サバイバルゲームの魅力

ストレスが溜まると無気力になり、テンションが下がってしまいます。上手にストレス発散するなら、楽しいと思えることをするのが一番いいと言われています。エアガンや皿割りなどの遊びは、普段体験出来ない遊びなので、十分に楽しむことが出来ます。また、子供から大人まで誰でも気軽に楽しめるエアガンは、日本国内で人気が高まっているサバイバルゲームでも使用されます。エアガンが主流となるサバイバルゲームは、どのように世間に広まったのでしょうか。

サバイバルゲームの発祥地

サバイバルゲームは日本の愛知県が発祥だと言われています。1970年後半に「ツヅミ弾」を撃ち出すエアガンを使った戦争ごっこから始まりました。エアガンは専用の銃を使用してインクを当て合うアメリカのペイントゲームにルーツがあります。日本では銃刀法で実銃の所持が厳しく規制されていたため、実銃を真似た玩具「エアソフトガン」が考案されたのです。1980年代には日本のサバイバルゲーム文化は進み、大人の遊びであり、1つのスポーツとして定着しました。その後、アメリカ・韓国・中国・台湾・ニュージランド・オーストラリアなど世界にも広まっていったのです。

サバイバルゲームのメリット

サバイバルゲームが現在でも人気を誇っているのは、ゲームを通して様々なメリットが得られることが関係しています。

■ 運動不足の解消

経済が豊かになり何もかもが便利になったことで、運動不足で悩む人は急増しています。エアガンは効果的に体を動かすことが出来、ゲームをしている最中は無我夢中になっており、自分が思っている以上に体を動かします。適度に汗をかくので、運動不足を解消することが出来ます。

■ 仲間が増える

サバイバルゲームを趣味にしている人は、会社員であったり学生であったりと、職業や肩書き、性別などに関係なく様々な参加者が集まっています。普段の生活では出会うことの出来ない人と知り合えるので、自然と交流が増えます。新しい仲間が出来、新たなコミュニティを形成することが出来ます。

■ 女性でも安心!

以前は威力の強いエアガンが使用されていたため、安全性の面では女性にはハードルが高いところがありました。しかし、今では法改正により威力が弱いものに統一され、女性でも扱いやすくなっています。また会場に行けば装備が全て揃っていること、スタッフが丁寧に対応してくれるので、初心者でも安心の環境が整っています。

裏難波(裏なんば)にあるピアットトーラーでは射撃場を構えており、エアガンで的撃ち的当て体験が出来ます。また、サバゲを始めようと思っている方には、エアガンの使い方等、初心者向けのアドバイスも行っております。エアガン持込みも可能ですので、お気軽にご利用ください。会員になると料金がお安くなるので、会員登録をおすすめいたします。

Homeへ戻る