シューティングの基本姿勢

普段あまり見ることの出来ないエアガンやライフルを用いて行う「シューティング」。的当てや早打ちなど様々なメニューがあり、「一度体験してみたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?こちらでは、初めての方でも簡単に出来るシューティングの基本姿勢をご紹介します。

やや前傾姿勢で重心は前へ

両足を肩幅に開き、利き手と反対の足を前に、そしてもう一方の足は半歩後ろへ置きます。そのとき、前の足のつま先は正面向けに、後ろにある足のつま先は斜め外側へ開きましょう。そして、軽く前傾姿勢で重心をやや前へ移動させ腰を安定させます。そうすることで、発射時の反動にも耐えることが出来ます。そして、もう1つ重要なのが、身体は常に目標に対して正面を向けておくことです。

両肘・両膝ともに軽く曲げる

肘をピンと伸ばしてしまうと、発射時の反動に対応出来ず、腕が大きく跳ね上がってしまいます。発射の衝撃が抑えられる程度のエアガンを使用するなら、両肘を伸ばして安定させてもいいでしょう。しかし、肘を軽く曲げることで、反動を吸収しやすいだけでなく、次の動作がとりやすくなります。射撃と逃亡を繰り返す「サバゲー」でもこの構え方がぴったりです。または、利き手の肘をしっかり伸ばして、もう一方の手を大きく曲げる「ウィーバースタンス」もおすすめです。

基本姿勢のポイントをおさえれば、あとはお客様流にカスタマイズし、かっこよくスマートに射撃を楽しんでください。

大阪市内でシューティングレンジをお探しなら、裏難波にある「ピアットトーラー」をご利用ください。ピアットトーラーでは、的当てや早打ちなどのシューティングばかりでなく、ストレス発散や願かけを目的とした、皿割りや壺割りなどのメニューをご用意しおります。エアガンの持込みも可能(威力の検査あり)となっており、射撃のスキルアップを目指す方から、シューティング初体験の方まで、裏なんばの「ピアットトーラー」をお気軽にご利用ください。

Homeへ戻る