月山
 
月山

【日  時】2006年5月3日(祝)
【山  名】月山(1979.5m)
【山  域】東北
【天  候】快晴
【メンバー】パルプ、沢雪山歩の仲間12名
【コース 】リフト上部から上り西股沢を経て姥沢小屋へ下山
 姥沢駐車場8:30〜リフト乗り場8:50=リフト終点9:05〜鍛冶小屋跡10:35〜10:55月山12:10〜鍛冶小屋跡下部〜13:25姥沢


山頂にて

 前夜に茨木ICを21時過ぎに出発し、北陸道、R345から山形道と乗り継ぎ、姥沢の駐車場には朝の8時前に到着した。
天気は予報通りの快晴である。準備を整えリフト乗り場まで歩く。ペアリフト終点から歩き始めるが姥ヶ岳のピークには寄らずに右側の斜面をトラバースするように進む。正面右手には山頂部が見えている。そう遠くはなさそうだ。最後の登りだけ頑張れば済みそうだ。牛首の辺りで稜線に上がれば鳥海山が頭を出している。少し雪の切れかかっている部分を通過すれば斜度が一気に増すがシールで問題なく上れる。鍛冶小屋跡あたりから斜度は緩むが岩が露出していて滑るのは難しそう(と言うよりは板が可愛そう)だがシール歩行には支障はない。たどり着いた山頂部の小屋は殆ど雪に埋もれていた。超快晴で360度の展望だが風が強い。東側の斜面が美味しそうなので1本滑ることにした。超快適!しかし上り返しを考えたらぞっとする。標高差70〜80mほど滑降した後、板を手に上り返して休憩とする。風の通り道を避け、先ずは乾杯! さあ下山だ。鍛冶小屋跡付近で板を履く。下りのルートはどうしよう? 尾根に上がらず西股沢沿いをトラバースぎみに駐車場まで帰ることにした。 さあドロップ。雪質も良く快適! と、ここでトラブル発生。メンバーの一人が転倒し捻挫したようだ。しばし、応急処置すれば、なんとか自走で下山可能とのことで滑降再開。最後は高度を下げないように右岸をトラバースしていくので楽しくない。駐車場が見えてきたところで尾根を回り込めば板を外すことなく駐車場に降り立った。
 さあ、移動だ! 八幡町の日帰り温泉「八森温泉 ゆりんこ」に寄った後、スーパーで食料を調達し鳥海高原家族旅行村に到着した。

 
姥ヶ岳をトラバース 山頂小屋は埋もれている

home