばかりの板担ぎで下部林道出合に到着。後は林道経由で半分滑り、残りは歩きでキャンプ場に帰着しました。(写真撮影はHiOさん) 

home