犬の病気診断

I believe in things that are developed through hard work.
(Bill Evans 1929-1980 jazz pianist)
    犬の疾病名別順位 統計的にかかりやすい病気 ベスト50
    犬の死因別順位 ベスト10

    肥満犬に多い病気

    雌に多い病気 生殖器関係除く
    雄に多い病気 生殖器関係除く

    小型犬に多い病気
    大型犬に多い病気

    短頭種に多い病気
    長頭種に多い病気

    子犬(若齢)に多い病気
    高齢犬に多い病気
    各疾病が出やすい年齢 画像

    季節・温度に関連する病気
    1日の時間帯に関連する病気
    猟犬に多い病気

    長毛種に多い病気
    短毛種に多い病気

    前肢の病気
    後肢の病気

    品種別の多い疾病 詳細
    品種別の問題行動 詳細
    品種別の薬品・副作用 詳細
    品種別の体重・体高 詳細
    品種別疾病概論

    発熱 健康な動物の体温は、犬は37.5〜39.0℃、猫は38.0〜39.2℃位
    低体温
    貧血 粘膜が蒼白等
    可視粘膜蒼白
    出血素因 皮膚からの出血等
    リンパ節腫大 体表や体内のリンパ節が大きくなる

    食欲異常増加 多食
    体重減少を伴う多食
    異嗜 変な物を食べたりする
    食糞 糞便を食べてしまう
    口腔異常・炎症・口臭
    口臭 口から悪臭がする
    流涎 涎が口から流れ出す
    舌炎

    嘔吐 胃の内容物を強く吐き出す 動物は下を向いて吐く
    急性嘔吐 発症が1週以内の場合
    慢性嘔吐 発症が1〜2週以前からの場合

    空嘔吐 吐く動作だけ
    吐出 胃に到達する前の内容物を吐き出す 吐出では、力強く前に飛ばすように吐く
    吐血 血液の嘔吐

    開口困難、咀嚼困難 口を開けれない 食べ物が食べれない
    嚥下困難 食物を飲み込めない

    下痢
    急性下痢 急に下痢が起こった
    慢性下痢 いつも下痢が続いてる

    血便 粘液便 普段と違う便が出る
    便が白っぽい 普段と違う便が出る

    便秘 便が出ない
    しぶり 排便痛・いきみ 少量便排泄後直ちに便意 テネスムス
    努責・尻をこする 一生懸命 尻を物にこすりつけ 痒がる

    腹痛 腹を痛がる
    腹部の圧痛 祈りの姿勢で 腹部前方に圧痛
    腹囲膨隆 腹が膨らむ
    腹水

    チアノーゼ 皮膚や舌の色が紫色になる
    黄疸 皮膚や粘膜が黄色くなる

    胸壁振戦 胸が震えている

    先天性心疾患の好発品種
    心音、脈拍異常 心臓や脈拍がおかしい
    頻脈
    徐脈

    脱水
    浮腫 手足が腫れてくるなど 皮膚や体の内部にリンパ液や漿液がたまる
    四肢浮腫

    鼻漏 鼻汁が出る
    鼻出血 鼻血が出る
    鼻鏡がひび割れる ごわごわしてる

    発咳 咳が出る
    くしゃみ
    いびき
    呼吸困難 呼吸が苦しそう

    犬種・年齢別の神経等の疾患
    異常鳴き声 普段と違う鳴き声がする
    神経症状 脳が狂ったような異常な行動をする
    振戦(身震い)
    斜頚
    旋回運動

    排尿異常 尿が いつもとちがう
    多飲・多尿 尿が多く 水もいつもより飲む 尿の匂いがしなくなる

    血色素尿 尿の色が赤い
    血尿 尿の色が赤い
    黄色尿 尿の色が黄色い
    尿臭 尿の匂いが臭い

    日本に多い品種に好発する皮膚病
    皮膚病
    皮膚掻痒
    脱毛
    犬種別罹りやすい腫瘍
    ワクチンの過敏 好発犬種

    眼異常 眼がおかしい
    耳疾患 耳がおかしい

    削痩重度 とっても体が痩せてきた
    発育遅延 発育がとっても遅くておかしい

    雌の生殖器
    帯下 性器から分泌される液体 おりもの
    雄の生殖器

    前肢の跛行 歩き方がおかしい等の異常がある
    後肢の跛行 歩き方がおかしい等の異常がある
    運動麻痺 運動できない
    運動不耐性 すぐ疲れる 運動ができない 嫌がる
    四肢障害
    嗜眠 よく寝る

    急死 突然死んでしまった
    内部寄生虫 体の中に寄生する寄生虫
    人畜共通感染症 犬と人間のお互いに感染する病気の一覧
    日本での発生がないとされる病気
    不顕性感染 感染していても症状が出ない

犬の疾病名別順位 統計的にかかりやすい病気 ベスト50

    外耳炎 掻痒、耳を振る、後足で耳を掻く 耳の悪臭 外耳道からの粘液や膿汁の排出 目脂
    急性下痢 急に下痢が起こった
    消化器系に関する症状
    ノミ(蚤)感染症 皮膚炎:尾根部 腰仙部背面 紅斑 脱毛 落屑 皮膚肥厚 色素沈着 湿疹
    結膜炎 結膜充血 眼脂(漿液性、粘液性、粘液膿性) 結膜浮腫 濾胞形成
    皮膚糸状菌症 散在する脱毛 繊細な落屑 脂漏性皮膚炎 掻痒は通常は認められない
    膿皮症 局所赤色、掻痒 脱毛 丘疹 膿疱
    フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    単純な外傷
    湿疹 掻痒強、湿潤 病巣の形は、円〜卵円形 皮膚肥厚、色素沈着
    外傷性皮膚炎
    神経系
    筋骨格系に関する症状
    捻挫
    鞭虫 慢性の下痢、慢性に貧血、血便
    急性胃炎 嘔吐 吐物に血液・膿汁 食欲不振 渇欲初期減退 嘔吐 胃部圧痛 神経症状 脱水
    気管支炎 咳 無熱 水様性鼻汁 嘔吐
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛
    食物アレルギー 掻痒強い 顔面 頸部 肢 耳 大腿部 鼠径部 全身性
    膝蓋骨脱臼 歩き始めは後ろ足を伸ばす 後肢に触るとコキコキ音
    子宮蓄膿症 発情から1〜2カ月 多飲多尿 嘔吐 中毒症状 腹部膨満 帯下 陰部を舐める 臭気 発熱 尿毒症
    膀胱炎 濁った濃い色の尿 少量頻回排尿 血尿 悪臭尿 排尿時の痛み 血尿 飲水量増加
    前肢の跛行 歩き方がおかしい等の異常がある
    細菌性下痢
    胃腸炎 嘔吐や下痢
    肛門嚢炎 小型愛玩犬 肥満 運動不足 肛門嚢分泌物過多 導管閉鎖(老齢) 努責姿勢 下痢 疼痛
    瓜実条虫 食欲不振、元気消失、体重減少 虫の一部が排便と共に出る、肛門部痒み 軟便 下痢
    角膜炎 角膜浮腫、角膜血管の侵襲、角膜上皮・固有層の欠損、疼痛、眼瞼痙攣、眼脂、ブドウ膜の二次的な炎症
    皮膚及びその他の外皮組織に関する症状
    犬などによる咬傷
    皮膚糸状菌症 散在する脱毛 繊細な落屑 脂漏性皮膚炎 掻痒は通常は認められない
    カンピロバクター感染症 3ケ月以下の若令 軟便から水様便さらに血便まで 元気食欲は低下 飲水量低下から脱水
    呼吸器に関する症状及びその他の胸部の症状
    消化不良性下痢
    僧帽弁閉鎖不全(MR) 左心不全 心臓収縮期血液逆流 咳 呼吸困難 末期には激しい咳 昏睡 肺水腫 チアノーゼ
    ノミ(蚤)感染症 皮膚炎:尾根部 腰仙部背面 紅斑 脱毛 落屑 皮膚肥厚 色素沈着 湿疹
    鉤虫 タール状又は血様の下痢 粘膜蒼白 虚弱 脱水 子犬の大量感染:肺炎、肺の硬化 皮膚病
    膿皮症 局所赤色、掻痒 脱毛 丘疹 膿疱
    食事性腸炎
    掻痒性皮膚炎
    疥癬(ヒゼンダニ、イヌカイセンダニ)症 激しい掻痒 足端、顔面、耳縁、腹、飛節、肘
    急性胃炎 嘔吐 吐物に血液・膿汁 食欲不振 渇欲初期減退 嘔吐 胃部圧痛 神経症状 脱水
    鬱血性心不全 疲れる、咳、運動中倒れる、腹水、浮腫 低アルブミン血症、尿毒症、吸収不良、低酸素症
    マダニ
    嘔吐 原因不明の一過性の嘔吐

犬の死因別順位 ベスト10

    フィラリア症 18%
    心不全 10%
    腫瘍 6%
    交通事故 6%
    老衰 5%
    ジステンパー 4%
    慢性肝不全 4%
    パルボウイルス感染症 4%
    中毒 2%
    肝疾患 (肝硬変をのぞく) 2%
    肺水腫 2%
    死因不明 7%

発熱

    全身性感染症:
    ジステンパー 感染3〜6日後の最初の発熱は気が付かない 第2発熱極期で鼻汁、目やに、元気消失、食欲不振
    カニコーラ型レプトスピラ病 高熱 嘔吐 下痢 尿毒症
    ブルセラ症 犬は健常で多くは無症状 流産 死産
    野兎病 稀 発熱、リンパ腺腫張、歯肉炎 口内炎 潰瘍性皮膚炎 肺炎 後躯麻痺
    炭疽 Bacillus anthracis 限局性咽頭炎 胃腸障害 浮腫:口唇・顔面・頭部・頸部 敗血症:発熱・ショック・腎不全・呼吸困難・急死
    ペスト Yersinia pestis 日本未確認 犬は自然抵抗性で、抑鬱のみを伴う軽い発熱
    化膿性脳炎 高熱 微熱 化膿巣・敗血症・寄生虫の脳侵入に起因
    リンパ節炎 リンパ節は腫大硬化し疼痛 発熱

    真菌:
    全身性真菌症 消化器であれば下痢、嘔吐、呼吸器であれば咳や呼吸困難と様々
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 発熱、衰弱、元気消失、慢性の発咳、喀血、貧血
    カンジダ症 発熱、活力低下、流涎、嘔吐、食欲不振、頸部食道の圧痛

    リケッチア:
    Q熱(コクシエラ症) リケッチア 犬の抗体陽性率9.6〜16.6% 人畜共通 発熱、元気消沈、抑鬱、食欲不振 運動失調、発作
    エロコミン吸虫熱 リケッチア 鮭寄生吸虫がリケッチア保有 鮭中毒症より軽症 発熱 化膿性粘液性目脂 下痢、嘔吐、脱水
    鮭中毒症 リケッチア 発熱 体表リンパ節の腫大 渇欲亢進 嘔吐 食欲不振 沈鬱 下痢→血便
    ロッキー山紅斑熱 リケッチア 人畜共通感染症 マダニで伝播 Rickettsia rickettsii 沈鬱 発熱 嘔吐 下痢
    エールリッヒア症 リケッチア 発熱(抑鬱、食欲不振、体重減少を伴う)および全身性リンパ節障害を伴った出血性素因

    内部寄生虫:
    犬条虫 Dipylidium caninum きわめて稀に虫体が腸壁を穿孔し、腹膜炎を併発、発熱、食欲不振
    バベシア ギブソニ 変化に富む症状 貧血 発熱 食欲低下 血色素尿 神経症状(ひきつけ等)
    バベシア カニス 沖縄県 食欲減退 嘔吐 尿・黄褐色 発熱
    トキソプラズマ症 不顕性感染 下痢、筋肉脱力、呼吸困難 幼犬 発熱、リンパ節腫脹、嘔吐 鼻汁 咳 眼障害
    ヘパトゾーン症 原虫 マダニ媒介 発熱 貧血 下痢 食欲不振 歩行異常 腰痛 筋肉知覚過敏 目脂 鼻汁
    赤痢アメーバ 粘血便、腹痛、発熱、下痢、急性出血性大腸炎がおこると死亡
    リーシュマニア症 住血鞭毛虫類の原虫 発熱 23.0-70%

    神経:
    化膿性脳炎 高熱 微熱 化膿巣・敗血症・寄生虫の脳侵入に起因
    悪性高熱症 一部のボーダーコリー 運動をした約5分〜10分後にふらつき
    ビ−グル犬痛み症候群 若齢 4〜11週齢が多い 発熱 食欲不振 頸痛 背中を丸める たぶん遺伝

    循環器:
    感染性心内膜炎 回帰熱、稽留熱 虚弱、跛行、咳、運動不耐性 不整脈 鼻出血 チアノーゼ
    心筋梗塞 血栓形成起因 元気消沈・食欲不振・呼吸困難・虚脱・嘔吐・肥満・突然死 跛行・頻拍・心雑音・軽症の熱
    T音亢進 音声 解説一般には頻脈時 子犬・興奮・発熱・貧血・アトロピン投与時
    結節性多発性動脈炎 嘔吐 疼痛 皮膚潰瘍・発疹 粘膜潰瘍 鼻腔分泌物 脊髄痛 心不全 腎不全、血尿 発熱 関節痛 発作

    呼吸器:
    細菌性鼻炎 くしゃみ、眼ヤニ、膿性鼻汁、発熱
    膿胸 発熱 食欲不振 体重減少 呼吸速迫 リンパ節腫大 悪い方の肺を下にして寝る
    好酸球性肺炎 PIE 発咳 重症:呼吸困難 沈鬱 食欲欠乏 発熱 好酸球数増加
    アレルギー性肺炎 症状は非常に多種多様 咳嗽 発熱 呼吸困難 異常呼吸音 断続性ラ音 運動不耐性 末梢リンパ節腫大
    細菌性肺炎 咳、くしゃみ、発熱、食欲不振、呼吸困難
    肺膿瘍 発熱、咳、呼吸困難、膿性鼻汁 悪化すると慢性毒血症症候群
    肉芽腫性肺障害 食欲不振 体重減少 発熱 咳 呼吸速迫肺門リンパ節腫大 肺浸潤
    肺性好酸球浸潤 体重減少 咳 呼吸速迫 発熱 人間の肺性過敏症に似ている
    肺葉捻転 沈鬱、発熱、虚弱、虚脱 呼吸困難、起座呼吸、咳嗽、喀血 胸部腹側の濁音、頻脈、チアノーゼ、ショック
    肺の腺癌 喀痰を伴わない咳嗽 運動不耐性 呼吸困難 食欲不振 喀血 疼痛 跛行 多飲多尿 筋萎縮 発熱 腹水 四肢腫脹
    リンパ腫様肉芽腫 稀にみられる肺腫瘍 発咳、呼吸困難 運動不耐性 体重減少 食欲不振 50%の症例に発熱

    消化器:
    慢性胃炎 嘔吐 食欲不振 痩せ 被毛粗剛 軽度の貧血 老犬多発
    小腸内異物 下痢 便秘 元気消失 皮膚脱水 発熱 腹痛 腹部膨満 排便量減少 多飲多渇 食事後嘔吐
    小腸のリンパ肉腫 食欲不振 無気力、下痢 嘔吐 体重減少 下血、吐血、発熱、腹水、黄疸
    腹膜炎 局所または全身的な圧痛 鼓張 発熱 瀕脈 低血圧 嘔吐
    敗血症性腹膜炎 しばしば漠然としている 腹部外傷や腹部手術後の沈鬱、腹部疼痛、嘔吐、下血、食欲不振、発熱
    肝膿瘍 無症状が多い 削痩 食欲不定 不整な発熱 消化不良 便秘 肝圧痛 重症:呼吸困難 黄疸 腹膜炎
    犬好酸性細胞肝炎 初期:食欲不振・嘔吐・発熱 後期:肝不全(腹水、肝性脳症)
    肉芽腫性肝炎 頑固な発熱 元気消失 体重減少 食欲不振 白血球増多 跛行 潰瘍性皮膚炎 歯肉炎
    胆石症 黄疸 嘔吐 食欲不振 衰弱 沈鬱 体重減少 少数例:発熱 下痢 多渇 腹痛
    胆嚢炎 食欲不振 元気消失 発熱 腹痛 肝腫大 嘔吐 下痢 黄疸
    胆管破裂 黄疸 腹膜炎、腹部疼痛 嘔吐 下痢 発熱 ショック 無胆汁便 食欲不振
    胆管炎 食欲不振 沈鬱 体重減少 間欠性嘔吐 下痢 黄疸 肝腫大 時に:発熱・腹水
    APUD細胞腫 内分泌細胞腫瘍 嘔吐 体重減少 食欲不振 下痢 嗜眠性抑鬱 多渇 メレナ 腹痛 吐血 血便 発熱
    急性膵臓炎 腹部膨満 前腹部疼痛(触診により察知) 嘔吐 下痢 発熱(39.5〜40℃)

    骨格:
    特発性非変形性関節炎 免疫介在性疾患 周期的発熱 遠位関節腫張 白血球増加 全身リンパ節腫大
    椎間板脊椎炎 起立困難、竹馬様歩様、跛行、発熱、疼痛 雄に多い 大型犬・超大型犬

    免疫介在性疾患:
    全身性紅斑性狼瘡 などの免疫介在性皮膚疾患
    リウマチ性関節炎 跛行 局所性
    家族性シャーペイ熱 後肢踝関節腫張 微熱 緩慢な動き 倦怠感 体重減少 腹痛、嘔吐、下痢、貧血、不整脈、呼吸困難
    特発性多発性筋炎 静止時・運動負荷時に上腕・四肢・体幹・食道の筋が筋肉痛・筋肉硬直・筋力低下 咀嚼筋疼痛
    特発性非変形性関節炎 免疫介在性疾患 周期的発熱 遠位関節腫張 白血球増加 全身リンパ節腫大

    凝固系:
    アスピリン中毒 アスピリン錠  出血 沈鬱 嘔吐 食欲不振 頻呼吸 発熱 瀕呼吸

    血液:
    汎血球減少症 末梢血中白血球・赤血球・血小板数同時低下 元気消沈、粘膜の蒼白化、点状出血、血尿、喀血、下血、発熱
    グレーコリー症候群 銀灰色被毛と白味がかった鼻鏡のコリーの子犬が罹患 6〜8週齢から発熱・周期的増血・慢性下痢

    皮膚:
    若年性蜂窩織炎 子犬 顎下リンパ節症 頭部、顔面、口と目の周囲の粘膜皮膚結合部 発熱は25%の症例
    幼犬性膿皮症 若年性膿皮症 膿痂疹 顔面・四肢・陰部周囲・腹部の後足の付け根・全身 膿胞 2〜5カ月の子犬 掻痒ない
    皮膚の血管炎 紫斑、出血性水疱、壊死 潰瘍 末端部:足底肉球、耳介、口唇、尾、口腔粘膜 沈鬱、発熱、末端浮腫

    腫瘍:
    リンパ腫 リンパ節腫張 約30%に眼疾患(ブドウ膜炎、前眼房出血など)
    リンパ肉腫(悪性リンパ腫) 別名:リンパ腫・リンパ様白血病・細網肉腫 疼痛を伴わない全身のリンパ節腫脹 5歳以上多
    骨髄増殖性疾患(骨髄性白血病)
    急性リンパ芽球性白血病 ALL 発熱 全身・腹部疼痛 食欲不振 脾腫 貧血 粘膜蒼白 血小板減少
    慢性骨髄性白血病 CML 稀 骨髄の顆粒球系細胞が異常増殖 嗜眠 発熱 脾腫 中程度のリンパ節症
    肺の腺癌 喀痰を伴わない咳嗽 運動不耐性 呼吸困難 食欲不振 喀血 疼痛 跛行 多飲多尿 筋萎縮 発熱 腹水 四肢腫脹
    APUD細胞腫 内分泌細胞腫瘍 嘔吐 体重減少 食欲不振 下痢 嗜眠性抑鬱 多渇 メレナ 腹痛 吐血 血便 発熱
    リンパ腫様肉芽腫 稀にみられる肺腫瘍 発咳、呼吸困難 運動不耐性 体重減少 食欲不振 50%の症例に発熱
    多発性骨髄腫 食欲不振、脱力感 多飲多尿 高Ca血症、出血傾向(鼻と粘膜) 麻痺や疼痛

    泌尿器:
    糸球体腎炎 発熱 食欲不振 可視粘膜の貧血 口臭 嘔吐 下痢 重症:脱力 痙攣 昏睡 腹水
    腎盂腎炎 元気消失 食欲不振 嘔吐 頻尿 排尿痛 発熱 持続性血尿、膿尿
    膿尿 細菌 発熱 沈鬱 食欲不振 脱水症状 障害臓器:尿道、膀胱、尿管、腎臓 包皮、前立腺、膣、子宮

    雌生殖器:
    子宮蓄膿症 発情から1〜2カ月 多飲多尿 嘔吐 脱水 脱毛 腹部膨満 陰門腫大 陰部を舐める 臭気 発熱 尿毒症
    急性子宮炎 発熱、多飲、嘔吐、下痢、脱水、元気消失、裏急後重、泌乳減少
    胎盤停滞 分娩後12時間を超えても暗緑色膣排出物持続 発熱、食欲不振、元気消失、子犬への授乳拒否
    産後急癇 子癇 小型犬種 神経過敏 流延 歩様異常 起立不能 筋肉の震え 呼吸速迫 痙攣 発熱
    乳腺炎 発熱、発赤、疼痛、元気食欲低下、子育放棄
    ブルセラ症 犬は健常で多くは無症状 流産 死産
    膿尿 細菌 発熱 沈鬱 食欲不振 脱水症状 障害臓器:尿道、膀胱、尿管、腎臓 包皮、前立腺、膣、子宮

    雄生殖器:
    前立腺膿瘍 尿道分泌物は出血性や膿様 破裂した場合、限局性腹膜炎:発熱、疼痛、嘔吐 黄疸
    急性前立腺炎 食欲不振、沈鬱、発熱 嘔吐 後腹部痛 硬い歩様 尿道分泌物
    慢性前立腺炎 老犬 尿路疾患徴候、発熱、嘔吐、裏急後重や運動障害
    膿尿 細菌 発熱 沈鬱 食欲不振 脱水症状 障害臓器:尿道、膀胱、尿管、腎臓 包皮、前立腺、膣、子宮

    薬物・中毒:
    薬物による発熱
    ストリキニーネ中毒 殺鼠剤 不安と神経過敏 強直性痙攣 呼吸困難 チアノーゼ 瞳孔散大し半昏睡 心拍速弱 呼吸麻痺で死亡
    有機燐及びカルバミン酸中毒 殺虫剤成分 流涎、痙攣発作、下痢、嘔吐、呼吸困難、縮瞳
    メタアルデヒド中毒 ナメクジ駆除剤 猛烈な痙攣 重度の筋線維束痙縮 振戦 発熱
    テトラサイクリンによる中毒 静注後に急性運動失調、振戦、呼吸困難、虚脱 発熱 腎中毒 肝中毒 肝リピドーシス
    アスピリン中毒 アスピリン錠  出血 沈鬱 嘔吐 食欲不振 頻呼吸 発熱 瀕呼吸
    狂犬病ワクチン副作用 痛み 食欲減退 倦怠感 脱力 発熱 嘔吐 下痢 浮腫 呼吸困難 知覚麻痺 運動麻痺 起立不能
    ミクロフィラリア駆虫に伴う副作用 発熱、沈鬱、食欲不振、嘔吐、粘膜蒼白、軟・頻脈、浅呼吸などのショック症状
    薬物性血清病 全身性アレルギー反応 リンパ節腫大、神経障害、血管炎、腎炎、関節炎、蕁麻疹、発熱
    コルチコステロイド反応性髄膜炎 多価の弱毒生ワクチンの反復接種が原因 食欲不振、嘔吐、知覚過敏、発熱 大型犬
    チョコレート中毒 テオブロミン 嘔吐、下痢、多量な排尿、過敏、高体温、運動失調、ふるえ、発作、昏睡 腹痛、血尿、血便
    マカデミアナッツ中毒 虚弱 嘔吐 沈うつ 運動失調、震顫、高体温症

低体温

    低体温症 寒冷暴露 発作 昏睡 死亡
    貧血 粘膜が蒼白等
    脱水症

    新生子:
    新生子の体温 出生直後の正常子犬・猫の直腸体温は36℃ 約2週齢までは変温動物 4週齢までに成獣の体温に達する
    新生子の低体温症 直腸温25.5〜35℃ 呼吸低下、徐脈、胃腸麻痺、昏睡
    ニューオーナーシンドローム 元気消沈 嘔吐 下痢 強直性痙攣発作
    新生子死(衰弱症候群) 非特異的徴候 衰弱、低体温、低血糖、脱水

    低血糖:
    低血糖 衰弱 低体温 泣鳴 徐脈 呼吸困難 痙攣 昏睡
    新生子の低血糖症 生後6週齢 特に小型種

    感染症:
    ヘルペスウイルス感染症 新生子犬 低体芯温(33〜36℃)がよくみられる
    ロタウイルス感染症 幼犬の急性下痢 血様便 急死 末期には脱水による循環障害 心拍数は増加 体温低下

    消化器:
    胃腸炎 嘔吐や下痢
    脂肪肝症候群 4〜16週齢子犬 愛玩犬多い 発育不良 抑欝 食欲不振 下痢 低体温 急発作 浅速呼吸 衰弱

    呼吸器:
    心肺停止 意識喪失 散瞳 苦悶を呈するあえぎ 呼吸停止 股動脈拍動欠如 体芯温度が37.8℃(100°F)未満
    乳糜胸 呼吸困難頻脈 低体温 可視粘膜貧血 糸状脈 虚脱 乏尿 多飲多渇 浮腫 打診による濁音
    溺死に近い状態 意識消失や重度の呼吸困難か呼吸停止 聴診では重度の湿性握雪音または肺音の消失

    泌尿器:
    尿毒症 嘔吐 口内炎・潰瘍は頬粘膜 口臭 舌先壊死 胃腸出血 貧血
    急性腎不全 元気消失、低体温、脱水、食欲廃絶、嘔吐、下痢、口臭、腰部の痛み、徐脈、呼吸数増加、血尿、排尿困難
    泌尿器症候群(F.U.S) 雄 排尿困難 頻尿 陰茎を舐める、血尿、排尿時に力む 疼痛 閉尿 尿毒症:体温低下
    尿道結石 尿頻回、血尿、尿痛、尿失禁 尿管塞栓は水腎症へ 尿道塞栓は膀胱破裂へ
    腎臓の腺癌 腎腺癌:体重減少、食欲不振、血尿、貧血 腎嚢腫癌:皮膚と皮下織に無痛性、結節性皮膚線維症や子宮のポリープ

    循環器:
    心肺停止 意識喪失 散瞳 苦悶を呈するあえぎ 呼吸停止 股動脈拍動欠如 体芯温度が37.8℃(100°F)未満
    術後の低体温
    洞性徐脈 元気消沈 運動不耐性 失神 緩徐な脈拍 低体温を伴うことあり 若いスポーツ犬か眠っている犬では生理的
    心停止

    内部寄生虫:
    鉤虫 重症時 タール状又は血様の下痢 粘膜蒼白 虚弱 脱水 子犬の大量感染:肺炎

    代謝:
    グリコーゲン貯蔵病 離乳前後の小型犬 タール様の下痢 涎 嘔吐 歩行困難 痙攣発作 体温低下 昏睡 痙攣 衰弱 死亡

    生殖器:
    出産時:母犬 体温が1℃程度低下 37.2℃以下
    原発性子宮無力症 直腸温度の急激な低下、陣痛徴候のない
    難産 直腸温が37.2℃以下に下降後24〜36時間後に陣痛がない

    中毒:
    ハロタン 全身ガス麻酔薬 悪性高熱症候群よりも低体温症の方がよく認められる ハロタンが体温調節中枢を抑制

    有毒植物:
    アサ 植物 有毒:穂・葉含めた全体 成分:マリファナ 下痢、錯乱 興奮 幻覚 散瞳 痛覚知覚麻痺 呼吸減少 体温低下
    ケマンソウ 植物 有毒:根茎・葉 成分:プロトピン他 嘔吐 下痢 体温や脈拍低下 痙攣 呼吸困難 心臓マヒ
    トウゴマ 植物 有毒:穂・葉・種子 成分:マリファナ他 嘔吐 下痢 興奮 口渇 散瞳 痛覚麻痺 体温低下 皮膚炎

    寒がり:低体温ではないことあり
    甲状腺機能低下症 中年齢以上 元気減少 嗜眠 寒がり 運動不耐性 体重減少 痒みのない脱毛両側対称性
    短毛の小型犬やボクサー、ドーベルマン等は寒さに弱い犬

貧血

    再生性貧血
    非再生性貧血
    再生不良性貧血 赤血球だけでなく、白血球や血小板も減少

    感染症:
    ヘモバルトネラ症 貧血・発熱・脾臓腫大 粘膜貧血・黄疸 腹部の疼痛 脾腫 血色素尿・ビリルビン尿
    エールリッヒア症 リケッチア 回帰性発熱 膿性の鼻汁・目脂 嘔吐 衰弱 リンパ節腫脹他

    内部寄生虫:
    フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    フィラリアによる肝臓障害 被毛不良、貧血、胃腸障害、黄疸、腹水、出血傾向(吐血、鼻出血など)、肝性昏睡
    バベシア ギブソニ 変化に富む症状 貧血 発熱 食欲低下 血色素尿 神経症状(ひきつけ等)
    バベシア カニス 沖縄県 食欲減退 嘔吐 尿・黄褐色 発熱
    鉤虫 タール状又は血様の下痢 粘膜蒼白 虚弱 脱水 子犬の大量感染:肺炎、肺の硬化 皮膚病
    鞭虫 慢性の下痢、慢性に貧血、血便
    腎虫 腹痛、腎性疼痛、血尿、尿毒症、貧血、体重減少、頻尿、腹膜炎
    広節裂頭条虫 軽感染の場合は無症状 食欲の異常亢進または減退、腹痛、軟便や便秘と交互に起こる頑固な下痢 貧血
    日本住血吸虫症 発熱、咳、粘血便、貧血、腹部膨大
    コクシジウム症 激しい下痢 粘液・血液便 急激な脱水や貧血
    ヘパトゾーン症 原虫 マダニ媒介 発熱 貧血 下痢 食欲不振 歩行異常 腰痛 筋肉知覚過敏 目脂 鼻汁
    トリコモナス腸炎 下痢 幼犬 腹痛 消化器症状 粘血便、痩せる、貧血

    循環器:
    播種性血管内凝固 DIC 出血 血流量低下 急性腎不全 呼吸困難 点状出血 鼻出血 胃腸管出血 血尿 血栓症
    T音亢進 音声 解説一般には頻脈時 子犬・興奮・発熱・貧血・アトロピン投与時
    フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐

    呼吸器:
    膿胸 発熱 食欲不振 体重減少 呼吸速迫 リンパ節腫大 悪い方の肺を下にして寝る

    消化器:
    胃の流出路の閉塞 貧血 嘔吐 食欲不振 短頭種(ペキニーズ、ボクサーなど)
    膵外分泌機能不全 EPI 旺盛な食欲 体重減少 悪臭脂肪性大量下痢・軟便、間欠的水様下痢便 貧血、食糞 嘔吐
    蛋白露出性胃腸症 極端な痩せ 腹部下垂、手足浮腫 下痢 胸・腹水 嘔吐 貧血 痙攣
    急性大腸炎 激しい下痢 便量多い 噴射性排泄 粘膜損傷時は血液を混じる下利便 貧血 脱水
    大腸の外傷 腹痛、嘔吐、発熱 粘膜蒼白、毛細血管再充満時間の遅延、速脈
    フィラリアによる肝臓障害 被毛不良、貧血、胃腸障害、黄疸、腹水、出血傾向(吐血、鼻出血など)、肝性昏睡
    原発性肝腫瘍 貧血:正球性正色素性で長期にわたる疾患に認められる 好中球性白血球増多症

    免疫介在性疾患:
    全身性紅斑性狼瘡 歩様異常 皮膚病変(潰瘍 紅斑 脱毛) 発熱 嗜眠 食欲不振 関節炎 血小板減少 リンパ腫脹
    免疫介在性溶血性貧血 溶血性貧血:平均PCVは15%(6〜35%) 粘膜蒼白 瀕脈 呼吸速迫 心悸亢進
    家族性シャーペイ熱 後肢踝関節腫張 微熱 緩慢な動き 倦怠感 体重減少 腹痛、嘔吐、下痢、貧血、不整脈、呼吸困難

    凝固系:
    免疫介在性血小板減少症 鼻出血 無気力 虚弱 血尿 血便 喀血 メレナ(タール便) 皮膚の点状・斑状出血
    血小板減少症 全身皮膚粘膜に血斑 点状出血が口腔粘膜等 鼻出血、歯肉出血、前眼房や眼底の出血、吐血、下血、血尿 貧血

    生殖器:
    セルトリ細胞腫 再生不良性貧血 多くは右側の睾丸に発生 平均年齢は9歳 左右対称性の脱毛:掻痒がない
    エストロゲン過剰症 雄の雌性化症候群(雄) 再生不良性貧血 骨髄不全:貧血
    子宮腫瘍 大部分は症状を起こさない 症状が存在する場合は付近の臓器との機械的干渉に関連 腟の血様分泌物

    内分泌:
    甲状腺機能低下症 高コレステロール血症(80%) 正赤血球性正色素性貧血(50%)
    エストロゲン過剰症 雄の雌性化症候群(雄) 再生不良性貧血 骨髄不全:貧血

    泌尿器:
    慢性間質性腎炎(腎疾患の末期)
    先天性腎機能障害 多飲多尿、嗜眠、食欲不振、体重減少、嘔吐、貧相な被毛、削痩、脱水、蒼白、口腔粘膜の潰瘍と口臭 尿濃縮能低下、高窒素血症、高リン血症、再生不良性貧血
    腎臓の異形成・無形成 嗜眠、食欲のむら、被毛の質低下、体重の減少、抑鬱、多飲多尿、嘔吐、食欲低下、脱水、下痢、貧血
    毛細管拡張症 ウェルシュコーギーペンブロークは2〜8歳から始まる肉眼的血尿症 貧血 尿路閉塞 水腎症 腹痛 背湾姿勢 ヒイヒイと鳴く 嘔吐 排尿障害
    腎虫 腹痛、腎性疼痛、血尿、尿毒症、貧血、体重減少、頻尿、腹膜炎
    慢性腎疾患の貧血 食欲不振、うつ状態 無感情、寒冷不耐性、行動や性格変化 失神 痙攣 粘膜蒼白化 頻脈 収縮期雑音

    腫瘍:
    白血病
    骨髄腫 鼻出血 粘膜下出血 可視粘膜の貧血 血便 骨の脆弱化による跛行 神経症状
    急性リンパ芽球性白血病 ALL 発熱 全身・腹部疼痛 脾腫 貧血は半数でみられる 粘膜蒼白
    慢性リンパ性白血病 無気力 食欲不振 多飲多尿 出血 間欠的跛行 虚脱 リンパ節小 脾腫 貧血
    血管肉腫 貧血に伴う症状(可視粘膜蒼白、元気消失、運動不耐性、虚弱、心悸亢進、呼吸速迫、不整脈等)
    原発性肝腫瘍 貧血:正球性正色素性で長期にわたる疾患に認められる 好中球性白血球増多症

    栄養:
    ビーフジャーキー多食 プロピレングリコール ハインツ小体性溶血性貧血 動作鈍 便は少し赤色性粘液質 黄色尿 尿臭が強
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 1〜2日で赤色・暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢 嘔吐 脾腫
    ニンニク中毒 溶血性貧血 接触性皮膚炎 偽喘息発作
    ビタミンB6欠乏症 貧血 神経症状 胃腸障害 痙攣発作 皮膚炎 幼犬では発育障害 成犬では食欲不振や体重減少
    ビタミンB12欠乏症 巨赤芽球性貧血

    中毒:
    ワルファリン中毒 クマリン系殺鼠剤 全身の出血傾向 鼻血 皮膚、歯茎、眼から出血
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 1〜2日で赤色・暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢 嘔吐 脾腫
    ニンニク中毒 溶血性貧血 接触性皮膚炎 偽喘息発作

    溶血性貧血:
    大静脈症候群 VCS 別名:急性犬糸状虫症 呼吸困難 血色素尿 可視粘膜蒼白 頸静脈の拡張と拍動 腹囲膨満 心雑音
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 1〜2日で赤色・暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢 嘔吐 脾腫
    ニンニク中毒 溶血性貧血 接触性皮膚炎 偽喘息発作
    大静脈症候群 VCS 呼吸困難 血色素尿 可視粘膜蒼白 四肢の冷感 頸静脈の拡張と拍動 腹囲膨満 異常肺音 心雑音
    ヘモバルトネラ症 貧血・発熱・脾臓腫大 粘膜貧血・黄疸 腹部の疼痛 脾腫 血色素尿・ビリルビン尿
    新生子黄疸症 初乳により発症 重症時数時間後に死亡 血色素血尿・血色素尿 黄疸は3日目以降
    バベシア カニス 沖縄県 食欲減退 嘔吐 尿・黄褐色 発熱
    免疫介在性溶血性貧血 自己免疫性溶血性貧血 雌多い 寒がる、食欲不振、落ちつきがない、運動時疲れる。
    新生子黄疸症 初乳により発症 重症時数時間後に死亡 血色素血尿・血色素尿 黄疸は3日目以降
    グルコース−6−リン酸 脱水素酵素欠乏症 遺伝 ほとんど雄 薬服用後急激な血色素尿伴う溶血性貧血と黄疸
    ピルビン酸キナーゼ欠乏症 遺伝 貧血と脾腫(髄外造血の結果) 末期的な骨髄繊維症発現
    ホスホフルクトキナーゼ欠損症 遺伝 貧血 過呼吸、黄疸、食欲減退 筋肉障害、運動不耐性、筋肉痙攣
    エールリッヒア症 リケッチア 回帰性発熱 膿性の鼻汁・目脂 嘔吐 衰弱 リンパ節腫脹他
    ビーフジャーキー多食 プロピレングリコール ハインツ小体性溶血性貧血 動作鈍 便は少し赤色性粘液質 黄色尿 尿臭が強
    薬物性血液学的徴候
    銅関連慢性活動型肝炎 慢性肝炎〜肝硬変、体重減少、嘔吐、黄疸 溶血性貧血 ベドリントンテリアの66%発生
    ベドリントンテリアの銅ー関連性肝障害 過剰銅の曝露 溶血性貧血 慢性肝炎 遺伝疾患

    失血性貧血:
    鉤虫 タール状又は血様の下痢 粘膜蒼白 虚弱 脱水 子犬の大量感染:肺炎、肺の硬化 皮膚病
    鞭虫 慢性の下痢、慢性に貧血、血便
    コクシジウム症 激しい下痢 粘液・血液便 急激な脱水や貧血
    日本住血吸虫症 発熱、咳、粘血便、貧血、腹部膨大
    トリコモナス腸炎 下痢 幼犬 腹痛 消化器症状 粘血便、痩せる、貧血
    胃出血 暗赤色で酸臭のある血液を嘔吐 吐血中には必ず食物の片を混じる 暗赤色タール状の悪臭ある血便を排出 貧血
    急性大腸炎 激しい下痢 便量多い 噴射性排泄 粘膜損傷時は血液を混じる下利便 貧血 脱水
    全身性紅斑性狼瘡 歩様異常 皮膚病変(潰瘍 紅斑 脱毛) 発熱 嗜眠 食欲不振 関節炎 血小板減少 リンパ腫脹
    播種性血管内凝固 DIC 出血 血流量低下 急性腎不全 呼吸困難 点状出血 鼻出血 胃腸管出血 血尿 血栓症
    ワルファリン中毒 クマリン系殺鼠剤 全身の出血傾向 鼻血 皮膚、歯茎、眼から出血
    急性大腸炎 激しい下痢 便量多い 噴射性排泄 粘膜損傷時は血液を混じる下利便 貧血 脱水
    大腸の外傷 腹痛、嘔吐、発熱 粘膜蒼白、毛細血管再充満時間の遅延、速脈
    子宮腫瘍 大部分は症状を起こさない 症状が存在する場合は付近の臓器との機械的干渉に関連 腟の血様分泌物

可視粘膜蒼白

    循環器:
    大静脈症候群 VCS 呼吸困難 血色素尿 可視粘膜蒼白 四肢の冷感 頸静脈の拡張と拍動 腹囲膨満 異常肺音 心雑音
    心房破裂 急性に虚弱虚脱発現し急死へ進行 粘膜蒼白 頻拍 微弱脈拍 右心不全の徴候:腹水・頸静脈怒張
    ミクロフィラリア駆虫に伴う副作用 発熱、沈鬱、食欲不振、嘔吐、粘膜蒼白、軟・頻脈、浅呼吸などのショック症状
    血管肉腫 貧血に伴う症状(可視粘膜蒼白、元気消失、運動不耐性、虚弱、心悸亢進、呼吸速迫、不整脈等)
    肺動脈血栓塞栓症 急性呼吸困難、虚脱、咳、喀血、虚弱、頻拍、動脈拍動の減弱、頸静脈怒張、蒼白 チアノーゼ 第二心音分裂

    呼吸器:
    血胸 呼吸困難 可視粘膜蒼白 チアノーゼ 鼻出血 歯肉出血 下血 血尿 皮下出血 関節腫脹
    大静脈症候群 VCS 呼吸困難 血色素尿 可視粘膜蒼白 四肢の冷感 頸静脈の拡張と拍動 腹囲膨満 異常肺音 心雑音
    横隔膜ヘルニア 急性:呼吸困難 横臥を嫌い 犬座 腹式呼吸 腹部縮小 粘膜蒼白 咳 疲労
    外傷性横隔膜ヘルニア 交通事故起因多い 24時間以内の死亡率が高い 急性:呼吸困難 横臥を嫌い 犬座 起立位 腹式呼吸
    先天性横隔膜ヘルニア CDH 呼吸困難 心音減弱 雑音 腹側腹壁欠損併発

    消化器:
    胃出血 暗赤色で酸臭のある血液を嘔吐 吐血中には必ず食物の片を混じる 暗赤色タール状悪臭ある血便を排出 貧血、可視粘膜蒼白、心機能障害(心悸亢進、瀕脈、貧血性雑音など) 嗜眠、肢端冷感、筋肉振戦を起こして死亡、皮下浮腫、胸水、腹水
    肝アミロイド症 急性元気消沈 食欲不振 多尿多飲 嘔吐 脱水 黄疸 粘膜蒼白 出血性腹水 肝腫大
    膵臓の変性萎縮 旺盛な食欲 体重減少 大量・悪臭・脂肪性下痢(淡灰黄色 粘土色) 食糞 脱毛 腸動音の亢進 鼓腸 腹部膨満 可視粘膜貧血色

    骨格:
    骨髄形成不全症候群 骨髄増殖性異常の前白血病状態 粘膜蒼白 元気消沈 体重減少 肝脾腫大 末梢リンパ節腫大

    血液:
    汎血球減少症 末梢血中白血球・赤血球・血小板数同時低下 元気消沈、粘膜の蒼白化、点状出血、血尿、喀血、下血、発熱

    免疫介在性疾患:
    免疫介在性溶血性貧血 粘膜蒼白(97%)自己免疫性溶血性貧血 雌多い 寒がる、食欲不振、落ちつきがない

    泌尿器:
    先天性腎機能障害 腎の異形成 6カ月齢〜5歳 2歳以内多い 嗜眠 発育不良 多尿 多飲多渇 嘔吐
    慢性腎疾患の貧血 食欲不振、うつ状態 無感情、寒冷不耐性、行動や性格変化 失神 痙攣 粘膜蒼白化 頻脈 収縮期雑音

    内部寄生虫:
    バベシア ギブソニ 変化に富む症状 貧血 発熱 食欲低下 血色素尿 神経症状(ひきつけ等)
    バベシア カニス 沖縄県 食欲減退 嘔吐 尿・黄褐色 発熱
    リーシュマニア症 住血鞭毛虫類の原虫 粘膜蒼白 58-94.2%

    腫瘍:
    血管肉腫 貧血に伴う症状(可視粘膜蒼白、元気消失、運動不耐性、虚弱、心悸亢進、呼吸速迫、不整脈等)
    急性リンパ芽球性白血病 ALL 発熱 全身・腹部疼痛 食欲不振 脾腫 貧血 粘膜蒼白 血小板減少
    慢性リンパ性白血病 無気力 食欲不振 多飲多尿 出血 間欠的跛行 虚脱 リンパ節小 脾腫 貧血
    多発性骨髄腫 食欲不振、脱力感 多飲多尿 高Ca血症、出血傾向(鼻と粘膜) 麻痺や疼痛

    薬物:
    ミクロフィラリア駆虫に伴う副作用 発熱、沈鬱、食欲不振、嘔吐、粘膜蒼白、軟・頻脈、浅呼吸などのショック症状

出血素因

    感染症:
    黄疸出血型レプトスピラ病 黄疸 嘔吐 下痢 歯茎出血
    伝染性肝炎 子犬に多い 発熱 沈鬱 無気力 肝臓ある腹部を触診痛 嘔吐 下痢 角膜白濁
    ロッキー山紅斑熱 リケッチア 人畜共通感染症 皮膚の発疹と点状出血は、粘液性の結膜および色素のない皮膚で生じることがある
    エールリッヒア症 リケッチア 内発的出血(くしゃみ、鼻出血) 血小板減少症による粘膜の点状出血
    敗血症

    免疫介在性疾患:
    全身性紅斑性狼瘡 歩様異常 皮膚病変(潰瘍 紅斑 脱毛) 発熱 嗜眠 食欲不振 関節炎 血小板減少 リンパ腫脹

    凝固系:
    播種性血管内凝固 DIC 出血 血流量低下 急性腎不全 呼吸困難 点状出血 鼻出血 胃腸管出血 血尿 血栓症
    血小板減少症 全身皮膚粘膜に血斑 点状出血が口腔粘膜等 鼻出血、歯肉出血、吐血、下血、血尿 貧血
    先天性血液凝固障害 第Z因子欠損症 A型血友病 B型血友病 Von Willebrand病(VWD) 第X因子欠損症 第XI因子欠損症 異常フィブリノーゲン血症
    Von Willebrand病 遺伝性出血性素因 消化管出血 血尿 鼻出血 歯肉出血 体表面に血腫 ジャーマンシェパード他
    第Z因子欠損症 ビーグル(北アメリカ ヨーロッパ) 常染色体性遺伝病
    A型血友病 跛行 関節症は関節内への慢性出血で生じる 外傷で誘発 皮膚血腫 子犬の臍出血
    B型血友病 第IX(クリスマス)因子欠損症 遺伝形式はA型血友病と同じ A型血友病より少ない
    第X因子欠損症 アメリカンコッカースパニエル 常染色体病 新生子犬や若犬:重篤な出血傾向
    第XI因子欠損症 常染色体病 イングリッシュスプリンガースパニエル 血尿 鼻出血 歯肉出血
    異常フィブリノーゲン血症 体表の血腫 跛行 鼻出血 術後の過剰出血
    真性赤血球増加症

    血液:
    汎血球減少症 末梢血中白血球・赤血球・血小板数同時低下 元気消沈、粘膜の蒼白化、点状出血、血尿、喀血、下血、発熱

    呼吸器:
    鼻腔の外傷 鼻出血 いびき
    血胸 呼吸困難 可視粘膜蒼白 チアノーゼ 鼻出血 歯肉出血 下血 血尿 皮下出血 関節腫脹

    消化器:
    急性肝炎 糞便悪臭 下痢 黄疸・肝臓の疼痛 黄色尿 黄疸 激症肝炎:興奮 痙攣 嗜眠 口腔内出血 DIC
    膵臓ガストリン産生細胞腫 ガストリーマ 嘔吐 体重減少 断続的下痢 稀:吐血、点状出血、多飲症、腹痛、血便、便秘

    腫瘍:
    骨髄腫 鼻出血 粘膜下出血 可視粘膜の貧血 血便 骨の脆弱化による跛行 神経症状
    多発性骨髄腫 食欲不振、脱力感 多飲多尿 高Ca血症、出血傾向  麻痺や疼痛
    慢性リンパ性白血病 無気力 食欲不振 多飲多尿 出血 間欠的跛行 虚脱 リンパ節小 脾腫 貧血
    パラプロテイン血症 跛行 不全麻痺 衰弱 体重減少 鼻出血 歯肉出血 点状出血 斑状出血 下血

    生殖器:
    胎盤部位の退縮不全 出産後 3歳以下 持続性分娩後出血が7〜12時間持続

    中毒:
    ワルファリン中毒 クマリン系殺鼠剤 全身の出血傾向 鼻血 皮膚、歯茎、眼から出血
    デキサメサゾン 合成副腎皮質ホルモン 多飲・多尿 下痢 出血

リンパ節腫大

    ウイルス:
    伝染性肝炎 子犬に多い 発熱 沈鬱 無気力 肝臓ある腹部を触診痛 嘔吐 下痢 角膜白濁

    細菌:
    ブルセラ症 流産 犬は健常で多くは無症状 胚子死亡 不妊 死産 胎子菌血症 妊娠後期多い 新生子期に死亡
    結核 不顕性感染 咳 多尿多飲 悪臭のある軟便 黄疸 嘔吐 脱水 皮膚の潰瘍
    野兎病 稀 発熱、リンパ腺腫張、歯肉炎 口内炎 潰瘍性皮膚炎 肺炎 後躯麻痺
    犬、猫などによる咬傷
    リンパ節炎 リンパ節は腫大硬化し疼痛 発熱
    ノカルジア症 化膿性肉芽腫 四肢・頚部皮下の化膿と膿瘍 跛行 瘻管・滲出液排泄 リンパ節・肝・脾腫大 腹水 腹膜炎 咳

    リケッチア:
    エールリッヒア症 リケッチア 回帰性発熱 膿性の鼻汁・目脂 嘔吐 衰弱 リンパ節腫脹他
    エロコミン吸虫熱 リケッチア 鮭寄生吸虫がリケッチア保有 鮭中毒症より軽症 発熱 化膿性粘液性目脂 下痢、嘔吐、脱水
    鮭中毒症 リケッチア 発熱 体表リンパ節の腫大 渇欲亢進 嘔吐 食欲不振 沈鬱 下痢→血便
    ロッキー山紅斑熱 リケッチア 人畜共通感染症 マダニで伝播 Rickettsia rickettsii 沈鬱 発熱 嘔吐 下痢

    原虫:
    トキソプラズマ症 不顕性感染 下痢、筋肉脱力、呼吸困難 幼犬 発熱、リンパ節腫脹、嘔吐 鼻汁 咳 呼吸困難 眼障害
    ヘパトゾーン症 原虫 マダニ媒介 発熱 軽度非再生性貧血 下痢 食欲不振 左方移動の好中球性白血球増多
    リーシュマニア症 住血鞭毛虫類の原虫 全身性のリンパ節腫大71.2-96.1%

    スピロヘータ:
    ライム病 スピロヘータ 神経症状:中程度の発熱・全身性痙攣・起立不能・異常歩行・神経過敏

    真菌:
    スポロトリコーシス 深在性真菌症 頭部・体幹背側部限定 皮膚に肉芽腫又は膿瘍・潰瘍 リンパ管炎 リンパ節腫大 脱毛
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 全身性:内臓のリンパ節腫大、肝膿瘍、黄疸、腹水
    ブラストミセス症 深在性真菌症 肺・皮膚・眼・骨が侵され全身性感染 乾性咳 発熱 削痩 呼吸困難 縦隔リンパ節腫大 皮下膿瘍
    コクシジオイデス症 深在性真菌症 咳、微熱、、骨病変 非化膿性骨髄炎 病変は長骨骨幹部 跛行、軟部組織腫脹、疼痛
    ピチウム症 真菌 脱毛、結節、潰瘍、肉芽組織、漿液血液様から化膿性滲出液 局所リンパ節腫大 メキシコ湾岸 ムコール症

    呼吸器:
    膿胸 発熱 食欲不振 体重減少 呼吸速迫 リンパ節腫大 悪い方の肺を下にして寝る
    アレルギー性肺炎 症状は非常に多種多様 咳嗽 発熱 呼吸困難 異常呼吸音 断続性ラ音 運動不耐性 末梢リンパ節腫大

    腫瘍:
    リンパ性白血病
    リンパ肉腫(悪性リンパ腫) 別名:リンパ腫・リンパ様白血病・細網肉腫 疼痛を伴わない全身のリンパ節腫脹 5歳以上多
    リンパ腫 リンパ節腫張 進行:運動不耐性、下痢、抑欝、食欲不振 末期:呼吸困難、重度感染症
    急性リンパ芽球性白血病 ALL リンパ節腫張の頻度は50% 発熱 全身・腹部疼痛 脾腫 貧血
    慢性リンパ性白血病 無気力 食欲不振 多飲多尿 出血 間欠的跛行 虚脱 リンパ節小 脾腫 貧血
    骨髄腫 鼻出血 粘膜下出血 可視粘膜の貧血 血便 骨の脆弱化による跛行 神経症状
    口腔の軟骨肉腫 大型犬 上顎骨多発 過剰流涎 口臭 口からの血様浸出物 嚥下困難 体重減少 頸部リンパ節腫大
    歯肉の線維肉腫 徐々に進行する局所侵襲性悪性腫瘍 唾液の過剰 口臭 血様滲出物 嚥下困難 顔面変形 頸部リンパ節腫脹
    耳の腺癌 外耳炎と同様徴候 初期:淡いピンク、脆く潰瘍状、出血性・結節状腫瘤 後期:大型腫瘤が耳道閉鎖 局所リンパ節腫大
    歯肉の扁平上皮癌 上顎に多い 過剰流涎 摂食困難 口臭 体重減少 欠歯 口からの血様滲出物 顔変形 頸部リンパ節腫大
    腎臓・膀胱・尿道の移行上皮癌 悪性腫瘍 直腸検査で腰部のリンパ節腫大が認められることがある

    口腔:
    口腔腫瘍 流涎 口臭、出血 嚥下困難 体重減少 下顎や後咽頭リンパ節腫大 眼球突出 顔面左右不対称 くしゃみ 鼻汁
    口腔の軟骨肉腫 大型犬 上顎骨多発 過剰流涎 口臭 口からの血様浸出物 嚥下困難 体重減少 頸部リンパ節腫大
    歯肉の線維肉腫 徐々に進行する局所侵襲性悪性腫瘍 唾液の過剰 口臭 血様滲出物 嚥下困難 顔面変形 頸部リンパ節腫脹
    歯肉の扁平上皮癌 上顎に多い 過剰流涎 摂食困難 口臭 体重減少 欠歯 口からの血様滲出物 顔変形 頸部リンパ節腫大

    消化器:
    伝染性肝炎 子犬に多い 発熱 沈鬱 無気力 肝臓ある腹部を触診痛 嘔吐 下痢 角膜白濁
    咽頭炎 食欲不振、発熱、嘔吐 流涎、呼吸困難、逆くしゃみ 食餌に伴う疼痛
    好酸球性胃炎 間欠的嘔吐、小腸性下痢、食欲不振 体重減少 末梢リンパ節腫脹 腸管膜リンパ節症 肝・脾腫大

    泌尿器:
    腎臓・膀胱・尿道の移行上皮癌 悪性腫瘍 直腸検査で腰部のリンパ節腫大が認められることがある

    骨格:
    骨髄炎 発熱、食欲低下、患部増温、腫脹・圧痛、周辺リンパ節の腫脹、疼痛 跛行 起立不能
    骨髄腫 鼻出血 粘膜下出血 可視粘膜の貧血 血便 骨の脆弱化による跛行 神経症状
    特発性非変形性関節炎 免疫介在性疾患 周期的発熱 遠位関節腫張 白血球増加 全身リンパ節腫大
    リウマチ性関節炎 関節以外の症状としては、リンパ節腫大と脾臓腫大
    骨髄形成不全症候群 骨髄増殖性異常の前白血病状態 粘膜蒼白 元気消沈 体重減少 肝脾腫大 末梢リンパ節腫大

    皮膚:
    若年性蜂窩織炎 子犬 顎下リンパ節症 頭部、顔面、口と目の周囲の粘膜皮膚結合部 腫脹 発赤 患部から滲出液や膿汁
    膿皮症 局所赤色、痒み 脱毛 丘疹 膿疱
    グルカゴノーマ及び空胞性肝障害に伴う代謝性表皮壊死 病気が進行すると末梢リンパ節腫大などの全身症状が発現 末梢のリンパ節腫大は四肢末端の皮膚炎が原因

    免疫介在性疾患:
    全身性紅斑性狼瘡 リンパ節や脾臓で反応性のリンパ濾胞過形成 リンパ腫脹

    生殖器:
    ブルセラ症 流産 犬は健常で多くは無症状 胚子死亡 不妊 死産 胎子菌血症 妊娠後期多い 新生子期に死亡

    薬物:
    薬物性血清病 全身性アレルギー反応 リンパ節腫大、神経障害、血管炎、腎炎、関節炎、蕁麻疹、発熱

食欲異常増加

    生理的:
    妊娠
    泌乳
    成長
    寒冷

    消化器:
    肥満
    腸リンパ管拡張症 慢性的・間欠的下痢/嘔吐、食欲旺盛 体重減少 低アルブミン血症:浮腫・腹水・胸水
    吸収不良症候群 食欲はあるのに体重減少 嘔吐 消化不良の大量軟・下痢便 酸敗性悪臭脂肪便
    慢性膵臓炎 悪臭伴う灰白色・黄色下痢便 糞量多 腹痛 多飲多尿
    膵腺房萎縮 体重減少、多食、軟便、被毛粗剛、腹鳴 鼓腸 ジャーマン・シェパードに多い
    膵臓の変性萎縮 旺盛な食欲 体重減少 大量で悪臭に脂肪性下痢 食糞 脱毛 腹部膨満 若い2歳以下
    豆状条虫 少数寄生では無症状、多数寄生すると下痢、腹痛、その他の消化器障害が主で、まれに腸閉塞や穿孔、神経症状

    内分泌:
    糖尿病 急激な削痩 多尿多飲 多食 嘔吐 白内障 腎不全 失禁
    副腎皮質機能亢進症 クッシング症 多尿多飲 多食 腹部膨満 嗜眠 肥満 左右対称性脱毛 神経症状
    甲状腺機能亢進症 バセドー氏病 食欲増加・体重減少 神経質 興奮 眼球突出 多渇多尿 下痢 脱毛
    甲状腺腫瘍 嚥下困難、呼吸困難、鳴き声変化 多渇、多尿、食欲亢進、喘ぎ呼吸、落ち着きのなさ、筋脱力、頻脈
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ 運動失調、痙攣、昏睡、神経質、吠える、顔面筋肉痙攣、糞尿散乱、嘔吐、瀕脈、全身性痙攣、視力障害(盲目)、昏睡
    膵外分泌機能不全 EPI 旺盛な食欲 体重減少 悪臭脂肪性大量下痢・軟便、間欠的水様下痢便 貧血、食糞 嘔吐
    門脈シャント 肝性脳症 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    若年性真性糖尿病 インスリン依存性真性糖尿病 1歳未満 多飲多渇 多食 夜尿症 重度体重減少 膵臓外分泌機能不全

    眼:
    特発性後天性網膜変性 急性視力低下 多尿 多渇 多食 肥満 肝臓腫大 平均8.5歳 雌:70%

    内部寄生虫:
    豆状条虫 少数寄生では無症状、多数寄生すると下痢、腹痛、その他の消化器障害が主で、まれに腸閉塞や穿孔、神経症状
    広節裂頭条虫 軽感染の場合は無症状 食欲の異常亢進または減退、腹痛、軟便や便秘と交互に起こる頑固な下痢 貧血

    薬物・中毒:
    グルココルチコイド製剤 肝腫大 多渇・多飲・多食 内分泌性脱毛 副腎皮質機能亢進症
    黄体ホルモン

体重減少を伴う多食

    栄養:
    不十分な栄養

    内分泌:
    甲状腺機能亢進症 基礎代謝量の増加 食欲増加・体重減少 神経質 興奮 眼球突出 多渇多尿 下痢 脱毛
    糖尿病 栄養素の不適切な消費 急激な削痩 多尿多飲 多食 嘔吐 白内障 腎不全 失禁

    内部寄生虫:
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛
    鉤虫 タール状又は血様の下痢 粘膜蒼白 虚弱 脱水 子犬の大量感染:肺炎、肺の硬化 皮膚病
    鞭虫 慢性の下痢、慢性に貧血、血便
    マンソン裂頭条虫 通常は無症状で経過、多数寄生した場合に消化器障害、下痢、腹痛、痩せる

    消化器:
    リンパ肉腫(悪性リンパ腫) 別名:リンパ腫・リンパ様白血病・細網肉腫 疼痛を伴わない全身のリンパ節腫脹 5歳以上多
    小腸のリンパ肉腫 食欲不振 無気力、下痢 嘔吐 体重減少 下血、吐血、発熱、腹水、黄疸
    腸リンパ管拡張症 慢性的・間欠的下痢/嘔吐、食欲旺盛 体重減少 低アルブミン血症:浮腫・腹水・胸水
    リンパ・プラズマ細胞性腸炎 小腸の慢性炎症疾患 慢性難治性下痢 嘔吐 進行:腹水 浮腫
    好酸球性胃腸炎 食欲減退 嘔吐 持続下痢 血便 嘔吐 脱水:体重減少 被毛があれる 皮膚硬化 脂肪便
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 慢性の咳 水様性下痢 不顕性感染 痰
    膵外分泌機能不全 EPI 旺盛な食欲 体重減少 悪臭脂肪性大量下痢・軟便、間欠的水様下痢便 貧血、食糞 嘔吐

    泌尿器:
    蛋白漏出性腎症

    腫瘍:
    視床下部腫瘤
    リンパ肉腫(悪性リンパ腫) 別名:リンパ腫・リンパ様白血病・細網肉腫 疼痛を伴わない全身のリンパ節腫脹 5歳以上多
    小腸のリンパ肉腫 食欲不振 無気力、下痢 嘔吐 体重減少 下血、吐血、発熱、腹水、黄疸

異嗜

    子犬の異嗜
    食糞症
    破壊的活動と異嗜
    草を食べる

    感染症:
    狂犬病 神経症状 性格の著しい変化 涎 異嗜 攻撃的 水を嫌う 噛みつく

    消化器:
    潰瘍性大腸炎 大腸粘膜下組織に肉芽腫性病変 異嗜 血便 下痢 遺伝病 ボクサー

    内分泌:
    膵外分泌機能不全 EPI 旺盛な食欲 体重減少 悪臭脂肪性大量下痢・軟便、間欠的水様下痢便 貧血、食糞 嘔吐
    膵萎縮 下痢 脂肪便 体重減少 異嗜 食糞
    膵臓の変性萎縮 旺盛な食欲 体重減少 大量・悪臭・脂肪性下痢(淡灰黄色 粘土色) 食糞 皮毛削剛 脱毛 腸動音の亢進 鼓腸 腹部膨満 可視粘膜貧血色

    栄養:
    ビタミンB1(チアミン)欠乏症 神経症状 食欲不振 痙攣性対麻痺 食糞症 後肢硬直 硬直性痙攣 知覚過敏 嘔吐 食糞

    漢方・指圧:
    異常食欲亢進、異嗜 漢方・指圧
    異常食欲亢進、異嗜 ツボ療法画像 巨闕 内庭 足臨泣 脾兪

食糞

    ストレス
    単なるいたずら

    感染症:
    狂犬病 神経症状 性格の著しい変化 涎 異嗜 攻撃的 水を嫌う 噛みつく

    内部寄生虫:
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛

    骨格:
    歯の出る・交換時
    骨軟症

    栄養:
    食事の量が少ない(回数が少ない)
    ビタミンB1(チアミン)欠乏症 神経症状 食欲不振 痙攣性対麻痺 食糞症 後肢硬直 硬直性痙攣 知覚過敏 嘔吐 散大瞳孔
    くる病と骨軟化症 関節の腫脹・変形 疼痛 跛行 四肢の変形 肋骨と肋軟骨接合部はくる病念珠 骨折しやすく 起立不能
    栄養のバランスが悪い場合
    人には理解できない嗜好ドッグフードには、食欲増進香料が加えられている場合があり、恐らくこの添加物は変化しないでそのまま糞に残り、糞はフードの匂いがするため
    炭水化物、糖分(馬鈴薯、穀類など)の豊富な食餌を与えられてる:炭水化物は食糞症を助長する

    膵臓:常に飢餓状態で食糞症を伴う
    膵外分泌機能不全 EPI 旺盛な食欲 体重減少 悪臭脂肪性大量下痢・軟便、間欠的水様下痢便 貧血、食糞 嘔吐
    膵臓の変性萎縮 旺盛な食欲 体重減少 大量・悪臭・脂肪性下痢(淡灰黄色 粘土色) 食糞 脱毛 腸動音の亢進 鼓腸 腹部膨満 可視粘膜貧血色
    膵萎縮 下痢 脂肪便 体重減少 異嗜 食糞

口腔異常 炎症、口臭

    感染症:
    黄疸出血型レプトスピラ病 黄疸 嘔吐 下痢 歯茎出血
    カンジダ症 口腔粘膜病巣 著しい口臭は合併症を示す 食道胃腸に潰瘍形成
    ノカルジア症 強い口臭 歯肉炎 口腔内潰瘍 壊死 偽膜 稀に下顎リンパ節

    口腔:
    歯根膜炎 歯肉は発赤・腫脹・出血 歯は緩く不安定 歯肉圧迫で膿性物質 口臭 体重減少

    口内炎 食欲不振、流涎、知覚過敏、疼痛、口腔内悪臭 口腔粘膜の発赤、腫張、潰瘍
    口腔内異物 流涎→異物感 口唇に血液付着 疼痛 食事不可 異物刺激:口粘膜充血・腫脹 鼻出血
    口腔腫瘍(偏平上皮癌など) 口臭、出血
    口唇炎と口唇皺襞皮膚炎 流涎→異物感 悪臭 下顎部先端被毛湿 口唇炎 口唇皺壁の皮膚炎 脱毛
    口腔内乳頭腫症 口腔内、カリフラワー 流涎 採食困難 幼若犬に多
    口腔の未分化悪性腫瘍 硬口蓋・顎間質・顎骨・眼窩発生 口臭 流涎過剰 嚥下困難 口からの血様滲出物 大型犬種
    舌炎 流涎 咀嚼・嚥下異常 口腔内悪臭 舌腫脹 発赤 疼痛 潰瘍 麻痺
    唾液腺炎 発熱 顎を上下に動かし開口時に疼痛 耳根部・下顎骨角に浮腫 眼球突出 眼瞼腫脹 口腔内粘膜に炎症・腫瘍

    扁桃炎 発赤・腫脹 壊死巣・膿瘍散在 白・灰色物質で覆われる 発熱 嚥下困難 流涎 嘔吐

    泌尿器:
    先天性腎機能障害 多飲多尿、嗜眠、食欲不振、体重減少、嘔吐、貧相な被毛、削痩、脱水、蒼白、口腔粘膜の潰瘍と口臭 尿濃縮能低下、高窒素血症、高リン血症、再生不良性貧血

    腫瘍:
    口腔腫瘍(偏平上皮癌など) 口臭、出血
    口腔内乳頭腫症 口腔内、カリフラワー 流涎 採食困難 幼若犬に多
    免疫介在性疾患:
    尋常性天疱瘡 皮膚と粘膜の境界線部が好発部位 大型の緊張性の水泡を形成し、破裂後潰瘍
    類天疱瘡 口腔、皮膚粘膜境界部に潰瘍形成

    栄養:
    ビタミンB6欠乏症 貧血 神経症状 胃腸障害 痙攣発作 皮膚炎 幼犬では発育障害 成犬では食欲不振や体重減少
    ナイアシン(ニコチン酸)欠乏症 2次感染により潰瘍性壊死の舌炎(黒舌症)口内炎

    遺伝:
    グレーコリー症候群 シルバーグレーのコリー種 遺伝性骨髄異形成、 敗血症

口臭

    遺伝:
    口唇皺壁膿皮症 口臭 掻痒 下顎犬歯後方皮膚皺壁 垂れ下がった唇の大型犬種

    歯:
    歯周囲疾患 犬の唾液phは弱アルカリ性 加齢により唾液の性状が変化したり、量が減少すると、歯垢・歯石が増える
    歯石・歯周囲炎 柔歯垢→歯石放置、歯肉炎症、口臭 歯がぐらつく 歯周囲炎は全身細菌感染の危険
    歯根膜炎 歯肉は発赤・腫脹・出血 歯は緩く不安定 歯肉圧迫で膿性物質 口臭 体重減少
    歯肉の線維肉腫 徐々に進行する局所侵襲性悪性腫瘍 唾液の過剰 口臭 血様滲出物 嚥下困難 顔面変形 頸部リンパ節腫脹
    線維腫性歯肉腫 カリフラワー状腫瘤 痛みはなく、歯肉上皮と結合織の過剰発育
    食物
    高齢犬の歯科疾患 エナメル質に亀裂が起きたり、歯が破折したり、歯垢、歯石の沈着、歯周病等
    壊死性潰瘍性歯肉炎 潰瘍化 出血 口臭 疼痛 咀嚼困難
    菌状息肉腫 Tリンパ球腫瘍 潰瘍性口内炎 脱毛 鼻、唇、眼瞼、包皮、会陰部、皮膚粘膜境界部・口腔に好発
    乳歯の晩期残存 乳歯が生後1年も残る 切歯と前臼歯部では乳歯の脱落とほぼ同時に永久歯が生え始める
    乳歯が抜けた後の出血
    乳歯が抜けた後の歯肉の穴
    口臭があり歯茎が赤い 漢方・指圧
    口臭があり歯茎が赤い ツボ療法画像 内庭 合谷 太谿 行間 陽谷 脾兪 巨闕

    口腔:
    好酸球性プラーク 好酸球性肉芽腫 口腔に多い 口蓋の潰瘍性局面、増殖性舌塊 3歳未満、シベリアンハスキー 雄
    口内炎 食欲不振、流涎、知覚過敏、疼痛、口腔内悪臭 口腔粘膜の発赤、腫張、潰瘍
    口腔内悪性黒色腫
    口腔の未分化悪性腫瘍 硬口蓋・顎間質・顎骨・眼窩発生 口臭 流涎過剰 嚥下困難 口からの血様滲出物 大型犬種
    口腔の軟骨肉腫 大型犬 上顎骨多発 過剰流涎 口臭 口からの血様浸出物 嚥下困難 体重減少 頸部リンパ節腫大
    難治性口内炎 口腔内腫瘍 口腔内カンジダは激しい口内炎 全身性疾患:全身性紅斑、天疱瘡、特発性血管炎が口腔内潰瘍の原因 マルチーズでは免疫介在性潰瘍性歯肉炎/口内炎
    原因不明の口内炎 マルチーズとテリア 潰瘍性歯肉炎や口内炎に罹患しやすい
    歯肉の扁平上皮癌 上顎に多い 過剰流涎 摂食困難 口臭 体重減少 欠歯 口からの血様滲出物 顔変形 頸部リンパ節腫大

    腫瘍:
    鼻腔と副鼻腔の軟骨肉腫 鼻出血、慢性鼻汁、腫脹 流涙 くしゃみ 口臭 食欲不振 発作 顔変形 眼球突出
    口腔内悪性黒色腫
    線維腫性歯肉腫 カリフラワー状腫瘤 痛みはなく、歯肉上皮と結合織の過剰発育
    菌状息肉腫 Tリンパ球腫瘍 潰瘍性口内炎 脱毛 鼻、唇、眼瞼、包皮、会陰部、皮膚粘膜境界部・口腔に好発
    咽頭の腫瘍 食欲不振、流涎 口臭 口腔咽頭嚥下困難 老齢
    口腔の軟骨肉腫 大型犬 上顎骨多発 過剰流涎 口臭 口からの血様浸出物 嚥下困難 体重減少 頸部リンパ節腫大
    歯肉の扁平上皮癌 上顎に多い 過剰流涎 摂食困難 口臭 体重減少 欠歯 口からの血様滲出物 顔変形 頸部リンパ節腫大

    泌尿器:
    尿毒症 嘔吐 口内炎・潰瘍は頬粘膜 口臭 舌先壊死 胃腸出血 貧血
    急性腎不全 元気消失、低体温、脱水、食欲廃絶、嘔吐、下痢、口臭、腰部の痛み、徐脈、呼吸数増加、血尿、排尿困難
    先天性腎機能障害 多飲多尿、嗜眠、食欲不振、体重減少、嘔吐、貧相な被毛、削痩、脱水、蒼白、口腔粘膜の潰瘍と口臭 尿濃縮能低下、高窒素血症、高リン血症、再生不良性貧血
    先天性腎機能障害 稀
    糸球体腎炎 発熱 食欲不振 可視粘膜の貧血 口臭 嘔吐 下痢 重症:脱力 痙攣 昏睡 腹水

    内部寄生虫:
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛

    呼吸器:
    副鼻腔炎 鼻炎に似ていて、鼻汁、くしゃみ、発熱
    肺膿瘍 発熱、咳、呼吸困難、膿性鼻汁 悪化すると慢性毒血症症候群
    鼻の腺癌 鼻出血 いびき 口臭 食欲不振 脳への二次的な浸潤による発作 非感染性鼻汁 顔変形 眼球突出

    消化器:
    食道憩室 嚥下困難 流涎 嘔吐 吐物は未消化 しゃっくり様の声 食後頸部に腫瘤
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛

    内分泌:
    糖尿病 急激な削痩 多尿多飲 多食 嘔吐 白内障 腎不全 失禁

    神経:
    肝性脳症 神経徴候 抑欝 性格変化 CNS徴候 落ち着きなし 旋回運動 運動失調 虚脱 癲癇発作 頭部を家具等に押しつけ 頸を腹側に屈曲 昏睡 多尿 流涎

    循環器:
    肝性脳症 神経徴候 抑欝 性格変化 CNS徴候 落ち着きなし 旋回運動 運動失調 虚脱 癲癇発作 頭部を家具等に押しつけ 頸を腹側に屈曲 昏睡 多尿 流涎

流涎

 (りゅうせん)
    感染症:
    狂犬病 神経症状 性格の著しい変化 涎 異嗜 攻撃的 水を嫌う 噛みつく
    ジステンパー 呼吸器・消化器・脳神経症状 結膜炎 鼻炎 発熱 食欲不振 脱水 肺炎 咳 下痢 癲癇様発作
    黄疸出血型レプトスピラ病 黄疸 嘔吐 下痢 歯茎出血
    破傷風 筋肉硬直 瞬膜突出 流涎 開口困難、咀嚼困難 嚥下困難 神経症状

    神経:
    癲癇 癲癇
    動揺病 乗り物酔い
    顔面神経麻痺
    肝性脳症 過剰流涎は進行した症例 神経徴候 抑欝 性格変化 CNS徴候 落ち着きなし 旋回運動 運動失調 虚脱 癲癇発作
    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    特発性顔面麻痺 瞬目消失 口唇下垂 耳の下垂 流涎過剰 眼・外鼻孔乾燥
    三叉神経炎 下顎下垂の急性発症 口の閉鎖不能 流涎 食物の把握困難 食べ散らかす 嚥下は正常

    口腔:
    口内炎 食欲不振、流涎、知覚過敏、疼痛、口腔内悪臭 口腔粘膜の発赤、腫張、潰瘍
    口腔内異物 流涎→異物感 口唇に血液付着 疼痛 食事不可 異物刺激:口粘膜充血・腫脹 鼻出血
    歯肉の線維肉腫 徐々に進行する局所侵襲性悪性腫瘍 唾液の過剰 口臭 血様滲出物 嚥下困難 顔面変形 頸部リンパ節腫脹
    口唇炎と口唇皺襞皮膚炎 流涎→異物感 悪臭 下顎部先端被毛湿 口唇炎 口唇皺壁の皮膚炎 脱毛
    口腔腫瘍 流涎 口臭、出血 嚥下困難 体重減少 下顎や後咽頭リンパ節腫大 眼球突出 顔面左右不対称 くしゃみ 鼻汁
    口腔の未分化悪性腫瘍 硬口蓋・顎間質・顎骨・眼窩発生 口臭 流涎過剰 嚥下困難 口からの血様滲出物 大型犬種
    舌炎 流涎 咀嚼・嚥下異常 口腔内悪臭 舌腫脹 発赤 疼痛 潰瘍 麻痺
    口腔内乳頭腫症 口腔内、カリフラワー 流涎 採食困難 幼若犬に多
    口蓋裂傷 食物が気管・鼻に漏れる、誤飲性肺炎 呼吸困難 遺伝 哺乳中のくしゃみ、吐き気、発咳 鼻炎
    咽頭の腫瘍 食欲不振、流涎 口臭 口腔咽頭嚥下困難 老齢
    口腔の軟骨肉腫 大型犬 上顎骨多発 過剰流涎 口臭 口からの血様浸出物 嚥下困難 体重減少 頸部リンパ節腫大
    歯肉の扁平上皮癌 上顎に多い 過剰流涎 摂食困難 口臭 体重減少 欠歯 口からの血様滲出物 顔変形 頸部リンパ節腫大

    消化器:
    異嗜
    仮性流涎症 流涎 口周囲に泡 分泌過剰で嚥下障害がなければ、ほとんどの唾液を飲込む 嘔吐
    咽頭炎 食欲不振、発熱、嘔吐 流涎、呼吸困難、逆くしゃみ 食餌に伴う疼痛
    咽頭麻痺 嚥下困難 流涎 吸引性肺炎による咳、呼吸困難 咀嚼困難、口が閉じず舌が出たまま 鳴き声の変化

    食道梗塞
    食道狭窄
    食道の異物 流涎 努力性嚥下動作 不快感 食物摂取後の吐出
    食道憩室 嚥下困難 流涎 嘔吐 吐物は未消化 しゃっくり様の声 食後頸部に腫瘤
    食道炎 食欲不振 嚥下困難 食事の逆流と吐出 体重減少 粘調性過剰涎 胃液の逆流 血液含む粘性性唾液様液吐出
    カンジダ症 発熱、活力低下、流涎、嘔吐、食欲不振、頸部食道の圧痛
    胸腺腫 稀 発咳、体重減少、嚥下困難、流涎、呼吸困難 頭・頸・前肢腫脹 筋無力症による筋の脱力・巨大食道

    胃拡張 腹部膨満 疝痛 胃捻転に較べて症状は軽い 腹痛 空嘔吐 流涎 可視粘膜は不潔で金線状脈 打診すると鼓音
    急性胃拡張と捻転
    肝リピドーシス 脂肪肝、嘔吐、下痢 便秘 稀:黄疸、体重減少、流涎、意識障害、発作 腹部触診で腫大肝臓触知可能
    疼痛とストレスに関連する臨床徴候 消化器:食欲不振 腸閉塞 嘔吐 流涎 下痢 便秘 体重減少

    耳:
    中耳炎 顔面神経損傷時:上唇や耳下垂 流涎 眼瞼反射低下や消失

    生殖器:
    子癇 神経過敏 不安 著明な流延 歩様異常 起立不能 呼吸速迫 痙攣 呼吸速迫 発熱 頻脈 粘膜充血

    薬物・中毒:
    熱射病 体温40℃以上 パンティグ 痙攣 呼吸困難 頻脈 唇が赤い ショック DIC 吐血、血便
    アセトアミノフェン中毒 進行性沈鬱 唾液分泌 嘔吐 腹痛 メタヘモグロビン血症:頻呼吸・チアノーゼ 顔・四肢・前肢浮腫
    ピリトリン中毒 除虫菊等 ノミ等駆除剤 過剰流涎 四肢振戦 耳単収縮 沈鬱 嘔吐 下痢
    セファレキシン 流涎 異常興奮
    抗コリンエステラーゼ中毒 流涎 流涙 排尿排便 縮瞳 筋痙攣 沈鬱 虚弱 呼吸困難 麻痺(ニコチン期)
    有機燐及びカルバミン酸中毒 殺虫剤成分 流涎、痙攣発作、下痢、嘔吐、呼吸困難、縮瞳
    燐中毒 嘔吐 下痢(しばしば血が混ざる ニンニク臭) 急性胃腸炎 口渇 多量の流延 脱水 腹痛 黄疸 痙攣

    植物中毒:
    イラクサ 植物 有毒:葉・茎の刺毛 成分:蟻酸他 皮膚接触:疼痛、かぶれ、炎症 経口:口腔灼熱感、流涎、嘔吐、筋力低下、振戦、呼吸困難、徐脈
    ウマノアシガタ 植物 有毒:全草・樹液 成分:プロトアネモニン 皮膚刺激 口腔灼熱感 流涎 下痢 胃腸炎 幻覚 CNS麻痺 心停止
    キバナハウチワマメ 植物 有毒:特に種子 成分:スパルテイン 流涎 嘔吐 運動失調 呼吸困難 催奇形性
    キバナフジ 植物 有毒:樹皮・根皮・葉・種子 成分:キチシン ニコチン類似症状:流涎・嘔吐・発汗・血管収縮・血圧上昇・知覚障害・呼吸不全
    シキミ 植物 有毒:果実・樹皮・葉・種子 成分:アニサチン他 嘔吐 下痢 血圧上昇 呼吸困難 全身痙攣 流涎
    シキミ 植物 有毒:果実・樹皮・葉・種子 成分:アニサチン他 嘔吐 下痢 血圧上昇 呼吸困難 全身痙攣 流涎
    ジンチョウゲ 植物 有毒:花・葉 成分:ダフネチン 口腔内水疱・浮腫 流涎 嘔吐 腹痛 血便
    セイヨウキヅタ 植物 有毒:葉・果実 成分:ヘデリン他 嘔吐 下痢 腹痛 口渇 流涎 皮膚刺激
    センダン 植物 有毒:樹皮・果実 成分:カテコールタンニン 流涎 嘔吐 下痢 胃炎 運動失調 痙攣 呼吸停止 心停止
    タバコ 植物 有毒:葉 成分:ニコチン他 流涎 嘔気 嘔吐 発汗 目眩 血管収縮 血圧上昇 呼吸困難 知覚障害 死亡
    チョウセンアサガオ 植物 有毒:葉・全草(特に種子) 成分:スコポラミン他 流涎 嘔吐 下痢 口渇 視覚障害 散瞳 幻覚 頻脈
    ドクウツギ 植物 有毒:種子・果実・葉・茎 成分:コリアミルチン他 嘔吐 流涎 縮瞳 血圧上昇 全身硬直 痙攣 呼吸困難 死亡
    ドクゼリ 植物 有毒:全草 成分:シクトキシン他 流涎 嘔吐 口腔灼熱感 胃腸炎 横紋筋麻痺 頻脈 呼吸困難 死亡
    ニセアカシア 植物 有毒:樹皮・種子・葉 成分:ロビン他 遅発性嘔吐 下痢 流涎 発汗 腹痛 心悸亢進 呼吸困難 腎機能不全
    ハンショウヅル 植物 有毒:全草 成分:アジヤコニン他 流涎 運動失調 振戦 痙攣 呼吸困難 心臓麻痺
    ヒエンソウ 植物 有毒:全草 成分:アコニチン他 流涎 振戦 運動失調 痙攣 呼吸困難 心臓麻痺
    アザレア 植物 葉と蜜:流涎・嘔吐・徐脈・痙攣、昏睡・死亡

    品種:
    ゴールデンレトリーバー
    セントバーナード

舌炎

    口内炎 食欲不振、流涎、知覚過敏、疼痛、口腔内悪臭 口腔粘膜の発赤、腫張、潰瘍
    難治性口内炎 口腔内潰瘍
    難治性口内炎 マルチーズでは免疫介在性潰瘍性歯肉炎/口内炎
    原因不明の口内炎 マルチーズとテリアは他の犬種よりも潰瘍性歯肉炎や口内炎に罹患しやすい

    舌先端部の脱落・壊死:
    急性腎不全 元気消失、低体温、脱水、食欲廃絶、嘔吐、下痢、口臭、腰部の痛み、徐脈、呼吸数増加、血尿、排尿困難
    膵臓炎 特徴的な症状はない 多くの併発症を起こす 腹痛、激しい嘔吐、ショック 食欲不振 下痢 腹部膨満 不整脈 中年 肥満
    レプトスピラ病
    尿毒症 腎不全の結果生じる全身性疾患の症候群 単一の病気ではない 窒素血症

    口唇の肉芽腫に類似した病変:
    シベリアンハスキーの舌外側縁や 舌下面にときたま発生

    感染症:
    レプトスピラ病
    ヘルペスウイルス感染症 希 体力が弱い時に発症 新生子犬 発熱 元気食欲ない 黄緑色便 下痢
    カンジダ症 老齢 粘膜灰白色プラクー 著しい紅斑 口腔粘膜 口臭

    内部寄生虫:
    トリコモナス 下痢 幼犬 腹痛 消化器症状 粘血便、痩せる、貧血

    ビタミン:
    バーロー病 ビタミンC欠乏 子犬 跛行 長骨の遠位端における腫脹・疼痛 橈骨著明運動不耐性 疼痛 熱
    ビタミンC欠乏症
    ビタミンA欠乏症 発育遅延 皮膚角化亢進 幼犬:頭蓋肥厚 神経症状 水頭症 夜盲症
    ナイアシン(ニコチン酸)欠乏症 潰瘍性壊死舌炎(黒舌症)口内炎 荒れた皮膚 皮膚炎は左右対称限界明瞭

嘔吐

    ウイルス:
    ジステンパー 呼吸器・消化器・脳神経症状 結膜炎 鼻炎 発熱 食欲不振 脱水 肺炎 咳 下痢 癲癇様発作
    犬パルボウイルス感染症 嘔吐 下痢 血便 脱水症、敗血症、栄養失調
    コロナウイルス感染症 下痢 嘔吐
    アデノウイルス感染症 発熱、食欲不振、嘔吐、下痢、呼吸器感染症、血便、黄疸
    犬好酸性細胞肝炎 初期:食欲不振・嘔吐・発熱 後期:肝不全(腹水、肝性脳症)

    細菌:
    大腸菌群感染症 新生子:嘔吐、衰弱/嗜眠、下痢、低温皮膚の突然の発現 幼猫:嘔吐、下痢
    敗血症
    黄疸出血型レプトスピラ病 黄疸 嘔吐 下痢 歯茎出血
    カニコーラ型レプトスピラ病 高熱 嘔吐 下痢 尿毒症
    サルモネラ感染症 重度の胃腸炎 内毒素血症 白血球減少 敗血症 肺炎 腎盂腎炎 壊死性肝炎 流産 死産

    リケッチア:
    エールリッヒア症 リケッチア 回帰性発熱 膿性の鼻汁・目脂 嘔吐 衰弱 リンパ節腫脹他
    ロッキー山紅斑熱 リケッチア 人畜共通感染症 マダニで伝播 Rickettsia rickettsii 沈鬱 発熱 嘔吐 下痢

    内部寄生虫:
    有棘顎口虫 食欲不振、嘔吐、貧血、胃壁まれに食道壁に虫嚢形成寄生
    犬条虫 Dipylidium caninum きわめて稀に犬条虫は神経毒を出し、脱力、嘔吐、痙攣、癲癇
    バベシア ギブソニ 非定型的症状:便秘 下痢 嘔吐
    バベシア カニス 沖縄県 食欲減退 嘔吐 尿・黄褐色 発熱

    真菌:
    全身性真菌症 消化器であれば下痢、嘔吐、呼吸器であれば咳や呼吸困難と様々
    ピチウム症 真菌 嘔吐、体重減少、下痢、触診可能腹部マス、食欲不振 メキシコ湾岸 ムコール症
    カンピロバクター感染症 3ケ月以下の若令 軟便から水様便さらに血便まで 元気食欲は低下 飲水量低下から脱水
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 慢性の咳 水様性下痢 不顕性感染 痰

    循環器:
    右大動脈弓遺残(血管輪の異常) 食道狭窄し食道閉塞 食後嘔吐 嚥下困難 肺炎 呼吸困難 発咳
    離乳期の仔犬の嘔吐 大動脈弓遺残症 食道拡張症
    動脈硬化 嘔吐、昏睡、旋回、認識障害など中枢神経障害
    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    アテローム性動脈硬化症 動脈内壁肥厚 虚弱 呼吸困難 嘔吐 下痢 不整脈 心不全 見当識障害 盲目 旋回運動 昏睡
    心筋梗塞 血栓形成起因 元気消沈・食欲不振・呼吸困難・虚脱・嘔吐・肥満・突然死 跛行・頻拍・心雑音・軽症の熱
    臓器の虚血(捻転他)
    結節性多発性動脈炎 嘔吐 疼痛 皮膚潰瘍・発疹 粘膜潰瘍 鼻腔分泌物 脊髄痛 心不全 腎不全、血尿 発熱 関節痛 発作
    房室ブロック、第1度 ジゴキシン中毒に二次的に起因する場合は、元気消沈、食欲不振、嘔吐および下痢の徴候がみられることがある
    腹膜心膜ヘルニア 腹側正中線の胎子性異常 心膜と腹膜腔との間に交通 嘔吐 下痢 体重減少 腹部疼痛 発咳 呼吸困難
    心嚢横隔膜ヘルニア 腹腔臓器が心膜腔内に陥入 先天性非外傷性  症状は多彩 発育不全 食欲不振 嘔吐 持続性下痢

    神経:
    動揺病 乗り物酔い
    ニューオーナーシンドローム 元気消沈 嘔吐 下痢 強直性痙攣発作
    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    化膿性肉芽腫性髄膜脳脊髄炎 頚部硬直、脊柱後湾症、地面に鼻をつける行動、運動忌避、協調不能、頭部傾斜、転倒・回転、発作、顔面神経麻痺、ホルネル症候群
    ダックスフンドの感覚神経症 ロングヘアードダックスフンドの感覚性ニューロパシー 子犬 深部痛覚の低下 尿失禁 嘔吐
    老犬性特発性前庭症候群 急性・甚急性 突発性斜頚、平衡異常、見当識障害、運動失調、眼振、嘔吐 回転眼振
    巨大軸索神経症 ジャーマンシェパード 進行性で左右対称の対不全麻痺 後肢の不全麻痺 弱々しい吠え声、嘔吐、食道拡張症
    自律神経障害
    CNS系統の腫瘍
    髄膜炎 感覚過敏、頸痛、抑欝、発熱 運動失調 軽度の不全麻痺 ジステンパー起因が多い
    脳炎 興奮期→沈鬱期(麻痺) 意識障害、瞳孔縮小 結膜充血、不安定な歩様、癲癇 旋回運動、失明、昏睡
    水頭症 歩行困難、旋回運動、麻痺、精神状態の変化 全身性癲癇様発作 視力障害 小型犬
    熱射病 体温40℃以上 パンティグ 痙攣 呼吸困難 頻脈 唇が赤い ショック DIC 吐血、血便
    頭部外傷による浮腫
    前庭障害
    内臓性癲癇

    筋肉:
    代謝性非炎症性ミオパシー 筋肉の脱力、運動不耐性、痙攣および虚脱 吐出 嚥下困難、食道や咽頭異常 暗色尿、筋色素尿症 血色素尿 脳症 嘔吐

    血液:
    低Ca血症
    高Ca血症
    低酸素症
    高浸透圧 神経:過剰な渇き 心臓血管:高血圧と心室収縮力の低下 泌尿器:尿量減少
    過粘稠血症候群 元気消失 食欲不振 多飲多尿 失明 運動失調 発作 跛行 骨痛 関節痛 嘔吐 下痢

    耳:
    内耳炎 嘔吐は前庭と催吐中枢が連絡してるためときどき起こる

    呼吸器:
    吸引性肺炎 異物が肺に吸引 急性呼吸困難、咳、嘔吐
    漏斗胸 呼吸困難 運動不耐性 体重減少 過呼吸 再発性肺感染 咳 嘔吐 チアノーゼ 軽度上部気道疾患
    中皮腫 胸腔、心嚢、腹腔、陰嚢内膜に生じる 血様滲出物および臓器の変位 呼吸困難 運動不耐性 縦隔腫瘤 嘔吐

    消化器:
    食事の突然の変更
    胃空虚時間の遅延
    食物アレルギー 嘔吐 下痢 排便回数増加 血便 粘液性下痢(大腸性)
    異嗜
    仮性流涎症 流涎 口周囲に泡 分泌過剰で嚥下障害がなければ、ほとんどの唾液を飲込む 嘔吐
    軟口蓋過長症 呼吸時の大きな音、いびき、呼吸困難 頑固な嘔吐 短頭種、パグ、ブルドッグ チャウチャウ
    咽頭炎 食欲不振、発熱、嘔吐 流涎、呼吸困難、逆くしゃみ 食餌に伴う疼痛
    喉頭炎 声の変化 しわがれ声 運動時チアノーゼ 食事や水を飲む時にむせる 嘔吐 呼吸困難 咳
    輪状咽頭の痙攣
    食道憩室 嚥下困難 流涎 嘔吐 吐物は未消化 しゃっくり様の声 食後頸部に腫瘤
    食道梗塞
    食道の痙攣 慢性食餌吐出 初発は離乳時 呼吸器症状 頻回の吐出のものは痩せて、発育不良
    食道裂孔ヘルニア 腹腔内容が横隔膜の食道裂孔を通して胸腔に突出 嘔吐 逆流 唾液分泌過多 呼吸困難 吐血

    胃拡張 腹部膨満 疝痛 胃捻転に較べて症状は軽い 腹痛 空嘔吐 流涎 可視粘膜は不潔で金線状脈 打診すると鼓音
    急性胃拡張と捻転
    急性胃炎 嘔吐 吐物に血液・膿汁 食欲不振 渇欲初期減退 嘔吐 胃部圧痛 神経症状 脱水
    慢性胃炎 嘔吐 食欲不振 痩せ 被毛粗剛 軽度の貧血 老犬多発
    胃腸炎 嘔吐や下痢
    好酸球性胃炎 間欠的嘔吐、小腸性下痢、食欲不振 体重減少 末梢リンパ節腫脹 腸管膜リンパ節症 肝・脾腫大
    胃潰瘍 嘔吐、多飲 吐物には一部消化された血液 貧血 下血 胃穿孔で急死 腹痛
    感電 胃潰瘍 嘔吐 吐血 コードを咬んだ場合:唇・舌・口粘膜に火傷
    肥満細胞腫 血便・胃腸潰瘍 嘔吐 下痢 食欲不振
    胃内異物 食後に間欠的嘔吐 胃炎症状に似る 食欲が一定せず多渇 体重減少 削痩 動作不活発 腹部触診を嫌がる
    胃の腫瘍 嘔吐 下血 暗褐色の吐血 黒色タール様血便 腹痛 胃部圧痛 貧血
    幽門の狭窄と痙攣 先天性肥厚性幽門狭窄 子犬はほてい腹で、体温に異常なく食欲もある 成長遅延 離乳期 噴射性嘔吐 吐物は最後に食べた物で、胆汁は含まれてない
    幽門の狭窄と痙攣 後天性肥厚性幽門狭窄 犬種を問わず発生 食後性の噴射性嘔吐 犬の大きさに比べて吐物の量が多い
    幽門の狭窄と痙攣 幽門痙攣 短頭種や興奮しやすい犬に多発 一般には3歳以下の犬 嘔吐 吐物は最も新しく摂取したもの
    幽門洞肥大症候群 食後数時間以内発生 慢性的間欠的嘔吐 吐物中に胆汁ない 小型中齢純粋犬 雄は雌の2倍
    胃の流出路の閉塞 貧血 嘔吐 食欲不振 短頭種(ペキニーズ、ボクサーなど)
    逆流性胃炎 朝方黄色い液体を吐く 胆汁が逆流して胃炎
    胃出血 暗赤色で酸臭のある血液を嘔吐 吐血中には必ず食物の片を混じる 暗赤色タール状の悪臭ある血便を排出 貧血

    腸管筋の神経節炎
    小腸内異物 下痢 便秘 元気消失 皮膚脱水 発熱 腹痛 腹部膨満 排便量減少 多飲多渇 食事後嘔吐
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    腸重積 子犬多い 嘔吐 粘血便性のしぶり 腹痛 食欲不振 脱水 渇欲亢進 腹にソーセージ様の重積部感知 部位は右下腹部
    出血性胃腸炎症候群 若い成犬多い 下痢前に嘔吐 吐物中に血液 悪臭のジャム状血便排泄 元気減少 嗜眠
    腸リンパ管拡張症 慢性的・間欠的下痢/嘔吐、食欲旺盛 体重減少 低アルブミン血症:浮腫・腹水・胸水
    リンパ・プラズマ細胞性腸炎 小腸の慢性炎症疾患 慢性難治性下痢 嘔吐 進行:腹水 浮腫
    胃・小腸・大腸の平滑筋腫 胃腸管の平滑筋由来良性腫瘍 胃:嘔吐 小腸:嘔吐、体重減少、腹鳴、鼓腸 大腸:しぶり、直腸脱
    胃・小腸・大腸の平滑筋肉腫 胃:不快感、体重減少、嘔吐 小腸:嘔吐、体重減少、腹鳴、鼓腸 大腸:しぶり、直腸脱
    腸管の腺癌 犬の胃腸管腫瘍の25%を占める 老齢 雄 大腸や十二指腸に多発 下痢、嘔吐、脱水、貧血 腹水
    腹膜炎 局所または全身的な圧痛 鼓張 発熱 瀕脈 低血圧 嘔吐
    敗血症性腹膜炎 しばしば漠然としている 腹部外傷や腹部手術後の沈鬱、腹部疼痛、嘔吐、下血、食欲不振、発熱
    小腸のリンパ肉腫 食欲不振 無気力、下痢 嘔吐 体重減少 下血、吐血、発熱、腹水、黄疸
    腹腔内腫瘍 貧血 腹水 消化器系:嘔吐 吐血 下痢 血便 排便障害 黄疸
    大腸の外傷 腹痛、嘔吐、発熱 粘膜蒼白、毛細血管再充満時間の遅延、速脈
    過敏性腸症候群 IBS 特に使役犬 慢性間欠性大腸炎 少量頻回粘膜便 排便困難 血便 腹痛、腹部膨満、嘔吐、吐き気
    炎症性腸炎 IBD 炎症性胃腸病 間欠的で慢性の嘔吐 小腸性下痢 二次性食物アレルギー
    蛋白露出性胃腸症 極端な痩せ 腹部下垂、手足浮腫 下痢 胸・腹水 嘔吐 貧血 痙攣
    結腸炎 粘液や血液を含む慢性下痢 糞便は半固形から液状まで様々 少量糞便を頻回排泄 排便後長時間しぶり 嘔吐
    直腸炎 粘液や血液を含む慢性下痢 糞便は半固形から液状まで様々 少量糞便を頻回排泄 排便後長時間しぶり 嘔吐
    鎖肛 出生後数週間までに排便不能 腹部膨満 嘔吐 呼吸困難頻回の努責 肛門周囲の膨脹
    肥満
    胆管炎 食欲不振 沈鬱 体重減少 間欠性嘔吐 下痢 黄疸 肝腫大 時に:発熱・腹水
    胆管癌 非常に幅がある 嘔吐 腹部腫脹 黄疸、腹水、中枢神経異常(発作および行動変化) 肝腫大

    膵臓:
    急性膵臓炎 肥満 室内飼育雌犬 高脂肪食 腹痛、嘔吐 中〜老年 下痢、ショック 発熱 黄疸、呼吸困難
    膵臓ガストリン産生細胞腫 ガストリーマ 嘔吐 体重減少 断続的下痢 稀:吐血、点状出血、多飲症、腹痛、血便、便秘
    APUD細胞腫 内分泌細胞腫瘍 嘔吐 体重減少 食欲不振 下痢 嗜眠性抑鬱 多渇 メレナ 腹痛 吐血 血便 発熱
    グルカゴン血症 紅斑性、痂皮形成性、潰瘍性皮膚炎(肉趾、爪、および指間領域) 嘔吐 下痢

    肝臓:
    肝疾患 肝腫大 肝萎縮 黄疸 食後肝性脳症 食後にNH3↑、壁に頭をぶつけたりする 沈欝 体重減少 食欲低下 間欠的嘔吐 腹水
    肝臓癌 肝臓に転移した腫瘍:嘔吐・下痢・多飲多尿・食欲不振 原発性肝腫瘍:嘔吐と下痢は少ない
    肝細胞癌 食欲不振 体重減少 嘔吐 下痢 腹部腫脹 黄疸、腹水、発作、行動変化 雄に多発 肝腫・腹水・腹部疼痛・黄疸・腹部腫瘤触知
    慢性肝炎 はっきりしたものはない、食欲不振、慢性嘔吐、多飲多尿、黄疸、腹水、血液凝固障害、肝性脳症
    肝リピドーシス 脂肪肝、嘔吐、下痢 便秘 稀:黄疸、体重減少、流涎、意識障害、発作 腹部触診で腫大肝臓触知可能
    肝性の低血糖症 発育停止、体重減少、食欲不振、嘔吐、下痢、発熱、多飲・多尿、肝性脳症、尿石症、腹水
    銅関連慢性活動型肝炎 慢性肝炎〜肝硬変、体重減少、嘔吐、黄疸 溶血性貧血 ベドリントンテリアの66%発生
    ウェスト・ハイランドテリアの銅関連性肝障害 過剰銅の曝露 嘔吐 下痢 黄疸 腹水
    ドーベルマンピンシャーの慢性肝炎 肝硬変 多くの場合肝臓の銅濃度増加 雌犬 多飲多尿 嘔吐 下痢 腹水 黄疸
    胆石症 黄疸 嘔吐 食欲不振 衰弱 沈鬱 体重減少 少数例:発熱 下痢 多渇 腹痛
    胆嚢炎 食欲不振 元気消失 発熱 腹痛 肝腫大 嘔吐 下痢 黄疸
    胆管破裂 黄疸 腹膜炎、腹部疼痛 嘔吐 下痢 発熱 ショック 無胆汁便 食欲不振
    肝外胆管閉塞 食欲不振 嘔吐 黄疸 体重減少 腹痛 下痢 脂肪便 無胆汁性便 過度の出血
    肝内性動静脈瘻 肝動脈と門脈肝の血管結合 門脈圧亢進 腹水 門脈シャント 嘔吐 下痢 多飲多尿 肝性脳症
    胆汁嘔吐症候群 慢性間欠性胆汁嘔吐 深夜か早朝 胃内容空虚 毎日のこともあるが間欠性 中〜高齢
    急性肝不全 急性肝壊死 肝機能急速低下 元気消沈などの急性徴候 嘔吐 黄疸 下痢 脳障害 発作 出血

    内分泌:
    副腎皮質機能低下症 アジソン病 抑鬱 嘔吐 便秘と下痢 低血圧 脱水 腹痛 急性型:発熱 昏睡
    上皮小体機能亢進症 筋痙縮、嘔吐、剛直な歩行、顔面腫張が頻度は少ないが報告あり
    原発性上皮小体機能亢進症 筋痙縮、嘔吐、剛直な歩行、顔面腫張が頻度は少ないが報告あり
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ 運動失調、痙攣、昏睡、神経質、吠える、顔面筋肉の痙攣、糞尿散乱、嘔吐、瀕脈、全身性痙攣、視力障害(盲目)、昏睡
    糖尿病 急激な削痩 多尿多飲 多食 嘔吐 白内障 腎不全 失禁
    膵臓ガストリン産生細胞腫 Zollinger-Ellison症候群 ガストリーマ 胃酸分泌亢進 胃十二指腸潰瘍
    クロム親和性細胞腫 希 副腎髄質内分泌細胞 カテコールアミン過剰 高齢 虚弱 食欲不振 嘔吐 全身性高血圧

    泌尿器:
    腎炎
    急性腎不全 元気消失、低体温、脱水、食欲廃絶、嘔吐、下痢、口臭、腰部の痛み、徐脈、呼吸数増加、血尿、排尿困難
    尿毒症 嘔吐 口内炎・潰瘍は頬粘膜 口臭 舌先壊死 胃腸出血 貧血
    糸球体腎炎 発熱 食欲不振 可視粘膜の貧血 口臭 嘔吐 下痢 重症:脱力 痙攣 昏睡 腹水
    先天性腎機能障害 多飲多尿、嗜眠、食欲不振、体重減少、嘔吐、貧相な被毛、削痩、脱水、蒼白、口腔粘膜の潰瘍と口臭 尿濃縮能低下、高窒素血症、高リン血症、再生不良性貧血
    腎臓の異形成・無形成 嗜眠、食欲のむら、被毛の質低下、体重の減少、抑鬱、多飲多尿、嘔吐、食欲低下、脱水、下痢、貧血
    先天性腎機能障害 腎の異形成 6カ月齢〜5歳 2歳以内多い 嗜眠 発育不良 多尿 多飲多渇 嘔吐
    嚢胞性腎疾患 腹部の進行性膨満 家族性:腎不全に二次的に嘔吐・食欲不振・体重減少・多飲多尿 ケアンテリア
    家族性シャーペイ熱 後肢踝関節腫張 微熱 緩慢な動き 倦怠感 体重減少 腹痛、嘔吐、下痢、貧血、不整脈、呼吸困難
    高脂血症 急性腹症 発作 嘔吐 下痢 肝脾腫大 脂肪眼房水 心血管不全 無関心 食欲不振
    高ガンマグロブリン血症 特徴的な所見はない 原因疾患によって異なる リンパ球性胆管炎の症例では、黄疸、嘔吐、発熱
    毛細管拡張症 ウェルシュコーギーペンブロークは2〜8歳から始まる肉眼的血尿症 貧血 尿路閉塞 水腎症 腹痛 背湾姿勢 ヒイヒイと鳴く 嘔吐 排尿障害
    肝アミロイド症 急性元気消沈 食欲不振 多尿多飲 嘔吐 脱水 黄疸 粘膜蒼白 出血性腹水 肝腫大

    生殖器:
    子宮蓄膿症 発情から1〜2カ月 多飲多尿 嘔吐 中毒症状 腹部膨満 帯下 陰部を舐める 臭気 発熱 尿毒症
    急性前立腺炎 食欲不振、沈鬱、発熱 嘔吐 後腹部痛 硬い歩様 尿道分泌物
    慢性前立腺炎 老犬 尿路疾患徴候、発熱、嘔吐、裏急後重や運動障害
    前立腺膿瘍 尿道分泌物は出血性や膿様 破裂した場合限局性腹膜炎:発熱、疼痛、嘔吐 黄疸
    難産 難産時に嘔吐を示すのは危険な症状

    内部寄生虫:
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛
    猫条虫 多数寄生:嘔吐 下痢 慢性腸炎 肛門から虫体を出して発見されることが多い
    トキソプラズマ症 不顕性感染 下痢、筋肉脱力、呼吸困難 幼犬 発熱、リンパ節腫脹、嘔吐 鼻汁 咳 呼吸困難 眼障害

    薬物・中毒:
    アセトアミノフェン中毒 進行性沈鬱 唾液分泌 嘔吐 腹痛 メタヘモグロビン血症:頻呼吸・チアノーゼ 顔・四肢・前肢浮腫
    過敏症反応(アナフィラキシー) 抗原曝露後数分以内に発症 局所:掻痒症や蕁麻疹 全身症状:嘔吐・脱糞・尿失禁等
    銅関連慢性活動型肝炎 慢性肝炎〜肝硬変、体重減少、嘔吐、黄疸 溶血性貧血 ベドリントンテリアの66%発生
    ウェスト・ハイランドテリアの銅関連性肝障害 過剰銅の曝露 嘔吐 下痢 黄疸 腹水
    洗剤 嘔吐 下痢
    ミクロフィラリア駆虫に伴う副作用 発熱、沈鬱、食欲不振、嘔吐、粘膜蒼白、軟・頻脈、浅呼吸などのショック症状
    狂犬病ワクチン副作用 痛み 食欲減退 倦怠感 脱力 発熱 嘔吐 下痢 浮腫 呼吸困難 知覚麻痺 運動麻痺 起立不能
    ビタミンD過剰症 多飲多尿 下痢便 脱水 慢性:発育不良 肺の石灰化が重度:肺炎症状 腎臓:急性腎不全
    鉛中毒 胃腸管:嘔吐 下痢 食欲不振 腹痛 神経:突然の癲癇様発作昏睡・ヒステリー・発作・盲目
    燐中毒 嘔吐 下痢(血が混ざる ニンニク臭) 急性胃腸炎 口渇 多量の流延 脱水 腹痛 黄疸 痙攣
    亜鉛( Zn )中毒 溶血性貧血 黄疸 沈鬱 嘔吐、下痢、腹部疼痛
    リンコマイシン ショック 嘔吐 下痢
    アスピリン中毒 アスピリン錠  出血 沈鬱 嘔吐 食欲不振 頻呼吸 発熱 瀕呼吸
    アスピリン中毒 アスピリン錠 出血 沈鬱 嘔吐 食欲不振 頻呼吸 発熱 瀕呼吸
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 1〜2日で赤色・暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢 嘔吐 脾腫
    クレオソート中毒 正露丸 嘔吐 意識混濁、激しい痙攣 呼吸困難、可視粘膜は赤黒く瞳孔は散大
    ピペラジン中毒 駆虫薬 振戦、運動失調、発作、嘔吐、虚脱
    テトラサイクリンによる中毒 静注後に急性運動失調、振戦、呼吸困難、虚脱 発熱 腎中毒 肝中毒 肝リピドーシス
    エチレングリコール中毒 凍結防止剤中毒 激しい嘔吐、下痢、昏睡、全身の麻痺、痙攣発作
    ニコチン中毒 タバコ中毒 下痢、嘔吐、脈拍低下 副交感神経作動作用を伴う神経興奮され麻痺に進行
    有機燐及びカルバミン酸中毒 殺虫剤成分 流涎、痙攣発作、下痢、嘔吐、呼吸困難、縮瞳
    アフラトキシン中毒 マイコトキシン ピーナッツ他の食品含有 沈鬱 嘔吐 出血性下痢 黄疸 急性肝臓障害
    キシラジン 麻酔前投薬
    殺虫剤
    エチレングリコール中毒 凍結防止剤中毒 激しい嘔吐、下痢、昏睡、全身の麻痺、痙攣発作
    アフラトキシン中毒 マイコトキシン ピーナッツ他の食品含有 沈鬱 嘔吐 出血性下痢 黄疸 急性肝臓障害
    食べたら危険な植物
    マカデミアナッツ中毒 虚弱 嘔吐 沈うつ 運動失調、震顫、高体温症
    薬物不耐性(抗腫瘍薬 強心配糖体 砒素化合物)
    コルチコステロイド反応性髄膜炎 多価の弱毒生ワクチンの反復接種が原因 食欲不振、嘔吐、知覚過敏、発熱 大型犬
    薬物性アナフィラキシー 皮膚徴候 嘔吐 下痢 肝循環閉塞による高度のショック状態
    高Ca血症 多飲多渇 多尿 食欲不振 嘔吐 便秘 神経障害 沈鬱 衰弱 ECGの変化
    化学療法剤
    クーラーの冷え
    キャナイン9 9種混合ワクチン コロナ含む 副作用:1〜2% 食欲不振 嘔吐 元気消失

    植物中毒:
    アザレア 植物 葉と蜜:流涎・嘔吐・徐脈・痙攣、昏睡・死亡
    デージー 植物 接触性皮膚炎 掻痒 皮膚発赤 落屑 摂食:嘔吐・反応は即時性
    ストレリチア 植物 種子のタンニン:嘔吐・下痢
    ポインセチア 植物 葉・茎:複合テンペルが原因で嘔吐・下痢
    アサガオ 植物 種子摂取:嘔吐・下痢
    アマリリス 植物 球根摂取:嘔吐・下痢
    カラー 植物 葉・茎摂取:嘔吐・口や喉の炎症
    おしろい花 植物 茎・根・種摂取:嘔吐・下痢・腹痛
    キキョウ 植物 根摂取:嘔吐・下痢・胃腸炎
    スイセン 植物 球根摂取:嘔吐・下痢・胃腸炎 猫は心不全
    すずらん 植物 摂取:嘔吐・下痢・腹痛・不整脈・心不全
    アイビー 植物 葉・果実摂食:嘔吐・下痢・腹痛
    ヒガンバナ 植物 接触:皮膚炎 摂食:嘔吐・下痢・腹痛・中枢神経麻痺
    ポインセチア 植物 茎の樹液・葉摂食:嘔吐・下痢 接触:皮膚炎
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 1〜2日で赤色・暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢 嘔吐 脾腫
    ジャガイモやナスなどのナス属ナス科植物 野菜 未熟果実:ソラニンが嘔吐・下痢
    古いジャガイモの芽の根本 野菜 元気消失・嘔吐
    ロベリア 植物 有毒:全草 成分:ロベリン他 嘔吐 腹痛 血圧低下 呼吸困難 痙攣 意識不明 心臓麻痺
    ランタナ 植物 有毒:未熟種子・葉 成分:ランタニン 嘔吐 下痢 腹痛 虚脱 散瞳 ビリルビン血症 光過敏症
    ヨウシャヤマゴボウ 植物 有毒:全草特に根・実 成分:フィトラクチン他 口腔刺激 嘔吐 下痢 重症:頻脈 呼吸困難 血圧低下 痙攣
    ミヤマシキミ 植物 有毒:全草 成分:シキミン他 嘔吐 手足痙攣 麻痺
    マサキ 植物 有毒:葉・樹皮・果実 成分:スキミン他 嘔吐 下痢 手足腫脹 麻痺
    フジ 植物 有毒:全草 成分:ウイスタリン他 嘔気 腹痛 頻回嘔吐
    フクジュソウ 植物 有毒:全草特に根 成分:シマニン他 嘔気 嘔吐 血圧上昇 呼吸困難 心臓麻痺 死亡
    ヒヨドリジョウゴ 植物 有毒:全草特に果実 成分:ソラニン他 発熱 嘔吐 下痢 腹痛 呼吸困難 死亡
    ハシリドコロ 植物 有毒:全草特に根と茎 成分:アトロピン他 口渇 嘔吐 目眩 幻覚 興奮 昏睡 呼吸困難 散瞳 頻脈
    バイケイソウ 植物 有毒:全草特に根 成分:ジェルビン他 嘔吐 下痢 目眩 脱力感 血圧低下 痙攣
    ニセアカシア 植物 有毒:樹皮・種子・葉 成分:ロビン他 遅発性嘔吐 下痢 流涎 発汗 腹痛 心悸亢進 呼吸困難 腎機能不全
    ドクゼリ 植物 有毒:全草 成分:シクトキシン他 流涎 嘔吐 口腔灼熱感 胃腸炎 横紋筋麻痺 頻脈 呼吸困難 死亡
    ドクウツギ 植物 有毒:種子・果実・葉・茎 成分:コリアミルチン他 嘔吐 流涎 縮瞳 血圧上昇 全身硬直 痙攣 呼吸困難 死亡
    トウゴマ 植物 有毒:穂・葉・種子 成分:マリファナ他 嘔吐 下痢 興奮 口渇 散瞳 痛覚麻痺 体温低下 皮膚炎
    ツリフネソウ 植物 有毒:全草 成分:ヘリナル酸 嘔吐 胃腸のただれ
    ツタ 植物 有毒:根 成分:サポニン他 接触:皮膚炎・結膜炎 経口:嘔吐・下痢・胃腸炎
    ツクバネソウ 植物 有毒:全草特に果実地下部位 成分:パリディン 嘔吐 下痢 頭痛 重症:縮瞳・呼吸困難
    チョウセンアサガオ 植物 有毒:葉・全草(特に種子) 成分:スコポラミン他 流涎 嘔吐 下痢 口渇 視覚障害 散瞳 幻覚 頻脈
    タバコ 植物 有毒:葉 成分:ニコチン他 流涎 嘔気 嘔吐 発汗 目眩 血管収縮 血圧上昇 呼吸困難 知覚障害 死亡
    タケニグサ 植物 有毒:全草 成分:プロトピン 嘔吐 酒酔い様 縮瞳 血圧低下 呼吸麻痺 死亡
    ソテツ 植物 有毒:種子・茎幹 成分:サイカシン ホルムアルデヒド中毒 口腔食道胃腸炎症 嘔吐 腹痛 痙攣 発癌 催奇形性
    センダン 植物 有毒:樹皮・果実 成分:カテコールタンニン 流涎 嘔吐 下痢 胃炎 運動失調 痙攣 呼吸停止 心停止
    セイヨウキヅタ 植物 有毒:葉・果実 成分:ヘデリン他 嘔吐 下痢 腹痛 口渇 流涎 皮膚刺激
    ジンチョウゲ 植物 有毒:花・葉 成分:ダフネチン 口腔内水疱・浮腫 流涎 嘔吐 腹痛 血便
    ショクヨウダイオウ 植物 有毒:葉・根茎 成分:蓚酸塩 嘔吐 下痢 黄疸 肝不全 腎不全 不整脈 低カルシウム血症
    シュロソウ 植物 有毒:根・茎 成分:ベラトラミン他 嘔吐 手足しびれ 痙攣 意識不明 脱力感
    シキミ 植物 有毒:果実・樹皮・葉・種子 成分:アニサチン他 嘔吐 下痢 血圧上昇 呼吸困難 全身痙攣 流涎
    ザクロ 植物 有毒:樹皮・根皮 成分:ペルチェリン他 嘔吐 下痢 胃炎 運動失調 精神混乱 失神 CNS麻痺
    コバイケソウ 植物 有毒:全草 成分:ベラトラミン他 嘔吐 手足しびれ 脱力感 意識不明 痙攣
    ゴクラクチョウカ 植物 有毒:全草 成分:不明 嘔吐 下痢 腹痛
    ケマンソウ 植物 有毒:根茎・葉 成分:プロトピン他 嘔吐 下痢 体温や脈拍低下 痙攣 呼吸困難 心臓マヒ
    クリスマスローズ 植物 有毒:全草・乳液 成分:ヘレボリン 口腔灼熱感 腹痛 胃炎 嘔吐 下痢 不整脈 血圧低下 心臓マヒ
    キョウチクトウ 植物 有毒:樹皮・根・葉・枝 成分:ネリオドレイン他 接触皮膚かぶれ 経口:口腔疼痛・嘔吐・下痢・腹痛・徐脈・不整脈
    キバナフジ 植物 有毒:樹皮・根皮・葉・種子 成分:キチシン ニコチン類似症状:流涎・嘔吐・発汗・血管収縮・血圧上昇・知覚障害・呼吸不全
    キバナハウチワマメ 植物 有毒:特に種子 成分:スパルテイン 流涎 嘔吐 運動失調 呼吸困難 催奇形性
    キツネノテブクロ 植物 有毒:葉・根・草 成分:ジギトキシン他 嘔気 嘔吐 口渇 下痢 腹痛 頭痛 目眩 痙攣 不整脈 徐脈 高カリウム血症 心停止
    キツネノカミソリ 植物 有毒:鱗茎・根茎 成分:リコリン他 嘔吐 痙攣
    オニドコロ 植物 有毒:根 成分:ジオスチン他 胃腸炎 血球破壊 嘔吐
    エンレイソウ 植物 有毒:根茎 成分:ステロイド系サポニン 嘔吐 下痢 脱水
    エレファントイアー 植物 有毒:草液 成分:蓚酸カルシウム・サポニン 嘔吐 口腔と喉の炎症
    イラクサ 植物 有毒:葉・茎の刺毛 成分:蟻酸他 皮膚接触:疼痛、かぶれ、炎症 経口:口腔灼熱感、流涎、嘔吐、筋力低下、振戦、呼吸困難、徐脈
    アヤメ 植物 有毒:根茎 成分:脂肪油 嘔気 嘔吐 下痢 腹痛 胃腸炎
    アセビ 植物 有毒:葉・枝・花を含めた全株 成分:アンドロメドトキシン他 悪心 嘔吐 視覚異常 下痢 腹痛 痙攣 低血圧 運動失調 呼吸麻痺 死亡
    きのこ中毒 嘔吐 下痢 腹痛 元気消沈 黄疸 運動失調 発作 昏睡

    食欲あり:
    空腹
    過食
    異物の誤飲
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    食道狭窄

    食欲なし:
    伝染性疾患
    子宮蓄膿症 発情から1〜2カ月 多飲多尿 嘔吐 中毒症状 腹部膨満 帯下 陰部を舐める 臭気 発熱 尿毒症
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    高Ca血症 多飲多渇 多尿 食欲不振 嘔吐 便秘 神経障害 沈鬱 衰弱 ECGの変化
    尿毒症 嘔吐 口内炎・潰瘍は頬粘膜 口臭 舌先壊死 胃腸出血 貧血
    疼痛とストレスに関連する臨床徴候 消化器:食欲不振 腸閉塞 嘔吐 流涎 下痢 便秘 体重減少

    連続的:
    伝染性疾患
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    尿毒症 嘔吐 口内炎・潰瘍は頬粘膜 口臭 舌先壊死 胃腸出血 貧血
    食道狭窄

    食後一定時間内:
    過食
    異物の誤飲
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱

    生理的:
    空腹
    過食

    その他:
    手術後の嘔吐

急性嘔吐 発症が1週以内の場合


    感染症:
    ジステンパー 呼吸器・消化器・脳神経症状 結膜炎 鼻炎 発熱 食欲不振 脱水 肺炎 咳 下痢 癲癇様発作
    犬パルボウイルス感染症 嘔吐 下痢 血便 脱水症、敗血症、栄養失調
    コロナウイルス感染症 下痢 嘔吐
    アデノウイルス感染症 発熱、食欲不振、嘔吐、下痢、呼吸器感染症、血便、黄疸
    犬好酸性細胞肝炎 初期:食欲不振・嘔吐・発熱 後期:肝不全(腹水、肝性脳症)
    黄疸出血型レプトスピラ病 黄疸 嘔吐 下痢 歯茎出血
    カニコーラ型レプトスピラ病 高熱 嘔吐 下痢 尿毒症
    サルモネラ感染症 重度の胃腸炎 内毒素血症 白血球減少 敗血症 肺炎 腎盂腎炎 壊死性肝炎 流産 死産
    バベシア カニス 沖縄県 食欲減退 嘔吐 尿・黄褐色 発熱
    エールリッヒア症 リケッチア 回帰性発熱 膿性の鼻汁・目脂 嘔吐 衰弱 リンパ節腫脹他

    消化器:
    異嗜
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 1〜2日で赤色・暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢 嘔吐 脾腫
    急性胃拡張と捻転
    急性胃炎 嘔吐 吐物に血液・膿汁 食欲不振 渇欲初期減退 嘔吐 胃部圧痛 神経症状 脱水
    胃内異物 食後に間欠的嘔吐 胃炎症状に似る 食欲が一定せず多渇 体重減少 削痩 動作不活発 腹部触診を嫌がる
    小腸内異物 下痢 便秘 元気消失 皮膚脱水 発熱 腹痛 腹部膨満 排便量減少 多飲多渇 食事後嘔吐
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    盲腸内反 回結腸結合部の間欠性閉塞 体重減少 慢性間欠性血便 軟便 完全閉塞:急性嘔吐、沈鬱、脱水
    出血性胃腸炎症候群 若い成犬多い 下痢前に嘔吐 吐物中に血液 悪臭のジャム状血便排泄 元気減少 嗜眠
    腹膜炎 局所または全身的な圧痛 鼓張 発熱 瀕脈 低血圧 嘔吐
    敗血症性腹膜炎 しばしば漠然としている 腹部外傷や腹部手術後の沈鬱、腹部疼痛、嘔吐、下血、食欲不振、発熱
    急性膵臓炎 腹部膨満 前腹部疼痛 嘔吐 下痢 発熱
    大腸の外傷 腹痛、嘔吐、発熱 粘膜蒼白、毛細血管再充満時間の遅延、速脈
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛

    泌尿器:
    急性腎不全 元気消失、低体温、脱水、食欲廃絶、嘔吐、下痢、口臭、腰部の痛み、徐脈、呼吸数増加、血尿、排尿困難

    雌生殖器:
    子宮蓄膿症 発情から1〜2カ月 多飲多尿 嘔吐 中毒症状 腹部膨満 帯下 陰部を舐める 臭気 発熱 尿毒症
    急性子宮炎 出産後1〜7日で発症 細菌感染 発熱 食欲不振 嗜眠 嘔吐 脱水 帯下 泌乳減少 子宮腫大

    雄生殖器:
    急性前立腺炎 食欲不振、沈鬱、発熱 嘔吐 後腹部痛 硬い歩様 尿道分泌物

    神経:
    動揺病 乗り物酔い
    熱射病 体温40℃以上 パンティグ 痙攣 呼吸困難 頻脈 唇が赤い ショック DIC 吐血、血便
    頭部外傷による浮腫
    老犬性特発性前庭症候群 急性・甚急性 突発性斜頚、平衡異常、見当識障害、運動失調、眼振、嘔吐 回転眼振

    薬品・中毒:
    ピリトリン中毒 除虫菊等 ノミ等駆除剤 過剰流涎 四肢振戦 耳単収縮 沈鬱 嘔吐 下痢
    洗剤 嘔吐 下痢
    狂犬病ワクチン副作用 痛み 食欲減退 倦怠感 脱力 発熱 嘔吐 下痢 浮腫 呼吸困難 知覚麻痺 運動麻痺 起立不能
    燐中毒 嘔吐 下痢(血が混ざる ニンニク臭) 急性胃腸炎 口渇 多量の流延 脱水 腹痛 黄疸 痙攣
    アスピリン中毒 アスピリン錠  出血 沈鬱 嘔吐 食欲不振 頻呼吸 発熱 瀕呼吸
    メチルキサンチン中毒 チョコレート カフェイン 嘔吐 利尿 落ち着かない 瀕呼吸 運動失調 筋振戦 痙攣発作 不整脈
    アスピリン中毒 アスピリン錠 出血 沈鬱 嘔吐 食欲不振 頻呼吸 発熱 瀕呼吸
    クレオソート中毒 正露丸 嘔吐 意識混濁、激しい痙攣 呼吸困難、可視粘膜は赤黒く瞳孔は散大
    ピペラジン中毒 駆虫薬 振戦、運動失調、発作、嘔吐、虚脱
    エチレングリコール中毒 凍結防止剤中毒 激しい嘔吐、下痢、昏睡、全身の麻痺、痙攣発作
    チョコレート中毒 テオブロミン 嘔吐、下痢、多量な排尿、過敏、高体温、運動失調、ふるえ、発作、昏睡 腹痛、血尿、血便
    ニコチン中毒 タバコ中毒 下痢、嘔吐、脈拍低下 副交感神経作動作用を伴う神経興奮され麻痺に進行
    有機燐及びカルバミン酸中毒 殺虫剤成分 流涎、痙攣発作、下痢、嘔吐、呼吸困難、縮瞳
    アフラトキシン中毒 マイコトキシン ピーナッツ他の食品含有 沈鬱 嘔吐 出血性下痢 黄疸 急性肝臓障害
    コルチコステロイド反応性髄膜炎 多価の弱毒生ワクチンの反復接種が原因 食欲不振、嘔吐、知覚過敏、発熱 大型犬
    食事の突然の変更
    アセトアミノフェン中毒 進行性沈鬱 唾液分泌 嘔吐 腹痛 メタヘモグロビン血症:頻呼吸・チアノーゼ 顔・四肢・前肢浮腫
    薬物不耐性(抗腫瘍薬 強心配糖体 砒素化合物)
    化学療法剤
    キシラジン 麻酔前投薬
    殺虫剤
    エチレングリコール中毒 凍結防止剤中毒 激しい嘔吐、下痢、昏睡、全身の麻痺、痙攣発作
    アフラトキシン中毒 マイコトキシン ピーナッツ他の食品含有 沈鬱 嘔吐 出血性下痢 黄疸 急性肝臓障害
    マカデミアナッツ中毒 虚弱 嘔吐 沈うつ 運動失調、震顫、高体温症
    食べたら危険な植物
    カンピロバクター感染症 3ケ月以下の若令 軟便から水様便さらに血便まで 元気食欲は低下 飲水量低下から脱水
    ストリキニーネ中毒 殺鼠剤 嘔吐は稀 不安と神経過敏 強直性痙攣 呼吸困難 チアノーゼ 瞳孔散大し半昏睡

    植物中毒:
    アザレア 植物 葉と蜜:流涎・嘔吐・徐脈・痙攣、昏睡・死亡
    デージー 植物 接触性皮膚炎 掻痒 皮膚発赤 落屑 摂食:嘔吐・反応は即時性
    ストレリチア 植物 種子のタンニン:嘔吐・下痢
    ポインセチア 植物 葉・茎:複合テンペルが原因で嘔吐・下痢
    アサガオ 植物 種子摂取:嘔吐・下痢
    アマリリス 植物 球根摂取:嘔吐・下痢
    カラー 植物 葉・茎摂取:嘔吐・口や喉の炎症
    おしろい花 植物 茎・根・種摂取:嘔吐・下痢・腹痛
    キキョウ 植物 根摂取:嘔吐・下痢・胃腸炎
    スイセン 植物 球根摂取:嘔吐・下痢・胃腸炎 猫は心不全
    すずらん 植物 摂取:嘔吐・下痢・腹痛・不整脈・心不全
    アイビー 植物 葉・果実摂食:嘔吐・下痢・腹痛
    ヒガンバナ 植物 接触:皮膚炎 摂食:嘔吐・下痢・腹痛・中枢神経麻痺
    ポインセチア 植物 茎の樹液・葉摂食:嘔吐・下痢 接触:皮膚炎
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 1〜2日で赤色・暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢 嘔吐 脾腫
    ジャガイモやナスなどのナス属ナス科植物 野菜 未熟果実:ソラニンが嘔吐・下痢
    古いジャガイモの芽の根本 野菜 元気消失・嘔吐
    ロベリア 植物 有毒:全草 成分:ロベリン他 嘔吐 腹痛 血圧低下 呼吸困難 痙攣 意識不明 心臓麻痺
    ランタナ 植物 有毒:未熟種子・葉 成分:ランタニン 嘔吐 下痢 腹痛 虚脱 散瞳 ビリルビン血症 光過敏症
    ヨウシャヤマゴボウ 植物 有毒:全草特に根・実 成分:フィトラクチン他 口腔刺激 嘔吐 下痢 重症:頻脈 呼吸困難 血圧低下 痙攣
    ミヤマシキミ 植物 有毒:全草 成分:シキミン他 嘔吐 手足痙攣 麻痺
    マサキ 植物 有毒:葉・樹皮・果実 成分:スキミン他 嘔吐 下痢 手足腫脹 麻痺
    フジ 植物 有毒:全草 成分:ウイスタリン他 嘔気 腹痛 頻回嘔吐
    フクジュソウ 植物 有毒:全草特に根 成分:シマニン他 嘔気 嘔吐 血圧上昇 呼吸困難 心臓麻痺 死亡
    ヒヨドリジョウゴ 植物 有毒:全草特に果実 成分:ソラニン他 発熱 嘔吐 下痢 腹痛 呼吸困難 死亡
    ハシリドコロ 植物 有毒:全草特に根と茎 成分:アトロピン他 口渇 嘔吐 目眩 幻覚 興奮 昏睡 呼吸困難 散瞳 頻脈
    バイケイソウ 植物 有毒:全草特に根 成分:ジェルビン他 嘔吐 下痢 目眩 脱力感 血圧低下 痙攣
    ニセアカシア 植物 有毒:樹皮・種子・葉 成分:ロビン他 遅発性嘔吐 下痢 流涎 発汗 腹痛 心悸亢進 呼吸困難 腎機能不全
    ドクゼリ 植物 有毒:全草 成分:シクトキシン他 流涎 嘔吐 口腔灼熱感 胃腸炎 横紋筋麻痺 頻脈 呼吸困難 死亡
    ドクウツギ 植物 有毒:種子・果実・葉・茎 成分:コリアミルチン他 嘔吐 流涎 縮瞳 血圧上昇 全身硬直 痙攣 呼吸困難 死亡
    トウゴマ 植物 有毒:穂・葉・種子 成分:マリファナ他 嘔吐 下痢 興奮 口渇 散瞳 痛覚麻痺 体温低下 皮膚炎
    ツリフネソウ 植物 有毒:全草 成分:ヘリナル酸 嘔吐 胃腸のただれ
    ツタ 植物 有毒:根 成分:サポニン他 接触:皮膚炎・結膜炎 経口:嘔吐・下痢・胃腸炎
    ツクバネソウ 植物 有毒:全草特に果実地下部位 成分:パリディン 嘔吐 下痢 頭痛 重症:縮瞳・呼吸困難
    チョウセンアサガオ 植物 有毒:葉・全草(特に種子) 成分:スコポラミン他 流涎 嘔吐 下痢 口渇 視覚障害 散瞳 幻覚 頻脈
    タバコ 植物 有毒:葉 成分:ニコチン他 流涎 嘔気 嘔吐 発汗 目眩 血管収縮 血圧上昇 呼吸困難 知覚障害 死亡
    タケニグサ 植物 有毒:全草 成分:プロトピン 嘔吐 酒酔い様 縮瞳 血圧低下 呼吸麻痺 死亡
    ソテツ 植物 有毒:種子・茎幹 成分:サイカシン ホルムアルデヒド中毒 口腔食道胃腸炎症 嘔吐 腹痛 痙攣 発癌 催奇形性
    センダン 植物 有毒:樹皮・果実 成分:カテコールタンニン 流涎 嘔吐 下痢 胃炎 運動失調 痙攣 呼吸停止 心停止
    セイヨウキヅタ 植物 有毒:葉・果実 成分:ヘデリン他 嘔吐 下痢 腹痛 口渇 流涎 皮膚刺激
    ジンチョウゲ 植物 有毒:花・葉 成分:ダフネチン 口腔内水疱・浮腫 流涎 嘔吐 腹痛 血便
    ショクヨウダイオウ 植物 有毒:葉・根茎 成分:蓚酸塩 嘔吐 下痢 黄疸 肝不全 腎不全 不整脈 低カルシウム血症
    シュロソウ 植物 有毒:根・茎 成分:ベラトラミン他 嘔吐 手足しびれ 痙攣 意識不明 脱力感
    シキミ 植物 有毒:果実・樹皮・葉・種子 成分:アニサチン他 嘔吐 下痢 血圧上昇 呼吸困難 全身痙攣 流涎
    ザクロ 植物 有毒:樹皮・根皮 成分:ペルチェリン他 嘔吐 下痢 胃炎 運動失調 精神混乱 失神 CNS麻痺
    コバイケソウ 植物 有毒:全草 成分:ベラトラミン他 嘔吐 手足しびれ 脱力感 意識不明 痙攣
    ゴクラクチョウカ 植物 有毒:全草 成分:不明 嘔吐 下痢 腹痛
    ケマンソウ 植物 有毒:根茎・葉 成分:プロトピン他 嘔吐 下痢 体温や脈拍低下 痙攣 呼吸困難 心臓マヒ
    クリスマスローズ 植物 有毒:全草・乳液 成分:ヘレボリン 口腔灼熱感 腹痛 胃炎 嘔吐 下痢 不整脈 血圧低下 心臓マヒ
    キョウチクトウ 植物 有毒:樹皮・根・葉・枝 成分:ネリオドレイン他 接触皮膚かぶれ 経口:口腔疼痛・嘔吐・下痢・腹痛・徐脈・不整脈
    キバナフジ 植物 有毒:樹皮・根皮・葉・種子 成分:キチシン ニコチン類似症状:流涎・嘔吐・発汗・血管収縮・血圧上昇・知覚障害・呼吸不全
    キバナハウチワマメ 植物 有毒:特に種子 成分:スパルテイン 流涎 嘔吐 運動失調 呼吸困難 催奇形性
    キツネノテブクロ 植物 有毒:葉・根・草 成分:ジギトキシン他 嘔気 嘔吐 口渇 下痢 腹痛 頭痛 目眩 痙攣 不整脈 徐脈 高カリウム血症 心停止
    キツネノカミソリ 植物 有毒:鱗茎・根茎 成分:リコリン他 嘔吐 痙攣
    オニドコロ 植物 有毒:根 成分:ジオスチン他 胃腸炎 血球破壊 嘔吐
    エンレイソウ 植物 有毒:根茎 成分:ステロイド系サポニン 嘔吐 下痢 脱水
    エレファントイアー 植物 有毒:草液 成分:蓚酸カルシウム・サポニン 嘔吐 口腔と喉の炎症
    イラクサ 植物 有毒:葉・茎の刺毛 成分:蟻酸他 皮膚接触:疼痛、かぶれ、炎症 経口:口腔灼熱感、流涎、嘔吐、筋力低下、振戦、呼吸困難、徐脈
    アヤメ 植物 有毒:根茎 成分:脂肪油 嘔気 嘔吐 下痢 腹痛 胃腸炎
    アセビ 植物 有毒:葉・枝・花を含めた全株 成分:アンドロメドトキシン他 悪心 嘔吐 視覚異常 下痢 腹痛 痙攣 低血圧 運動失調 呼吸麻痺 死亡
    きのこ中毒 嘔吐 下痢 腹痛 元気消沈 黄疸 運動失調 発作 昏睡

    内部寄生虫:
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛

慢性嘔吐 発症が1〜2週以前からの場合

    消化器:
    肥満
    食道の腫瘍 吐出 嚥下困難 間欠的嘔吐 進行:食欲不振、体重減少 沈鬱
    カンジダ症 発熱、活力低下、流涎、嘔吐、食欲不振、頸部食道の圧痛
    慢性胃炎 嘔吐 食欲不振 痩せ 被毛粗剛 軽度の貧血 老犬多発
    胃潰瘍 嘔吐、多飲 吐物には一部消化された血液 貧血 下血 胃穿孔で急死 腹痛
    肥満細胞腫 血便・胃腸潰瘍 嘔吐 下痢 食欲不振
    胃の腫瘍 嘔吐 下血 暗褐色の吐血 黒色タール様血便 腹痛 胃部圧痛 貧血
    幽門の狭窄と痙攣 先天性肥厚性幽門狭窄 子犬はほてい腹で、体温に異常なく食欲もある 成長遅延 離乳期 噴射性嘔吐 吐物は最後に食べた物で、胆汁は含まれてない
    幽門の狭窄と痙攣 後天性肥厚性幽門狭窄 犬種を問わず発生 食後性の噴射性嘔吐 犬の大きさに比べて吐物の量が多い
    幽門の狭窄と痙攣 幽門痙攣 短頭種や興奮しやすい犬に多発 一般には3歳以下の犬 嘔吐 吐物は最も新しく摂取したもの
    胃の流出路の閉塞 貧血 嘔吐 食欲不振 短頭種(ペキニーズ、ボクサーなど)
    炎症性腸炎 IBD 炎症性胃腸病 間欠的で慢性の嘔吐 小腸性下痢 二次性食物アレルギー
    腸リンパ管拡張症 慢性的・間欠的下痢/嘔吐、食欲旺盛 体重減少 低アルブミン血症:浮腫・腹水・胸水
    リンパ・プラズマ細胞性腸炎 小腸の慢性炎症疾患 慢性難治性下痢 嘔吐 進行:腹水 浮腫
    リンパ・プラズマ細胞性腸炎 リンパ・プラズマ細胞性の胃十二指腸炎は間欠性嘔吐を起こす
    バセンジーの免疫増殖性腸障害 難治性下痢 嘔吐 食欲不振 3歳までに罹患
    腸管の腺癌 犬の胃腸管腫瘍の25%を占める 老齢 雄 大腸や十二指腸に多発 下痢、嘔吐、脱水、貧血 腹水
    小腸のリンパ肉腫 食欲不振 無気力、下痢 嘔吐 体重減少 下血、吐血、発熱、腹水、黄疸
    腹腔内腫瘍 貧血 腹水 消化器系:嘔吐 吐血 下痢 血便 排便障害 黄疸
    蛋白露出性胃腸症 極端な痩せ 腹部下垂、手足浮腫 下痢 胸・腹水 嘔吐 貧血 痙攣
    鎖肛 出生後数週間までに排便不能 腹部膨満 嘔吐 呼吸困難頻回の努責 肛門周囲の膨脹
    アトピー性皮膚炎 不規則な発情周期 低受胎 偽妊娠 頻繁な排尿 血尿 消化器疾患 吐き気

    肝臓:
    肝疾患 肝腫大 肝萎縮 黄疸 食後肝性脳症 食後にNH3↑、壁に頭をぶつけたりする 沈欝 体重減少 食欲低下 間欠的嘔吐 腹水
    慢性肝炎 はっきりしたものはない、食欲不振、慢性嘔吐、多飲多尿、黄疸、腹水、血液凝固障害、肝性脳症
    肝リピドーシス 脂肪肝、嘔吐、下痢 便秘 稀:黄疸、体重減少、流涎、意識障害、発作 腹部触診で腫大肝臓触知可能
    肝性の低血糖症 発育停止、体重減少、食欲不振、嘔吐、下痢、発熱、多飲・多尿、肝性脳症、尿石症、腹水
    銅関連慢性活動型肝炎 慢性肝炎〜肝硬変、体重減少、嘔吐、黄疸 溶血性貧血 ベドリントンテリアの66%発生
    ドーベルマンピンシャーの慢性肝炎 肝硬変 多くの場合肝臓の銅濃度増加 雌犬 多飲多尿 嘔吐 下痢 腹水 黄疸
    ウェスト・ハイランドテリアの銅関連性肝障害 過剰銅の曝露 嘔吐 下痢 黄疸 腹水

    内分泌:
    副腎皮質機能低下症 アジソン病 抑鬱 嘔吐 便秘と下痢 低血圧 脱水 腹痛 急性型:発熱 昏睡
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ 運動失調、痙攣、昏睡、神経質、吠える、顔面筋肉の痙攣、糞尿散乱、嘔吐、瀕脈、全身性痙攣、視力障害(盲目)、昏睡
    クロム親和性細胞腫 希 副腎髄質内分泌細胞 カテコールアミン過剰 高齢 虚弱 食欲不振 嘔吐 全身性高血圧

    内部寄生虫:
    有棘顎口虫 食欲不振、嘔吐、貧血、胃壁まれに食道壁に虫嚢形成寄生

    泌尿器:
    腎不全

    腫瘍:
    肥満細胞腫 血便・胃腸潰瘍 嘔吐 下痢 食欲不振
    胃の腫瘍 嘔吐 下血 暗褐色の吐血 黒色タール様血便 腹痛 胃部圧痛 貧血
    腸管の腺癌 犬の胃腸管腫瘍の25%を占める 老齢 雄 大腸や十二指腸に多発 下痢、嘔吐、脱水、貧血 腹水
    小腸のリンパ肉腫 食欲不振 無気力、下痢 嘔吐 体重減少 下血、吐血、発熱、腹水、黄疸
    腹腔内腫瘍 貧血 腹水 消化器系:嘔吐 吐血 下痢 血便 排便障害 黄疸
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ 運動失調、痙攣、昏睡、神経質、吠える、顔面筋肉の痙攣、糞尿散乱、嘔吐、瀕脈、全身性痙攣、視力障害(盲目)、昏睡

    薬品・中毒:
    鉛中毒 胃腸管や神経症状 癲癇様発作 有核赤血球数が増加しているにもかかわらず貧血のみられない
    銅関連慢性活動型肝炎 慢性肝炎〜肝硬変、体重減少、嘔吐、黄疸 溶血性貧血 ベドリントンテリアの66%発生
    ドーベルマンピンシャーの慢性肝炎 肝硬変 多くの場合肝臓の銅濃度増加 雌犬 多飲多尿 嘔吐 下痢 腹水 黄疸
    ウェスト・ハイランドテリアの銅関連性肝障害 過剰銅の曝露 嘔吐 下痢 黄疸 腹水

空嘔吐


    消化器:
    空腹
    胃拡張 腹部膨満 疝痛 胃捻転に較べて症状は軽い 腹痛 空嘔吐 流涎 可視粘膜は不潔で金線状脈 打診すると鼓音
    胃捻転 大型で深い胸の犬 空嘔吐 動く事横臥を嫌う 粘膜蒼白 頻脈 弱脈 血圧下降
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱

    口腔:
    扁桃の腫瘍 腫瘍塊の咽頭刺激 吐き気 咳 扁平上皮癌 リンパ肉腫

    循環器:
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐

    生殖器:
    子宮蓄膿症 発情から1〜2カ月 多飲多尿 嘔吐 中毒症状 腹部膨満 帯下 陰部を舐める 臭気 発熱 尿毒症

吐出


    感染症:
    狂犬病 神経症状 性格の著しい変化 涎 異嗜 攻撃的 水を嫌う 噛みつく

    咽頭・喉頭:
    輪状咽頭の痙攣
    喉頭麻痺 重度吸気性呼吸困難 吸気性喘鳴 発声音変化 咳嗽 嚥下障害 多発性ニューロパシーの徴候(吐出、衰弱)

    循環器:
    右大動脈弓遺残(血管輪の異常) 食道狭窄し食道閉塞 食後嘔吐 嚥下困難 肺炎 呼吸困難 発咳
    非クロム親和性傍神経節腫 大動脈体腫瘍:鬱血性心不全徴候、咳、呼吸困難 頸動脈小体腫瘍:吐出、嚥下困難、頸部腫瘤

    食道疾患:
    右大動脈弓遺残(血管輪の異常) 食道狭窄し食道閉塞 食後嘔吐 嚥下困難 肺炎 呼吸困難 発咳
    巨大食道症 離乳直後の子犬が固形物を食べては戻す 血管の先天的奇形 右大動脈弓違残
    巨大食道-突発性
    巨大食道-二次性
    食道憩室 嚥下困難 流涎 嘔吐 吐物は未消化 しゃっくり様の声 食後頸部に腫瘤
    食道の腫瘍 吐出 嚥下困難 間欠的嘔吐 進行:食欲不振、体重減少 沈鬱
    食道の肉芽腫
    食道の異物 流涎 努力性嚥下動作 不快感 食物摂取後の吐出
    食道周囲の閉塞 嚥下動作を機械的に閉塞し、食道を狭窄 嚥下困難 吐出
    食道の狭窄 嚥下困難 吐出 削痩 衰弱
    食道外部からの圧迫
    食道炎 食欲不振 嚥下困難 食事の逆流と吐出 体重減少 粘調性過剰涎 胃液の逆流 血液含む粘性性唾液様液吐出
    食道裂孔の異常 逆流 吐血 呼吸困難 チアノーゼ 腹痛

    筋肉:
    重症筋無力症
    特発性多発性筋炎 静止時・運動負荷時に上腕・四肢・体幹・食道の筋が筋肉痛・筋肉硬直・筋力低下 咀嚼筋疼痛
    内分泌性非炎症性ミオパシー 内分泌疾患の他臨床症状に関係ない筋脱力、萎縮、硬直、筋肉痛 吐出、嚥下困難、発声困難
    遺伝性ミオトニー・非炎症性ミオパシー 起立困難 休息後硬直 呼吸困難、嚥下困難 吐出 徴候は運動によって改善 寒冷は症状を悪化 肢の上位の筋や頸部筋・舌の肥厚 前肢外転 ウサギ跳び様後肢歩様 転倒 短時間横臥時に硬直残存
    遺伝性ミオトニー・非炎症性ミオパシー 起立困難 休息後硬直 呼吸困難、嚥下困難 吐出 徴候は運動によって改善 寒冷は症状を悪化 肢の上位の筋や頸部筋・舌の肥厚 前肢外転 ウサギ跳び様後肢歩様 転倒 短時間横臥時に硬直残存
    代謝性非炎症性ミオパシー 筋肉の脱力、運動不耐性、痙攣および虚脱 吐出 嚥下困難、食道や咽頭異常 暗色尿、筋色素尿症 血色素尿 脳症 嘔吐

    神経:
    多発性神経障害(巨大軸索の神経障害-犬)

    免疫介在性疾患:
    全身性紅斑性狼瘡 歩様異常 皮膚病変(潰瘍 紅斑 脱毛) 発熱 嗜眠 食欲不振 関節炎 血小板減少
    特発性多発性筋炎 静止時・運動負荷時に上腕・四肢・体幹・食道の筋が筋肉痛・筋肉硬直・筋力低下 咀嚼筋疼痛

    内分泌:
    副腎皮質機能低下症 アジソン病 抑鬱 嘔吐 便秘と下痢 低血圧 脱水 腹痛 急性型:発熱 昏睡
    甲状腺機能亢進症 バセドー氏病 食欲増加・体重減少 神経質 興奮 眼球突出 多渇多尿 下痢 脱毛
    甲状腺腫瘍 嚥下困難、呼吸困難、鳴き声変化 多渇、多尿、食欲亢進、喘ぎ呼吸、落ち着きのなさ、筋脱力、頻脈

    薬品・中毒:
    鉛中毒 胃腸管や神経症状 癲癇様発作 有核赤血球数が増加しているが貧血のみられない
    タリウム中毒 殺虫剤 急性型:胃腸管症状 呼吸困難から死 口腔や眼結膜は鬱血煉瓦色 神経症状

吐血 実際に多いものの順列:フィラリア 肺水腫 外傷 異物の吸引 気管支拡張症

    感染症:
    真菌性肺炎
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 発熱、衰弱、元気消失、慢性の発咳、喀血、貧血
    クリプトコッカス症 深在性真菌症 膿瘍 呼吸型:くしゃみ 粘液様鼻汁 急性壊死性出血性肺炎

    循環器:
    フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    高血圧 頻呼吸と呼吸困難、異常肺胞音(例:捻髪音)、チアノーゼ、喀血(発咳によって血液を出す)
    動脈性高血圧 脳・心臓・腎臓障害 頻呼吸と呼吸困難、異常肺胞音(例:捻髪音)、チアノーゼ、喀血(発咳によって血液を出す)
    肺動脈高血圧 頻呼吸と呼吸困難、異常肺胞音(例:捻髪音)、チアノーゼ、喀血(発咳によって血液を出す)
    肺動脈血栓塞栓症 急性呼吸困難、虚脱、咳、喀血、虚弱、頻拍、動脈拍動の減弱、頸静脈怒張、蒼白 チアノーゼ 第二心音分裂
    房室弁心内膜症 僧帽弁又は三尖弁の慢性変性性疾患 発咳、運動不耐性・呼吸困難 腹囲膨満、喀血、チアノーゼ 失神
    大動脈瘤

    呼吸器:
    喉頭頭腫瘍 声帯組織由来炎症性ポリープは軽度な閉塞性呼吸困難の原因としては稀 原発性腫瘍は稀で閉塞性呼吸困難
    気管支拡張症 慢性肺炎の合併症として最も頻繁に見られる。
    気管支内異物 重度の発作性発咳または呼吸困難 肺炎
    慢性気管支炎 咳、呼吸時異常音、重症時呼吸困難 細菌感染がおこっていると膿性の鼻水
    喉頭・気管・気管支癌
    真菌性肺炎
    窒息 吐血 呼吸困難
    肺水腫 咳、呼吸困難、チアノーゼなどですが、急激な場合は激しい咳とともに血様の泡状の液体を鼻から出す
    肺の血栓塞栓性疾患 多いのはフィラリア 呼吸困難、呼吸促迫
    肺腫瘍 原発性 疲労しやすい 食欲不振 体重減少 発熱 呼吸速迫 呼吸困難 咳 喀血
    肺腫瘍 転移性 咳と呼吸困難 予後悪い
    肺の扁平上皮癌 荒く喀痰を伴わない咳嗽 呼吸困難 運動不耐性 悪液質 多呼吸 喘鳴 喀血 肥大性骨症 筋神経症・麻痺
    肺の腺癌 喀痰を伴わない咳嗽 運動不耐性 呼吸困難 食欲不振 喀血 疼痛 跛行 多飲多尿 筋萎縮 発熱 腹水 四肢腫脹
    肺葉捻転 沈鬱、発熱、虚弱、虚脱 呼吸困難、起座呼吸、咳嗽、喀血 胸部腹側の濁音、頻脈、チアノーゼ、ショック
    吸引性肺炎 異物が肺に吸引 急性呼吸困難、咳、嘔吐
    細菌性肺炎 咳、くしゃみ、発熱、食欲不振、呼吸困難
    肺挫傷 出血や分泌物により呼吸困難、疼痛、二次性肺炎 肋骨骨折、横隔膜ヘルニア、外傷性心筋炎も併発
    肺膿瘍 発熱、咳、呼吸困難、膿性鼻汁 悪化すると慢性毒血症症候群
    肺梗塞
    胸部の外傷
    肺穿刺
    肺吸虫 不顕性感染 発咳、痰、血痰、呼吸速迫、呼吸困難(気胸)、食欲不振、体重減少

    消化器:
    食道裂孔の異常 逆流 吐血 呼吸困難 チアノーゼ 腹痛
    食道裂孔ヘルニア 腹腔内容が横隔膜の食道裂孔を通して胸腔に突出 嘔吐 逆流 唾液分泌過多 呼吸困難 吐血
    胃出血 暗赤色で酸臭のある血液を嘔吐 吐血中には必ず食物の片を混じる 暗赤色タール状の悪臭ある血便を排出 貧血
    感電 胃潰瘍 嘔吐 吐血 コードを咬んだ場合:唇・舌・口粘膜に火傷
    胃の腫瘍 嘔吐 下血 暗褐色の吐血 黒色タール様血便 腹痛 胃部圧痛 貧血
    腹腔内腫瘍 貧血 腹水 消化器系:嘔吐 吐血 下痢 血便 排便障害 黄疸
    小腸のリンパ肉腫 食欲不振 無気力、下痢 嘔吐 体重減少 下血、吐血、発熱、腹水、黄疸
    膵臓ガストリン産生細胞腫 ガストリーマ 嘔吐 体重減少 断続的下痢 稀:吐血、点状出血、多飲症、腹痛、血便、便秘
    APUD細胞腫 内分泌細胞腫瘍 嘔吐 体重減少 食欲不振 下痢 嗜眠性抑鬱 多渇 メレナ 腹痛 吐血 血便 発熱

    凝固系:
    免疫介在性血小板減少症 鼻出血 無気力 虚弱 血尿 血便 喀血 メレナ(タール便) 皮膚の点状・斑状出血
    血小板減少症 全身皮膚粘膜に血斑 点状出血が口腔粘膜等 鼻出血、歯肉出血、前眼房や眼底の出血、吐血、下血、血尿 貧血
    播種性血管内凝固 DIC 出血 血流量低下 急性腎不全 呼吸困難 点状出血 鼻出血 胃腸管出血 血尿 血栓症
    先天性血液凝固障害 第Z因子欠損症 A型血友病 B型血友病 Von Willebrand病(VWD) 第X因子欠損症 第XI因子欠損症 異常フィブリノーゲン血症
    血友病
    熱射病 体温40℃以上 パンティグ 痙攣 呼吸困難 頻脈 唇が赤い ショック DIC 吐血、血便
    免疫性血小板性紫斑 ITP 激しい血小板破壊 血小板生存期間短縮 出血:鼻血・歯肉出血・吐血・メレナ(タール便) 脾腫を伴う場合と伴わない場合あり

    血液:
    汎血球減少症 末梢血中白血球・赤血球・血小板数同時低下 元気消沈、粘膜の蒼白化、点状出血、血尿、喀血、下血、発熱

    腫瘍:
    白血病
    肺腫瘍 転移性 咳と呼吸困難 予後悪い
    肺腫瘍 原発性 疲労しやすい 食欲不振 体重減少 発熱 呼吸速迫 呼吸困難 咳 喀血
    肺腫瘍 転移性 咳と呼吸困難 予後悪い
    小腸のリンパ肉腫 食欲不振 無気力、下痢 嘔吐 体重減少 下血、吐血、発熱、腹水、黄疸
    胃の腫瘍 嘔吐 下血 暗褐色の吐血 黒色タール様血便 腹痛 胃部圧痛 貧血
    腹腔内腫瘍 貧血 腹水 消化器系:嘔吐 吐血 下痢 血便 排便障害 黄疸
    肺の腺癌 喀痰を伴わない咳嗽 運動不耐性 呼吸困難 食欲不振 喀血 疼痛 跛行 多飲多尿 筋萎縮 発熱 腹水 四肢腫脹
    APUD細胞腫 内分泌細胞腫瘍 嘔吐 体重減少 食欲不振 下痢 嗜眠性抑鬱 多渇 メレナ 腹痛 吐血 血便 発熱

努責尻をこする

    肛門:
    肛門周囲炎 肛門周囲の皮膚にできた湿疹や皮膚炎を総称
    肛門周囲瘻 しぶり、排便障害、肛門周囲を舐める、便秘、直腸・門出血、異臭分泌物、下痢、体重減少
    肛門嚢炎 小型愛玩犬 肥満 運動不足 肛門嚢分泌物過多 導管閉鎖(老齢) 努責姿勢 下痢 疼痛
    鎖肛 出生後数週間までに排便不能 腹部膨満 嘔吐 呼吸困難頻回の努責 肛門周囲の膨脹

    直腸:
    直腸脱 直腸腫大 汚染 出血 寒冷時期 排便時に異常に力を入れる状態は、下痢、便秘、消化管寄生虫、前立腺肥大、難産
    直腸狭窄 老犬に多い傾向 しぶり 排便困難 紐状便 指を肛門から入れると狭窄部を触知 疼痛 出血
    直腸憩室 持続排便感の努責、しぶり 憩室内に便が滞留していると憩室炎や直腸壊死に発展

    消化器:
    腸重積 子犬多い 嘔吐 粘血便性のしぶり 腹痛 食欲不振 脱水 渇欲亢進 腹にソーセージ様の重積部感知 部位は右下腹部
    急性大腸炎 激しい下痢 便量多い 噴射性排泄 粘膜損傷時は血液を混じる下利便 貧血 脱水
    便秘

    前立腺:
    前立腺肥大 排尿困難、血尿失禁、下半身疼痛、排便時にいきむ 会陰ヘルニア誘発、便が平・出ない
    前立腺腫瘍(腺癌) 老犬 中〜大型犬 便のしぶり 排尿困難 出血性尿道分泌物 後肢虚弱・硬直 後半身疼痛
    急性前立腺炎 食欲不振、沈鬱、発熱 嘔吐 後腹部痛 硬い歩様 尿道分泌物
    慢性前立腺炎 老犬 尿路疾患徴候、発熱、嘔吐、裏急後重や運動障害
    前立腺嚢胞 排便又は排尿障害は肥大ほど頑固ではない 非炎症性 疼痛はない

    泌尿器:
    尿石症 頻尿 血尿 努責 腹部膨満 疼痛 嘔吐 発熱

    内部寄生虫:
    瓜実条虫 食欲不振、元気消失、体重減少 虫の一部が排便と共に出る、肛門部痒み 軟便 下痢
    日本住血吸虫症 発熱、咳、粘血便、貧血、腹部膨大

開口困難、咀嚼困難

    感染症:
    破傷風 筋肉硬直 瞬膜突出 流涎 開口困難、咀嚼困難 嚥下困難 神経症状

    顎:
    頭蓋・下顎骨の骨障害 若犬 CMO 頭蓋下顎骨骨症 急性で疼痛性の開口、咀嚼困難 特に下顎骨の圧痛 一過性眼瞼麻痺
    上顎・下顎線維肉腫 腫瘤は弾力性あり硬い ゴールデンレトリバーの上顎に多発 顔面変形 開口障害 採食困難

    口腔:
    口内炎 食欲不振、流涎、知覚過敏、疼痛、口腔内悪臭 口腔粘膜の発赤、腫張、潰瘍
    口腔腫瘍 流涎 口臭、出血 嚥下困難 体重減少 下顎や後咽頭リンパ節腫大 眼球突出 顔面左右不対称 くしゃみ 鼻汁
    舌炎 流涎 咀嚼・嚥下異常 口腔内悪臭 舌腫脹 発赤 疼痛 潰瘍 麻痺
    口腔内乳頭腫症 口腔内、カリフラワー 流涎 採食困難 幼若犬に多
    唾液腺炎 発熱 顎を上下に動かし開口時に疼痛 耳根部・下顎骨角に浮腫 眼球突出 眼瞼腫脹 口腔内粘膜に炎症・腫瘍

    歯:
    壊死性潰瘍性歯肉炎 潰瘍化 出血 口臭 疼痛 咀嚼困難
    線維腫性歯肉腫 カリフラワー状腫瘤 痛みはなく、歯肉上皮と結合織の過剰発育

    脳:
    特発性三叉神経ニューロパシー 犬下顎下垂症候群 第五脳神経枝機能障害 閉口困難 嚥下困難 咬筋萎縮希 感覚異常は希
    感覚性三叉神経ニューロパシー 急性発症 食物把握不能 顔面感覚消失 第五脳神経線維の消失

    耳:
    中耳炎 耳根部を中心とした痛み 元気消失 頸部周辺接触を嫌う 斜頚 頭の鬱血 扁桃腫脹 運動失調 難聴

    筋炎:
    咀嚼筋炎 大型犬種の成犬 開口障害 側頭筋・咬筋の両側性委縮
    特発性咀嚼筋炎 委縮性筋炎 咀嚼筋の委縮・腫脹は疼痛 採食困難 好酸球性筋炎と異なり、症状を繰り返すことはない
    好酸球性筋炎 咀嚼筋 四肢・体幹筋肉:歩行異常・極度衰弱 キツネ様顔つき 眼球突出 開口困難 扁桃炎 瞬膜突出 跛行

    免疫介在性疾患:
    全身性紅斑性狼瘡 歩様異常 皮膚病変(潰瘍 紅斑 脱毛) 発熱 嗜眠 食欲不振 関節炎 血小板減少 リンパ腫脹

    内分泌:
    栄養性上皮小体機能亢進症 肉主体の食餌 病的骨折 跛行 歩様異常

    中毒:
    ストリキニーネ中毒 殺鼠剤 不安と神経過敏 強直性痙攣 呼吸困難 チアノーゼ 瞳孔散大し半昏睡 心拍速弱 呼吸麻痺で死亡

嚥下困難

    感染症:
    狂犬病 神経症状 性格の著しい変化 涎 異嗜 攻撃的 水を嫌う 噛みつく
    破傷風 筋肉硬直 瞬膜突出 流涎 開口困難、咀嚼困難 嚥下困難 神経症状

    外部寄生虫:
    ダニ麻痺 弛緩性運動麻痺 声の変化、咳、嚥下困難 平衡失調、前肢麻痺 起立困難 振戦 呼吸は遅く、嘔吐 瞳孔散大、

    口腔:
    口内炎 食欲不振、流涎、知覚過敏、疼痛、口腔内悪臭 口腔粘膜の発赤、腫張、潰瘍
    歯肉の線維肉腫 徐々に進行する局所侵襲性悪性腫瘍 唾液の過剰 口臭 血様滲出物 嚥下困難 顔面変形 頸部リンパ節腫脹
    口腔腫瘍 流涎 口臭、出血 嚥下困難 体重減少 下顎や後咽頭リンパ節腫大 眼球突出 顔面左右不対称 くしゃみ 鼻汁
    口腔の軟骨肉腫 大型犬 上顎骨多発 過剰流涎 口臭 口からの血様浸出物 嚥下困難 体重減少 頸部リンパ節腫大
    口腔の未分化悪性腫瘍 硬口蓋・顎間質・顎骨・眼窩発生 口臭 流涎過剰 嚥下困難 口からの血様滲出物 大型犬種
    舌炎 流涎 咀嚼・嚥下異常 口腔内悪臭 舌腫脹 発赤 疼痛 潰瘍 麻痺
    扁桃炎 発赤・腫脹 壊死巣・膿瘍散在 白・灰色物質で覆われる 発熱 嚥下困難 流涎 嘔吐
    咽頭の腫瘍 食欲不振、流涎 口臭 口腔咽頭嚥下困難 老齢
    異所性甲状腺腫瘍 主に頸部、胸郭から舌基部の発生あり
    全身性紅斑性狼瘡 病気が進行すると通常は食欲不振、喉頭の嚥下障害、などの全身症状が発現

    食道:
    食道の梗塞
    食道の狭窄 嚥下困難 吐出 削痩 衰弱
    食道憩室 嚥下困難 流涎 嘔吐 吐物は未消化 しゃっくり様の声 食後頸部に腫瘤
    食道炎 食欲不振 嚥下困難 食事の逆流と吐出 体重減少 粘調性過剰涎 胃液の逆流 血液含む粘性性唾液様液吐出
    食道周囲の閉塞 嚥下動作を機械的に閉塞し、食道を狭窄 嚥下困難 吐出
    食道の腫瘍 吐出 嚥下困難 間欠的嘔吐 進行:食欲不振、体重減少 沈鬱
    食道の異物 流涎 努力性嚥下動作 不快感 食物摂取後の吐出
    右大動脈弓遺残(血管輪の異常) 食道狭窄し食道閉塞 食後嘔吐 嚥下困難 肺炎 呼吸困難 発咳
    胸腺腫 稀 発咳、体重減少、嚥下困難、流涎、呼吸困難 頭・頸・前肢腫脹 筋無力症による筋の脱力・巨大食道

    喉頭:
    喉頭麻痺 重度吸気性呼吸困難 吸気性喘鳴 発声音変化 運動不耐性 咳嗽 嚥下障害 吐出 高体温 チアノーゼ 肺水腫

    咽頭:
    咽頭炎 食欲不振、発熱、嘔吐 流涎、呼吸困難、逆くしゃみ 食餌に伴う疼痛
    輪状咽頭の痙攣
    咽頭麻痺 嚥下困難 流涎 吸引性肺炎による咳、呼吸困難 咀嚼困難、口が閉じず舌が出たまま 鳴き声の変化

    循環器:
    右大動脈弓遺残(血管輪の異常) 食道狭窄し食道閉塞 食後嘔吐 嚥下困難 肺炎 呼吸困難 発咳
    甲状腺腫瘍 嚥下困難、呼吸困難、鳴き声変化 多渇、多尿、食欲亢進、喘ぎ呼吸、落ち着きのなさ、筋脱力、頻脈
    非クロム親和性傍神経節腫 大動脈体腫瘍:鬱血性心不全徴候、咳、呼吸困難 頸動脈小体腫瘍:吐出、嚥下困難、頸部腫瘤

    脳:
    特発性三叉神経ニューロパシー 犬下顎下垂症候群 第五脳神経枝機能障害 閉口困難 嚥下困難 咬筋萎縮希 感覚異常は希
    感覚性三叉神経ニューロパシー 急性発症 食物把握不能 顔面感覚消失 第五脳神経線維の消失

    筋:
    特発性咀嚼筋炎 委縮性筋炎 咀嚼筋の委縮・腫脹は疼痛 採食困難 好酸球性筋炎と異なり、症状を繰り返すことはない
    特発性多発性筋炎 静止時・運動負荷時に上腕・四肢・体幹・食道の筋が筋肉痛・筋肉硬直・筋力低下 咀嚼筋疼痛
    好酸球性筋炎 咀嚼筋の急激な腫脹 筋は硬直 キツネ様の顔つきと眼球突出 開口困難 咀嚼筋萎縮
    内分泌性非炎症性ミオパシー 内分泌疾患の他臨床症状に関係ない筋脱力、萎縮、硬直、筋肉痛 吐出、嚥下困難、発声困難
    遺伝性ミオトニー・非炎症性ミオパシー 起立困難 休息後硬直 呼吸困難、嚥下困難 吐出 徴候は運動によって改善 寒冷は症状を悪化 肢の上位の筋や頸部筋・舌の肥厚 前肢外転 ウサギ跳び様後肢歩様 転倒 短時間横臥時に硬直残存
    代謝性非炎症性ミオパシー 筋肉の脱力、運動不耐性、痙攣および虚脱 吐出 嚥下困難、食道や咽頭異常 暗色尿、筋色素尿症 血色素尿 脳症 嘔吐
    流涎症 唾液腺からの過剰分泌
    ネオスポラ 原虫 多病巣性進行性神経筋肉徴候 上行性麻痺 硬直 筋萎縮 嚥下困難 静脈炎 皮膚炎 脈絡網膜炎

    内部寄生虫:
    ネオスポラ 原虫 多病巣性進行性神経筋肉徴候 上行性麻痺 硬直 筋萎縮 嚥下困難 静脈炎 皮膚炎 脈絡網膜炎

    骨格:
    骨髄炎 発熱、食欲低下、患部増温、腫脹・圧痛、周辺リンパ節の腫脹、疼痛 跛行 起立不能
    上顎・下顎線維肉腫 腫瘤は弾力性あり硬い ゴールデンレトリバーの上顎に多発 顔面変形 開口障害 採食困難

    植物中毒:
    イエロージャスミン 植物全体に含まれる物質:運動失調・嚥下困難・痙攣発作・呼吸筋麻痺・死亡

    嚥下困難・嚥下痛・流涎・強調性嚥下:
    口腔咽頭障害
    食道上部障害

    口腔性嚥下困難 採食および咀嚼の異常
    咽頭性嚥下困難 むかつき、反復する不成功な嚥下動作、嘔吐の動作、唾液に覆われた食塊の吐出

下痢

    犬の大腸の水吸収能力が小さいせいであるといわれている

    感染症:
    ウイルス性下痢
    ジステンパー 呼吸器・消化器・脳神経症状 結膜炎 鼻炎 発熱 食欲不振 脱水 肺炎 咳 下痢 癲癇様発作
    犬パルボウイルス感染症 嘔吐 下痢 血便 脱水症、敗血症、栄養失調
    ヘルペスウイルス感染症 希 体力が弱い時に発症 新生子犬 発熱 元気食欲ない 黄緑色便 下痢
    ロタウイルス感染症 幼犬の急性下痢 血様便 急死 末期には脱水による循環障害 心拍数は増加 体温低下
    レオウイルス感染症 軽い呼吸器症 不顕性 結膜炎、鼻炎、気管気管支炎(役割としてはマイナー)、肺炎、下痢、稀に脳炎
    ドッグポックス(犬の痘疹) ヘルペスウイルス? 粘膜の触診可能小隆起 陰茎・結膜・腟・結腸・直腸・肛門 難治性下痢 しぶり
    コロナウイルス感染症 下痢 嘔吐

    黄疸出血型レプトスピラ病 黄疸 嘔吐 下痢 歯茎出血
    カニコーラ型レプトスピラ病 高熱 嘔吐 下痢 尿毒症
    カンピロバクター感染症 3ケ月以下の若令 軟便から水様便さらに血便まで 元気食欲は低下 飲水量低下から脱水
    サルモネラ感染症 重度の胃腸炎 内毒素血症 白血球減少 敗血症 肺炎 腎盂腎炎 壊死性肝炎 流産 死産
    ロッキー山紅斑熱 リケッチア 人畜共通感染症 マダニで伝播 Rickettsia rickettsii 沈鬱 発熱 嘔吐 下痢
    大腸菌群感染症 新生子:嘔吐、衰弱/嗜眠、下痢、低温皮膚の突然の発現 幼犬:嘔吐、下痢

    循環器:
    アテローム性動脈硬化症 動脈内壁肥厚 虚弱 呼吸困難 嘔吐 下痢 不整脈 心不全 見当識障害 盲目 旋回運動 昏睡
    腹膜心膜ヘルニア 腹側正中線の胎子性異常 心膜と腹膜腔との間に交通 嘔吐 下痢 体重減少 腹部疼痛 発咳 呼吸困難
    房室ブロック、第1度 ジゴキシン中毒に二次的に起因する場合は、元気消沈、食欲不振、嘔吐および下痢の徴候がみられることがある

    神経:
    ストレスからの自律神経失調

    消化器:
    胃腸炎 嘔吐や下痢
    好酸球性胃炎 間欠的嘔吐、小腸性下痢、食欲不振 体重減少 末梢リンパ節腫脹 腸管膜リンパ節症 肝・脾腫大
    急性大腸炎 激しい下痢 便量多い 噴射性排泄 粘膜損傷時は血液を混じる下利便 貧血 脱水
    腸リンパ管拡張症 慢性的・間欠的下痢/嘔吐、食欲旺盛 体重減少 低アルブミン血症:浮腫・腹水・胸水
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    潰瘍性大腸炎 大腸粘膜下組織に肉芽腫性病変 異嗜 血便 下痢 遺伝病 ボクサー
    膵臓炎 特徴的な症状はない 多くの併発症を起こす 腹痛、激しい嘔吐、下痢は疼痛や腹膜炎に対して二次的に起こる 腹部膨満 中年 肥満
    胆嚢炎 食欲不振 元気消失 発熱 腹痛 肝腫大 嘔吐 下痢 黄疸
    急性肝不全 急性肝壊死 肝機能急速低下 元気消沈などの急性徴候 嘔吐 黄疸 下痢 脳障害 発作 出血
    肝細胞癌 食欲不振 体重減少 嘔吐 下痢 腹部腫脹 黄疸、腹水、発作、行動変化 雄に多発 肝腫・腹水・腹部疼痛・黄疸・腹部腫瘤触知
    胆管破裂 黄疸 腹膜炎、腹部疼痛 嘔吐 下痢 発熱 ショック 無胆汁便 食欲不振
    肝外胆管閉塞 食欲不振 嘔吐 黄疸 体重減少 腹痛 下痢 脂肪便 無胆汁性便 過度の出血
    胆管炎 食欲不振 沈鬱 体重減少 間欠性嘔吐 下痢 黄疸 肝腫大 時に:発熱・腹水
    好酸球性胃腸炎 食欲減退 嘔吐 持続下痢 血便 嘔吐 脱水:体重減少 被毛があれる 皮膚硬化 脂肪便
    腸リンパ管拡張症 慢性的・間欠的下痢/嘔吐、食欲旺盛 体重減少 低アルブミン血症:浮腫・腹水・胸水
    リンパ・プラズマ細胞性腸炎 小腸の慢性炎症疾患 慢性難治性下痢 嘔吐 進行:腹水 浮腫
    ドッグポックス(犬の痘疹) ヘルペスウイルス? 粘膜の触診可能小隆起 陰茎・結膜・腟・結腸・直腸・肛門 難治性下痢 しぶり
    食物アレルギー 嘔吐 下痢 排便回数増加 血便 粘液性下痢(大腸性)
    腸重積 子犬多い 嘔吐 粘血便性のしぶり 腹痛 食欲不振 脱水 渇欲亢進 腹にソーセージ様の重積部感知 部位は右下腹部
    肉芽腫性(限局性)腸炎 マス状肥厚病巣による腸管閉塞 4歳以下若齢雄 慢性下痢 体重減少 腹痛 しぶり 新鮮血便
    蛋白漏出性胃腸炎
    ニューオーナーシンドローム 元気消沈 嘔吐 下痢 強直性痙攣発作
    結腸炎 粘液や血液を含む慢性下痢 糞便は半固形から液状まで様々 少量糞便を頻回排泄 排便後長時間しぶり 嘔吐
    直腸炎 粘液や血液を含む慢性下痢 糞便は半固形から液状まで様々 少量糞便を頻回排泄 排便後長時間しぶり 嘔吐
    吸収不良症候群 食欲はあるのに体重減少 嘔吐 消化不良の大量軟・下痢便 酸敗性悪臭脂肪便
    牛乳
    チョコレート中毒 テオブロミン 嘔吐、下痢、多量な排尿、過敏、高体温、運動失調、ふるえ、発作、昏睡 腹痛、血尿、血便
    乳糖不耐性 未消化の乳糖で増殖する乳糖発酵細菌の増殖を促す 下痢、腹部膨満および不快感
    アイリッシュセッターのグルテン性腸症 小麦や他の穀類に存在するグルテンに過敏 遺伝病 体重減少 軽度の下痢
    過食

    膵臓:
    慢性膵臓炎 悪臭伴う灰白色・黄色下痢便 糞量多 腹痛 多飲多尿
    膵外分泌機能不全 EPI 旺盛な食欲 体重減少 悪臭脂肪性大量下痢・軟便、間欠的水様下痢便 貧血、食糞 嘔吐
    膵臓ガストリン産生細胞腫 ガストリーマ 嘔吐 体重減少 断続的下痢 稀:吐血、点状出血、多飲症、腹痛、血便、便秘
    APUD細胞腫 内分泌細胞腫瘍 嘔吐 体重減少 食欲不振 下痢 嗜眠性抑鬱 多渇 メレナ 腹痛 吐血 血便 発熱
    若年性真性糖尿病 インスリン依存性真性糖尿病 1歳未満 多飲多渇 多食 夜尿症 重度体重減少 膵臓外分泌機能不全
    グルカゴン血症 紅斑性、痂皮形成性、潰瘍性皮膚炎(肉趾、爪、および指間領域) 嘔吐 下痢

    肝臓:
    ドーベルマンピンシャーの慢性肝炎 肝硬変 多くの場合肝臓の銅濃度増加 雌犬 多飲多尿 嘔吐 下痢 腹水 黄疸
    ウェスト・ハイランドテリアの銅関連性肝障害 過剰銅の曝露 嘔吐 下痢 黄疸 腹水
    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    肝臓癌 肝臓に転移した腫瘍:嘔吐・下痢・多飲多尿・食欲不振 原発性肝腫瘍:嘔吐と下痢は少ない
    胆石症 黄疸 嘔吐 食欲不振 衰弱 沈鬱 体重減少 少数例:発熱 下痢 多渇 腹痛
    肝内性動静脈瘻 肝動脈と門脈肝の血管結合 門脈圧亢進 腹水 門脈シャント 嘔吐 下痢 多飲多尿 肝性脳症

    肛門:
    肛門周囲瘻 しぶり、排便障害、肛門周囲を舐める、便秘、直腸・門出血、異臭分泌物、下痢、体重減少
    ドッグポックス(犬の痘疹) ヘルペスウイルス? 粘膜の触診可能小隆起 陰茎・結膜・腟・結腸・直腸・肛門 難治性下痢 しぶり

    泌尿器:
    腎臓の異形成・無形成 嗜眠、食欲のむら、被毛の質低下、体重の減少、抑鬱、多飲多尿、嘔吐、食欲低下、脱水、下痢、貧血
    アミロイド症 多尿 下痢 時に嘔吐 脱水 肝腫大 脾腫

    内分泌:
    甲状腺機能低下症 便秘 下痢

    血液:
    低グロブリン血症 アルブミンを除く血清タンパク量が正常なグロブリン濃度より低い 下痢 再発性上部呼吸器疾患 肺炎 皮膚炎
    高脂血症 急性腹症 発作 嘔吐 下痢 肝脾腫大 脂肪眼房水 心血管不全 無関心 食欲不振
    過粘稠血症候群 元気消失 食欲不振 多飲多尿 失明 運動失調 発作 跛行 骨痛 関節痛 嘔吐 下痢

    遺伝:
    グレーコリー症候群 銀灰色被毛と白味がかった鼻鏡のコリーの子犬 同胎犬よりも小さい 発熱 下痢 結膜炎
    致死性肢端皮膚炎 ホワイト・ブルテリア特有 遺伝 致死的 2〜3カ月齢 趾間の足皮膚炎 下痢 気管枝肺炎 呼吸困難
    アイリッシュセッターのグルテン性腸症 小麦や他の穀類に存在するグルテンに過敏 遺伝病 体重減少 軽度の下痢

    中毒:
    毒素乳症候群 新生子 浮腫 緑色下痢 叫び声 直腸浮腫
    砒素中毒 激しい胃腸炎 嘔吐(ニンニク様臭気) 嚥下困難 下痢
    燐中毒 嘔吐 下痢(しばしば血が混ざる ニンニク臭) 急性胃腸炎 口渇 多量の流延 脱水 腹痛 黄疸 痙攣
    鉛中毒 胃腸管や神経症状 癲癇様発作 有核赤血球数が増加しているが貧血のみられない
    有機燐及びカルバミン酸中毒 殺虫剤成分 流涎、痙攣発作、下痢、嘔吐、呼吸困難、縮瞳
    亜鉛( Zn )中毒 溶血性貧血 黄疸 沈鬱 嘔吐、下痢、腹部疼痛
    洗剤 嘔吐 下痢
    薬物性アナフィラキシー 皮膚徴候 嘔吐 下痢 肝循環閉塞による高度のショック状態
    クーラーの冷え
    チョコレート中毒 テオブロミン 嘔吐、下痢、多量な排尿、過敏、高体温、運動失調、ふるえ、発作、昏睡 腹痛、血尿、血便
    リンコマイシン ショック 嘔吐 下痢
    デキサメサゾン 合成副腎皮質ホルモン 多飲・多尿 下痢 出血
    房室ブロック、第1度 ジゴキシン中毒に二次的に起因する場合は、元気消沈、食欲不振、嘔吐および下痢の徴候がみられることがある

    植物中毒:
    きのこ中毒 嘔吐 下痢 腹痛 元気消沈 黄疸 運動失調 発作 昏睡
    アサ 植物 有毒:穂・葉含めた全体 成分:マリファナ 下痢、錯乱 興奮 幻覚 散瞳 痛覚知覚麻痺 呼吸減少 体温低下
    アセビ 植物 有毒:葉・枝・花を含めた全株 成分:アンドロメドトキシン他 悪心 嘔吐 視覚異常 下痢 腹痛 痙攣 低血圧 運動失調 呼吸麻痺 死亡
    アヤメ 植物 有毒:根茎 成分:脂肪油 嘔気 嘔吐 下痢 腹痛 胃腸炎
    イヌサフラン 植物 有毒:塊茎・根茎・種子 成分:コルヒチン 目に入ると失明可能性 口腔喉灼熱感 嘔気 下痢 皮膚知覚減退 呼吸困難
    ウマノアシガタ 植物 有毒:全草・樹液 成分:プロトアネモニン 皮膚刺激 口腔灼熱感 流涎 下痢 胃腸炎 幻覚 CNS麻痺 心停止
    エンレイソウ 植物 有毒:根茎 成分:ステロイド系サポニン 嘔吐 下痢 脱水
    キツネノテブクロ 植物 有毒:葉・根・草 成分:ジギトキシン他 嘔気 嘔吐 口渇 下痢 腹痛 頭痛 目眩 痙攣 不整脈 徐脈 高カリウム血症 心停止
    キョウチクトウ 植物 有毒:樹皮・根・葉・枝 成分:ネリオドレイン他 接触皮膚かぶれ 経口:口腔疼痛・嘔吐・下痢・腹痛・徐脈・不整脈
    クリスマスローズ 植物 有毒:全草・乳液 成分:ヘレボリン 口腔灼熱感 腹痛 胃炎 嘔吐 下痢 不整脈 血圧低下 心臓マヒ
    ケマンソウ 植物 有毒:根茎・葉 成分:プロトピン他 嘔吐 下痢 体温や脈拍低下 痙攣 呼吸困難 心臓マヒ
    ゴクラクチョウカ 植物 有毒:全草 成分:不明 嘔吐 下痢 腹痛
    ザクロ 植物 有毒:樹皮・根皮 成分:ペルチェリン他 嘔吐 下痢 胃炎 運動失調 精神混乱 失神 CNS麻痺
    シキミ 植物 有毒:果実・樹皮・葉・種子 成分:アニサチン他 嘔吐 下痢 血圧上昇 呼吸困難 全身痙攣 流涎
    ショクヨウダイオウ 植物 有毒:葉・根茎 成分:蓚酸塩 嘔吐 下痢 黄疸 肝不全 腎不全 不整脈 低カルシウム血症
    セイヨウキヅタ 植物 有毒:葉・果実 成分:ヘデリン他 嘔吐 下痢 腹痛 口渇 流涎 皮膚刺激
    センダン 植物 有毒:樹皮・果実 成分:カテコールタンニン 流涎 嘔吐 下痢 胃炎 運動失調 痙攣 呼吸停止 心停止
    チョウセンアサガオ 植物 有毒:葉・全草(特に種子) 成分:スコポラミン他 流涎 嘔吐 下痢 口渇 視覚障害 散瞳 幻覚 頻脈
    ツクバネソウ 植物 有毒:全草特に果実地下部位 成分:パリディン 嘔吐 下痢 頭痛 重症:縮瞳・呼吸困難
    ツタ 植物 有毒:根 成分:サポニン他 接触:皮膚炎・結膜炎 経口:嘔吐・下痢・胃腸炎
    トウゴマ 植物 有毒:穂・葉・種子 成分:マリファナ他 嘔吐 下痢 興奮 口渇 散瞳 痛覚麻痺 体温低下 皮膚炎
    トウダイグサ 植物 有毒:全草 成分:ユーフォルビン他 接触皮膚炎 鼻炎 粘膜炎症 経口:嘔吐・下痢・胃腸炎・腹痛・頭痛・血圧上昇・目眩・痙攣
    トチノキ 植物 有毒:種子・樹皮 成分:エスクリン他 下痢 胃腸炎 脱水 電解質の不均衡
    ニセアカシア 植物 有毒:樹皮・種子・葉 成分:ロビン他 遅発性嘔吐 下痢 流涎 発汗 腹痛 心悸亢進 呼吸困難 腎機能不全
    バイケイソウ 植物 有毒:全草特に根 成分:ジェルビン他 嘔吐 下痢 目眩 脱力感 血圧低下 痙攣
    ヒヨドリジョウゴ 植物 有毒:全草特に果実 成分:ソラニン他 発熱 嘔吐 下痢 腹痛 呼吸困難 死亡
    マサキ 植物 有毒:葉・樹皮・果実 成分:スキミン他 嘔吐 下痢 手足腫脹 麻痺
    ヨウシャヤマゴボウ 植物 有毒:全草特に根・実 成分:フィトラクチン他 口腔刺激 嘔吐 下痢 重症:頻脈 呼吸困難 血圧低下 痙攣
    ランタナ 植物 有毒:未熟種子・葉 成分:ランタニン 嘔吐 下痢 腹痛 虚脱 散瞳 ビリルビン血症 光過敏症
    ストレリチア 植物 種子のタンニン:嘔吐・下痢
    ポインセチア 植物 葉・茎:複合テンペルが原因で嘔吐・下痢
    アロエ 鉢物植物 樹液中バーバロイン:下痢
    アサガオ 植物 種子摂取:嘔吐・下痢
    アマリリス 植物 球根摂取:嘔吐・下痢
    おしろい花 植物 茎・根・種摂取:嘔吐・下痢・腹痛
    キキョウ 植物 根摂取:嘔吐・下痢・胃腸炎
    スイセン 植物 球根摂取:嘔吐・下痢・胃腸炎 猫は心不全
    すずらん 植物 摂取:嘔吐・下痢・腹痛・不整脈・心不全
    アイビー 植物 葉・果実摂食:嘔吐・下痢・腹痛
    ヒガンバナ 植物 接触:皮膚炎 摂食:嘔吐・下痢・腹痛・中枢神経麻痺
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 1〜2日で赤色・暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢 嘔吐 脾腫
    ジャガイモやナスなどのナス属ナス科植物 野菜 未熟果実:ソラニンが嘔吐・下痢

    寄生虫性下痢
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛
    マンソン裂頭条虫 通常は無症状で経過、多数寄生した場合に消化器障害、下痢、腹痛、痩せる
    広節裂頭条虫 軽感染の場合は無症状 食欲の異常亢進または減退、腹痛、軟便や便秘と交互に起こる頑固な下痢 貧血
    連節条虫 少数寄生時無症状が多い 重感染時はカタル性腸炎や慢性消化不良のため、便秘と交互に起こる頑固な下痢
    豆状条虫 少数寄生では無症状、多数寄生すると下痢、腹痛、その他の消化器障害が主で、まれに腸閉塞や穿孔、神経症状
    単包条虫 エキノコックス 無症状に経過 腸炎により下痢、便秘、腹痛、神経症状、腹水、消化障害、肝臓障害
    壷形吸虫 関西以西に感染が多い 小腸に虫体が多数寄生するとその機械的刺激で頑固な下痢 貧血
    浅田棘口吸虫 成虫は腸寄生 無症状か軽微 多数寄生時は、頑固な下痢、粘血便、腹痛
    トキソプラズマ症 不顕性感染 下痢、筋肉脱力、呼吸困難 幼犬 発熱、リンパ節腫脹、嘔吐 鼻汁 咳 呼吸困難 眼障害
    コクシジウム症 激しい下痢 粘液・血液便 急激な脱水や貧血
    ヘパトゾーン症 原虫 マダニ媒介 発熱 貧血 下痢 食欲不振 歩行異常 腰痛 筋肉知覚過敏 目脂 鼻汁
    ジアルジア症 ランブル繊毛虫、食物の吸収を妨げ腸粘膜に傷を付ける 少し薄い黄色下痢便や血便
    アメーバ大腸炎 粘血便、腹痛、発熱、下痢ですが、急性出血性大腸炎がおこると死亡
    バランチジウム症 大腸寄生原虫 別名:バランチジウム大腸炎 時として腸壁に侵入して粘膜組織を破壊し、血便
    トリコモナス腸炎 下痢 幼犬 腹痛 消化器症状 粘血便、痩せる、貧血
    クリプトスポリジウム Cryptosporidium 犬猫では稀 全身症状を伴わない下痢 小腸
    リーシュマニア症 住血鞭毛虫類の原虫 大腸性下痢とメレナ(タール便)を伴う慢性潰瘍性大腸炎、急性の致死的出血性腸炎

    腫瘍:
    リンパ肉腫(悪性リンパ腫) 別名:リンパ腫・リンパ様白血病・細網肉腫 疼痛を伴わない全身のリンパ節腫脹 5歳以上多
    リンパ腫 リンパ節腫張 進行:運動不耐性、下痢、抑欝、食欲不振 末期:呼吸困難、重度感染症
    肥満細胞腫 血便・胃腸潰瘍 嘔吐 下痢 食欲不振
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧
    肝臓癌 肝臓に転移した腫瘍:嘔吐・下痢・多飲多尿・食欲不振 原発性肝腫瘍:嘔吐と下痢は少ない
    APUD細胞腫 内分泌細胞腫瘍 嘔吐 体重減少 食欲不振 下痢 嗜眠性抑鬱 多渇 メレナ 腹痛 吐血 血便 発熱

    真菌:
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 慢性の咳 水様性下痢 不顕性感染 痰
    カンジダ症 食道や胃腸に難治性のびたん潰瘍形成
    コクシジオイデス症 深在性真菌症 咳、微熱、、骨病変 非化膿性骨髄炎 病変は長骨骨幹部 跛行、軟部組織腫脹、疼痛
    全身性真菌症 消化器であれば下痢、嘔吐、呼吸器であれば咳や呼吸困難と様々
    ピチウム症 真菌 嘔吐、体重減少、下痢、触診可能腹部マス、食欲不振 メキシコ湾岸 ムコール症

急性下痢

    感染症:
    ウイルス性下痢
    ジステンパー 呼吸器・消化器・脳神経症状 結膜炎 鼻炎 発熱 食欲不振 脱水 肺炎 咳 下痢 癲癇様発作
    犬パルボウイルス感染症 嘔吐 下痢 血便 脱水症、敗血症、栄養失調
    ヘルペスウイルス感染症 希 体力が弱い時に発症 新生子犬 発熱 元気食欲ない 黄緑色便 下痢
    ロタウイルス感染症 幼犬の急性下痢 血様便 急死 末期には脱水による循環障害 心拍数は増加 体温低下
    コロナウイルス感染症 下痢 嘔吐

    黄疸出血型レプトスピラ病 黄疸 嘔吐 下痢 歯茎出血
    カニコーラ型レプトスピラ病 高熱 嘔吐 下痢 尿毒症
    カンピロバクター感染症 3ケ月以下の若令 軟便から水様便さらに血便まで 元気食欲は低下 飲水量低下から脱水
    サルモネラ感染症 重度の胃腸炎 内毒素血症 白血球減少 敗血症 肺炎 腎盂腎炎 壊死性肝炎 流産 死産
    ロッキー山紅斑熱 リケッチア 人畜共通感染症 マダニで伝播 Rickettsia rickettsii 沈鬱 発熱 嘔吐 下痢
    大腸菌群感染症 新生子:嘔吐、衰弱/嗜眠、下痢、低温皮膚の突然の発現 幼犬:嘔吐、下痢

    神経:
    ストレスからの自律神経失調

    消化器:
    胃腸炎 嘔吐や下痢
    急性大腸炎 激しい下痢 便量多い 噴射性排泄 粘膜損傷時は血液を混じる下利便 貧血 脱水
    腸リンパ管拡張症 慢性的・間欠的下痢/嘔吐、食欲旺盛 体重減少 低アルブミン血症:浮腫・腹水・胸水
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    膵臓炎 特徴的な症状はない 多くの併発症を起こす 腹痛、激しい嘔吐、下痢は疼痛や腹膜炎に対して二次的に起こる 腹部膨満 中年 肥満
    乳糖不耐性 未消化の乳糖で増殖する乳糖発酵細菌の増殖を促す 下痢、腹部膨満および不快感
    脂肪肝症候群 4〜16週齢子犬 愛玩犬多い 発育不良 抑欝 食欲不振 下痢 低体温 急発作 浅速呼吸 衰弱
    急性膵臓炎 腹部膨満 前腹部疼痛 嘔吐 下痢 発熱
    胆嚢炎 食欲不振 元気消失 発熱 腹痛 肝腫大 嘔吐 下痢 黄疸
    胆管破裂 黄疸 腹膜炎、腹部疼痛 嘔吐 下痢 発熱 ショック 無胆汁便 食欲不振
    過食
    牛乳
    チョコレート中毒 テオブロミン 嘔吐、下痢、多量な排尿、過敏、高体温、運動失調、ふるえ、発作、昏睡 腹痛、血尿、血便

    寄生虫性下痢
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛
    トキソプラズマ症 不顕性感染 下痢、筋肉脱力、呼吸困難 幼犬 発熱、リンパ節腫脹、嘔吐 鼻汁 咳 呼吸困難 眼障害
    コクシジウム症 激しい下痢 粘液・血液便 急激な脱水や貧血
    ヘパトゾーン症 原虫 マダニ媒介 発熱 貧血 下痢 食欲不振 歩行異常 腰痛 筋肉知覚過敏 目脂 鼻汁
    ジアルジア症 ランブル繊毛虫、食物の吸収を妨げ腸粘膜に傷を付ける 少し薄い黄色下痢便や血便
    アメーバ大腸炎 粘血便、腹痛、発熱、下痢ですが、急性出血性大腸炎がおこると死亡
    バランチジウム症 大腸寄生原虫 別名:バランチジウム大腸炎 時として腸壁に侵入して粘膜組織を破壊し、血便

    中毒:
    ピリトリン中毒 除虫菊等 ノミ等駆除剤 過剰流涎 四肢振戦 耳単収縮 沈鬱 嘔吐 下痢
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 1〜2日で赤色・暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢 嘔吐 脾腫
    砒素中毒 激しい胃腸炎 嘔吐(ニンニク様臭気) 嚥下困難 下痢
    燐中毒 嘔吐 下痢(しばしば血が混ざる ニンニク臭) 急性胃腸炎 口渇 多量の流延 脱水 腹痛 黄疸 痙攣
    鉛中毒 胃腸管や神経症状 癲癇様発作 有核赤血球数が増加しているが貧血のみられない
    有機燐及びカルバミン酸中毒 殺虫剤成分 流涎、痙攣発作、下痢、嘔吐、呼吸困難、縮瞳
    亜鉛( Zn )中毒 溶血性貧血 黄疸 沈鬱 嘔吐、下痢、腹部疼痛
    洗剤 嘔吐 下痢
    薬物性アナフィラキシー 皮膚徴候 嘔吐 下痢 肝循環閉塞による高度のショック状態
    クーラーの冷え
    チョコレート中毒 テオブロミン 嘔吐、下痢、多量な排尿、過敏、高体温、運動失調、ふるえ、発作、昏睡 腹痛、血尿、血便

    植物中毒:
    きのこ中毒 嘔吐 下痢 腹痛 元気消沈 黄疸 運動失調 発作 昏睡
    ストレリチア 植物 種子のタンニン:嘔吐・下痢
    ポインセチア 植物 葉・茎:複合テンペルが原因で嘔吐・下痢
    アロエ 鉢物植物 樹液中バーバロイン:下痢
    アサガオ 植物 種子摂取:嘔吐・下痢
    アマリリス 植物 球根摂取:嘔吐・下痢
    おしろい花 植物 茎・根・種摂取:嘔吐・下痢・腹痛
    キキョウ 植物 根摂取:嘔吐・下痢・胃腸炎
    スイセン 植物 球根摂取:嘔吐・下痢・胃腸炎 猫は心不全
    すずらん 植物 摂取:嘔吐・下痢・腹痛・不整脈・心不全
    アイビー 植物 葉・果実摂食:嘔吐・下痢・腹痛
    ヒガンバナ 植物 接触:皮膚炎 摂食:嘔吐・下痢・腹痛・中枢神経麻痺
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 1〜2日で赤色・暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢 嘔吐 脾腫
    ジャガイモやナスなどのナス属ナス科植物 野菜 未熟果実:ソラニンが嘔吐・下痢

慢性下痢

    消化器:
    好酸球性胃腸炎 食欲減退 嘔吐 持続下痢 血便 嘔吐 脱水:体重減少 被毛があれる 皮膚硬化 脂肪便
    腸リンパ管拡張症 慢性的・間欠的下痢/嘔吐、食欲旺盛 体重減少 低アルブミン血症:浮腫・腹水・胸水
    リンパ・プラズマ細胞性腸炎 小腸の慢性炎症疾患 慢性難治性下痢 嘔吐 進行:腹水 浮腫
    潰瘍性大腸炎 大腸粘膜下組織に肉芽腫性病変 異嗜 血便 下痢 遺伝病 ボクサー
    結腸炎 粘液や血液を含む慢性下痢 糞便は半固形から液状まで様々 少量糞便を頻回排泄 排便後長時間しぶり 嘔吐
    直腸炎 粘液や血液を含む慢性下痢 糞便は半固形から液状まで様々 少量糞便を頻回排泄 排便後長時間しぶり 嘔吐
    ドッグポックス(犬の痘疹) ヘルペスウイルス? 粘膜の触診可能小隆起 陰茎・結膜・腟・結腸・直腸・肛門 難治性下痢 しぶり
    食物アレルギー 嘔吐 下痢 排便回数増加 血便 粘液性下痢(大腸性)
    腸重積 子犬多い 嘔吐 粘血便性のしぶり 腹痛 食欲不振 脱水 渇欲亢進 腹にソーセージ様の重積部感知 部位は右下腹部
    肉芽腫性(限局性)腸炎 マス状肥厚病巣による腸管閉塞 4歳以下若齢雄 慢性下痢 体重減少 腹痛 しぶり 新鮮血便
    蛋白漏出性胃腸炎
    吸収不良症候群 食欲はあるのに体重減少 嘔吐 消化不良の大量軟・下痢便 酸敗性悪臭脂肪便
    乳糖不耐性 未消化の乳糖で増殖する乳糖発酵細菌の増殖を促す 下痢、腹部膨満および不快感
    短縮腸管症候群 大部分の小腸切除後 水様性下痢 栄養不良 腸の栄養吸収障害 進行性体重減少
    アイリッシュセッターのグルテン性腸症 ストレス負荷と関係する慢性間欠的下痢 重篤な進行性体重減少 食欲不振後に下痢

    膵臓:
    慢性膵臓炎 悪臭伴う灰白色・黄色下痢便 糞量多 腹痛 多飲多尿
    膵外分泌機能不全 EPI 旺盛な食欲 体重減少 悪臭脂肪性大量下痢・軟便、間欠的水様下痢便 貧血、食糞 嘔吐

    肝臓:
    ドーベルマンピンシャーの慢性肝炎 肝硬変 多くの場合肝臓の銅濃度増加 雌犬 多飲多尿 嘔吐 下痢 腹水 黄疸
    ウェスト・ハイランドテリアの銅関連性肝障害 過剰銅の曝露 嘔吐 下痢 黄疸 腹水
    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    肝臓癌 肝臓に転移した腫瘍:嘔吐・下痢・多飲多尿・食欲不振 原発性肝腫瘍:嘔吐と下痢は少ない
    胆石症 黄疸 嘔吐 食欲不振 衰弱 沈鬱 体重減少 少数例:発熱 下痢 多渇 腹痛

    循環器:
    心嚢横隔膜ヘルニア 腹腔臓器が心膜腔内に陥入 先天性非外傷性  症状は多彩 発育不全 食欲不振 嘔吐 持続性下痢

    肛門:
    肛門周囲瘻 しぶり、排便障害、肛門周囲を舐める、便秘、直腸・門出血、異臭分泌物、下痢、体重減少
    ドッグポックス(犬の痘疹) ヘルペスウイルス? 粘膜の触診可能小隆起 陰茎・結膜・腟・結腸・直腸・肛門 難治性下痢 しぶり

    腫瘍:
    リンパ肉腫(悪性リンパ腫) 別名:リンパ腫・リンパ様白血病・細網肉腫 疼痛を伴わない全身のリンパ節腫脹 5歳以上多
    リンパ腫 リンパ節腫張 進行:運動不耐性、下痢、抑欝、食欲不振 末期:呼吸困難、重度感染症
    肥満細胞腫 血便・胃腸潰瘍 嘔吐 下痢 食欲不振
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧
    肝臓癌 肝臓に転移した腫瘍:嘔吐・下痢・多飲多尿・食欲不振 原発性肝腫瘍:嘔吐と下痢は少ない

    真菌:
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 慢性の咳 水様性下痢 不顕性感染 痰
    カンジダ症 慢性の下痢、体重減少 食道や胃腸に難治性のびたん潰瘍形成
    コクシジオイデス症 深在性真菌症 咳、微熱、、骨病変 非化膿性骨髄炎 病変は長骨骨幹部 跛行、軟部組織腫脹、疼痛
    全身性真菌症 消化器であれば下痢、嘔吐、呼吸器であれば咳や呼吸困難と様々
    ピチウム症 真菌 嘔吐、体重減少、下痢、触診可能腹部マス、食欲不振 メキシコ湾岸 ムコール症

    内部寄生虫:
    マンソン裂頭条虫 通常は無症状で経過、多数寄生した場合に消化器障害、下痢、腹痛、痩せる
    広節裂頭条虫 軽感染の場合は無症状 食欲の異常亢進または減退、腹痛、軟便や便秘と交互に起こる頑固な下痢 貧血
    豆状条虫 少数寄生では無症状、多数寄生すると下痢、腹痛、その他の消化器障害が主で、まれに腸閉塞や穿孔、神経症状
    単包条虫 エキノコックス 無症状に経過 腸炎により下痢、便秘、腹痛、神経症状、腹水、消化障害、肝臓障害
    壷形吸虫 関西以西に感染が多い 小腸に虫体が多数寄生するとその機械的刺激で頑固な下痢 貧血
    浅田棘口吸虫 成虫は腸寄生 無症状か軽微 多数寄生時は、頑固な下痢、粘血便、腹痛
    トリコモナス腸炎 下痢 幼犬 腹痛 消化器症状 粘血便、痩せる、貧血

    泌尿器:
    腎臓の異形成・無形成 嗜眠、食欲のむら、被毛の質低下、体重の減少、抑鬱、多飲多尿、嘔吐、食欲低下、脱水、下痢、貧血
    アミロイド症 多尿 下痢 時に嘔吐 脱水 肝腫大 脾腫

    内分泌:
    甲状腺機能低下症 便秘 下痢

    代謝:
    高脂血症 急性腹症 発作 嘔吐 下痢 肝脾腫大 脂肪眼房水 心血管不全 無関心 食欲不振

    遺伝:
    グレーコリー症候群 銀灰色被毛と白味がかった鼻鏡のコリーの子犬 同胎犬よりも小さい 発熱 下痢 結膜炎
    アイリッシュセッターのグルテン性腸症 ストレス負荷と関係する慢性間欠的下痢 重篤な進行性体重減少 食欲不振後に下痢

腹痛

    感染症:
    サルモネラ感染症 重度の胃腸炎 内毒素血症 白血球減少 敗血症 肺炎 腎盂腎炎 壊死性肝炎 流産 死産

    循環器:
    腹膜心膜ヘルニア 腹側正中線の胎子性異常 心膜と腹膜腔との間に交通 嘔吐 下痢 体重減少 腹部疼痛 発咳 呼吸困難

    消化器:
    胃拡張 腹部膨満 疝痛 胃捻転に較べて症状は軽い 腹痛 空嘔吐 流涎 可視粘膜は不潔で金線状脈 打診すると鼓音
    胃捻転 大型で深い胸の犬 空嘔吐 動く事横臥を嫌う 粘膜蒼白 頻脈 弱脈 血圧下降
    胃拡張と捻転
    胃腸炎 嘔吐や下痢
    急性胃炎 嘔吐 吐物に血液・膿汁 食欲不振 渇欲初期減退 嘔吐 胃部圧痛 神経症状 脱水
    腸重積 子犬多い 嘔吐 粘血便性のしぶり 腹痛 食欲不振 脱水 渇欲亢進 腹にソーセージ様の重積部感知 部位は右下腹部
    出血性胃腸炎症候群 若い成犬多い 下痢前に嘔吐 吐物中に血液 悪臭のジャム状血便排泄 元気減少 嗜眠
    腸重積 子犬多い 嘔吐 粘血便性のしぶり 腹痛 食欲不振 脱水 渇欲亢進 腹にソーセージ様の重積部感知 部位は右下腹部
    肉芽腫性(限局性)腸炎 マス状肥厚病巣による腸管閉塞 4歳以下若齢雄 慢性下痢 体重減少 腹痛 しぶり 新鮮血便
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    小腸内異物 下痢 便秘 元気消失 皮膚脱水 発熱 腹痛 腹部膨満 排便量減少 多飲多渇 食事後嘔吐
    過敏性腸症候群 IBS 特に使役犬 慢性間欠性大腸炎 少量頻回粘膜便 排便困難 血便 腹痛、腹部膨満、嘔吐、吐き気
    腹膜炎 局所または全身的な圧痛 鼓張 発熱 瀕脈 低血圧 嘔吐
    敗血症性腹膜炎 しばしば漠然としている 腹部外傷や腹部手術後の沈鬱、腹部疼痛、嘔吐、下血、食欲不振、発熱
    乳糖不耐性 未消化の乳糖で増殖する乳糖発酵細菌の増殖を促す 下痢

    膵臓:
    慢性膵臓炎 悪臭伴う灰白色・黄色下痢便 糞量多 腹痛 多飲多尿
    膵臓炎 軽度から重度までの腹痛が、しばしば頭背側右側の腹部に認められる。腹痛の症状を出さない犬は少数
    膵臓ガストリン産生細胞腫 ガストリーマ 嘔吐 体重減少 断続的下痢 稀:吐血、点状出血、多飲症、腹痛、血便、便秘
    APUD細胞腫 内分泌細胞腫瘍 嘔吐 体重減少 食欲不振 下痢 嗜眠性抑鬱 多渇 メレナ 腹痛 吐血 血便 発熱

    肝臓:
    胆管破裂 黄疸 腹膜炎、腹部疼痛 嘔吐 下痢 発熱 ショック 無胆汁便 食欲不振
    胆嚢や総胆管の破裂 著明な黄疸 細菌性腹膜炎併発、腹部疼痛
    胆石症 黄疸 嘔吐 食欲不振 衰弱 沈鬱 体重減少 少数例:発熱 下痢 多渇 腹痛
    肝細胞癌 食欲不振 体重減少 嘔吐 下痢 腹部腫脹 黄疸、腹水、発作、行動変化 雄に多発 肝腫・腹水・腹部疼痛・黄疸・腹部腫瘤触知
    胆嚢炎 食欲不振 元気消失 発熱 腹痛 肝腫大 嘔吐 下痢 黄疸
    肝外胆管閉塞 食欲不振 嘔吐 黄疸 体重減少 腹痛 下痢 脂肪便 無胆汁性便 過度の出血

    泌尿器:
    腎虫 腹痛、腎性疼痛、血尿、尿毒症、貧血、体重減少、頻尿、腹膜炎
    毛細管拡張症 ウェルシュコーギーペンブロークは2〜8歳から始まる肉眼的血尿症 貧血 尿路閉塞 水腎症 腹痛 背湾姿勢 ヒイヒイと鳴く 嘔吐 排尿障害

    内部寄生虫:
    マンソン裂頭条虫 通常は無症状で経過、多数寄生した場合に消化器障害、下痢、腹痛、痩せる
    単包条虫 エキノコックス 無症状に経過 腸炎により下痢、便秘、腹痛、神経症状、腹水、消化障害、肝臓障害
    腎虫 腹痛、腎性疼痛、血尿、尿毒症、貧血、体重減少、頻尿、腹膜炎
    浅田棘口吸虫 成虫は腸寄生 無症状か軽微 多数寄生時は、頑固な下痢、粘血便、腹痛

    中毒:
    アセトアミノフェン中毒 進行性沈鬱 唾液分泌 嘔吐 腹痛 メタヘモグロビン血症:頻呼吸・チアノーゼ 顔・四肢・前肢浮腫
    砒素中毒 激しい胃腸炎 嘔吐(ニンニク様臭気) 嚥下困難 下痢
    燐中毒 嘔吐 下痢(しばしば血が混ざる ニンニク臭) 急性胃腸炎 口渇 多量の流延 脱水 腹痛 黄疸 痙攣
    鉛中毒 胃腸管や神経症状 癲癇様発作 有核赤血球数が増加しているが貧血のみられない
    チョコレート中毒 テオブロミン 嘔吐、下痢、多量な排尿、過敏、高体温、運動失調、ふるえ、発作、昏睡 腹痛、血尿、血便

    植物中毒:
    きのこ中毒 嘔吐 下痢 腹痛 元気消沈 黄疸 運動失調 発作 昏睡
    アセビ 植物 有毒:葉・枝・花を含めた全株 成分:アンドロメドトキシン他 悪心 嘔吐 視覚異常 下痢 腹痛 痙攣 低血圧 運動失調 呼吸麻痺 死亡
    アヤメ 植物 有毒:根茎 成分:脂肪油 嘔気 嘔吐 下痢 腹痛 胃腸炎
    キツネノテブクロ 植物 有毒:葉・根・草 成分:ジギトキシン他 嘔気 嘔吐 口渇 下痢 腹痛 頭痛 目眩 痙攣 不整脈 徐脈 高カリウム血症 心停止
    キョウチクトウ 植物 有毒:樹皮・根・葉・枝 成分:ネリオドレイン他 接触皮膚かぶれ 経口:口腔疼痛・嘔吐・下痢・腹痛・徐脈・不整脈
    クリスマスローズ 植物 有毒:全草・乳液 成分:ヘレボリン 口腔灼熱感 腹痛 胃炎 嘔吐 下痢 不整脈 血圧低下 心臓マヒ
    ゴクラクチョウカ 植物 有毒:全草 成分:不明 嘔吐 下痢 腹痛
    ジンチョウゲ 植物 有毒:花・葉 成分:ダフネチン 口腔内水疱・浮腫 流涎 嘔吐 腹痛 血便
    セイヨウキヅタ 植物 有毒:葉・果実 成分:ヘデリン他 嘔吐 下痢 腹痛 口渇 流涎 皮膚刺激
    ソテツ 植物 有毒:種子・茎幹 成分:サイカシン ホルムアルデヒド中毒 口腔食道胃腸炎症 嘔吐 腹痛 痙攣 発癌 催奇形性
    トウダイグサ 植物 有毒:全草 成分:ユーフォルビン他 接触皮膚炎 鼻炎 粘膜炎症 経口:嘔吐・下痢・胃腸炎・腹痛・頭痛・血圧上昇・目眩・痙攣
    ニセアカシア 植物 有毒:樹皮・種子・葉 成分:ロビン他 遅発性嘔吐 下痢 流涎 発汗 腹痛 心悸亢進 呼吸困難 腎機能不全
    ヒヨドリジョウゴ 植物 有毒:全草特に果実 成分:ソラニン他 発熱 嘔吐 下痢 腹痛 呼吸困難 死亡
    フジ 植物 有毒:全草 成分:ウイスタリン他 嘔気 腹痛 頻回嘔吐
    ランタナ 植物 有毒:未熟種子・葉 成分:ランタニン 嘔吐 下痢 腹痛 虚脱 散瞳 ビリルビン血症 光過敏症
    ロベリア 植物 有毒:全草 成分:ロベリン他 嘔吐 腹痛 血圧低下 呼吸困難 痙攣 意識不明 心臓麻痺
    おしろい花 植物 茎・根・種摂取:嘔吐・下痢・腹痛
    キキョウ 植物 根摂取:嘔吐・下痢・胃腸炎
    スイセン 植物 球根摂取:嘔吐・下痢・胃腸炎 猫は心不全
    すずらん 植物 摂取:嘔吐・下痢・腹痛・不整脈・心不全
    アイビー 植物 葉・果実摂食:嘔吐・下痢・腹痛
    ヒガンバナ 植物 接触:皮膚炎 摂食:嘔吐・下痢・腹痛・中枢神経麻痺

腹部の圧痛

    感染症:
    伝染性肝炎 子犬に多い 発熱 沈鬱 無気力 肝臓ある腹部を触診痛 嘔吐 下痢 角膜白濁
    ヘルペスウイルス感染症 希 体力が弱い時に発症 新生子犬 発熱 元気食欲ない 黄緑色便 下痢
    レプトスピラ感染症 黄疸、嘔吐、下痢、歯茎の出血

    消化器:
    胃腸炎 嘔吐や下痢
    急性胃炎 嘔吐 吐物に血液・膿汁 食欲不振 渇欲初期減退 嘔吐 胃部圧痛 神経症状 脱水
    胃内異物 食後に間欠的嘔吐 胃炎症状に似る 食欲が一定せず多渇 体重減少 削痩 動作不活発 腹部触診を嫌がる
    胃潰瘍 嘔吐、多飲 吐物には一部消化された血液 貧血 下血 胃穿孔で急死 腹痛
    胃の腫瘍 嘔吐 下血 暗褐色の吐血 黒色タール様血便 腹痛 胃部圧痛 貧血
    腹膜炎 局所または全身的な圧痛 鼓張 発熱 瀕脈 低血圧 嘔吐
    敗血症性腹膜炎 しばしば漠然としている 腹部外傷や腹部手術後の沈鬱、腹部疼痛、嘔吐、下血、食欲不振、発熱
    急性膵臓炎 腹部膨満 前腹部疼痛(触診により察知) 嘔吐 下痢 発熱
    慢性膵臓炎 悪臭伴う灰白色・黄色下痢便 糞量多 腹痛 多飲多尿
    急性肝炎 糞便悪臭 下痢 黄疸・肝臓の疼痛 黄色尿 黄疸 激症肝炎:興奮 痙攣 嗜眠 口腔内出血 DIC
    慢性肝炎 はっきりしたものはない、食欲不振、慢性嘔吐、多飲多尿、黄疸、腹水、血液凝固障害、肝性脳症
    肝膿瘍 無症状が多い 削痩 食欲不定 不整な発熱 消化不良 便秘 肝圧痛 重症:呼吸困難 黄疸 腹膜炎
    肝細胞癌 食欲不振 体重減少 嘔吐 下痢 腹部腫脹 黄疸、腹水、発作、行動変化 雄に多発 肝腫・腹水・腹部疼痛・黄疸・腹部腫瘤触知
    胆嚢や総胆管の破裂 著明な黄疸 細菌性腹膜炎併発、腹部疼痛

    泌尿器:
    糸球体腎炎 発熱 食欲不振 可視粘膜の貧血 口臭 嘔吐 下痢 重症:脱力 痙攣 昏睡 腹水
    腎盂腎炎 元気消失 食欲不振 嘔吐 頻尿 排尿痛 発熱

血便 粘液便

    血便

    感染症:
    犬パルボウイルス感染症 嘔吐 下痢 血便 脱水症、敗血症、栄養失調
    コロナウイルス感染症 下痢 嘔吐
    アデノウイルス感染症 発熱、食欲不振、嘔吐、下痢、呼吸器感染症、血便、黄疸
    ロタウイルス感染症 幼犬の急性下痢 血様便 急死 末期には脱水による循環障害 心拍数は増加 体温低下

    レプトスピラ感染症 黄疸、嘔吐、下痢、歯茎の出血
    サルモネラ感染症 重度の胃腸炎 内毒素血症 白血球減少 敗血症 肺炎 腎盂腎炎 壊死性肝炎 流産 死産
    カンピロバクター感染症 3ケ月以下の若令 軟便から水様便さらに血便まで 元気食欲は低下 飲水量低下から脱水

    鮭中毒症 リケッチア 発熱 体表リンパ節の腫大 渇欲亢進 嘔吐 食欲不振 沈鬱 下痢→血便
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 肺に限局し、発咳、呼吸困難を伴う場合もある

    内部寄生虫:
    鉤虫 タール状又は血様の下痢 粘膜蒼白 虚弱 脱水 子犬の大量感染:肺炎、肺の硬化 皮膚病
    鞭虫 慢性の下痢、慢性に貧血、血便
    日本住血吸虫症 発熱、咳、粘血便、貧血、腹部膨大
    浅田棘口吸虫 成虫は腸寄生 無症状か軽微 多数寄生時は、頑固な下痢、粘血便、腹痛
    コクシジウム症 激しい下痢 粘液・血液便 急激な脱水や貧血
    トリコモナス腸炎 大腸で増殖する原虫 下痢 幼犬 慢性で頑固な下痢、粘血便、痩せる、貧血
    バランチジウム症 大腸寄生原虫 別名:バランチジウム大腸炎 時として腸壁に侵入して粘膜組織を破壊し、血便
    ジアルジア症 ランブル繊毛虫、食物の吸収を妨げ腸粘膜に傷を付ける 少し薄い黄色下痢便や血便
    アメーバ大腸炎 粘血便、腹痛、発熱、下痢ですが、急性出血性大腸炎がおこると死亡
    リーシュマニア症 住血鞭毛虫類の原虫 大腸性下痢とメレナ(タール便)を伴う慢性潰瘍性大腸炎、急性の致死的出血性腸炎

    消化器:
    胃腸炎 嘔吐や下痢
    胃出血 暗赤色で酸臭のある血液を嘔吐 吐血中には必ず食物の片を混じる 暗赤色タール状の悪臭ある血便を排出 貧血
    胃潰瘍 嘔吐、多飲 吐物には一部消化された血液 貧血 下血 胃穿孔で急死 腹痛
    潰瘍性大腸炎 大腸粘膜下組織に肉芽腫性病変 異嗜 血便 下痢 遺伝病 ボクサー
    出血性胃腸炎症候群 若い成犬多い 下痢前に嘔吐 吐物中に血液 悪臭のジャム状血便排泄 元気減少 嗜眠
    好酸球性胃腸炎 食欲減退 嘔吐 持続下痢 血便 嘔吐 脱水:体重減少 被毛があれる 皮膚硬化 脂肪便
    食物アレルギー 嘔吐 下痢 排便回数増加 血便 粘液性下痢(大腸性)
    盲腸内反 回結腸結合部の間欠性閉塞 体重減少 慢性間欠性血便 軟便 完全閉塞:急性嘔吐、沈鬱、脱水
    リンパ・プラズマ細胞性腸炎 リンパ・プラズマ細胞性結腸炎では、排便頻度の増加、排便意、裏急後重、粘液便の増加、血便が特徴である慢性大腸便性下痢を起こす
    肉芽腫性(限局性)腸炎 マス状肥厚病巣による腸管閉塞 4歳以下若齢雄 慢性下痢 体重減少 腹痛 しぶり 新鮮血便
    急性大腸炎 激しい下痢 便量多い 噴射性排泄 粘膜損傷時は血液を混じる下利便 貧血 脱水
    過敏性腸症候群 IBS 特に使役犬 慢性間欠性大腸炎 少量頻回粘膜便 排便困難 血便 腹痛、腹部膨満、嘔吐、吐き気
    大腸の腫瘍 しぶりと血便 大部分の腫瘍が悪性、 腺癌一般的
    腸重積 子犬多い 嘔吐 粘血便性のしぶり 腹痛 食欲不振 脱水 渇欲亢進 腹にソーセージ様の重積部感知 部位は右下腹部
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    腹膜炎 局所または全身的な圧痛 鼓張 発熱 瀕脈 低血圧 嘔吐
    敗血症性腹膜炎 しばしば漠然としている 腹部外傷や腹部手術後の沈鬱、腹部疼痛、嘔吐、下血、食欲不振、発熱
    急性膵臓炎 肥満 室内飼育雌犬 高脂肪食 腹痛、嘔吐 中〜老年 下痢、ショック 発熱 黄疸、呼吸困難
    膵臓ガストリン産生細胞腫 ガストリーマ 嘔吐 体重減少 断続的下痢 稀:吐血、点状出血、多飲症、腹痛、血便、便秘
    APUD細胞腫 内分泌細胞腫瘍 嘔吐 体重減少 食欲不振 下痢 嗜眠性抑鬱 多渇 メレナ 腹痛 吐血 血便 発熱
    肥満細胞腫 血便・胃腸潰瘍 嘔吐 下痢 食欲不振
    血胸 可視粘膜蒼白 チアノーゼ 鼻出血 歯肉出血 下血 血尿 皮下出血 関節腫脹
    Von Willebrand病 遺伝性出血性素因 消化管出血 血尿 鼻出血 歯肉出血 体表面に血腫 ジャーマンシェパード他
    尿毒症 胃細動脈の筋動脈炎・出血壊死 胃炎 胃腸潰瘍 黒色便
    ニューオーナーシンドローム 元気消沈 嘔吐 下痢 強直性痙攣発作

    肛門・直腸:
    直腸肛門ポリープ 良性過増殖 中高齢 雌多い 血液混在糞便 しぶり ソフトで有柄状塊
    直腸腫瘍 下血は通常の治療で難治性 便に鮮血
    過敏性腸症候群

    脂肪便:
    吸収不良症候群 食欲はあるのに体重減少 嘔吐 消化不良の大量軟・下痢便 酸敗性悪臭脂肪便
    好酸球性胃腸炎 食欲減退 嘔吐 持続下痢 血便 嘔吐 脱水:体重減少 被毛があれる 皮膚硬化 脂肪便
    慢性膵臓炎 悪臭伴う灰白色・黄色下痢便 糞量多 腹痛 多飲多尿
    膵外分泌機能不全 EPI 旺盛な食欲 体重減少 悪臭脂肪性大量下痢・軟便、間欠的水様下痢便 貧血、食糞 嘔吐
    食物/水分
    過剰な消化できない繊維質/繊維
    異物の誤飲
    脱水

    神経:
    疼痛とストレスに関連する臨床徴候 消化器:食欲不振 腸閉塞 嘔吐 流涎 下痢 便秘 体重減少

    凝固系:
    免疫介在性血小板減少症 鼻出血 無気力 虚弱 血尿 血便 喀血 メレナ(タール便) 皮膚の点状・斑状出血
    血小板減少症 全身皮膚粘膜に血斑 点状出血が口腔粘膜等 鼻出血、歯肉出血、前眼房や眼底の出血、吐血、下血、血尿 貧血
    熱射病 体温40℃以上 パンティグ 痙攣 呼吸困難 頻脈 唇が赤い ショック DIC 吐血、血便

    血液:
    汎血球減少症 末梢血中白血球・赤血球・血小板数同時低下 元気消沈、粘膜の蒼白化、点状出血、血尿、喀血、下血、発熱
    パラプロテイン血症 跛行 不全麻痺 衰弱 体重減少 鼻出血 歯肉出血 点状出血 斑状出血 下血

    生殖器:
    前立腺肥大 排尿困難、血尿失禁、下半身疼痛、排便時にいきむ 会陰ヘルニア誘発、便が平・出ない

    中毒:
    アフラトキシン中毒 マイコトキシン ピーナッツ他の食品含有 沈鬱 嘔吐 出血性下痢 黄疸 急性肝臓障害
    リマダイル 非ステロイド系統鎮痛抗炎症剤 黒色便あるいは血様便
    チョコレート中毒 テオブロミン 嘔吐、下痢、多量な排尿、過敏、高体温、運動失調、ふるえ、発作、昏睡 腹痛、血尿、血便

便秘

    消化器:
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    大腸便秘
    巨大結腸症 先天性は生後2〜3週令 水様・泥状便を少しずつ排泄 慢性便秘 腹部膨大 倦怠感 嘔吐 痩せる
    膵臓ガストリン産生細胞腫 ガストリーマ 嘔吐 体重減少 断続的下痢 稀:吐血、点状出血、多飲症、腹痛、血便、便秘
    異物の誤飲 石 植物 衣類 ゴミ
    疼痛とストレスに関連する臨床徴候 消化器:食欲不振 腸閉塞 嘔吐 流涎 下痢 便秘 体重減少
    脱水

    直腸・肛門:
    直腸憩室 持続排便感の努責、しぶり 憩室内に便が滞留していると憩室炎や直腸壊死に発展
    直腸狭窄 老犬に多い傾向 しぶり 排便困難 紐状便 指を肛門から入れると狭窄部を触知 疼痛 出血
    直腸脱 直腸腫大 汚染 出血 寒冷時期 排便時に異常に力を入れる状態は、下痢、便秘、消化管寄生虫、前立腺肥大、難産
    会陰ヘルニア 高齢の未去勢雄多発 排便障害 直腸が蛇行したところに便が溜まる 排尿障害
    肛門周囲瘻 しぶり、排便障害、肛門周囲を舐める、便秘、直腸・門出血、異臭分泌物、下痢、体重減少
    肛門直腸の狭窄、腫瘍、異物
    鎖肛 出生後数週間までに排便不能 腹部膨満 嘔吐 呼吸困難頻回の努責 肛門周囲の膨脹
    肛門周囲の咬傷とフレグモーネ、膿瘍
    肛門周囲腫瘍
    肛門周囲炎 肛門周囲の皮膚にできた湿疹や皮膚炎を総称
    結腸・直腸・肛門の肥大か狭窄

    肛門嚢の閉鎖、膿瘍
    肛門嚢の充満・感染膿瘍結腸・直腸・肛門の閉塞:
    偽性便秘
    蠅蛆症
    仮性便秘 長毛種 肛門閉塞・刺激 糞便通過障害 便秘 悪臭 下痢発生時 蠅蛆症

    前立腺:
    急性前立腺炎 食欲不振、沈鬱、発熱 嘔吐 後腹部痛 硬い歩様 尿道分泌物
    慢性前立腺炎 老犬 尿路疾患徴候、発熱、嘔吐、裏急後重や運動障害
    前立腺肥大 排尿困難、血尿失禁、下半身疼痛、排便時にいきむ 会陰ヘルニア誘発、便が平・出ない
    前立腺嚢胞 排便又は排尿障害は肥大ほど頑固ではない 非炎症性 疼痛はない
    前立腺腫瘍(腺癌) 老犬 中〜大型犬 便のしぶり 排尿困難 出血性尿道分泌物 後肢虚弱・硬直 後半身疼痛
    副前立腺嚢腫

    骨格:
    脊髄損傷 圧痛 疼痛 運動麻痺 運動失調 排便・排尿障害
    骨盤、股関節、骨盤四肢の損傷
    骨盤骨折
    栄養性骨疾患による骨盤虚脱
    腰仙椎の軸索の疾患(損傷、変形、変性、腫瘍)
    両側骨盤神経の損傷

    栄養:
    ビタミンA過剰症 四肢骨腫脹 疼痛 跛行 体重減少 知覚過敏 尿失禁 子犬起立不能 骨肥大性増殖 胎児:口蓋裂
    カルシウム過剰摂取

    環境・心理的要因:
    汚い寝床
    長期間の無活動
    入院
    習慣・日常生活の変化
    水、電解質異常
    脱水
    行動(排便拒絶・敷物がない)
    散歩がない

    内分泌:
    甲状腺機能亢進症 バセドー氏病 食欲増加・体重減少 神経質 興奮 眼球突出 多渇多尿 下痢 脱毛
    先天性甲状腺機能低下症 短縮した四肢や幅広い頭蓋 成長阻害、筋の脱力、腹部膨満、便秘
    甲状腺機能低下症 便秘 下痢
    原発性上皮小体機能亢進症 便秘が頻度は少ないが報告あり
    上皮小体機能亢進症 便秘が頻度は少ないが報告あり
    仮性上皮小体機能亢進症 上皮小体以外の腫瘍のホルモン 嘔吐 筋無力 徐脈 多飲多渇 骨変形 病的骨折

    薬物:
    抗コリン作用薬
    アドレナリン作用阻害剤、カルシウムチャンネル阻害剤
    フェノチアジン:三環系抗鬱剤 クロールプロマジン、アセプロマジン
    アヘン剤
    水酸化アルミニウム
    アルサルミン(スクラルファート) 粘膜保護剤
    経口鉄分添加剤
    下剤(過剰量)
    過剰な粒子状を増す薬剤(硫酸バリウム カラフェート 制酸薬 カオペクテート)
    腸運動抑制薬剤
    麻酔薬
    抗ヒスタミン薬
    利尿剤
    高Ca血症 多飲多渇 多尿 食欲不振 嘔吐 便秘 神経障害 沈鬱 衰弱 ECGの変化

    神経筋疾患:
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    対麻痺
    脊髄索/仙椎神経の疾患
    CNS疾患
    鉛中毒
    狂犬病 神経症状 性格の著しい変化 涎 異嗜 攻撃的 水を嫌う 噛みつく
    Key-Gaskell症候群 自律神経機能障害 両側瞳孔散大・瞬膜露出 嘔吐 巨大食道による吐出 元気食欲不振 下痢
    偽閉塞
    低K血症

    内部寄生虫:
    連節条虫 少数寄生時無症状が多い 重感染時はカタル性腸炎や慢性消化不良のため、便秘と交互に起こる頑固な下痢
    広節裂頭条虫 軽感染の場合は無症状 食欲の異常亢進または減退、腹痛、軟便や便秘と交互に起こる頑固な下痢 貧血
    バベシア ギブソニ 非定型的症状:便秘 下痢 嘔吐

便が白っぽい


    好酸球性胃腸炎 食欲減退 嘔吐 持続下痢 血便 嘔吐 脱水:体重減少 被毛があれる 皮膚硬化 脂肪便
    胆道閉鎖症 白っぽい便と茶褐色の尿、黄疸
    肝外胆管閉塞 下痢および脂肪便は淡い色 完全な胆管閉塞では糞便は胆汁色素がないために粘土色となる
    バベシア ギブソニ 非定型的症状:黄色便

    膵臓:
    慢性膵臓炎 悪臭伴う灰白色・黄色下痢便 糞量多 腹痛 多飲多尿
    膵外分泌機能不全 EPI 旺盛な食欲 体重減少 悪臭脂肪性大量下痢・軟便、間欠的水様下痢便 貧血、食糞 嘔吐
    膵萎縮 下痢 脂肪便 体重減少 異嗜 食糞
    若年性真性糖尿病 インスリン依存性真性糖尿病 1歳未満 多飲多渇 多食 夜尿症 重度体重減少 膵臓外分泌機能不全

    栄養:
    吸収不良症候群 腹部膨満、脂肪便、下痢、低蛋白血症、貧血 嘔吐 消化不良の大量軟・下痢便 酸敗性悪臭脂肪便
    同化不良症候群 栄養素が十分に消化管粘膜を通過できない 体重減少 体格変化 脂肪便
    カルシウムの多い食品を食べた

しぶり 排便時の痛み・いきみ

    肛門:
    肛門嚢炎 小型愛玩犬 肥満 運動不足 肛門嚢分泌物過多 導管閉鎖(老齢) 努責姿勢 下痢 疼痛
    肛門周囲炎 肛門周囲の皮膚にできた湿疹や皮膚炎を総称
    肛門周囲瘻 しぶり、排便障害、肛門周囲を舐める、便秘、直腸・門出血、異臭分泌物、下痢、体重減少
    肛門周囲腺腫瘍 未去勢高齢雄に多発 一般に良性腫瘍:疼痛なく、症状がない 便秘、排便障害 出血
    肛門嚢のアポクリン腺の腺癌 悪性ガン 老齢の雌 肛門周囲の腫瘤 多尿多飲多渇 嗜眠
    ドッグポックス(犬の痘疹) ヘルペスウイルス? 粘膜の触診可能小隆起 陰茎・結膜・腟・結腸・直腸・肛門 難治性下痢 しぶり
    外傷
    直腸肛門ポリープ 良性過増殖 中高齢 雌多い 血液混在糞便 しぶり ソフトで有柄状塊

    直腸:
    会陰ヘルニア 高齢の未去勢雄多発 排便障害 直腸が蛇行したところに便が溜まる 排尿障害
    直腸憩室 持続排便感の努責、しぶり 憩室内に便が滞留していると憩室炎や直腸壊死に発展
    直腸ポリープ
    直腸潰瘍
    直腸腫瘍 下血は通常の治療で難治性 便に鮮血
    ドッグポックス(犬の痘疹) ヘルペスウイルス? 粘膜の触診可能小隆起 陰茎・結膜・腟・結腸・直腸・肛門 難治性下痢 しぶり

    消化器:
    腸重積 子犬多い 嘔吐 粘血便性のしぶり 腹痛 食欲不振 脱水 渇欲亢進 腹にソーセージ様の重積部感知 部位は右下腹部
    肉芽腫性(限局性)腸炎 マス状肥厚病巣による腸管閉塞 4歳以下若齢雄 慢性下痢 体重減少 腹痛 しぶり 新鮮血便
    胃・小腸・大腸の平滑筋腫 胃腸管の平滑筋由来良性腫瘍 胃:嘔吐 小腸:嘔吐、体重減少、腹鳴、鼓腸 大腸:しぶり、直腸脱
    胃・小腸・大腸の平滑筋肉腫 胃:不快感、体重減少、嘔吐 小腸:嘔吐、体重減少、腹鳴、鼓腸 大腸:しぶり、直腸脱
    大腸の腫瘍 しぶりと血便 大部分の腫瘍が悪性、 腺癌一般的

    結腸:
    会陰ヘルニア 高齢の未去勢雄多発 排便障害 直腸が蛇行したところに便が溜まる 排尿障害
    ドッグポックス(犬の痘疹) ヘルペスウイルス? 粘膜の触診可能小隆起 陰茎・結膜・腟・結腸・直腸・肛門 難治性下痢 しぶり
    結腸炎 粘液や血液を含む慢性下痢 糞便は半固形から液状まで様々 少量糞便を頻回排泄 排便後長時間しぶり 嘔吐
    直腸炎 粘液や血液を含む慢性下痢 糞便は半固形から液状まで様々 少量糞便を頻回排泄 排便後長時間しぶり 嘔吐
    結腸ポリープ
    結腸潰瘍
    結腸腫瘍

    前立腺:
    急性前立腺炎 食欲不振、沈鬱、発熱 嘔吐 後腹部痛 硬い歩様 尿道分泌物
    慢性前立腺炎 老犬 尿路疾患徴候、発熱、嘔吐、裏急後重や運動障害
    前立腺嚢胞 排便又は排尿障害は肥大ほど頑固ではない 非炎症性 疼痛はない
    前立腺腫瘍(腺癌) 老犬 中〜大型犬 便のしぶり 排尿困難 出血性尿道分泌物 後肢虚弱・硬直 後半身疼痛
    前立腺肥大 排尿困難、血尿失禁、下半身疼痛、排便時にいきむ 会陰ヘルニア誘発、便が平・出ない
    良性前立腺過形成 加齢変化 前立腺腫大 無痛 尿道から血様排泄物 血尿 射精物に血液混在 しぶり リボン状便 排尿困難

    神経:
    椎間板ヘルニア 腰抜け 運動障害:歩行を好まず 後肢麻痺 排便・排尿不能 腰の局所疼痛
    神経炎

    感染症:
    カンピロバクター感染症 3ケ月以下の若令 軟便から水様便さらに血便まで 元気食欲は低下 飲水量低下から脱水
    ドッグポックス(犬の痘疹) ヘルペスウイルス? 粘膜の触診可能小隆起 陰茎・結膜・腟・結腸・直腸・肛門 難治性下痢 しぶり

腹囲膨隆

    感染症:
    フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    ピチウム症 真菌 嘔吐、体重減少、下痢、触診可能腹部マス、食欲不振 メキシコ湾岸 ムコール症
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛

    循環器:
    肺動脈高血圧 僧帽弁閉鎖不全症 フィラリア 初期:咳 運動不耐性 腹水 胸水
    三尖弁閉鎖不全症 フィラリア症などと同じで、胸水、腹水などが中心
    心膜滲出 心膜内に多量滲出液貯留 腹囲膨満 慢性心膜滲出により有意な雑音を伴わずに腹水貯留
    門脈高血圧 腹部膨大 肝性脳障害 発咳、運動不耐性、呼吸困難 脾・肝腫大 頸静脈拡張、不整脈、腹水、黄疸
    心不全(鬱血性)、右 運動不耐性 腹囲膨満 呼吸困難、呼吸促迫 頸静脈怒張 肝腫大 腹水 駆出性雑音 股動脈拍動減弱
    房室弁心内膜症 僧帽弁又は三尖弁の慢性変性性疾患 発咳、運動不耐性・呼吸困難 腹囲膨満、喀血、チアノーゼ 失神
    大動脈小体腫(心基底部腫瘍) 稀 腹部膨満 体重減少 呼吸器症状 食欲不振 X線:心陰影の拡大、肺水腫、胸水貯留

    消化器:
    腹水
    肥満
    高脂血症 急性腹症 発作 嘔吐 下痢 肝脾腫大 脂肪眼房水 心血管不全 無関心 食欲不振
    腹腔内腫瘍 貧血 腹水 消化器系:嘔吐 吐血 下痢 血便 排便障害 黄疸
    胃・小腸・大腸の平滑筋腫 胃腸管の平滑筋由来良性腫瘍 胃:嘔吐 小腸:嘔吐、体重減少、腹鳴、鼓腸 大腸:しぶり、直腸脱
    胃・小腸・大腸の平滑筋肉腫 胃:不快感、体重減少、嘔吐 小腸:嘔吐、体重減少、腹鳴、鼓腸 大腸:しぶり、直腸脱
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    胃拡張 腹部膨満 疝痛 胃捻転に較べて症状は軽い 腹痛 空嘔吐 流涎 可視粘膜は不潔で金線状脈 打診すると鼓音
    急性胃拡張と捻転
    過敏性腸症候群 IBS 特に使役犬 慢性間欠性大腸炎 少量頻回粘膜便 排便困難 血便 腹痛、腹部膨満、嘔吐、吐き気
    腹膜炎 局所または全身的な圧痛 鼓張 発熱 瀕脈 低血圧 嘔吐
    敗血症性腹膜炎 しばしば漠然としている 腹部外傷や腹部手術後の沈鬱、腹部疼痛、嘔吐、下血、食欲不振、発熱
    腸リンパ管拡張症 慢性的・間欠的下痢/嘔吐、食欲旺盛 体重減少 低アルブミン血症:浮腫・腹水・胸水
    小腸内異物 下痢 便秘 元気消失 皮膚脱水 発熱 腹痛 腹部膨満 排便量減少 多飲多渇 食事後嘔吐
    蛋白露出性胃腸症 極端な痩せ 腹部下垂、手足浮腫 下痢 胸・腹水 嘔吐 貧血 痙攣
    膵臓炎 特徴的な症状はない 多くの併発症を起こす 腹痛、嘔吐、下痢 腹部膨満は腸内のガスと液体貯留により起こる
    急性膵臓炎 腹部膨満 前腹部疼痛(触診により察知) 嘔吐 下痢 発熱
    膵臓の変性萎縮 旺盛な食欲 体重減少 大量・悪臭・脂肪性下痢(淡灰黄色 粘土色) 食糞 脱毛 腸動音の亢進 鼓腸 腹部膨満 可視粘膜貧血色
    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    巨大結腸症 先天性は生後2〜3週令 水様・泥状便を少しずつ排泄 慢性便秘 腹部膨大 倦怠感 嘔吐 痩せる
    鎖肛 出生後数週間までに排便不能 腹部膨満 嘔吐 呼吸困難頻回の努責 肛門周囲の膨脹
    乳糖不耐性 未消化の乳糖で増殖する乳糖発酵細菌の増殖を促す 下痢、腹部膨満および不快感

    肝臓:
    原発性肝腫瘍 肝腫大、腹部前方の腫瘤
    肝細胞癌 食欲不振 体重減少 嘔吐 下痢 腹部腫脹 黄疸、腹水、発作、行動変化 雄に多発 肝腫・腹水・腹部疼痛・黄疸・腹部腫瘤触知
    肝嚢胞 ケアンテリア:腎腫大・肝腫大により腹部膨満 瀰漫性で架橋性の門脈性線維化と拡張した増生胆管
    胆管破裂 黄疸 腹膜炎、腹部疼痛 嘔吐 下痢 発熱 ショック 無胆汁便 食欲不振
    胆石症 黄疸 嘔吐 食欲不振 衰弱 沈鬱 体重減少 少数例:発熱 下痢 多渇 腹痛 腹部膨満、肝腫大
    銅関連慢性活動型肝炎 病後期症状:腹部膨張、黄疸、突発性出血、肝性脳障害

    泌尿器:
    尿石症 頻尿 血尿 努責 腹部膨満 疼痛 嘔吐 発熱
    膀胱アトニー 膀胱の著明膨満 尿失禁 突然多量尿排泄 常時少量の尿が漏れる 細菌性膀胱炎 腎障害の潜在的進行
    膀胱破裂 膨満膀胱の抵抗感突然消失 疼痛(破裂の直後から) 硬直歩様 血尿 貧血と脱水 急性腎不全 嘔吐 腹膜炎
    嚢胞性腎疾患 腹部の進行性膨満 家族性:腎不全に二次的に嘔吐・食欲不振・体重減少・多飲多尿 ケアンテリア
    腎芽細胞腫 若犬 腹部拡張は腹腔内で腫瘍塊が発育するためで、全症例の65%、1歳未満の犬の100%

    生殖器:
    子宮蓄膿症 発情から1〜2カ月 多飲多尿 嘔吐 中毒症状 腹部膨満 帯下 陰部を舐める 臭気 発熱 尿毒症
    子宮水症 腹部膨満 陰門部粘液漏出 子宮内に水様流動性液貯留 子宮内膜増殖はない 子宮壁は菲薄
    雌性生殖器の腫瘍
    妊娠
    偽妊娠 腹部膨大 乳房腫大 乳分泌 母性愛行動 陣痛様徴候 自己哺乳行動 嘔吐 下痢 多食

    内分泌:
    先天性甲状腺機能低下症 短縮した四肢や幅広い頭蓋 成長阻害、筋の脱力、歩行異常、精神鈍麻
    副腎皮質機能亢進症 クッシング症 多尿多飲 多食 腹部膨満 嗜眠 肥満 左右対称性脱毛 神経症状
    肝リピドーシス 脂肪肝、嘔吐、下痢 便秘 稀:黄疸、体重減少、流涎、意識障害、発作 腹部触診で腫大肝臓触知可能
    肝硬変 症状乏しい 食欲不振 削痩 下痢 便秘 黄疸 腹水 肝臓大きさは犬では縮小
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧

    内部寄生虫:
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 胃腸障害 胎盤感染 腹痛 腹部が膨満し腸が触知
    日本住血吸虫症 発熱、咳、粘血便、貧血、腹部膨大

    中毒:
    チョコレート中毒 テオブロミン 嘔吐、下痢、多量な排尿、過敏、高体温、運動失調、ふるえ、発作、昏睡 腹痛、血尿、血便

    腫瘍:
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧
    原発性肝腫瘍 肝腫大、腹部前方の腫瘤
    腎芽細胞腫 若犬 腹部拡張は腹腔内で腫瘍塊が発育するためで、全症例の65%、1歳未満の犬の100%
    胃・小腸・大腸の平滑筋腫 胃腸管の平滑筋由来良性腫瘍 胃:嘔吐 小腸:嘔吐、体重減少、腹鳴、鼓腸 大腸:しぶり、直腸脱
    胃・小腸・大腸の平滑筋肉腫 胃:不快感、体重減少、嘔吐 小腸:嘔吐、体重減少、腹鳴、鼓腸 大腸:しぶり、直腸脱
    胆管癌 非常に幅がある 嘔吐 腹部腫脹 黄疸、腹水、中枢神経異常(発作および行動変化) 肝腫大
    大動脈小体腫(心基底部腫瘍) 稀 腹部膨満 体重減少 呼吸器症状 食欲不振 X線:心陰影の拡大、肺水腫、胸水貯留

腹水

    腹腔:
    腹膜炎 局所または全身的な圧痛 鼓張 発熱 瀕脈 低血圧 嘔吐
    敗血症性腹膜炎 しばしば漠然としている 腹部外傷や腹部手術後の沈鬱、腹部疼痛、嘔吐、下血、食欲不振、発熱
    腹腔内腫瘍 貧血 腹水 消化器系:嘔吐 吐血 下痢 血便 排便障害 黄疸

    感染症:
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 全身性:内臓のリンパ節腫大、肝膿瘍、黄疸、腹水

    泌尿器:
    腎機能低下
    急性腎不全 元気消失、低体温、脱水、食欲廃絶、嘔吐、下痢、口臭、腰部の痛み、徐脈、呼吸数増加、血尿、排尿困難
    ネフローゼ症候群 食欲不定 乏尿(初期と末期) 浮腫 蛋白尿 腹水 胸水
    糸球体腎炎 発熱 食欲不振 可視粘膜の貧血 口臭 嘔吐 下痢 重症:脱力 痙攣 昏睡 腹水
    免疫介在性糸球体腎炎 高度の低アルブミン血症 皮下水腫 腹水  蛋白尿 家族性:バーニーズマウンテンドッグ ソフトコーテッドホイートンテリア
    尿路の損傷 血尿、排尿困難、腹水、打撲傷、腫張、そして腹部および腰下の痛み
    他の腎疾患に二次的な低蛋白血症

    循環器:
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    鬱血性心不全 疲れる、咳、運動中倒れる、腹水、浮腫 低アルブミン血症、尿毒症、吸収不良、低酸素症
    鬱血性心筋症(犬の拡張性心筋症) DCM 右心室不全は腹水や胸水を伴い大型犬に多い
    三尖弁閉鎖不全症 フィラリア症などと同じで、胸水、腹水などが中心肺動脈高血圧 僧帽弁閉鎖不全症 フィラリア 初期:咳 運動不耐性 腹水 胸水
    門脈高血圧 腹部膨大 肝性脳障害 発咳、運動不耐性、呼吸困難 脾・肝腫大 頸静脈拡張、不整脈、腹水、黄疸
    肺動脈弁狭窄症 PS 軽症:生涯無症状 中程度:運動時呼吸困難・肝腫大・腹水・四肢浮腫の右心不全 重症:運動時失神・急死
    肺性心 咳 呼吸困難 腹式呼吸 浮腫 腹水 胸水 肝腫大 頭と頚の伸展 前肢の開帳 U音の亢進(肺動脈弁口部)
    乳糜胸 呼吸困難頻脈 低体温 可視粘膜貧血 糸状脈 虚脱 乏尿 多飲多渇 浮腫 打診による濁音
    脈管腫瘍 心臓・後大静脈腫瘍:鬱血性右心不全 肝肥大 腹水 胸膜からの浸潤
    肝臓又は胸腔内レベルでの静脈停止
    門脈高血圧症
    心膜滲出 心膜内に多量滲出液貯留 腹囲膨満 慢性心膜滲出により有意な雑音を伴わずに腹水貯留
    心不全(鬱血性)、右 運動不耐性 腹囲膨満 呼吸困難、呼吸促迫 頸静脈怒張 肝腫大 腹水 駆出性雑音 股動脈拍動減弱
    心房破裂 急性に虚弱虚脱発現し急死へ進行 粘膜蒼白 頻拍 微弱脈拍 右心不全の徴候:腹水・頸静脈怒張
    房室弁狭窄症 僧帽弁又は三尖弁輪の先天性又は後天性狭窄 弱い拡張期心雑音 チアノーゼ 三尖弁狭窄症:腹水、頸静脈怒張、肝腫大

    消化器:
    胃出血 暗赤色で酸臭のある血液を嘔吐 吐血中には必ず食物の片を混じる 暗赤色タール状悪臭ある血便を排出 貧血 嗜眠、皮下浮腫、胸水、腹水
    リンパ・プラズマ細胞性腸炎 小腸の慢性炎症疾患 慢性難治性下痢 嘔吐 進行:腹水 浮腫
    低蛋白血症 低アルブミン血症
    蛋白喪失性胃腸炎 低蛋白血症、浮腫 腹水 極端に痩せる 腹が垂れ下がる、足と手に浮腫
    腸リンパ管拡張症 慢性的・間欠的下痢/嘔吐、食欲旺盛 体重減少 低アルブミン血症:浮腫・腹水・胸水
    蛋白露出性胃腸症 極端な痩せ 腹部下垂、手足浮腫 下痢 胸・腹水 嘔吐 貧血 痙攣
    腸管の腺癌 犬の胃腸管腫瘍の25%を占める 老齢 雄 大腸や十二指腸に多発 下痢、嘔吐、脱水、貧血 腹水
    小腸の腫瘍 食欲不振 体重減少 下痢、嘔吐、脱水、貧血 腹水
    小腸のリンパ肉腫 食欲不振 無気力、下痢 嘔吐 体重減少 下血、吐血、発熱、腹水、黄疸
    膵臓炎 腹膜腔への体液の漏出が、量はさまざま(通常は少量)ですが炎症性病変に伴って起こる 漏出液は滲出液に似ています
    肝アミロイド症 急性元気消沈 食欲不振 多尿多飲 嘔吐 脱水 黄疸 粘膜蒼白 出血性腹水 肝腫大
    飢餓

    肝臓:
    肝実質の障害
    肝硬変
    心機能不全
    フィラリアによる肝臓障害 被毛不良、貧血、胃腸障害、黄疸、腹水、出血傾向(吐血、鼻出血など)、肝性昏睡
    肝疾患 肝腫大 肝萎縮 黄疸 食後肝性脳症 食後にNH3↑、壁に頭をぶつけたりする 沈欝 体重減少 食欲低下 間欠的嘔吐 腹水
    慢性肝炎 はっきりしたものはない、食欲不振、慢性嘔吐、多飲多尿、黄疸、腹水、血液凝固障害、肝性脳症
    原発性肝腫瘍 黄疸や腹水が認められるもは原発性肝腫瘍犬の18〜30%
    肝細胞癌 食欲不振 体重減少 嘔吐 下痢 腹部腫脹 黄疸、腹水、発作、行動変化 雄に多発 肝腫・腹水・腹部疼痛・黄疸・腹部腫瘤触知
    犬好酸性細胞肝炎 初期:食欲不振・嘔吐・発熱 後期:肝不全(腹水、肝性脳症)
    小葉・剥離性肝炎 肝機能障害 腹水 後天性門脈体静脈シャント 若齢〜中年 雄のプードル
    肝性の低血糖症 発育停止、体重減少、食欲不振、嘔吐、下痢、発熱、多飲・多尿、肝性脳症、尿石症、腹水
    肝硬変 症状乏しい 食欲不振 削痩 下痢 便秘 黄疸 腹水 肝臓大きさは犬では縮小
    ドーベルマンピンシャーの慢性肝炎 肝硬変 多くの場合肝臓の銅濃度増加 雌犬 多飲多尿 嘔吐 下痢 腹水 黄疸
    ウェスト・ハイランドテリアの銅関連性肝障害 過剰銅の曝露 嘔吐 下痢 黄疸 腹水
    ノカルジア症 化膿性肉芽腫 四肢・頚部皮下の化膿と膿瘍 跛行 瘻管・滲出液排泄 リンパ節・肝・脾腫大 腹水 腹膜炎 咳
    肝臓又は胸腔内レベルでの静脈停止
    腹腔の血液、尿、乳糜、または胆汁の腹腔への滲出を伴う腹部外傷
    肝内性動静脈瘻 肝動脈と門脈肝の血管結合 門脈圧亢進 腹水 門脈シャント 嘔吐 下痢 多飲多尿 肝性脳症
    門脈高血圧症
    胆石症 黄疸 嘔吐 食欲不振 衰弱 沈鬱 体重減少 少数例:発熱 下痢 多渇 腹痛 腹部膨満、肝腫大 傾眠 腹水
    胆管炎 食欲不振 沈鬱 体重減少 間欠性嘔吐 下痢 黄疸 肝腫大 時に:発熱・腹水
    胆管癌 非常に幅がある 嘔吐 腹部腫脹 黄疸、腹水、中枢神経異常(発作および行動変化) 肝腫大

    内部寄生虫:
    バベシア ギブソニ 非定型的症状:腹水
    単包条虫 エキノコックス 無症状に経過 腸炎により下痢、便秘、腹痛、神経症状、腹水、消化障害、肝臓障害

    中毒:
    ワルファリン中毒 クマリン系殺鼠剤 全身の出血傾向 鼻血 皮膚、歯茎、眼から出血

    内分泌:
    副腎褐色細胞腫 稀 喘ぎ、呼吸困難、発咳異常肺音 しばしば頻呼吸で、気管支音は粗いかあるいは増強 鼻出血

    生殖器:
    卵巣腫瘍 老犬 多くは未経産犬に多発、腫瘍が発生すると多くは発情周期の発来が阻害 卵巣機能不全症I型

    腫瘍:
    原発性肝腫瘍 黄疸や腹水が認められるもは原発性肝腫瘍犬の18〜30%
    肝細胞癌 食欲不振 体重減少 嘔吐 下痢 腹部腫脹 黄疸、腹水、発作、行動変化 雄に多発 肝腫・腹水・腹部疼痛・黄疸・腹部腫瘤触知
    腹腔内腫瘍 貧血 腹水 消化器系:嘔吐 吐血 下痢 血便 排便障害 黄疸
    胆管癌 非常に幅がある 嘔吐 腹部腫脹 黄疸、腹水、中枢神経異常(発作および行動変化) 肝腫大
    腸管の腺癌 犬の胃腸管腫瘍の25%を占める 老齢 雄 大腸や十二指腸に多発 下痢、嘔吐、脱水、貧血 腹水
    小腸の腫瘍 食欲不振 体重減少 下痢、嘔吐、脱水、貧血 腹水
    小腸のリンパ肉腫 食欲不振 無気力、下痢 嘔吐 体重減少 下血、吐血、発熱、腹水、黄疸
    副腎褐色細胞腫 稀 喘ぎ、呼吸困難、発咳異常肺音 しばしば頻呼吸で、気管支音は粗いかあるいは増強 鼻出血
    脈管腫瘍 心臓・後大静脈腫瘍:鬱血性右心不全 肝肥大 腹水 胸膜からの浸潤
    卵巣腫瘍 老犬 多くは未経産犬に多発、腫瘍が発生すると多くは発情周期の発来が阻害 卵巣機能不全症I型
    肺の腺癌 喀痰を伴わない咳嗽 運動不耐性 呼吸困難 食欲不振 喀血 疼痛 跛行 多飲多尿 筋萎縮 発熱 腹水 四肢腫脹

チアノーゼ

    呼吸器:
    心肺停止 意識喪失 散瞳 苦悶を呈するあえぎ 呼吸停止 股動脈拍動欠如 心音聴診不可 刺激に対する反応欠如 チアノーゼ
    軟口蓋の異常 大きい呼吸音 吐き気 痰の排泄 イビキ 呼吸困難 肺炎 チアノーゼ 慢性鼻炎
    喉頭水腫 短頭種や肥満犬 耳障りな浅速呼吸、呼吸困難 突発的なチアノーゼ 急死
    喉頭炎 声の変化 しわがれ声 運動時チアノーゼ 食事や水を飲む時にむせる 嘔吐 呼吸困難 咳
    喉頭麻痺 重度吸気性呼吸困難 吸気性喘鳴 発声音変化 運動不耐性 咳嗽 嚥下障害 吐出 高体温 チアノーゼ 肺水腫
    気管虚脱 ガンと鳴く乾性間欠的発咳 興奮 運動 飲水 食事中 チアノーゼ 痙攣 小型犬や短頭種 肥満
    肺水腫 咳、呼吸困難、チアノーゼなどですが、急激な場合は激しい咳とともに血様の泡状の液体を鼻から出す
    肺石灰化 高齢 運動不耐性 咳嗽 呼吸困難 チアノーゼ 異常呼吸音
    気胸 呼吸困難 可視粘膜チアノーゼ 罹患側の胸壁の隆起と打診時の鼓音 胸壁の穿孔創・肋骨骨折を認めることがある
    肺性心 咳 呼吸困難 腹式呼吸 浮腫 腹水 胸水 肝腫大 頭と頚の伸展 前肢の開帳 U音の亢進(肺動脈弁口部)
    肺内出血 呼吸困難 重症例:不安 可視粘膜チアノーゼ 喀血持続:可視粘膜退色 瀕脈 血圧の低下
    煙の吸引 顔面周囲の火傷、重度肺水腫、二次性感染、急性呼吸困難症候群は翌日に発生する事が多い
    血胸 呼吸困難 聴診・打診音の変化 可視粘膜蒼白 チアノーゼ 鼻出血 歯肉出血 下血 血尿
    胸膜炎 浅速呼吸 犬座姿勢 疼痛 発熱 発咳 呼吸困難 チアノーゼ 脱水 痩せる
    縦隔気腫 多くは無症状 低血圧 呼吸不全 疼痛 食欲廃絶 嘔吐呼吸困難 チアノーゼ 皮下気腫念髪音
    漏斗胸 呼吸困難 運動不耐性 体重減少 過呼吸 再発性肺感染 咳 嘔吐 チアノーゼ 軽度上部気道疾患
    喉頭と気管の軟骨肉腫 声の変化、吠えなくなる、運動不耐性 開口呼吸 チアノーゼ、突然倒れる
    肺葉捻転 沈鬱、発熱、虚弱、虚脱 呼吸困難、起座呼吸、咳嗽、喀血 胸部腹側の濁音、頻脈、チアノーゼ、ショック
    胸膜滲出 胸膜腔内の異常な体液貯溜 呼吸困難 呼吸促迫 起座呼吸 開口呼吸 チアノーゼ 運動不耐性 発咳

    循環器:
    心肺停止 意識喪失 散瞳 苦悶を呈するあえぎ 呼吸停止 股動脈拍動欠如 心音聴診不可 刺激に対する反応欠如 チアノーゼ
    僧帽弁閉鎖不全(MR) 左心不全 心臓収縮期血液逆流 咳 呼吸困難 末期には激しい咳 昏睡 肺水腫 チアノーゼ
    動脈管開存症 PDA 胎生期の動脈管が出生後も開存 最も発生頻度高い 夜間発作性呼吸困難 股動脈触診:跳躍脈
    肺動脈弁狭窄症 PS 軽症:生涯無症状 中程度:運動時呼吸困難・肝腫大・腹水・四肢浮腫の右心不全 重症:運動時失神・急死
    心室中隔欠損症 咳、呼吸不全、肺水腫 右心不全から始まる
    ファロー四徴症 TOF 低酸素症 発育遅延 チアノーゼ 多血症 聴診:第1音は正常 第2音は亢進 心雑音は肺動脈弁口部における駆出性雑音
    心房中隔欠損症 左右短絡疾患のある場合は早期に心不全 聴診:駆出性心雑音 第2音は分裂
    感染性心内膜炎 虚弱、跛行、咳、運動不耐性 不整脈 鼻出血 チアノーゼ 関節炎 神経症状
    成犬の鬱血性心不全
    犬フィラリア症末期 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    高血圧 頻呼吸と呼吸困難、異常肺胞音(例:捻髪音)、チアノーゼ、喀血(発咳によって血液を出す)
    動脈性高血圧 脳・心臓・腎臓障害 頻呼吸と呼吸困難、異常肺胞音(例:捻髪音)、チアノーゼ、喀血(発咳によって血液を出す)
    肺動脈高血圧 頻呼吸と呼吸困難、異常肺胞音(例:捻髪音)、チアノーゼ、喀血(発咳によって血液を出す)
    肺動脈血栓塞栓症 急性呼吸困難、虚脱、咳、喀血、虚弱、頻拍、動脈拍動の減弱、頸静脈怒張、蒼白 チアノーゼ 第二心音分裂
    房室弁心内膜症 僧帽弁又は三尖弁の慢性変性性疾患 発咳、運動不耐性・呼吸困難 腹囲膨満、喀血、チアノーゼ 失神
    eisenmenger症候群 EM チアノーゼを主体とした心不全徴候 短絡性心疾患の病態進行 肺高血圧症

    生殖器:
    子癇 神経過敏 不安 著明な流延 歩様異常 起立不能 呼吸速迫 痙攣 呼吸速迫 発熱 頻脈 粘膜充血

    感染症:
    エールリッヒア症 リケッチア 呼吸困難(場合によってはチアノーゼ)を含む呼吸器症状 気管支小胞音が増大
    ニューモシスティス症 Pneumocystis 呼吸困難、感染が重篤な症例ではチアノーゼ ダックスフンド6カ月齢以下

    神経:
    熱射病 体温40℃以上 パンティグ 痙攣 呼吸困難 頻脈 唇が赤い ショック DIC 吐血、血便

    品種:
    チャウチャウ (生まれつき口腔や舌が紫色)

    消化器:
    食道裂孔の異常 逆流 吐血 呼吸困難 チアノーゼ 腹痛
    急性膵臓炎 浮腫型より症状重い 重度低血圧 頻脈 チアノーゼ ショック症状 死亡

    中毒:
    チョコレート中毒 テオブロミン 嘔吐、下痢、多量な排尿、過敏、高体温、運動失調、ふるえ、発作、昏睡 腹痛、血尿、血便
    アセトアミノフェン中毒 進行性沈鬱 唾液分泌 嘔吐 腹痛 メタヘモグロビン血症:頻呼吸・チアノーゼ 顔・四肢・前肢浮腫
    ケタラール 塩酸ケタミン 麻酔前投薬 痙攣 チアノーゼ
    ストリキニーネ中毒 殺鼠剤 不安と神経過敏 強直性痙攣 呼吸困難 チアノーゼ 瞳孔散大し半昏睡 心拍速弱 呼吸麻痺で死亡

    新生子黄疸症 初乳により発症 重症時数時間後に死亡 血色素血尿・血色素尿 黄疸は3日目以降
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧

黄疸

    新生子黄疸症 初乳により発症 重症時数時間後に死亡 血色素血尿・血色素尿 黄疸は3日目以降
    免疫介在性溶血性貧血 黄疸(51.4%)自己免疫性溶血性貧血 雌多い 寒がる、食欲不振

    感染症:
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    フィラリアによる肝臓障害 被毛不良、貧血、胃腸障害、黄疸、腹水、出血傾向(吐血、鼻出血など)、肝性昏睡
    アデノウイルス感染症 発熱、食欲不振、嘔吐、下痢、呼吸器感染症、血便、黄疸
    レプトスピラ感染症 黄疸、嘔吐、下痢、歯茎の出血
    ヘモバルトネラ症 貧血・発熱・脾臓腫大 粘膜貧血・黄疸 腹部の疼痛 脾腫 血色素尿・ビリルビン尿
    バベシア ギブソニ 変化に富む症状 貧血 発熱 食欲低下 血色素尿 神経症状(ひきつけ等)
    バベシア カニス 沖縄県 食欲減退 嘔吐 尿・黄褐色 発熱
    猟犬の黄疸 レプトスピラ バベシア
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 全身性:内臓のリンパ節腫大、肝膿瘍、黄疸、腹水

    循環器:
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    大静脈症候群 VCS 呼吸困難 血色素尿 可視粘膜蒼白 四肢の冷感 頸静脈の拡張と拍動 腹囲膨満 異常肺音 心雑音
    門脈高血圧 腹部膨大 肝性脳障害 発咳、運動不耐性、呼吸困難 脾・肝腫大 頸静脈拡張、不整脈、腹水、黄疸

    肝臓:
    肝疾患 肝腫大 肝萎縮 黄疸 食後肝性脳症 食後にNH3↑、壁に頭をぶつけたりする 沈欝 体重減少 食欲低下 間欠的嘔吐 腹水
    急性肝炎 糞便悪臭 下痢 黄疸・肝臓の疼痛 黄色尿 黄疸 激症肝炎:興奮 痙攣 嗜眠 口腔内出血 DIC
    慢性肝炎 はっきりしたものはない、食欲不振、慢性嘔吐、多飲多尿、黄疸、腹水、血液凝固障害、肝性脳症
    肝膿瘍 無症状が多い 削痩 食欲不定 不整な発熱 消化不良 便秘 肝圧痛 重症:呼吸困難 黄疸 腹膜炎
    肝硬変 症状乏しい 食欲不振 削痩 下痢 便秘 黄疸 腹水 肝臓大きさは犬では縮小
    肝臓癌
    原発性肝腫瘍 黄疸や腹水が認められるもは原発性肝腫瘍犬の18〜30%
    急性肝不全 急性肝壊死 肝機能急速低下 元気消沈などの急性徴候 嘔吐 黄疸 下痢 脳障害 発作 出血
    肝細胞癌 食欲不振 体重減少 嘔吐 下痢 腹部腫脹 黄疸、腹水、発作、行動変化 雄に多発 肝腫・腹水・腹部疼痛・黄疸・腹部腫瘤触知
    胆管癌 体重減少 黄疸 転移率は88% 雌に多い
    胆嚢や総胆管の破裂 著明な黄疸 細菌性腹膜炎併発、腹部疼痛
    銅関連慢性活動型肝炎 慢性肝炎〜肝硬変、体重減少、嘔吐、黄疸 溶血性貧血 ベドリントンテリアの66%発生
    ドーベルマンピンシャーの慢性肝炎 肝硬変 多くの場合肝臓の銅濃度増加 雌犬 多飲多尿 嘔吐 下痢 腹水 黄疸
    ウェスト・ハイランドテリアの銅関連性肝障害 過剰銅の曝露 嘔吐 下痢 黄疸 腹水
    胆石症 黄疸 嘔吐 食欲不振 衰弱 沈鬱 体重減少 少数例:発熱 下痢 多渇 腹痛
    胆嚢炎 食欲不振 元気消失 発熱 腹痛 肝腫大 嘔吐 下痢 黄疸
    胆道閉鎖症 白っぽい便と茶褐色の尿、黄疸
    肝外胆管閉塞 食欲不振 嘔吐 黄疸 体重減少 腹痛 下痢 脂肪便 無胆汁性便 過度の出血
    胆管炎 食欲不振 沈鬱 体重減少 間欠性嘔吐 下痢 黄疸 肝腫大 時に:発熱・腹水
    肝アミロイド症 急性元気消沈 食欲不振 多尿多飲 嘔吐 脱水 黄疸 粘膜蒼白 出血性腹水 肝腫大

    内分泌:
    膵外分泌部の腫瘍 胆管閉鎖または広範囲の肝臓転移のために黄疸

    中毒:
    燐中毒 嘔吐 下痢(しばしば血が混ざる ニンニク臭) 急性胃腸炎 口渇 多量の流延 脱水 腹痛 黄疸 痙攣
    アフラトキシン中毒 マイコトキシン ピーナッツ他の食品含有 沈鬱 嘔吐 出血性下痢 黄疸 急性肝臓障害
    輸血副反応

    植物中毒:
    きのこ中毒 嘔吐 下痢 腹痛 元気消沈 黄疸 運動失調 発作 昏睡
    ショクヨウダイオウ 植物 有毒:葉・根茎 成分:蓚酸塩 嘔吐 下痢 黄疸 肝不全 腎不全 不整脈 低カルシウム血症
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 赤色〜暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢と嘔吐 脾腫

    代謝障害:
    グルコース−6−リン酸 脱水素酵素欠乏症 遺伝 ほとんど雄 薬服用後急激な血色素尿伴う溶血性貧血と黄疸
    ピルビン酸キナーゼ欠乏症 遺伝 貧血と脾腫(髄外造血の結果) 末期的な骨髄繊維症発現
    ホスホフルクトキナーゼ欠損症 遺伝 貧血 過呼吸、黄疸、食欲減退 筋肉障害、運動不耐性、筋肉痙攣

    生殖器:
    前立腺膿瘍 尿道分泌物は出血性や膿様 破裂した場合限局性腹膜炎:発熱、疼痛、嘔吐 黄疸

    腫瘍:
    小腸のリンパ肉腫 食欲不振 無気力、下痢 嘔吐 体重減少 下血、吐血、発熱、腹水、黄疸
    膵外分泌部の腫瘍 胆管閉鎖または広範囲の肝臓転移のために黄疸
    肝臓癌
    胆管癌 体重減少 黄疸 転移率は88% 雌に多い

胸壁振戦

    感染症:
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐

    循環器:
    動脈管開存症 PDA 胎生期の動脈管が出生後も開存 最も発生頻度高い 夜間発作性呼吸困難 股動脈触診:跳躍脈
    肺動脈弁狭窄症 PS 軽症:生涯無症状 中程度:運動時呼吸困難・肝腫大・腹水・四肢浮腫の右心不全 重症:運動時失神・急死
    大動脈弁狭窄症 呼吸困難 失神 突然死 中程度以上:運動能低下 運動時呼吸困難 失神
    心室中隔欠損症 咳、呼吸不全、肺水腫 右心不全から始まる
    ファロー四徴症 TOF 低酸素症 発育遅延 チアノーゼ 多血症 聴診:第1音は正常 第2音は亢進 心雑音は肺動脈弁口部における駆出性雑音
    僧帽弁閉鎖不全(MR) 左心不全 心臓収縮期血液逆流 咳 呼吸困難 末期には激しい咳 昏睡 肺水腫 チアノーゼ

心音、脈拍異常

    心音の異常:
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    動脈管開存症 PDA 胎生期の動脈管が出生後も開存 最も発生頻度高い 夜間発作性呼吸困難 股動脈触診:跳躍脈
    心房中隔欠損症 左右短絡疾患のある場合は早期に心不全 聴診:駆出性心雑音 第2音は分裂
    肺動脈弁狭窄症 PS 軽症:生涯無症状 中程度:運動時呼吸困難・肝腫大・腹水・四肢浮腫の右心不全 重症:運動時失神・急死
    大動脈弁狭窄症 呼吸困難 失神 突然死 中程度以上:運動能低下 運動時呼吸困難 失神
    心室中隔欠損症 咳、呼吸不全、肺水腫 右心不全から始まる
    ファロー四徴症 TOF 低酸素症 発育遅延 チアノーゼ 多血症 聴診:第1音は正常 第2音は亢進 心雑音は肺動脈弁口部における駆出性雑音
    僧帽弁閉鎖不全(MR) 左心不全 心臓収縮期血液逆流 咳 呼吸困難 末期には激しい咳 昏睡 肺水腫 チアノーゼ
    感染性心内膜炎 虚弱、跛行、咳、運動不耐性 不整脈 鼻出血 チアノーゼ 関節炎 神経症状
    ミクロフィラリア駆虫に伴う副作用 発熱、沈鬱、食欲不振、嘔吐、粘膜蒼白、軟・頻脈、浅呼吸などのショック症状

    心拍・脈拍の異常:
    ショック
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 1〜2日で赤色・暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢 嘔吐 脾腫
    副腎皮質機能亢進症 クッシング症 多尿多飲 多食 腹部膨満 嗜眠 肥満 左右対称性脱毛 神経症状
    不整脈
    特発性心筋症
    心房細動 元気なし、運動嫌い、たまに失神 年齢には関係なく発症 セントバーナードは、無症状の心房細動
    房室ブロック
    期外収縮(早期収縮)
    頻脈
    Wolff-Parkinson-White症候群 犬猫の先天性異常 頻脈 不整脈 P波認められない その他先天性心疾患随伴することも有
    心室細動
    房室解離
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ 運動失調、痙攣、昏睡、神経質、吠える、顔面筋肉の痙攣、糞尿散乱、嘔吐、瀕脈、全身性痙攣、視力障害(盲目)、昏睡
    血管肉腫 右心房が好発部位 貧血に伴う心悸亢進、不整脈 不整脈・心雑音・心不全徴候
    副腎褐色細胞腫 稀 頻脈、不整脈、あるいは心雑音が約15%


脱水

    吐出と嘔吐

    新生子:
    新生子の低血糖症 生後6週齢に起こる 空腹性の低血糖症は2日目にして起こる 特に小型犬種 振戦 急発作 昏睡
    新生子死(衰弱症候群) 非特異的徴候 衰弱、低体温、低血糖、脱水

    感染症:
    ジステンパー 呼吸器・消化器・脳神経症状 結膜炎 鼻炎 発熱 食欲不振 脱水 肺炎 咳 下痢 癲癇様発作
    犬パルボウイルス感染症 嘔吐 下痢 血便 脱水症、敗血症、栄養失調
    ロタウイルス感染症 不顕性 末期には著明な脱水による循環障害を起こし 心拍数は増加 体温低下
    コロナウイルス感染症 時には血液や剥離粘膜を混ぜたり 水様又は 血様下痢・軟便になる 高度な脱水
    黄疸出血型レプトスピラ病 黄疸 嘔吐 下痢 歯茎出血 血便 急性の肝不全や腎不全
    カニコーラ型レプトスピラ病 初期の高熱や激しい嘔吐、下痢による脱水症状、尿毒症
    カンピロバクター感染症 3ケ月以下の若令 軟便から水様便さらに血便まで 元気食欲は低下 飲水量低下から脱水
    結核 不顕性感染 咳 多尿多飲 悪臭のある軟便 黄疸 嘔吐 脱水 皮膚の潰瘍
    エロコミン吸虫熱 リケッチア 発熱 目やに、下痢、嘔吐、脱水
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 慢性の咳 水様性下痢 不顕性感染 痰
    膿尿 細菌 発熱 沈鬱 食欲不振 脱水症状 障害臓器:尿道、膀胱、尿管、腎臓 包皮、前立腺、膣、子宮

    呼吸器:
    気管支肺炎 発熱 脈拍増加 可視粘膜貧血 脱水 湿性咳 鼻漏(粘液 膿性 血液) 呼吸速迫 呼吸困難
    肺炎 高熱 食欲低下 脱水 湿性喘鳴音 深い咳 努力性呼吸 呼吸困難 低酸素血症 チアノーゼ
    胸膜炎 浅速呼吸 犬座姿勢 疼痛 発熱 発咳 呼吸困難 チアノーゼ 脱水 痩せる
    水胸

    消化器:
    急性胃炎 嘔吐 吐物に血液・膿汁 食欲不振 渇欲初期減退 嘔吐 胃部圧痛 神経症状 脱水
    好酸球性胃腸炎 食欲減退 嘔吐 持続下痢 血便 嘔吐 脱水:体重減少 被毛があれる 皮膚硬化 脂肪便
    腸重積 子犬多い 嘔吐 粘血便性のしぶり 腹痛 食欲不振 脱水 渇欲亢進 腹にソーセージ様の重積部感知 部位は右下腹部
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    腸管の腺癌 犬の胃腸管腫瘍の25%を占める 老齢 雄 大腸や十二指腸に多発 下痢、嘔吐、脱水、貧血 腹水
    小腸内異物 下痢 便秘 元気消失 皮膚脱水 発熱 腹痛 腹部膨満 排便量減少 多飲多渇 食事後嘔吐
    小腸の腫瘍 食欲不振 体重減少 下痢、嘔吐、脱水、貧血 腹水
    急性大腸炎 激しい下痢 便量多い 噴射性排泄 粘膜損傷時は血液を混じる下利便 貧血 脱水
    肝炎、水分不足による脱水症
    急性肝疾患
    肝アミロイド症 急性元気消沈 食欲不振 多尿多飲 嘔吐 脱水 黄疸 粘膜蒼白 出血性腹水 肝腫大

    内部寄生虫:
    鉤虫 タール状又は血様の下痢 粘膜蒼白 虚弱 脱水 子犬の大量感染:肺炎、肺の硬化 皮膚病
    コクシジウム症 原虫 激しい下痢 粘液・血液便 急激な脱水や貧血

    泌尿器:
    糸球体腎炎 腎臓や腰背部の圧痛 腎臓の腫大 発熱 食欲不振 可視粘膜の貧血 口臭 嘔吐 下痢 重症:脱力 痙攣
    尿毒症 嘔吐 口内炎・潰瘍は頬粘膜 口臭 舌先壊死 胃腸出血 貧血
    尿崩症 多尿 多飲 失禁(稀) 尿比重低下 鼻・鏡・皮膚や粘膜乾燥、被毛粗剛、時に便秘、削痩 老犬
    腎性二次性上皮小体機能亢進症 開口困難 咀嚼困難 歯抜け 跛行 骨折 嘔吐 脱水 多飲
    急性腎不全 元気消失、低体温、脱水、食欲廃絶、嘔吐、下痢、口臭、腰部の痛み、徐脈、呼吸数増加、血尿、排尿困難
    慢性腎不全 進行期 嘔吐 下痢 脱水 口腔内潰瘍 可視粘膜蒼白 結膜、強膜充血
    先天性腎機能障害 多飲多尿、嗜眠、食欲不振、体重減少、嘔吐、貧相な被毛、削痩、脱水、蒼白、口腔粘膜の潰瘍と口臭 尿濃縮能低下、高窒素血症、高リン血症、再生不良性貧血
    腎臓の異形成 嗜眠、食欲のむら、被毛の質低下、体重の減少、抑鬱、多飲多尿、嘔吐、食欲低下、脱水、下痢、貧血、顎・骨異常など腎不全の症状
    膀胱破裂 膨満膀胱の抵抗感突然消失 疼痛(破裂の直後から) 硬直歩様 血尿 貧血と脱水 急性腎不全 嘔吐 腹膜炎
    アミロイド症 多尿 下痢 時に嘔吐 脱水 肝腫大 脾腫
    バセンジーのファンコニ症候群 多飲多尿 体重減少 脱水 虚弱 尿濃縮能低下 高血糖を伴わない尿糖
    膿尿 細菌 発熱 沈鬱 食欲不振 脱水症状 障害臓器:尿道、膀胱、尿管、腎臓 包皮、前立腺、膣、子宮

    代謝:
    グルコース−6−リン酸 脱水素酵素欠乏症 遺伝 ほとんど雄 薬服用後急激な血色素尿伴う溶血性貧血と黄疸

    内分泌:
    糖尿病 急激な削痩 多尿多飲 多食 嘔吐 白内障 腎不全 失禁
    副腎皮質機能低下症 アジソン病 抑鬱 嘔吐 便秘と下痢 低血圧 脱水 腹痛 急性型:発熱 昏睡
    糖尿病性ケトアシドーシス 5%以上の脱水、下痢、嘔吐、頻脈 脱水、糖尿、ケトン尿、高血糖、多飲多尿

    生殖器:
    子宮蓄膿症 発情から1〜2カ月 多飲多尿 嘔吐 脱水 脱毛 腹部膨満 陰門腫大 陰部を舐める 臭気 発熱 尿毒症
    急性子宮炎 出産後1〜7日で発症 細菌感染 発熱 食欲不振 嗜眠 嘔吐 脱水 帯下 泌乳減少 子宮腫大
    膿尿 細菌 発熱 沈鬱 食欲不振 脱水症状 障害臓器:尿道、膀胱、尿管、腎臓 包皮、前立腺、膣、子宮

    中毒:
    砒素中毒 激しい胃腸炎 嘔吐(ニンニク様臭気) 嚥下困難 下痢
    燐中毒 嘔吐 下痢(血が混ざる ニンニク臭) 急性胃腸炎 口渇 多量の流延 脱水 腹痛 黄疸 痙攣
    ビタミンD過剰症 食欲不振 多飲多尿 嘔吐 下痢 脱水 発育不良 肺の石灰化 急性腎不全
    利尿剤処方時
    BUN(尿素窒素)増加 高窒素血症:原因は殆どが利尿剤の過剰投与による脱水のためである。
    火傷 疼痛 乾燥して硬くなる 皮膚乾燥後、細菌感染や膿性排出物 痂皮形成、化膿性潰瘍

浮腫

    感染症:
    炭疽 Bacillus anthracis 限局性咽頭炎 胃腸障害 浮腫:口唇・顔面・頭部・頸部 敗血症:発熱・ショック・腎不全・呼吸困難・急死
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    ロッキー山紅斑熱 リケッチア 人畜共通感染症 マダニで伝播 Rickettsia rickettsii 沈鬱 発熱 嘔吐 下痢 浮腫は四肢で発生

    泌尿器:
    ネフローゼ症候群 食欲不定 乏尿(初期と末期) 浮腫 蛋白尿 腹水 胸水
    糸球体腎炎 発熱 食欲不振 可視粘膜の貧血 口臭 嘔吐 下痢 重症:脱力 痙攣 昏睡 腹水
    免疫介在性糸球体腎炎 高度の低アルブミン血症 皮下水腫 腹水  蛋白尿 家族性:バーニーズマウンテンドッグ ソフトコーテッドホイートンテリア
    アミロイド症 多尿 下痢 時に嘔吐 脱水 肝腫大 脾腫
    尿道損傷 血尿 尿道周囲組織の浮腫・壊死巣形成 腹腔への尿の流入 排尿困難 疼痛 尿毒症
    先天性腎機能障害 ドーベルマンピンシャー 腹水 浮腫 腎皮質内球状嚢胞

    循環器:
    鬱血性心不全 疲れる、咳、運動中倒れる、腹水、浮腫 低アルブミン血症、尿毒症、吸収不良、低酸素症
    肺動脈弁狭窄症 PS 軽症:生涯無症状 中程度:運動時呼吸困難・肝腫大・腹水・四肢浮腫の右心不全 重症:運動時失神・急死
    動脈管開存症 右心不全の症例では 哺乳力低下 発育遅延 腹水貯留 四肢の浮腫
    肺性心 咳 呼吸困難 腹式呼吸 浮腫 腹水 胸水 肝腫大 頭と頚の伸展 前肢の開帳 U音の亢進(肺動脈弁口部)
    特発性心筋症
    後大動脈血栓症 大腿動脈拍動触知できず 後肢爪からの出血なし 下顎、腹部腹側浮腫
    乳糜胸 呼吸困難頻脈 低体温 可視粘膜貧血 糸状脈 虚脱 乏尿 多飲多渇 浮腫 打診による濁音
    脈管腫瘍 心臓・後大静脈腫瘍:鬱血性右心不全 肝肥大 腹水 胸膜からの浸潤

    呼吸器:
    肺腫瘍 原発性 疲労しやすい 食欲不振 体重減少 発熱 呼吸速迫 呼吸困難 咳 喀血
    縦隔の疾患 浮腫、そして頭部、頚部およびしばしば前肢の全身性腫脹を特徴
    胸腺腫 稀 発咳、体重減少、嚥下困難、流涎、呼吸困難 頭・頸・前肢腫脹 巨大食道 頸部浮腫

    消化器:
    急性膵臓炎 比較的軽度で自己限局性(浮腫性)のものから重度で進行性(壊死性)のものまである。
    胃出血 暗赤色で酸臭のある血液を嘔吐 吐血中には必ず食物の片を混じる 暗赤色タール状悪臭ある血便を排出 貧血、可視粘膜蒼白、心機能障害(心悸亢進、瀕脈 雑音) 嗜眠、肢端冷感、筋肉振戦を起こして死亡、皮下浮腫、胸水、腹水
    蛋白喪失性胃腸炎 低蛋白血症、浮腫 腹水 極端に痩せる 腹が垂れ下がる、足と手に浮腫
    腸リンパ管拡張症 慢性的・間欠的下痢/嘔吐、食欲旺盛 体重減少 低アルブミン血症:浮腫・腹水・胸水
    リンパ・プラズマ細胞性腸炎 小腸の慢性炎症疾患 慢性難治性下痢 嘔吐 進行:腹水 浮腫
    鼠径ヘルニアの整復:ヘルニアを閉じる際に血管も閉じてしまうと、後肢に浮腫が起こります。
    唾液腺炎 発熱 顎を上下に動かし開口時に疼痛 耳根部・下顎骨角に浮腫 眼球突出 眼瞼腫脹 口腔内粘膜に炎症・腫瘍
    動静脈瘻 先・後天的に動脈と静脈の間にできた連絡孔 浮腫 頭痛 四肢使用不能 手足の熱や冷え 異常組織増殖

    神経:
    脊髄被裂 二分脊椎 椎弓融合不全 便や尿の失禁、股関節はしまりなく、膝蓋骨の脱臼 チワワの例では弛緩した両側の下肢が麻痺(対麻痺)したり、後肢の浮腫

    皮膚:
    蕁麻疹 膨疹(紅斑と浮腫)や浮腫性の腫脹
    口唇炎と口唇皺襞皮膚炎 流涎 悪臭 下顎部先端被毛の湿潤 口唇炎:粘膜の発赤 浮腫性腫脹 潰瘍形成 脱毛
    皮膚の血管炎 紫斑、出血性水疱、壊死 潰瘍 末端部:足底肉球、耳介、口唇、尾、口腔粘膜 沈鬱、発熱、末端浮腫
    全身性紅斑性狼瘡 潰瘍 紅斑 脱毛 嗜眠 紅斑 浮腫
    ゲンタマイシン 口唇・眼球・陰部の浮腫 注射部位の炎症

    免疫介在性疾患:
    全身性紅斑性狼瘡 歩様異常 皮膚病変(潰瘍 紅斑 脱毛) 発熱 嗜眠 食欲不振 関節炎 血小板減少 リンパ腫脹
    粘液水腫 下垂体性 粘液蛋白様の皮下・粘膜の高度沈着 頭部や眼瞼などの皮膚の肥厚、四肢の浮腫

    骨格:
    頭部外傷による浮腫
    肥大性骨関節症 肺性骨関節症 マリー病 長骨の骨膜肥厚・四肢の軟部組織の腫脹
    脊髄被裂 二分脊椎 椎弓融合不全 便や尿の失禁、股関節はしまりなく、膝蓋骨の脱臼 チワワの例では弛緩した両側の下肢が麻痺(対麻痺)したり、後肢の浮腫

    中毒:
    アセトアミノフェン中毒 進行性沈鬱 唾液分泌 嘔吐 腹痛 メタヘモグロビン血症:頻呼吸・チアノーゼ 顔・四肢・前肢浮腫
    毒素乳症候群 新生子 浮腫 緑色下痢 叫び声 直腸浮腫
    毒蛇の咬傷
    狂犬病ワクチン副作用 痛み 食欲減退 倦怠感 脱力 発熱 嘔吐 下痢 浮腫 呼吸困難 知覚麻痺 運動麻痺 起立不能
    アセトアミノフェン中毒による貧血 黄疸、顔面浮腫、四肢末梢の浮腫 昏睡 犬は沈鬱・食欲不振 嘔吐
    ゲンタマイシン 口唇・眼球・陰部の浮腫 注射部位の炎症
    昆虫の毒:生物活性分子(アミンやその他)が多く含まれ、それが炎症と浮腫を発現させます

    内分泌:
    雄性ホルモン低下症 掻痒 斑点 脱毛 全身性 左右対称性 浮腫 肥厚 色素沈着
    副腎褐色細胞腫 稀 喘ぎ、呼吸困難、発咳異常肺音 しばしば頻呼吸で、気管支音は粗いかあるいは増強 鼻出血
    粘液水腫 甲状腺性 粘液蛋白様物質沈着 頭部・眼瞼の皮膚肥厚、四肢浮腫、食欲不振でも肥満 不活発、被毛粗剛

    雄の生殖器:
    前立腺炎 あまり一般的ではない症状:ショック 後肢強直歩行 包皮ないし後肢の浮腫
    前立腺膿瘍 あまり一般的ではない症状:ショック 後肢強直歩行 包皮ないし後肢の浮腫

    内部寄生虫:
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛
    バベシア ギブソニ 非定型的症状:浮腫

    腫瘍:
    副腎褐色細胞腫 稀 喘ぎ、呼吸困難、発咳異常肺音 しばしば頻呼吸で、気管支音は粗いかあるいは増強 鼻出血
    乳腺腫瘍 一般的に硬く結節性 25%以上は腫瘤潰瘍化 後肢の不快感、浮腫 80%以上は腺癌
    肥満細胞腫 皮膚・頭部や頸部、脾臓、肝臓、腹腔内リンパ節に好発 皮膚型→隆起した腫瘤 発赤・浮腫 円形、卵円形 内臓型→脾臓の腫大、慢性の嘔吐、下痢、腹腔内腫瘤
    腹部ガン症(腹腔内腫瘍) 貧血 腹水 嘔吐 下痢 血便 排便障害 黄疸 頻尿 無尿 尿失禁 血尿 左右対称性脱毛 痙攣 体表リンパ節腫大 発熱 浮腫
    リンパ肉腫(悪性リンパ腫) 多中心型:貧血 黄疸 浮腫(顔面 四肢の末端部) 肝脾腫大 腹水
    脈管腫瘍 心臓・後大静脈腫瘍:鬱血性右心不全 肝肥大 腹水 胸膜からの浸潤

    品種:
    セイウチ様(全身浮腫)症候群 全身浮腫 産まれた子犬に全身浮腫があり、多くは死亡 ブルドッグ

四肢浮腫

    アセトアミノフェン中毒による貧血 猫は特に高い感受性 溶血性貧血 チアノーゼ 暗色尿、黄疸、顔面浮腫、四肢末梢浮腫 昏睡
    蛋白露出性胃腸症 極端な痩せ 腹部下垂、手足浮腫 下痢 胸・腹水 嘔吐 貧血 痙攣
    粘液水腫 下垂体性 粘液蛋白様の皮下・粘膜の高度沈着 頭部や眼瞼などの皮膚の肥厚、四肢の浮腫
    リンパ肉腫(悪性リンパ腫) 多中心型:貧血 黄疸 浮腫(顔面 四肢の末端部) 肝脾腫大 腹水

    感染症:
    ロッキー山紅斑熱 リケッチア 人畜共通感染症 マダニで伝播 Rickettsia rickettsii 沈鬱 発熱 嘔吐 下痢
    エールリッヒア症 リケッチア 稀に関節炎(単発性、多発性のいずれも)および発作 陰嚢および肢の浮腫

    循環器:
    右心不全
    フィラリア 運動不耐性 呼吸困難 右心不全 腹水 四肢浮腫 胸水 肺水腫 チアノーゼ
    肺動脈弁狭窄症 PS 軽症:生涯無症状 中程度:運動時呼吸困難・肝腫大・腹水・四肢浮腫の右心不全 重症:運動時失神・急死
    動脈管開存症 右心不全の症例では 哺乳力低下 発育遅延 腹水貯留 四肢の浮腫

運動不耐性

    循環器:
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    フィラリア・オカルト感染犬のアレルギー性肺炎 オカルト感染例の10〜15% 呼吸困難、発咳、運動不耐性
    肺性心 咳 呼吸困難 腹式呼吸 浮腫 腹水 胸水 肝腫大 頭と頚の伸展 前肢の開帳 U音の亢進(肺動脈弁口部)
    特発性心筋症
    心筋炎
    感染性心内膜炎 虚弱、跛行、咳、運動不耐性 不整脈 鼻出血 チアノーゼ 関節炎 神経症状
    心筋炎 心筋の炎症 鬱血性心不全に関連する発咳、運動不耐性、呼吸困難 不整脈関連の失神と虚弱
    心不全 咳 呼吸困難 運動不耐性 失神 肺不全による酸素負荷か低下
    慢性心不全 咳、不活発、運動不耐性、呼吸困難
    徐脈型不整脈 運動失調、衰弱、失神 発作 永久的な脳損傷と行動の変化 心不全
    洞性徐脈 元気消沈 運動不耐性 失神 緩徐な脈拍 低体温を伴うことあり 若いスポーツ犬か眠っている犬では生理的
    心房性頻脈 重症な心疾患の犬 鬱血性心不全 失神 発咳 呼吸困難 運動不耐性 心雑音
    肺動脈高血圧 僧帽弁閉鎖不全症 フィラリア 初期:咳 運動不耐性 腹水 胸水
    後大動脈血栓症 後肢麻痺、大腿部疼痛 大腿動脈拍動触知できず 後肢爪出血なし 下顎、腹部腹側浮腫
    門脈高血圧 腹部膨大 肝性脳障害 発咳、運動不耐性、呼吸困難 脾・肝腫大 頸静脈拡張、不整脈、腹水、黄疸
    心房性期外収縮 不整脈 心雑音 奔馬調 鬱血性心不全の徴候 無症状 発咳・呼吸困難 運動不耐性 失神
    心室固有調律 心拍数65回/分以下 無症状 虚弱 運動不耐性 失神 心不全 脈拍欠落に伴う不規則調律 心音変動
    房室弁心内膜症 僧帽弁又は三尖弁の慢性変性性疾患 発咳、運動不耐性・呼吸困難 腹囲膨満、喀血、チアノーゼ 失神

    先天性心疾患
    先天性心疾患の好発品種
    動脈管開存症 PDA 胎生期の動脈管が出生後も開存 最も発生頻度高い 夜間発作性呼吸困難 股動脈触診:跳躍脈
    肺動脈弁狭窄症 PS 軽症:生涯無症状 中程度:運動時呼吸困難・肝腫大・腹水・四肢浮腫の右心不全 重症:運動時失神・急死
    心房中隔欠損症 左右短絡疾患のある場合は早期に心不全 聴診:駆出性心雑音 第2音は分裂
    ファロー四徴症 TOF 低酸素症 発育遅延 チアノーゼ 多血症 聴診:第1音は正常 第2音は亢進 心雑音は肺動脈弁口部における駆出性雑音
    大動脈弁狭窄症 呼吸困難 失神 突然死 中程度以上:運動能低下 運動時呼吸困難 失神
    心室中隔欠損症 咳、呼吸不全、肺水腫 右心不全から始まる
    右大動脈弓遺残(血管輪の異常) 食道狭窄し食道閉塞 食後嘔吐 嚥下困難 肺炎 呼吸困難 発咳
    心嚢横隔膜ヘルニア 腹腔臓器が心膜腔内に陥入 先天性非外傷性  症状は多彩 運動不耐性 頻呼吸 呼吸困難 扁平な腹囲

    感染症:
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    ジステンパー性脳炎 癲癇様発作 運動障害 膝蓋反射亢進 斜視 呼吸困難 全身痙攣 後肢の麻痺
    コクシジオイデス症 深在性真菌症 咳、微熱、、骨病変 非化膿性骨髄炎 病変は長骨骨幹部 跛行、軟部組織腫脹、疼痛

    不整脈
    房室ブロック
    心房細動
    感染性心内膜炎 虚弱、跛行、咳、運動不耐性 不整脈 鼻出血 チアノーゼ 関節炎 神経症状
    薬物による心臓血管系反応
    心不整脈による脳低酸素症 失神
    徐脈型不整脈 運動失調、衰弱、失神 発作 永久的な脳損傷と行動の変化 心不全
    フィラリア症の犬に発生した不整脈のコントロール
    メチルキサンチン中毒 チョコレート カフェイン 嘔吐 利尿 落ち着かない 瀕呼吸 運動失調 筋振戦 痙攣発作 不整脈
    低マグネシウム血症 虚弱 筋肉細動 運動失調 抑欝 反射亢進 テタニー 行動変化 不整脈

    消化器:
    腹水
    肥満
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ てんかん発作、後躯麻痺、虚脱、筋肉細線維化、異常行動、運動失調、多食、体重増加、多尿多飲、運動不耐性

    呼吸器:
    水胸 呼吸促拍・呼吸困難 聴診・打診音変化 犬の姿勢の変化:頭・頚部を前方に伸展 犬座姿勢
    血胸 呼吸困難 聴診・打診音の変化 可視粘膜蒼白 チアノーゼ 鼻出血 歯肉出血 下血 血尿
    肺石灰化 高齢 運動不耐性 咳嗽 呼吸困難 チアノーゼ 異常呼吸音
    胸膜滲出 胸膜腔内の異常な体液貯溜 呼吸困難 呼吸促迫 起座呼吸 開口呼吸 チアノーゼ 運動不耐性 発咳
    肺線維症 長期にわたり悪化する呼吸促進・運動不耐性 咳は稀 小型テリア種 特にウェストハイランドホワイトテリア
    漏斗胸 呼吸困難 運動不耐性 体重減少 過呼吸 再発性肺感染 4週齢〜3カ月齢で認められることが最も多い
    肺の腺癌 喀痰を伴わない咳嗽 運動不耐性 呼吸困難 食欲不振 喀血 疼痛 跛行 多飲多尿 筋萎縮 発熱 腹水 四肢腫脹
    リンパ腫様肉芽腫 稀にみられる肺腫瘍 発咳、呼吸困難 運動不耐性 体重減少 食欲不振 50%の症例に発熱
    肺の扁平上皮癌 荒く喀痰を伴わない咳嗽 呼吸困難 運動不耐性 悪液質 多呼吸 喘鳴 喀血 肥大性骨症 筋神経症・麻痺
    中皮腫 胸腔、心嚢、腹腔、陰嚢内膜に生じる 血様滲出物および臓器の変位 呼吸困難 運動不耐性 縦隔腫瘤 嘔吐
    喉頭麻痺 重度吸気性呼吸困難 吸気性喘鳴 発声音変化 運動不耐性 咳嗽 嚥下障害 吐出 高体温 チアノーゼ 肺水腫

    神経:
    バーニーズマウンテンドッグステロイド反応性髄膜炎・多発性動脈炎 重度頸痛 脊柱痛 硬直歩様 竹馬歩様 若齢
    低マグネシウム血症 虚弱 筋肉細動 運動失調 抑欝 反射亢進 テタニー 行動変化 不整脈

    内分泌:
    甲状腺機能低下症 中年齢以上 元気減少 嗜眠 寒がり 運動不耐性 体重減少 痒みのない脱毛両側対称性
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ 運動失調、痙攣、昏睡、神経質、吠える、顔面筋肉の痙攣、糞尿散乱、嘔吐、瀕脈、全身性痙攣、視力障害(盲目)、昏睡
    副腎褐色細胞腫 稀 頻脈、不整脈、あるいは心雑音が約15%

    免疫介在性疾患:
    壊死性血管炎 頚部硬直、うずくまる姿勢、明らかな脊髄痛、移動性跛行、不全対麻痺、 四肢不全麻痺

    代謝障害:
    ムコ多糖体沈着症
    ホスホフルクトキナーゼ欠損症 遺伝 貧血 過呼吸、黄疸、食欲減退 筋肉障害、運動不耐性、筋肉痙攣

    遺伝:
    遺伝性運動失調 2〜6カ月齢最初に見られ後肢の運動失調、進行性悪化する後肢をブラブラさせる行動 跳躍様後肢歩様
    ラブラドールレトリバーの遺伝性ミオパシー 骨格筋量減少 硬直性跳躍歩様 別名:筋ジストロフィー
    アフガンハウンドの遺伝性脊髄症 3〜8カ月齢 ウサギ跳び歩様 進行性不全麻痺および運動失調
    ハウンドの運動失調 ビーグル、フォックスハウンド 後肢の進行性不全麻痺 運動失調
    ミニチュアプードルの脱髄性脊髄症 2〜5カ月齢 進行性拡散性脊髄症 疼痛は正常 脳神経の欠損は存在しない

    骨格:
    骨髄炎 発熱、食欲低下、患部増温、腫脹・圧痛、周辺リンパ節の腫脹、疼痛 跛行 起立不能
    ウォブラー症候群 犬のよろめき症候群 頚椎の異常 後肢運動失調 成長期大型犬
    脊髄腫瘍 大型犬に発生が多い、多く報告:硬膜外腫瘍は原発性の悪性骨腫瘍(骨肉腫、線維肉腫、血管肉腫)、骨・軟部組織への転移性腫瘍

    筋肉:
    代謝性非炎症性ミオパシー 筋肉の脱力、運動不耐性、痙攣および虚脱 吐出 嚥下困難、食道や咽頭異常 暗色尿、筋色素尿症 血色素尿 脳症 嘔吐

    生殖器:
    慢性前立腺炎 老犬 尿路疾患徴候、発熱、嘔吐、裏急後重や運動障害

    中毒:
    きのこ中毒 嘔吐 下痢 腹痛 元気消沈 黄疸 運動失調 発作 昏睡
    テトラサイクリンによる中毒 静注後に急性運動失調、振戦、呼吸困難、虚脱 発熱 腎中毒 肝中毒 肝リピドーシス

    腫瘍:
    副腎褐色細胞腫 稀 頻脈、不整脈、あるいは心雑音が約15%
    脊髄腫瘍 大型犬に発生が多い、多く報告:硬膜外腫瘍は原発性の悪性骨腫瘍(骨肉腫、線維肉腫、血管肉腫)、骨・軟部組織への転移性腫瘍
    リンパ腫様肉芽腫 稀にみられる肺腫瘍 発咳、呼吸困難 運動不耐性 体重減少 食欲不振 50%の症例に発熱
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ 運動失調、痙攣、昏睡、神経質、吠える、顔面筋肉の痙攣、糞尿散乱、嘔吐、瀕脈、全身性痙攣、視力障害(盲目)、昏睡
    肺の腺癌 喀痰を伴わない咳嗽 運動不耐性 呼吸困難 食欲不振 喀血 疼痛 跛行 多飲多尿 筋萎縮 発熱 腹水 四肢腫脹
    肺の扁平上皮癌 荒く喀痰を伴わない咳嗽 呼吸困難 運動不耐性 悪液質 多呼吸 喘鳴 喀血 肥大性骨症 筋神経症・麻痺

四肢障害

    神経:
    尾側頚椎脊髄症 緩慢進行性共調運動不能 後肢不全麻痺 疼痛 グレートデーンやドーベルマンピンシャー、大型・超大型犬
    ミエリン形成不全 四肢・体幹・頭・眼の振戦 起立不能
    多発性神経根神経炎 別名:クーンハウンド麻痺症・急性多発性神経炎 不安と機敏 後肢弱化 四肢麻痺 全身筋肉虚弱
    肥大性神経症 チベタン・マスチフの子犬 四肢麻痺・反射低下
    グロボイド細胞ロイコディストロフィー 若齢 全身の筋力低下 四肢麻痺
    傍腫瘍性多発性神経症 脊髄反射低下 対不全麻痺 四肢不全麻痺
    慢性進行性および再発性多発性神経根神経炎と多発性神経炎 筋力低下 四肢不全麻痺
    壊死性血管炎 頚部硬直、うずくまる姿勢、明らかな脊髄痛、移動性跛行、不全対麻痺、 四肢不全麻痺
    異常フィブリノーゲン血症 体表の血腫 跛行 鼻出血 術後の過剰出血

    感染症:
    舞踏病 ジステンパー 無目的付随時運動 頸部・四肢の痙攣
    エールリッヒア症 リケッチア 稀に関節炎(単発性、多発性のいずれも)および発作 陰嚢および肢の浮腫
    Clostridium botulinum中毒 全身性虚弱 弛緩性四肢麻痺 散瞳 顎の緊張低下、顔面筋低下、嚥下困難

    内分泌:
    高インスリン症性多発性神経症 対不全麻痺 四肢不全麻痺
    甲状腺機能低下性多発性神経症 脊髄反射低下 対不全麻痺 四肢不全麻痺

    腫瘍:
    星状膠細胞腫 神経膠細胞腫瘍 頭蓋内圧↑ 腫瘍付近浮腫 短頭種 発作 方向性欠如 四肢不全麻痺 6―11歳に多い

鼻漏

    感染症:
    ウイルス性鼻炎 水様性両側性分泌物、大きな呼吸音、くしゃみ 鼻炎 新生子 アイリッシュウルフハウンド
    鼻炎 上部気道ウイルス感染に起因 新生子より両側性の膿性鼻汁と痰を伴う咳の慢性症状 アイリッシュウルフハウンド
    パラインフルエンザ ケンネルコーフ 伝染性気管気管支炎 乾燥性の咳 咳の後に吐く動作 嘔吐
    アデノウイルス感染症 発熱、食欲不振、嘔吐、下痢、呼吸器感染症、血便、黄疸
    ヘルペスウイルス感染症 希 体力が弱い時に発症 新生子犬 発熱 元気食欲ない 黄緑色便 下痢
    パラインフルエンザ ケンネルコーフ 伝染性気管気管支炎 乾燥性の咳 咳の後に吐く動作 嘔吐
    レオウイルス感染症 軽い呼吸器症 不顕性
    リノスポリジウム症 菌:Rhinosporidium seeberi 稀な粘膜慢性感染症 鼻汁・出血、いびき カリフラワー状腫瘤は外鼻孔から突出

    鼻:
    鼻炎 上部気道ウイルス感染に起因 新生子より両側性の膿性鼻汁と痰を伴う咳の慢性症状 アイリッシュウルフハウンド
    細菌性鼻炎 くしゃみ、眼ヤニ、膿性鼻汁、発熱
    蓄膿症 慢性的鼻水 嗅覚鈍い 鼻腔に膿蓄積 食欲不振
    リノスポリジウム症 菌:Rhinosporidium seeberi 稀な粘膜慢性感染症 鼻汁・出血、いびき カリフラワー状腫瘤は外鼻孔から突出
    鼻腔内腫瘍 多くが悪性腫瘍 悪性鼻内腫瘍は老齢の長頭種の鼻分泌物の原因 腺癌が犬の鼻腔の最も多い腫瘍
    鼻腔と副鼻腔の軟骨肉腫 鼻出血、慢性鼻汁、腫脹 流涙 くしゃみ 口臭 食欲不振 発作 顔変形 眼球突出
    カルタゲナー症候群 先天的疾患 原発性絨毛運動不全(PCD)の一種 鼻副鼻腔炎、気管支拡張症および内臓逆位
    気道閉塞症候群 50%鼻孔狭窄 呼吸困難、鼻水、いびき 発作 子犬:成長困難
    花粉症 咳 鼻水 くしゃみ 皮膚炎 脱毛 発赤 眼周囲掻痒 犬では皮膚炎が多く皮膚炎の1割以上花粉症
    口蓋裂傷 食物が気管・鼻に漏れる、誤飲性肺炎 呼吸困難 遺伝 哺乳中のくしゃみ、吐き気、発咳 鼻炎
    口腔鼻腔瘻 上顎犬歯付近多い くしゃみ 鼻腔片側の慢性的分泌物 鼻炎 壮齢〜老齢の小型犬
    鼻の腺癌 鼻出血 いびき 口臭 食欲不振 脳への二次的な浸潤による発作 非感染性鼻汁 顔変形 眼球突出
    鼻腔と副鼻腔の線維肉腫 両側性鼻出血 くしゃみ 口臭 食欲不振 元気消沈 発作 鼻滲出物 顔面変形 眼球突出
    鼻腔および副鼻腔の扁平上皮癌 両側性の鼻出血 いびき 脳へ浸潤すると二次的に発作 膿性・血様鼻汁 顔面変形 眼球突出
    結節性多発性動脈炎 嘔吐 疼痛 皮膚潰瘍・発疹 粘膜潰瘍 鼻腔分泌物 脊髄痛 心不全 腎不全、血尿 発熱 関節痛 発作

    副鼻腔:
    軟鼻部の腫瘍 軟鼻部の偏平上皮癌 腫瘍はゆっくりと転移するが切除後に急速に再発
    副鼻腔炎 鼻炎に似ていて、鼻汁、くしゃみ、発熱
    蓄膿症 慢性的鼻水 嗅覚鈍い 鼻腔に膿蓄積 食欲不振
    鼻腔および副鼻腔の扁平上皮癌 両側性の鼻出血 いびき 脳へ浸潤すると二次的に発作 膿性・血様鼻汁 顔面変形 眼球突出
    カルタゲナー症候群 先天的疾患 原発性絨毛運動不全(PCD)の一種 鼻副鼻腔炎、気管支拡張症および内臓逆位

    軟口蓋:
    軟口蓋の異常 大きい呼吸音 吐き気 痰の排泄 イビキ 呼吸困難 肺炎 チアノーゼ 慢性鼻炎
    軟口蓋の欠損 哺乳困難 乳汁の鼻孔からの逆流 吸引性肺炎 呼吸困難で死亡 慢性鼻炎
    口蓋裂傷 食物が気管・鼻に漏れる、誤飲性肺炎 呼吸困難 遺伝 哺乳中のくしゃみ、吐き気、発咳 鼻炎

    呼吸器:
    気管支肺炎 発熱 脈拍増加 可視粘膜貧血 脱水 湿性咳 鼻漏(粘液 膿性 血液) 呼吸速迫 呼吸困難
    気管支炎 咳 無熱 水様性鼻汁 嘔吐
    慢性気管支炎 咳、呼吸時異常音、重症時呼吸困難 細菌感染がおこっていると膿性の鼻水
    肺膿瘍 発熱、咳、呼吸困難、膿性鼻汁 悪化すると慢性毒血症症候群
    血胸 水胸、膿胸、乳糜胸の症状と似る 呼吸困難 聴診・打診音の変化 チアノーゼ 鼻出血 歯肉出血
    煙の吸引 顔面周囲の火傷、重度肺水腫、二次性感染、急性呼吸困難症候群は翌日に発生する事が多い
    花粉症 咳 鼻水 くしゃみ 皮膚炎 脱毛 発赤 眼周囲掻痒 犬では皮膚炎が多く皮膚炎の1割以上花粉症

    アレルギー:
    花粉症 咳 鼻水 くしゃみ 皮膚炎 脱毛 発赤 眼周囲掻痒 犬では皮膚炎が多く皮膚炎の1割以上花粉症

    真菌:
    クリプトコッカス症 深在性真菌症 皮膚:潰瘍・肉芽腫 膿瘍 呼吸型:くしゃみ 粘液様鼻汁 急性壊死性出血性肺炎
    アスペルギルス症 鼻腔型:長頭種 粘液膿性鼻分泌物血液混 播種型:ジャーマンシェパード 沈鬱、発熱 骨髄炎

    内部寄生虫:
    ヘパトゾーン症 原虫 マダニ媒介 発熱 貧血 下痢 食欲不振 歩行異常 腰痛 筋肉知覚過敏 目脂 鼻汁

    腫瘍:
    鼻腔内腫瘍 多くが悪性腫瘍 悪性鼻内腫瘍は老齢の長頭種の鼻分泌物の原因 腺癌が犬の鼻腔の最も多い腫瘍
    鼻腔と副鼻腔の線維肉腫 両側性鼻出血 くしゃみ 口臭 食欲不振 元気消沈 発作 鼻滲出物 顔面変形 眼球突出
    軟鼻部の腫瘍 軟鼻部の偏平上皮癌 腫瘍はゆっくりと転移するが切除後に急速に再発
    鼻の腺癌 鼻出血 いびき 口臭 食欲不振 脳への二次的な浸潤による発作 非感染性鼻汁 顔変形 眼球突出
    口腔腫瘍 流涎 口臭、出血 嚥下困難 体重減少 下顎や後咽頭リンパ節腫大 眼球突出 顔面左右不対称 くしゃみ 鼻汁

    遺伝:
    軟口蓋の異常 大きい呼吸音 吐き気 痰の排泄 イビキ 呼吸困難 肺炎 チアノーゼ 慢性鼻炎
    軟口蓋の欠損 哺乳困難 乳汁の鼻孔からの逆流 吸引性肺炎 呼吸困難で死亡 慢性鼻炎
    口蓋裂傷 食物が気管・鼻に漏れる、誤飲性肺炎 呼吸困難 遺伝 哺乳中のくしゃみ、吐き気、発咳 鼻炎

鼻出血

    鼻:
    異物性鼻炎 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、鼻出血 膿や発熱、眼ヤニ
    鼻腔の外傷 鼻出血 いびき
    リノスポリジウム症 菌:Rhinosporidium seeberi 稀な粘膜慢性感染症 鼻汁・出血、いびき カリフラワー状腫瘤は外鼻孔から突出
    鼻腔内腫瘍 多くが悪性腫瘍 悪性鼻内腫瘍は老齢の長頭種の鼻分泌物の原因 腺癌が犬の鼻腔の最も多い腫瘍
    鼻の腺癌 鼻出血 いびき 口臭 食欲不振 脳への二次的な浸潤による発作 非感染性鼻汁 顔変形 眼球突出
    可移植性生殖器肉腫 生殖器のものより肉茎が小さい 性器の良性肉腫 陰部・陰茎の血様排泄物 カリフラワー状 出血
    軟鼻部の腫瘍 軟鼻部の偏平上皮癌 腫瘍はゆっくりと転移するが切除後に急速に再発
    鼻腔と副鼻腔の軟骨肉腫 鼻出血、慢性鼻汁、腫脹 流涙 くしゃみ 口臭 食欲不振 発作 顔変形 眼球突出
    鼻および副鼻腔の腫瘍 他の慢性の鼻疾患での症状に似ている 神経症状 発作、盲目、旋回、反対側顔面の痛覚鈍麻
    鼻腔と副鼻腔の線維肉腫 両側性鼻出血 くしゃみ 口臭 食欲不振 元気消沈 発作 鼻滲出物 顔面変形 眼球突出
    鼻腔および副鼻腔の扁平上皮癌 両側性の鼻出血 いびき 脳へ浸潤すると二次的に発作 膿性・血様鼻汁 顔面変形 眼球突出

    神経:
    頭部外傷

    感染症:
    フィラリアによる肝臓障害 被毛不良、貧血、胃腸障害、黄疸、腹水、出血傾向(吐血、鼻出血など)、肝性昏睡
    エールリッヒア症 リケッチア 内発的出血(くしゃみ、鼻出血) 血小板減少症による粘膜の点状出血
    リーシュマニア症 住血鞭毛虫類の原虫 鼻出血10-37% 多くは片側性

    内分泌:
    副腎髄質の腫瘍 高血圧 浅速呼吸、呼吸困難、落着かない、不快感 体表静脈浮き立ち拡張 鬱血性心不全、頻脈、鼻血
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧

    口腔:
    口腔内異物 流涎→異物感 口唇に血液付着 疼痛 食事不可 異物刺激:口粘膜充血・腫脹 鼻出血

    呼吸器:
    喀血
    血胸 水胸、膿胸、乳糜胸の症状と似る 呼吸困難 可視粘膜蒼白 チアノーゼ 鼻出血 下血 血尿

    代謝障害:
    異常フィブリノーゲン血症 体表の血腫 跛行 鼻出血 術後の過剰出血

    骨格:
    多発性骨髄腫 食欲不振、脱力感 多飲多尿 高Ca血症、出血傾向  麻痺や疼痛

    循環器:
    高血圧 網膜剥離、網膜浮腫、網膜出血、網膜血管蛇行
    動脈性高血圧 脳・心臓・腎臓障害

    凝固系:
    全身性の血液凝固異常
    血小板減少症 全身皮膚粘膜に血斑 点状出血が口腔粘膜等 鼻出血、歯肉出血、前眼房や眼底の出血、吐血、下血、血尿 貧血
    免疫介在性血小板減少症 鼻出血 無気力 虚弱 血尿 血便 喀血 メレナ(タール便) 皮膚の点状・斑状出血
    免疫性血小板性紫斑 ITP 激しい血小板破壊 血小板生存期間短縮 出血:鼻血・歯肉出血・吐血・メレナ(タール便) 脾腫を伴う場合と伴わない場合あり

    腫瘍:
    鼻腔と副鼻腔の軟骨肉腫 鼻出血、慢性鼻汁、腫脹 流涙 くしゃみ 口臭 食欲不振 発作 顔変形 眼球突出
    鼻の腺癌 鼻出血 いびき 口臭 食欲不振 脳への二次的な浸潤による発作 非感染性鼻汁 顔変形 眼球突出
    可移植性生殖器肉腫 生殖器のものより肉茎が小さい 性器の良性肉腫 陰部・陰茎の血様排泄物 カリフラワー状 出血
    副腎髄質の腫瘍 高血圧 浅速呼吸、呼吸困難、落着かない、不快感 体表静脈浮き立ち拡張 鬱血性心不全、頻脈、鼻血
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧
    鼻腔と副鼻腔の線維肉腫 両側性鼻出血 くしゃみ 口臭 食欲不振 元気消沈 発作 鼻滲出物 顔面変形 眼球突出
    多発性骨髄腫 食欲不振、脱力感 多飲多尿 高Ca血症、出血傾向(鼻と粘膜) 麻痺や疼痛
    パラプロテイン血症 跛行 不全麻痺 衰弱 体重減少 鼻出血 歯肉出血 点状出血 斑状出血 下血

鼻鏡がひび割れる

    感染症:
    ジステンパー 呼吸器・消化器・脳神経症状 結膜炎 鼻炎 発熱 食欲不振 脱水 肺炎 咳 下痢 癲癇様発作

    栄養:
    亜鉛欠乏性皮膚炎 脱毛が顔面と耳介 掻痒はない 陰嚢 外陰部とその周囲に脱毛等 色素沈着

    皮膚:
    鼻蹠角化亢進症 鼻鏡部他が過剰増殖、乾燥、硬化、ひび割れ 四肢のパッド 跛行

    神経:
    特発性顔面麻痺 瞬目消失 口唇下垂 耳の下垂 流涎過剰 涙腺の神経が冒されると眼・外鼻孔乾燥

発咳


    感染症:
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    フィラリア・オカルト感染犬のアレルギー性肺炎 オカルト感染例の10〜15% 呼吸困難、発咳、運動不耐性
    フィラリア・オカルト感染犬の好酸球性肺肉芽腫 咳 呼吸困難 好酸球増多症 好塩球増多症 高グロブリン血症 胸膜浸潤
    ジステンパー 呼吸器・消化器・脳神経症状 結膜炎 鼻炎 発熱 食欲不振 脱水 肺炎 咳 下痢 癲癇様発作
    レオウイルス感染症 軽い呼吸器症 不顕性
    パラインフルエンザ ケンネルコーフ 伝染性気管気管支炎 乾燥性の咳 咳の後に吐く動作 嘔吐
    ロッキー山紅斑熱 リケッチア 人畜共通感染症 マダニで伝播 Rickettsia rickettsii 沈鬱 発熱 嘔吐 下痢
    トキソプラズマ症 不顕性感染 下痢、筋肉脱力、呼吸困難 幼犬 発熱、リンパ節腫脹、嘔吐 鼻汁 咳 呼吸困難 眼障害

    内部寄生虫:
    寄生虫内蔵移行症 主に若い6週齢以下 咳 呼吸困難
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 子虫の迷入に起因する好酸球増多反応で生じる発咳
    肺吸虫 不顕性感染 発咳、痰、血痰、呼吸速迫、呼吸困難(気胸)、食欲不振、体重減少
    犬肺虫 Filaroides hirthi 免疫抑制剤(グルココルチコイドなど)投与における咳や呼吸障害

    循環器:
    僧帽弁閉鎖不全 MR 左心不全 咳 末期には激しい咳 心臓肥大により心臓上を通る気管圧迫
    肺動脈高血圧 僧帽弁閉鎖不全症 フィラリア 初期:咳 運動不耐性 腹水 胸水
    感染性心内膜炎 虚弱、跛行、咳、運動不耐性 不整脈 鼻出血 チアノーゼ 関節炎 神経症状
    心筋炎 心筋の炎症 鬱血性心不全に関連する発咳、運動不耐性、呼吸困難 不整脈関連の失神と虚弱
    心不全 咳 呼吸困難 運動不耐性 失神 肺不全による酸素負荷か低下
    慢性心不全 咳、不活発、運動不耐性、呼吸困難
    肥大型心筋症 左心室肥大 発咳、不整脈、削痩 末期:呼吸困難、失神、起立不能、突然死
    鬱血性心筋症(犬の拡張性心筋症) 左心不全は肺水腫、発咳、失神を伴いドーベルマン、ボクサー、コッカースパニエルに多発
    門脈高血圧 腹部膨大 肝性脳障害 発咳、運動不耐性、呼吸困難 脾・肝腫大 頸静脈拡張、不整脈、腹水、黄疸
    心房性頻脈 重症な心疾患の犬 鬱血性心不全 失神 発咳 呼吸困難 運動不耐性 心雑音
    肺動脈血栓塞栓症 急性呼吸困難、虚脱、咳、喀血、虚弱、頻拍、動脈拍動の減弱、頸静脈怒張、蒼白 チアノーゼ 第二心音分裂
    心房性期外収縮 不整脈 心雑音 奔馬調 鬱血性心不全の徴候 無症状 発咳・呼吸困難 運動不耐性 失神
    房室弁心内膜症 僧帽弁又は三尖弁の慢性変性性疾患 発咳、運動不耐性・呼吸困難 腹囲膨満、喀血、チアノーゼ 失神
    腹膜心膜ヘルニア 腹側正中線の胎子性異常 心膜と腹膜腔との間に交通 嘔吐 下痢 体重減少 腹部疼痛 発咳 呼吸困難

    呼吸器:
    咽喉頭炎
    肺石灰化 高齢 運動不耐性 咳嗽 呼吸困難 チアノーゼ 異常呼吸音
    短頭種症候群 呼吸異常 喉がつまったような 吸気困難 失神 いびき
    アレルギー性肺炎 症状は非常に多種多様 抗菌薬療法に反応しない咳嗽 発熱 呼吸困難 異常呼吸音 断続性ラ音
    喉頭炎 声の変化 しわがれ声 運動時チアノーゼ 食事や水を飲む時にむせる 嘔吐 呼吸困難 咳
    喉頭麻痺 重度吸気性呼吸困難 吸気性喘鳴 発声音変化 運動不耐性 咳嗽 嚥下障害 吐出 高体温 チアノーゼ 肺水腫
    気管支炎 咳 無熱 水様性鼻汁 嘔吐
    気管支肺炎 発熱 脈拍増加 可視粘膜貧血 脱水 湿性咳 鼻漏(粘液 膿性 血液) 呼吸速迫 呼吸困難
    慢性気管支炎 咳、呼吸時異常音、重症時呼吸困難 細菌感染がおこっていると膿性の鼻水
    気管支内異物 重度の発作性発咳または呼吸困難 肺炎
    アレルギー性気管支炎 空咳 通常は発熱や食欲不振など他の症状はみられない
    気管虚脱 ガンと鳴く乾性間欠的発咳 興奮 運動 飲水 食事中 チアノーゼ 痙攣 小型犬や短頭種 肥満
    煙の吸引 顔面周囲の火傷、重度肺水腫、二次性感染、急性呼吸困難症候群は翌日に発生する事が多い
    吸引性肺炎 異物が肺に吸引 急性呼吸困難、咳、嘔吐
    肺炎
    細菌性肺炎 咳、くしゃみ、発熱、食欲不振、呼吸困難
    肉芽腫性肺障害 食欲不振 体重減少 発熱 咳 呼吸速迫肺門リンパ節腫大 肺浸潤
    肺気腫 呼吸困難、咳 くしゃみ 猟犬などの過剰労働をする犬やウェストハイランド・ホワイトテリア
    肺葉捻転 沈鬱、発熱、虚弱、虚脱 呼吸困難、起座呼吸、咳嗽、喀血 胸部腹側の濁音、頻脈、チアノーゼ、ショック
    好酸球性肺炎 PIE 発咳 重症:呼吸困難 沈鬱 食欲欠乏 発熱 好酸球数増加
    肺性好酸球浸潤 体重減少 咳 呼吸速迫 発熱 人間の肺性過敏症に似ている
    肺水腫 咳、呼吸困難、チアノーゼなどですが、急激な場合は激しい咳とともに血様の泡状の液体を鼻から出す
    肺内出血 呼吸困難 重症例:不安 可視粘膜チアノーゼ 喀血持続:可視粘膜退色 瀕脈 血圧の低下
    肺線維症 長期にわたり悪化する呼吸促進・運動不耐性 咳は稀だが気管支炎に線維症合併すると出る
    肺腫瘍 原発性 疲労しやすい 食欲不振 体重減少 発熱 呼吸速迫 呼吸困難 咳 喀血
    肺腫瘍 転移性 咳と呼吸困難 予後悪い
    肺の腺癌 喀痰を伴わない咳嗽 運動不耐性 呼吸困難 食欲不振 喀血 疼痛 跛行 多飲多尿 筋萎縮 発熱 腹水 四肢腫脹
    リンパ腫様肉芽腫 稀にみられる肺腫瘍 発咳、呼吸困難 運動不耐性 体重減少 食欲不振 50%の症例に発熱
    肺の扁平上皮癌 荒く喀痰を伴わない咳嗽 呼吸困難 運動不耐性 悪液質 多呼吸 喘鳴 喀血 肥大性骨症 筋神経症・麻痺
    花粉症 咳 鼻水 くしゃみ 皮膚炎 脱毛 発赤 眼周囲掻痒 犬では皮膚炎が多く皮膚炎の1割以上花粉症
    胸膜滲出 胸膜腔内の異常な体液貯溜 呼吸困難 呼吸促迫 起座呼吸 開口呼吸 チアノーゼ 運動不耐性 発咳
    漏斗胸 呼吸困難 運動不耐性 体重減少 過呼吸 再発性肺感染 咳 嘔吐 チアノーゼ 軽度上部気道疾患
    横隔膜ヘルニア 慢性:運動後の咳 疲労などの慢性呼吸器病類似症状
    外傷性横隔膜ヘルニア 慢性:運動後の咳 疲労などの慢性呼吸器病類似症状
    先天性横隔膜ヘルニア CDH 慢性:運動後の咳 疲労などの慢性呼吸器病類似症状
    胸腺腫 稀 発咳、体重減少、嚥下困難、流涎、呼吸困難 頭・頸・前肢腫脹 筋無力症による筋の脱力・巨大食道

    口腔:
    扁桃の腫瘍 腫瘍塊の咽頭刺激 吐き気 咳 扁平上皮癌 リンパ肉腫
    扁桃炎 吐き気 発赤・腫脹 壊死巣・膿瘍散在 白・灰色物質で覆われる 発熱 嚥下困難 流涎 嘔吐

    骨格:
    肥大性骨関節症 肺性骨関節症 マリー病 長骨の骨膜肥厚・四肢の軟部組織の腫脹
    口蓋裂傷 食物が気管・鼻に漏れる、誤飲性肺炎 呼吸困難 遺伝 哺乳中のくしゃみ、吐き気、発咳 鼻炎

    真菌:
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 慢性の咳 水様性下痢 不顕性感染 痰
    コクシジオイデス症 深在性真菌症 咳、微熱、、骨病変 非化膿性骨髄炎 病変は長骨骨幹部 跛行、軟部組織腫脹、疼痛
    ブラストミセス症 深在性真菌症 肺・皮膚・眼・骨が侵され全身性感染 乾性咳 発熱 削痩 呼吸困難 縦隔リンパ節腫大 皮下膿瘍
    全身性真菌症 消化器であれば下痢、嘔吐、呼吸器であれば咳や呼吸困難と様々

    内分泌:
    栄養性上皮小体機能亢進症 肉主体の食餌 病的骨折 跛行 歩様異常
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧
    甲状腺腫瘍 嚥下困難、呼吸困難、鳴き声変化 多渇、多尿、食欲亢進、喘ぎ呼吸、落ち着きのなさ、筋脱力、頻脈

    免疫介在性疾患:
    食物アレルギー 喘息 気管支炎
    全身性紅斑性狼瘡 歩様異常 皮膚病変(潰瘍 紅斑 脱毛) 発熱 嗜眠 食欲不振 関節炎 血小板減少 リンパ腫脹

    腫瘍:
    扁桃の腫瘍 腫瘍塊の咽頭刺激 吐き気 咳 扁平上皮癌 リンパ肉腫
    肝臓癌
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧
    肺の腺癌 喀痰を伴わない咳嗽 運動不耐性 呼吸困難 食欲不振 喀血 疼痛 跛行 多飲多尿 筋萎縮 発熱 腹水 四肢腫脹
    リンパ腫様肉芽腫 稀にみられる肺腫瘍 発咳、呼吸困難 運動不耐性 体重減少 食欲不振 50%の症例に発熱
    肺の扁平上皮癌 荒く喀痰を伴わない咳嗽 呼吸困難 運動不耐性 悪液質 多呼吸 喘鳴 喀血 肥大性骨症 筋神経症・麻痺
    胸腺腫 稀 発咳、体重減少、嚥下困難、流涎、呼吸困難 頭・頸・前肢腫脹 筋無力症による筋の脱力・巨大食道

    薬物・中毒:
    ACE阻害剤 長期投与の副作用:咳、高窒素血症、低血圧、胃腸障害

くしゃみ

    感染症:
    鼻炎 上部気道ウイルス感染に起因 新生子より両側性の膿性鼻汁と痰を伴う咳の慢性症状 アイリッシュウルフハウンド
    ウイルス性鼻炎 水様性両側性分泌物、大きな呼吸音、くしゃみ 鼻炎 新生子 アイリッシュウルフハウンド
    細菌性鼻炎 くしゃみ、眼ヤニ、膿性鼻汁、発熱
    エールリッヒア症 リケッチア 内発的出血(くしゃみ、鼻出血) 血小板減少症による粘膜の点状出血

    真菌:
    真菌性鼻炎 甲介の空気含有部に充満した菌糸の凝集塊(真菌玉)が特徴 アスペルギルス症を参照
    クリプトコッカス症 深在性真菌症 皮膚:潰瘍・肉芽腫 膿瘍 呼吸型:くしゃみ 粘液様鼻汁 急性壊死性出血性肺炎

    品種:
    短頭種症候群 呼吸異常 喉がつまったような 吸気困難 失神
    肺気腫 呼吸困難、咳 くしゃみ 猟犬などの過剰労働をする犬やウェストハイランド・ホワイトテリア

    呼吸器:
    異物性鼻炎 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、鼻出血 膿や発熱、眼ヤニ
    逆くしゃみ 10秒から2分間 多大な音をたて 無理矢理息を吹続ける 散発的 頭を前に伸ばして立ち尽くす
    副鼻腔炎 鼻炎に似ていて、鼻汁、くしゃみ、発熱
    肺気腫 呼吸困難、咳 くしゃみ 猟犬などの過剰労働をする犬やウェストハイランド・ホワイトテリア
    吸引性肺炎 異物が肺に吸引 急性呼吸困難、咳、嘔吐
    細菌性肺炎 咳、くしゃみ、発熱、食欲不振、呼吸困難
    口蓋裂傷 食物が気管・鼻に漏れる、誤飲性肺炎 呼吸困難 遺伝 哺乳中のくしゃみ、吐き気、発咳 鼻炎
    口腔鼻腔瘻 上顎犬歯付近多い くしゃみ 鼻腔片側の慢性的分泌物 鼻炎 壮齢〜老齢の小型犬
    鼻腔と副鼻腔の軟骨肉腫 鼻出血、慢性鼻汁、腫脹 流涙 くしゃみ 口臭 食欲不振 発作 顔変形 眼球突出
    花粉症 咳 鼻水 くしゃみ 皮膚炎 脱毛 発赤 眼周囲掻痒 犬では皮膚炎が多く皮膚炎の1割以上花粉症
    鼻腔と副鼻腔の線維肉腫 両側性鼻出血 くしゃみ 口臭 食欲不振 元気消沈 発作 鼻滲出物 顔面変形 眼球突出

    外部寄生虫:
    鼻炎 上部気道ウイルス感染に起因 新生子より両側性の膿性鼻汁と痰を伴う咳の慢性症状 アイリッシュウルフハウンド

    腫瘍:
    鼻腔と副鼻腔の軟骨肉腫 鼻出血、慢性鼻汁、腫脹 流涙 くしゃみ 口臭 食欲不振 発作 顔変形 眼球突出
    鼻腔と副鼻腔の線維肉腫 両側性鼻出血 くしゃみ 口臭 食欲不振 元気消沈 発作 鼻滲出物 顔面変形 眼球突出

いびき

    鼻:
    外鼻孔の先天的狭窄 呼吸時にいびきのような異常音、鼻風船、口から空気を取り入れる ブルドッグ他
    鼻炎 上部気道ウイルス感染に起因 新生子より両側性の膿性鼻汁と痰を伴う咳の慢性症状 アイリッシュウルフハウンド
    異物性鼻炎 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、鼻出血 膿や発熱、眼ヤニ
    リノスポリジウム症 菌:Rhinosporidium seeberi 稀な粘膜慢性感染症 鼻汁・出血、いびき カリフラワー状腫瘤は外鼻孔から突出
    鼻腔の外傷 鼻出血
    気道閉塞症候群 50%鼻孔狭窄 呼吸困難、鼻水、いびき 発作 子犬:成長困難
    短頭種症候群 呼吸異常 喉がつまったような 吸気困難 失神
    鼻腔内腫瘍 多くが悪性腫瘍 悪性鼻内腫瘍は老齢の長頭種の鼻分泌物の原因 腺癌が犬の鼻腔の最も多い腫瘍
    鼻の腺癌 鼻出血 いびき 口臭 食欲不振 脳への二次的な浸潤による発作 非感染性鼻汁 顔変形 眼球突出
    軟鼻部の腫瘍 軟鼻部の偏平上皮癌 腫瘍はゆっくりと転移するが切除後に急速に再発
    鼻および副鼻腔の腫瘍 他の慢性の鼻疾患での症状に似ている 神経症状 発作、盲目、旋回、反対側顔面の痛覚鈍麻
    鼻腔および副鼻腔の扁平上皮癌 両側性の鼻出血 いびき 脳へ浸潤すると二次的に発作 膿性・血様鼻汁 顔面変形 眼球突出

    軟口蓋:
    軟口蓋の異常 大きい呼吸音 吐き気 痰の排泄 イビキ 呼吸困難 肺炎 チアノーゼ 慢性鼻炎
    軟口蓋過長症 呼吸時の大きな音、いびき、呼吸困難 頑固な嘔吐 短頭種、パグ、ブルドッグ チャウチャウ
    軟口蓋伸張 頑固な嘔吐 咳 イビキ 軟口蓋の後端が喉頭内に吸引されて呼吸障害が起こる ブルドッグ チャウチャウ

    腫瘍:
    鼻腔内腫瘍 多くが悪性腫瘍 悪性鼻内腫瘍は老齢の長頭種の鼻分泌物の原因 腺癌が犬の鼻腔の最も多い腫瘍
    鼻の腺癌 鼻出血 いびき 口臭 食欲不振 脳への二次的な浸潤による発作 非感染性鼻汁 顔変形 眼球突出
    軟鼻部の腫瘍 軟鼻部の偏平上皮癌 腫瘍はゆっくりと転移するが切除後に急速に再発
    鼻および副鼻腔の腫瘍 他の慢性の鼻疾患での症状に似ている 神経症状 発作、盲目、旋回、反対側顔面の痛覚鈍麻

    品種:
    短頭種症候群 呼吸異常 喉がつまったような 吸気困難 失神
    軟口蓋過長症 呼吸時の大きな音、いびき、呼吸困難 頑固な嘔吐 短頭種、パグ、ブルドッグ チャウチャウ
    軟口蓋伸張 頑固な嘔吐 咳 イビキ 軟口蓋の後端が喉頭内に吸引されて呼吸障害が起こる ブルドッグ チャウチャウ
    外鼻孔の先天的狭窄 呼吸時にいびきのような異常音、鼻風船、口から空気を取り入れる ブルドッグ他
    鼻炎 上部気道ウイルス感染に起因 新生子より両側性の膿性鼻汁と痰を伴う咳の慢性症状 アイリッシュウルフハウンド

呼吸困難

    感染症:
    ジステンパー 呼吸器・消化器・脳神経症状 結膜炎 鼻炎 発熱 食欲不振 脱水 肺炎 咳 下痢 癲癇様発作
    ジステンパー性脳炎 癲癇様発作 運動障害 膝蓋反射亢進 斜視 呼吸困難 全身痙攣 後肢の麻痺
    ヘルペスウイルス感染症 希 体力が弱い時に発症 新生子犬 発熱 元気食欲ない 黄緑色便 下痢
    パラインフルエンザ ケンネルコーフ 伝染性気管気管支炎 乾燥性の咳 咳の後に吐く動作 嘔吐
    結核 不顕性感染 咳 多尿多飲 悪臭のある軟便 黄疸 嘔吐 脱水 皮膚の潰瘍
    炭疽 Bacillus anthracis 限局性咽頭炎 胃腸障害 浮腫:口唇・顔面・頭部・頸部 敗血症:発熱・ショック・腎不全・呼吸困難・急死
    エールリッヒア症 リケッチア 呼吸困難(場合によってはチアノーゼ)を含む呼吸器症状 気管支小胞音が増大
    全身性真菌症 消化器であれば下痢、嘔吐、呼吸器であれば咳や呼吸困難と様々
    アクチノマイコージス
    ノカルジア症 化膿性肉芽腫 四肢・頚部皮下の化膿と膿瘍 跛行 瘻管・滲出液排泄 リンパ節・肝・脾腫大 腹水 腹膜炎 咳
    コクシジオイデス症 深在性真菌症 咳、微熱、、骨病変 非化膿性骨髄炎 病変は長骨骨幹部 跛行、軟部組織腫脹、疼痛
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 水様から血様の下痢、しぶり、出血、粘液

    内部寄生虫:
    フィラリア・オカルト感染犬のアレルギー性肺炎 オカルト感染例の10〜15% 呼吸困難、発咳、運動不耐性
    フィラリア・オカルト感染犬の好酸球性肺肉芽腫 咳 呼吸困難 好酸球増多症 好塩球増多症 高グロブリン血症 胸膜浸潤
    バベシア ギブソニ 非定型的症状として呼吸困難
    肺吸虫 不顕性感染 発咳、痰、血痰、呼吸速迫、呼吸困難(気胸)、食欲不振、体重減少
    犬肺虫 Filaroides hirthi 免疫抑制剤(グルココルチコイドなど)投与における咳や呼吸障害
    ニューモシスティス症 Pneumocystis 呼吸困難、頻脈、気管の乾性雑音、衰弱 ダックスフンド6カ月齢以下

    肺炎:
    好酸球性肺炎 PIE 発咳 重症:呼吸困難 沈鬱 食欲欠乏 発熱 好酸球数増加
    気管支肺炎 発熱 脈拍増加 可視粘膜貧血 脱水 湿性咳 鼻漏(粘液 膿性 血液) 呼吸速迫 呼吸困難
    細菌性肺炎 咳、くしゃみ、発熱、食欲不振、呼吸困難
    吸引性肺炎 異物が肺に吸引 急性呼吸困難、咳、嘔吐

    肺:
    急性呼吸促迫症候群 多様な急性肺損傷および非心原性肺水腫により生じる致死的急性呼吸不全
    喀血
    肺水腫 咳、呼吸困難、チアノーゼなどですが、急激な場合は激しい咳とともに血様の泡状の液体を鼻から出す
    非心原性肺水腫 呼吸困難、呼吸速迫 聴診:捻髪音 横臥を嫌い犬座< 可視粘膜は暗紫色またはチアノーゼ
    肺内出血 呼吸困難 重症例:不安 可視粘膜チアノーゼ 喀血持続:可視粘膜退色 瀕脈 血圧の低下
    肺石灰化 高齢 運動不耐性 咳嗽 呼吸困難 チアノーゼ 異常呼吸音
    肺腫瘍 原発性 疲労しやすい 食欲不振 体重減少 発熱 呼吸速迫 呼吸困難 咳 喀血
    肺腫瘍 転移性 咳と呼吸困難 予後悪い
    リンパ腫様肉芽腫 稀にみられる肺腫瘍 発咳、呼吸困難 運動不耐性 体重減少 食欲不振 50%の症例に発熱
    肺の腺癌 喀痰を伴わない咳嗽 運動不耐性 呼吸困難 食欲不振 喀血 疼痛 跛行 多飲多尿 筋萎縮 発熱 腹水 四肢腫脹
    肺の扁平上皮癌 荒く喀痰を伴わない咳嗽 呼吸困難 運動不耐性 悪液質 多呼吸 喘鳴 喀血 肥大性骨症 筋神経症・麻痺
    黒色腫 メラノーマ 進行した病態の動物では肺転移のため呼吸困難または荒い肺音が聴取
    肺膿瘍 発熱、咳、呼吸困難、膿性鼻汁 悪化すると慢性毒血症症候群
    肺気腫 呼吸困難、咳 くしゃみ 猟犬などの過剰労働をする犬やウェストハイランド・ホワイトテリア
    肺挫傷 出血や分泌物により呼吸困難、疼痛、二次性肺炎 肋骨骨折、横隔膜ヘルニア、外傷性心筋炎も併発
    煙の吸引 顔面周囲の火傷、重度肺水腫、二次性感染、急性呼吸困難症候群は翌日に発生する事が多い
    溺死に近い状態 意識消失や重度の呼吸困難か呼吸停止 聴診では重度の湿性握雪音または肺音の消失
    肺炎
    肺の血栓塞栓性疾患 多いのはフィラリア 呼吸困難、呼吸促迫
    肺性好酸球浸潤 体重減少 咳 呼吸速迫 発熱 人間の肺性過敏症に似ている
    肺線維症 長期にわたり悪化する呼吸促進・運動不耐性 咳は稀 小型テリア種 特にウェストハイランドホワイトテリア
    肥満(ピックウイック症候群) 胸腔内および腹腔内の脂肪が吸気時に胸腔と肺の膨張を干渉し、低換気を引き起こす
    乳糜胸 呼吸困難頻脈 低体温 可視粘膜貧血 糸状脈 虚脱 乏尿 多飲多渇 浮腫 打診による濁音
    口蓋裂傷 食物が気管・鼻に漏れる、誤飲性肺炎 呼吸困難 遺伝 哺乳中のくしゃみ、吐き気、発咳 鼻炎
    肺葉捻転 沈鬱、発熱、虚弱、虚脱 呼吸困難、起座呼吸、咳嗽、喀血 胸部腹側の濁音、頻脈、チアノーゼ、ショック
    アレルギー性肺炎 症状は非常に多種多様 咳嗽 発熱 呼吸困難 異常呼吸音 断続性ラ音 運動不耐性 末梢リンパ節腫大
    低グロブリン血症 アルブミンを除く血清タンパク量が正常なグロブリン濃度より低い 下痢 再発性上部呼吸器疾患 肺炎 皮膚炎

    上部呼吸器:
    軟口蓋の異常 大きい呼吸音 吐き気 痰の排泄 イビキ 呼吸困難 肺炎 チアノーゼ 慢性鼻炎
    軟口蓋の欠損 哺乳困難 乳汁の鼻孔からの逆流 吸引性肺炎 呼吸困難で死亡 慢性鼻炎
    軟口蓋過長症 呼吸時の大きな音、いびき、呼吸困難 短頭種、パグ、ブルドッグ
    喉頭炎 声の変化 しわがれ声 運動時チアノーゼ 食事や水を飲む時にむせる 嘔吐 呼吸困難 咳
    喉頭麻痺 重度吸気性呼吸困難 吸気性喘鳴 発声音変化 運動不耐性 咳嗽 嚥下障害 吐出 高体温 チアノーゼ 肺水腫
    咽頭麻痺 嚥下困難 流涎 吸引性肺炎による咳、呼吸困難 咀嚼困難、口が閉じず舌が出たまま 鳴き声の変化
    喉頭水腫 短頭種や肥満犬 耳障りな浅速呼吸、呼吸困難 突発的なチアノーゼ 急死
    喉頭頭腫瘍 声帯組織由来炎症性ポリープは軽度な閉塞性呼吸困難の原因としては稀 原発性腫瘍は稀で閉塞性呼吸困難
    慢性気管支炎 咳、呼吸時異常音、重症時呼吸困難 細菌感染がおこっていると膿性の鼻水
    気管虚脱 ガンと鳴く乾性間欠的発咳 興奮 運動 飲水 食事中 チアノーゼ 痙攣 小型犬や短頭種 肥満
    気管支内異物 重度の発作性発咳または呼吸困難 肺炎
    原発性絨毛運動不全 中耳炎、聴覚喪失、水頭症、腎尿細管の拡張、雄の不妊症 呼吸器感染症 若齢犬
    カルタゲナー症候群 先天的疾患 原発性絨毛運動不全(PCD)の一種 鼻副鼻腔炎、気管支拡張症および内臓逆位
    外鼻孔の先天的狭窄 呼吸時にいびきのような異常音、鼻風船、口から空気を取り入れる ブルドッグ他
    致死性肢端皮膚炎 ホワイト・ブルテリア特有 遺伝 致死的 2〜3カ月齢 趾間の足皮膚炎 下痢 気管枝肺炎 呼吸困難
    低グロブリン血症 アルブミンを除く血清タンパク量が正常なグロブリン濃度より低い 下痢 再発性上部呼吸器疾患 肺炎 皮膚炎
    パンティング 浅く速い呼吸で、しばしば舌を突出しながら開口呼吸

    胸腔性:
    気胸 呼吸困難 可視粘膜チアノーゼ 罹患側の胸壁の隆起と打診時の鼓音 胸壁の穿孔創・肋骨骨折を認めることがある
    水胸 呼吸促拍・呼吸困難 聴診・打診音変化 犬の姿勢の変化:頭・頚部を前方に伸展 犬座姿勢
    膿胸 発熱 食欲不振 体重減少 呼吸速迫 リンパ節腫大 悪い方の肺を下にして寝る
    血胸 水胸、膿胸、乳糜胸の症状と似る 呼吸困難 聴診・打診音の変化 可視粘膜蒼白
    縦隔気腫 多くは無症状 低血圧 呼吸不全 疼痛 食欲廃絶 嘔吐呼吸困難 チアノーゼ 皮下気腫念髪音
    乳糜胸 呼吸困難頻脈 低体温 可視粘膜貧血 糸状脈 虚脱 乏尿 多飲多渇 浮腫 打診による濁音
    横隔膜ヘルニア 急性:呼吸困難 横臥を嫌い 犬座 腹式呼吸 腹部縮小 粘膜蒼白 咳 疲労
    外傷性横隔膜ヘルニア 交通事故起因多い 24時間以内の死亡率が高い 急性:呼吸困難 横臥を嫌い 犬座 起立位 腹式呼吸
    心嚢横隔膜ヘルニア 腹腔臓器が心膜腔内に陥入 先天性非外傷性  症状は多彩 運動不耐性 頻呼吸 呼吸困難 扁平な腹囲
    腹水
    食道裂孔ヘルニア 腹腔内容が横隔膜の食道裂孔を通して胸腔に突出 嘔吐 逆流 唾液分泌過多 呼吸困難 吐血
    食道裂孔の異常 逆流 吐血 呼吸困難 チアノーゼ 腹痛
    胸膜炎 浅速呼吸 犬座姿勢 疼痛 発熱 発咳 呼吸困難 チアノーゼ 脱水 痩せる
    胸膜滲出 胸膜腔内の異常な体液貯溜 呼吸困難 呼吸促迫 起座呼吸 開口呼吸 チアノーゼ 運動不耐性 発咳
    漏斗胸 呼吸困難 運動不耐性 体重減少 過呼吸 再発性肺感染 咳 嘔吐 チアノーゼ 軽度上部気道疾患
    中皮腫 胸腔、心嚢、腹腔、陰嚢内膜に生じる 血様滲出物および臓器の変位 呼吸困難 運動不耐性 縦隔腫瘤 嘔吐
    胸線型リンパ腫 若齢犬 胸水 腫瘤圧迫による呼吸器症状 前大静脈症候群 高Ca血症
    胸腺腫 稀 発咳、体重減少、嚥下困難、流涎、呼吸困難 頭・頸・前肢腫脹 筋無力症による筋の脱力・巨大食道

    循環器:
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    肺性心 咳 呼吸困難 腹式呼吸 浮腫 腹水 胸水 肝腫大 頭と頚の伸展 前肢の開帳 U音の亢進(肺動脈弁口部)
    動脈管開存症 PDA 胎生期の動脈管が出生後も開存 最も発生頻度高い 夜間発作性呼吸困難 股動脈触診:跳躍脈
    心房中隔欠損症 左右短絡疾患のある場合は早期に心不全 聴診:駆出性心雑音 第2音は分裂
    肺動脈弁狭窄症 PS 軽症:生涯無症状 中程度:運動時呼吸困難・肝腫大・腹水・四肢浮腫の右心不全 重症:運動時失神・急死
    心室中隔欠損症 咳、呼吸不全、肺水腫 右心不全から始まる
    ファロー四徴症 TOF 低酸素症 発育遅延 チアノーゼ 多血症 聴診:第1音は正常 第2音は亢進 心雑音は肺動脈弁口部における駆出性雑音
    肺動脈血栓塞栓症 急性呼吸困難、虚脱、咳、喀血、虚弱、頻拍、動脈拍動の減弱、頸静脈怒張、蒼白 チアノーゼ 第二心音分裂
    頻脈
    心筋炎 心筋の炎症 鬱血性心不全に関連する発咳、運動不耐性、呼吸困難 不整脈関連の失神と虚弱
    心不全 咳 呼吸困難 運動不耐性 失神 肺不全による酸素負荷か低下
    慢性心不全 咳、不活発、運動不耐性、呼吸困難
    鬱血性心不全 疲れる、咳、運動中倒れる、腹水、浮腫 低アルブミン血症、尿毒症、吸収不良、低酸素症
    心不全(鬱血性)、右 運動不耐性 腹囲膨満 呼吸困難、呼吸促迫 頸静脈怒張 肝腫大 腹水 駆出性雑音 股動脈拍動減弱
    心不全(鬱血性)、左 虚弱、元気消沈、運動不耐性 発咳 呼吸困難 起座呼吸 肺水腫 心雑音 奔馬調 股動脈拍動の減弱
    高血圧 頻呼吸と呼吸困難、異常肺胞音(例:捻髪音)、チアノーゼ、喀血(発咳によって血液を出す)
    動脈性高血圧 脳・心臓・腎臓障害 頻呼吸と呼吸困難、異常肺胞音(例:捻髪音)、チアノーゼ、喀血(発咳によって血液を出す)
    肺動脈高血圧 頻呼吸と呼吸困難、異常肺胞音(例:捻髪音)、チアノーゼ、喀血(発咳によって血液を出す)
    門脈高血圧 腹部膨大 肝性脳障害 発咳、運動不耐性、呼吸困難 脾・肝腫大 頸静脈拡張、不整脈、腹水、黄疸
    心筋梗塞 血栓形成起因 元気消沈・食欲不振・呼吸困難・虚脱・嘔吐・肥満・突然死 跛行・頻拍・心雑音・軽症の熱
    心房性頻脈 重症な心疾患の犬 鬱血性心不全 失神 発咳 呼吸困難 運動不耐性 心雑音
    房室弁心内膜症 僧帽弁又は三尖弁の慢性変性性疾患 発咳、運動不耐性・呼吸困難 腹囲膨満、喀血、チアノーゼ 失神
    房室弁狭窄症 僧帽弁又は三尖弁輪の先天性又は後天性狭窄 弱い拡張期心雑音 チアノーゼ 僧帽弁狭窄症:呼吸困難、肺ラ音
    非クロム親和性傍神経節腫 大動脈体腫瘍:鬱血性心不全徴候、咳、呼吸困難 頸動脈小体腫瘍:吐出、嚥下困難、頸部腫瘤

    血液:
    低血糖 衰弱 低体温 泣鳴 徐脈 呼吸困難 痙攣 昏睡
    低グロブリン血症 アルブミンを除く血清タンパク量が正常なグロブリン濃度より低い 下痢 再発性上部呼吸器疾患 肺炎 皮膚炎

    消化器:
    唾液腺粘液嚢腫 ガマ腫、唾液嚢腫:咀嚼困難・血様唾液 咽頭の粘液嚢腫:嚥下・呼吸困難
    胃捻転 心室性不整脈 急性腹囲膨大 大型・深い胸の犬 空嘔吐 動く事横臥を嫌う 粘膜蒼白 頻脈 弱脈 血圧下降
    膵臓炎 特徴的な症状はない 呼吸器症状:早い呼吸 呼吸不全 呼吸困難 肺水腫が急性膵炎に伴っておこることあり 不整脈

    内分泌:
    甲状腺腫瘍 嚥下困難、呼吸困難、鳴き声変化 多渇、多尿、食欲亢進、喘ぎ呼吸、落ち着きのなさ、筋脱力、頻脈

    中毒:
    メタアルデヒド中毒 ナメクジ駆除剤 猛烈な痙攣 重度の筋線維束痙縮 振戦 発熱
    テトラサイクリンによる中毒 静注後に急性運動失調、振戦、呼吸困難、虚脱 発熱 腎中毒 肝中毒 肝リピドーシス
    熱射病 体温40℃以上 パンティグ 痙攣 呼吸困難 頻脈 唇が赤い ショック DIC 吐血、血便
    有機燐及びカルバミン酸中毒 殺虫剤成分 流涎、痙攣発作、下痢、嘔吐、呼吸困難、縮瞳
    輸血副反応
    熱射病 体温40℃以上 パンティグ 痙攣 呼吸困難 頻脈 唇が赤い ショック DIC 吐血、血便
    チョコレート中毒 頻脈、心室性期外収縮、頻呼吸、高血圧、徐脈と低血圧 死亡の原因は一般に不整脈か呼吸不全
    ハロタン 全身ガス麻酔薬 原因不明の頻呼吸

    有毒植物:
    イエロージャスミン 植物全体に含まれる物質:運動失調・嚥下困難・痙攣発作・呼吸筋麻痺・死亡
    ロベリア 植物 有毒:全草 成分:ロベリン他 嘔吐 腹痛 血圧低下 呼吸困難 痙攣 意識不明 心臓麻痺
    ヨウシャヤマゴボウ 植物 有毒:全草特に根・実 成分:フィトラクチン他 口腔刺激 嘔吐 下痢 重症:頻脈 呼吸困難 血圧低下 痙攣
    フクジュソウ 植物 有毒:全草特に根 成分:シマニン他 嘔気 嘔吐 血圧上昇 呼吸困難 心臓麻痺 死亡
    ヒヨドリジョウゴ 植物 有毒:全草特に果実 成分:ソラニン他 発熱 嘔吐 下痢 腹痛 呼吸困難 死亡
    ヒエンソウ 植物 有毒:全草 成分:アコニチン他 流涎 振戦 運動失調 痙攣 呼吸困難 心臓麻痺
    ハンショウヅル 植物 有毒:全草 成分:アジヤコニン他 流涎 運動失調 振戦 痙攣 呼吸困難 心臓麻痺
    ハナヒリノキ 植物 有毒:葉 成分:グラヤノトキシン他 運動神経麻痺 呼吸困難 心臓麻痺
    ハシリドコロ 植物 有毒:全草特に根と茎 成分:アトロピン他 口渇 嘔吐 目眩 幻覚 興奮 昏睡 呼吸困難 散瞳 頻脈
    ニセアカシア 植物 有毒:樹皮・種子・葉 成分:ロビン他 遅発性嘔吐 下痢 流涎 発汗 腹痛 心悸亢進 呼吸困難 腎機能不全
    ドクゼリ 植物 有毒:全草 成分:シクトキシン他 流涎 嘔吐 口腔灼熱感 胃腸炎 横紋筋麻痺 頻脈 呼吸困難 死亡
    ツクバネソウ 植物 有毒:全草特に果実地下部位 成分:パリディン 嘔吐 下痢 頭痛 重症:縮瞳・呼吸困難
    タバコ 植物 有毒:葉 成分:ニコチン他 流涎 嘔気 嘔吐 発汗 目眩 血管収縮 血圧上昇 呼吸困難 知覚障害 死亡
    タケニグサ 植物 有毒:全草 成分:プロトピン 嘔吐 酒酔い様 縮瞳 血圧低下 呼吸麻痺 死亡
    センダン 植物 有毒:樹皮・果実 成分:カテコールタンニン 流涎 嘔吐 下痢 胃炎 運動失調 痙攣 呼吸停止 心停止
    シキミ 植物 有毒:果実・樹皮・葉・種子 成分:アニサチン他 嘔吐 下痢 血圧上昇 呼吸困難 全身痙攣 流涎
    ケマンソウ 植物 有毒:根茎・葉 成分:プロトピン他 嘔吐 下痢 体温や脈拍低下 痙攣 呼吸困難 心臓マヒ
    キバナフジ 植物 有毒:樹皮・根皮・葉・種子 成分:キチシン ニコチン類似症状:流涎・嘔吐・発汗・血管収縮・血圧上昇・知覚障害・呼吸不全
    キバナハウチワマメ 植物 有毒:特に種子 成分:スパルテイン 流涎 嘔吐 運動失調 呼吸困難 催奇形性
    イラクサ 植物 有毒:葉・茎の刺毛 成分:蟻酸他 皮膚接触:疼痛、かぶれ、炎症 経口:口腔灼熱感、流涎、嘔吐、筋力低下、振戦、呼吸困難、徐脈
    アセビ 植物 有毒:葉・枝・花を含めた全株 成分:アンドロメドトキシン他 悪心 嘔吐 視覚異常 下痢 腹痛 痙攣 低血圧 運動失調 呼吸麻痺 死亡

    骨格:
    肥大性骨関節症 肺性骨関節症 マリー病 長骨の骨膜肥厚・四肢の軟部組織の腫脹
    短頭種症候群 呼吸異常 喉がつまったような 吸気困難 失神 いびき
    口蓋裂傷 食物が気管・鼻に漏れる、誤飲性肺炎 呼吸困難 遺伝 哺乳中のくしゃみ、吐き気、発咳 鼻炎

    生殖器:
    子癇 神経過敏 不安 著明な流延 歩様異常 起立不能 呼吸速迫 痙攣 呼吸速迫 発熱 頻脈 粘膜充血

    免疫介在性疾患:
    全身性紅斑性狼瘡 歩様異常 皮膚病変(潰瘍 紅斑 脱毛) 発熱 嗜眠 食欲不振 関節炎 血小板減少 リンパ腫脹

    腫瘍:
    リンパ肉腫(悪性リンパ腫) 別名:リンパ腫・リンパ様白血病・細網肉腫 疼痛を伴わない全身のリンパ節腫脹 5歳以上多
    リンパ腫 リンパ節腫張 進行:運動不耐性、下痢、抑欝、食欲不振 末期:呼吸困難、重度感染症
    肺腫瘍 原発性 疲労しやすい 食欲不振 体重減少 発熱 呼吸速迫 呼吸困難 咳 喀血
    肺腫瘍 転移性 咳と呼吸困難 予後悪い
    リンパ腫様肉芽腫 稀にみられる肺腫瘍 発咳、呼吸困難 運動不耐性 体重減少 食欲不振 50%の症例に発熱
    肺の扁平上皮癌 荒く喀痰を伴わない咳嗽 呼吸困難 運動不耐性 悪液質 多呼吸 喘鳴 喀血 肥大性骨症 筋神経症・麻痺
    黒色腫 メラノーマ 進行した病態の動物では肺転移のため呼吸困難または荒い肺音が聴取
    喉頭頭腫瘍 声帯組織由来炎症性ポリープは軽度な閉塞性呼吸困難の原因としては稀 原発性腫瘍は稀で閉塞性呼吸困難
    クロム親和性細胞腫 希 副腎髄質内分泌細胞 カテコールアミン過剰 高齢 過剰な開口呼吸 頻呼吸 嘔吐 全身性高血圧
    甲状腺腫瘍 嚥下困難、呼吸困難、鳴き声変化 多渇、多尿、食欲亢進、喘ぎ呼吸、落ち着きのなさ、筋脱力、頻脈
    非クロム親和性傍神経節腫 大動脈体腫瘍:鬱血性心不全徴候、咳、呼吸困難 頸動脈小体腫瘍:吐出、嚥下困難、頸部腫瘤
    胸線型リンパ腫 若齢犬 胸水 腫瘤圧迫による呼吸器症状 前大静脈症候群 高Ca血症

    遺伝:
    スコッチ痙攣 呼吸が短時間停止し顔面の筋が収縮することもある

異常鳴き声

    感染症:
    ヘルペスウイルス感染症 希 体力が弱い時に発症 新生子犬 発熱 元気食欲ない 黄緑色便 下痢
    犬、猫などによる咬傷

    軟口蓋:
    軟口蓋の異常 大きい呼吸音 吐き気 痰の排泄 イビキ 呼吸困難 肺炎 チアノーゼ 慢性鼻炎

    喉頭:
    喉頭炎 声の変化 しわがれ声 運動時チアノーゼ 食事や水を飲む時にむせる 嘔吐 呼吸困難 咳
    喉頭麻痺 重度吸気性呼吸困難 吸気性喘鳴 発声音変化 運動不耐性 咳嗽 嚥下障害 吐出 高体温 チアノーゼ 肺水腫
    喉頭頭腫瘍 声帯組織由来炎症性ポリープは軽度な閉塞性呼吸困難の原因としては稀 原発性腫瘍は稀で閉塞性呼吸困難
    喉頭と気管の軟骨肉腫 声の変化、吠えなくなる、運動不耐性 開口呼吸 チアノーゼ、突然倒れる

    呼吸器:
    気管虚脱 ガンと鳴く乾性間欠的発咳 興奮 運動 飲水 食事中 チアノーゼ 痙攣 小型犬や短頭種 肥満

    筋肉:
    特発性多発性筋炎 静止時・運動負荷時に上腕・四肢・体幹・食道の筋が筋肉痛・筋肉硬直・筋力低下 咀嚼筋疼痛
    内分泌性非炎症性ミオパシー 内分泌疾患の他臨床症状に関係ない筋脱力、萎縮、硬直、筋肉痛 吐出、嚥下困難、発声困難

    内分泌:
    腺下垂体腫瘍 好酸性腺腫:末端巨大症、好塩基性腺腫:副腎皮質機能亢進症、機能↓:汎下垂体機能低下症・下垂体性悪液質
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ 無気力、虚弱、運動失調、行動異常、痙攣、神経質
    甲状腺腫瘍 嚥下困難、呼吸困難、鳴き声変化 多渇、多尿、食欲亢進、喘ぎ呼吸、落ち着きのなさ、筋脱力、頻脈

神経症状

    感染症:
    ジステンパー 呼吸器・消化器・脳神経症状 結膜炎 鼻炎 発熱 食欲不振 脱水 肺炎 咳 下痢 癲癇様発作
    狂犬病 神経症状 性格の著しい変化 涎 異嗜 攻撃的 水を嫌う 噛みつく
    犬パルボウイルス感染症 嘔吐 下痢 血便 脱水症、敗血症、栄養失調
    ヘルペスウイルス感染症 希 体力が弱い時に発症 新生子犬 発熱 元気食欲ない 黄緑色便 下痢
    オーエスキー病 猪・豚感染 仮性狂犬病 行動変化 頭部掻痒 全身性痙攣と麻痺

    破傷風 筋肉硬直 瞬膜突出 流涎 開口困難、咀嚼困難 嚥下困難 神経症状
    新生子の低血糖症 生後6週齢 特に小型種
    トキソプラズマ症 不顕性感染 下痢、筋肉脱力、呼吸困難 幼犬 発熱、リンパ節腫脹、嘔吐 鼻汁 咳 呼吸困難 眼障害
    クリプトコッカス症 深在性真菌症 皮膚:潰瘍・肉芽腫 膿瘍 呼吸型:くしゃみ 粘液様鼻汁 急性壊死性出血性肺炎

    感染性心内膜炎 虚弱、跛行、咳、運動不耐性 不整脈 鼻出血 チアノーゼ 関節炎 神経症状
    犬回虫 下痢、嘔吐、咳 肺炎 口臭 虚弱 胃腸障害 胎盤感染 腹痛

    低血糖:
    新生子の低血糖症 生後6週齢に起こる 空腹性の低血糖症は2日目にして起こる 特に小型犬種 振戦 急発作 昏睡
    一過性若年性低血糖症 重度の抑鬱、昏迷、顔筋の単収縮を伴う昏睡
    感染症による低血糖症 放線菌症 パルボウイルス感染症 犬では肺炎や腹膜炎の時に低血糖
    妊娠に伴う低血糖 活動低下と採食量の低下後に嘔吐、呼吸速迫、異常な緊張や極度の疲労
    猟犬の低血糖症 最初は呆然様に見え、弱り、続いて発作 急に回復するが、猟犬としての能力はその日は低下する
    腫瘍性低血糖症
    肝性の低血糖症 発育停止、体重減少、食欲不振、嘔吐、下痢、発熱、多飲・多尿、肝性脳症、尿石症、腹水
    薬物誘発性低血糖症

    グリコーゲン貯蔵病 離乳前後の小型犬 タール様の下痢 涎 嘔吐 歩行困難 痙攣発作 体温低下 昏睡 痙攣 衰弱 死亡
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ 無気力、虚弱、運動失調、行動異常、痙攣、神経質

    代謝障害:
    子癇 神経過敏 不安 著明な流延 歩様異常 起立不能 呼吸速迫 痙攣 呼吸速迫 発熱 頻脈 粘膜充血
    上皮小体機能低下症 著しい低Ca血症 テタニー症状(全身性筋肉痙攣) 神経過敏
    原発性上皮小体機能亢進症 上皮小体の腺腫 稀 老齢犬 病的骨折 多尿多渇症、虚弱、発作、希釈尿
    甲状腺機能亢進症 バセドー氏病 食欲増加・体重減少 神経質 興奮 眼球突出 多渇多尿 下痢 脱毛
    ビタミンB1(チアミン)欠乏症 神経症状 食欲不振 痙攣性対麻痺 食糞症 後肢硬直 硬直性痙攣 知覚過敏 嘔吐 散大瞳孔

    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿

    中毒:
    メタアルデヒド中毒 ナメクジ駆除剤 猛烈な痙攣 重度の筋線維束痙縮 振戦 発熱
    熱射病 体温40℃以上 パンティグ 痙攣 呼吸困難 頻脈 唇が赤い ショック DIC 吐血、血便
    ストリキニーネ中毒 殺鼠剤 不安と神経過敏 強直性痙攣 呼吸困難 チアノーゼ 瞳孔散大し半昏睡 心拍速弱 呼吸麻痺で死亡
    鉛中毒 胃腸管や神経症状 癲癇様発作 有核赤血球数が増加しているが貧血のみられない

    その他:
    癲癇 癲癇
    水頭症 歩行困難、旋回運動、麻痺、精神状態の変化 全身性癲癇様発作 視力障害 小型犬
    脳炎 興奮期→沈鬱期(麻痺) 意識障害、瞳孔縮小 結膜充血、不安定な歩様、癲癇 旋回運動、失明、昏睡
    頭部外傷

    気管虚脱 ガンと鳴く乾性間欠的発咳 興奮 運動 飲水 食事中 チアノーゼ 痙攣 小型犬や短頭種 肥満
    コルチコステロイド反応性髄膜炎
    化膿性肉芽腫性髄膜脳脊髄炎 頚部硬直、脊柱後湾症、地面に鼻をつける行動、運動忌避、協調不能、頭部傾斜、転倒・回転、発作、顔面神経麻痺、ホルネル症候群
    非化膿性肉芽腫性髄膜脳脊髄炎 共調不能、運動失調、頚部痛、頭部傾斜、顔面神経三叉神経麻痺、旋回運動、発作 沈鬱
    パグ犬の脳炎 全身性発作 旋回 斜頚 眼振 癲癇 昏睡 9カ月齢〜4歳の間で一般に進行性 壊死性髄膜脳炎 非化膿性脳炎
    グレートデーンのリン酸カルシウム沈着症 進行性の共調不能および麻痺
    環椎軸椎亜脱臼 先天性・発達性形成異常はトイかミニチュア犬種で多発 症状はC1〜C5間の横断性脊髄症
    斜頚
    硬膜化骨症 初期には疼痛 運動失調、尿閉、麻痺を伴う失禁
    ミニチュアシュナウザーの特発性高カイロミクロン血症 腹部脱力、発作、ときおり膵炎を伴う
    バイトリル注 エンロフロキサシン 癲癇様発作 注射後2時間位で、瞳孔散大、軽度の流涎 何でも噛む その後沈鬱
    高リポ蛋白血症
    髄膜炎 感覚過敏、頸痛、抑欝、発熱 運動失調 軽度の不全麻痺 ジステンパー起因が多い
    ライソゾーム蓋積症
    スプリンガースパニエル激怒症候群
    脳回欠損 ラサアプソ犬 シツケがうまくできず、飼主に対して間欠的に攻撃的、飼主を認知できない 視力障害

振戦 身震い


    神経:
    老人性振戦 運動又は立ってる時に明らか 安静時には明らかでない 後肢が最も一般的に影響を受ける
    ミエリン形成不全 四肢・体幹・頭・眼の振戦 起立不能
    薬物及び毒物誘発性の振戦
    小脳性の振戦 運動失調と測定障害
    脳脊髄の髄鞘形成減少症 頭部と体幹の振戦・振り子運動 子犬 安静・睡眠時振戦消失 後肢重度罹患
    リソソーム蓄積病 運動失調性振戦、不全麻痺、視覚消失、発作、行動異常 進行性、致死性

    品種:
    スプリンガースパニエルの髄鞘形成不全 子犬ふるえ症 頭部・体幹・肢・外眼筋の大きな振戦
    シェイカードッグ病 白毛・小型犬 振戦 小脳炎、非化膿性脳炎、白い犬の震え症候群 不規則で非律動的眼球運動
    チャウチャウの髄鞘形成障害 揺り木馬運動 振戦は上下運動限定
    サモエドの髄鞘形成不全 全身振戦 起立摂食不能 眼振 興奮時悪化
    ワイマラナーの髄鞘形成不全 全身性振戦と測定障害 1〜3週令で発症
    バーニーズマウンテンドッグの髄鞘形成不全 頭部と肢の振戦 興奮時悪化
    Lurcherの子犬の髄鞘形成不全 振戦は後肢で最も顕著 興奮時悪化

    薬品・中毒:
    ピリトリン中毒 除虫菊等 ノミ等駆除剤 過剰流涎 四肢振戦 耳単収縮 沈鬱 嘔吐 下痢
    ナフタリン中毒 防虫剤 溶血性貧血 神経異常(運動失調、振戦、発作) 嘔吐、抑鬱、振戦、食欲不振、下痢、散瞳
    フェンチオン中毒 チグホン・スポット
    薬物及び毒物誘発性の振戦
    薬物による心臓血管系反応
    メチルキサンチン中毒 チョコレート カフェイン 嘔吐 利尿 落ち着かない 瀕呼吸 運動失調 筋振戦 痙攣発作 不整脈
    チョコレート中毒 テオブロミン 嘔吐、下痢、多量な排尿、過敏、高体温、運動失調、ふるえ、発作、昏睡 腹痛、血尿、血便
    ピペラジン中毒 駆虫薬 振戦、運動失調、発作、嘔吐、虚脱

    内分泌:
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧

    腫瘍:
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧

斜頚

    先天性:
    胎児期の子宮内での異常姿勢等

    耳:
    中耳炎 耳根部を中心とした痛み 元気消失 頸部周辺接触を嫌う 斜頚 頭の鬱血 扁桃腫脹 運動失調 難聴
    内耳炎 通常片側に発生 発熱 疼痛 悪心 嘔吐 斜頚 眼振 患部側への転倒旋回運動 運動失調
    老犬性特発性前庭症候群 急性・甚急性 突発性斜頚、平衡異常、見当識障害、運動失調、眼振、嘔吐 回転眼振
    外耳炎 痒み、耳を振る、後足で耳を掻く 耳の悪臭 外耳道からの粘液や膿汁の排出 目やに
    頭振りをするペット 漢方・指圧

    外傷:
    頚筋の外傷
    頚椎の外傷

    骨格:
    環軸椎亜脱臼 触ると痛がる 前後肢とも麻痺 斜頚 重症例:突然の呼吸停止 1歳以下
    水頭症 歩行困難、旋回運動、麻痺、精神状態の変化 全身性癲癇様発作 視力障害 小型犬

    脳:
    小脳の病変
    化膿性肉芽腫性髄膜脳脊髄炎 頚部硬直、脊柱後湾症、地面に鼻をつける行動、運動忌避、協調不能、頭部傾斜、転倒・回転、発作、顔面神経麻痺、ホルネル症候群
    神経節神経根炎または多発性脳神経症 成犬 瞳孔散大伴う盲目 顔面不全麻痺 側頭筋・咬筋萎縮 頭部傾斜 肢の不全麻痺
    水頭症 神経症状が主 運動障害、視力障害、全身性の癲癇様発作 小型犬
    パグ犬の脳炎 全身性発作 旋回 斜頚 眼振 癲癇 昏睡 9カ月齢〜4歳の間で一般に進行性 壊死性髄膜脳炎 非化膿性脳炎
    リンパ肉腫(悪性リンパ腫) 痙攣発作、不全麻痺および完全麻痺、斜頚、旋回運動
    クリプトコッカス症 深在性真菌症 発作 髄膜脳炎、末梢神経炎、肉芽腫性脈絡網膜 斜傾、眼旋回運動、見当識麻痺、頭部圧迫、不全麻痺や振戦、強調運動不能、痙攣

    感染症:
    エールリッヒア症 リケッチア 運動失調、傾頭 広範な中枢神経症状、上部運動神経機能不全を伴う運動失調、前庭部機能不全

    免疫介在性疾患:
    ホヒト・小柳・原田病様疾患 秋田犬の他にサモエドやチャウチャウ 流涙角膜白濁 網膜剥離 視力低下 限局性脱色素斑(白斑)

    内分泌:
    甲状腺機能低下症 中年齢以上 元気減少 嗜眠 寒がり 運動不耐性 体重減少 悲しげな表情
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧

    腫瘍:
    副腎褐色細胞腫 稀 副腎髄質 カテコールアミン過剰産生 腫瘍の局所浸潤 発作 高血圧
    リンパ肉腫(悪性リンパ腫) 痙攣発作、不全麻痺および完全麻痺、斜頚、旋回運動

    漢方・指圧:
    首が痛む 漢方・指圧
    頭振りをするペット 漢方・指圧

旋回運動

    神経:
    脳炎 興奮期→沈鬱期(麻痺) 意識障害、瞳孔縮小 結膜充血、不安定な歩様、癲癇 旋回運動、失明、昏睡
    化膿性脳炎 高熱 微熱 化膿巣・敗血症・寄生虫の脳侵入に起因
    非化膿性脳炎 伝染病や細菌毒などに起因
    非化膿性肉芽腫性髄膜脳脊髄炎 共調不能、運動失調、頚部痛、頭部傾斜、顔面神経三叉神経麻痺、旋回運動、発作 沈鬱
    肝性脳症 神経徴候 抑欝 性格変化 CNS徴候 落ち着きなし 旋回運動 運動失調 虚脱 癲癇発作 頭部を家具等に押しつけ 頸を腹側に屈曲 昏睡 多尿 流涎
    交通事故
    パグ犬の脳炎 全身性発作 旋回 斜頚 眼振 癲癇 昏睡 9カ月齢〜4歳の間で一般に進行性 壊死性髄膜脳炎 非化膿性脳炎

    呼吸器:
    鼻および副鼻腔の腫瘍 他の慢性の鼻疾患での症状に似ている 神経症状 発作、盲目、旋回、反対側顔面の痛覚鈍麻
    クリプトコッカス症 深在性真菌症 皮膚:潰瘍・肉芽腫 膿瘍 呼吸型:くしゃみ 粘液様鼻汁 急性壊死性出血性肺炎
    肝臓:
    急性肝炎 糞便悪臭 下痢 黄疸・肝臓の疼痛 黄色尿 黄疸 激症肝炎:興奮 痙攣 嗜眠 口腔内出血 DIC

    循環器:
    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    肝性脳症 神経徴候 抑欝 性格変化 CNS徴候 落ち着きなし 旋回運動 運動失調 虚脱 癲癇発作 頭部を家具等に押しつけ 頸を腹側に屈曲 昏睡 多尿 流涎
    動脈硬化 嘔吐、昏睡、旋回、認識障害など中枢神経障害

    耳:
    内耳炎 通常片側に発生 発熱 疼痛 悪心 嘔吐 斜頚 眼振 患部側への転倒旋回運動 運動失調

    感染症:
    クリプトコッカス症 深在性真菌症 皮膚:潰瘍・肉芽腫 膿瘍 呼吸型:くしゃみ 粘液様鼻汁 急性壊死性出血性肺炎

    問題行動:
    強制行動 ブルテリアに多
    常同行動
    痴呆症診断

排尿異常

    頻尿と失禁:
    頻尿 少量の尿を普通よりも頻繁に排泄する
    失禁
    膀胱炎 濁った濃い色の尿 少量頻回排尿 血尿 悪臭尿 排尿時の痛み 血尿 飲水量増加
    膀胱結石 排尿困難、頻尿、血尿 尿失禁 濁った悪臭のある尿 尿道閉塞
    尿石症 頻尿 血尿 努責 腹部膨満 疼痛 嘔吐 発熱
    尿道結石 尿頻回、血尿、尿痛、尿失禁 尿管塞栓は水腎症へ 尿道塞栓は膀胱破裂へ
    尿路の損傷 血尿、排尿困難、腹水、打撲傷、腫張、そして腹部および腰下の痛み
    尿道閉塞 頻回尿 少量尿、排尿時間長い 血尿、排尿疼痛
    細菌性尿路感染症 頻回尿、血尿
    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    腎盂腎炎 元気消失 食欲不振 嘔吐 頻尿 排尿痛 発熱
    膀胱アトニー 膀胱の著明膨満 尿失禁 突然多量尿排泄 常時少量の尿が漏れる 細菌性膀胱炎 腎障害の潜在的進行
    エストロゲン欠乏症による尿失禁 不妊手術後の失禁
    尿膜管遺残症 持続的尿失禁、腹部排尿痛、細菌性尿路感染 細菌性尿路感染 膀胱炎
    異所性尿管 尿失禁 会陰部が尿で汚れ 雌犬の場合は雄よりも20倍高い発生率
    尿道括約筋不全症 雌犬の失禁の最大原因 尿の漏れは異所性尿管の動物よりも大量であり、主に犬が横臥したとき
    犬の特発性尿道性失禁 雌に多い 多くが特発性 失禁は持続性の場合もあるが普通は睡眠中
    尿道狭窄 排尿困難、有痛性排尿障害、血尿、頻尿、尿失禁、腎機能障害、食欲不振、嘔吐 雄での発生多い
    尿道炎
    腟の腫瘍 老犬 陰門部からのマスの突出と腟分泌物 有痛性排尿困難、しぶり、会陰部腫脹
    性格が神経質
    部分的閉鎖
    骨盤骨折

    神経性失禁:
    失禁
    脊髄炎
    脊髄損傷 圧痛 疼痛 運動麻痺 運動失調 排便・排尿障害
    脳炎 興奮期→沈鬱期(麻痺) 意識障害、瞳孔縮小 結膜充血、不安定な歩様、癲癇 旋回運動、失明、昏睡
    癲癇
    椎間板ヘルニア 腰抜け 運動障害:歩行を好まず 後肢麻痺 排便・排尿不能 腰の局所疼痛
    ハンセン型胸腰部椎間板突出症 軟骨異栄養犬種 腰背部疼痛、後肢の歩様失調、後肢の対不全 対完全麻痺、排尿制御失調
    腰仙部脊柱管狭搾 大型犬 後天性 疼痛 起立困難 糞尿失禁 弛緩性膀胱
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ 無気力、虚弱、運動失調、行動異常、痙攣、神経質
    下腹部神経の異常

    排尿困難(障害):
    排尿困難(障害)
    尿石症 頻尿 血尿 努責 腹部膨満 疼痛 嘔吐 発熱
    尿道結石 尿頻回、血尿、尿痛、尿失禁 尿管塞栓は水腎症へ 尿道塞栓は膀胱破裂へ
    尿道損傷 血尿 尿道周囲組織の浮腫・壊死巣形成 腹腔への尿の流入 排尿困難 疼痛 尿毒症
    尿道炎
    尿道狭窄 排尿困難、有痛性排尿障害、血尿、頻尿、尿失禁、腎機能障害、食欲不振、嘔吐 雄での発生多い
    尿道の移行上皮癌 悪性腫瘍 失禁と排尿困難 犬では2番目に多発する部位
    会陰ヘルニア 高齢の未去勢雄多発 排便障害 直腸が蛇行したところに便が溜まる 排尿障害
    前立腺肥大 排尿困難、血尿失禁、下半身疼痛、排便時にいきむ 会陰ヘルニア誘発、便が平・出ない
    急性前立腺炎 食欲不振、沈鬱、発熱 嘔吐 後腹部痛 硬い歩様 尿道分泌物
    慢性前立腺炎 老犬 尿路疾患徴候、発熱、嘔吐、裏急後重や運動障害
    前立腺腫瘍(腺癌) 老犬 中〜大型犬 便のしぶり 排尿困難 出血性尿道分泌物 後肢虚弱・硬直 後半身疼痛
    レプトスピラ感染症 黄疸、嘔吐、下痢、歯茎の出血
    膀胱の毛細線虫 膀胱やまれに腎盂寄生 ミミズ中間宿主 多数寄生で膀胱炎:血尿、頻尿、排尿困難
    膀胱横紋筋肉腫 悪性腫瘍 ブドウ状横紋筋肉腫 18カ月未満大型犬 雌 血尿 排尿困難 頻尿 尿停滞 セントバーナード多い

    尿毒症性:
    尿毒症
    膀胱破裂 膨満膀胱の抵抗感突然消失 疼痛(破裂の直後から) 硬直歩様 血尿 貧血と脱水 急性腎不全 嘔吐 腹膜炎
    腎不全
    水腎症 別名:腎水腫・尿腎症 尿排泄障害で腎盂に尿貯留 無症状あり 食欲不振 落ち着きない 多飲多尿 血尿
    硬膜化骨症 初期には疼痛 運動失調、尿閉、麻痺を伴う失禁

多尿 多飲

    生殖器:
    子宮蓄膿症 発情から1〜2カ月 多飲多尿 嘔吐 中毒症状 腹部膨満 帯下 陰部を舐める 臭気 発熱 尿毒症

    内分泌:
    糖尿病 急激な削痩 多尿多飲 多食 嘔吐 白内障 腎不全 失禁
    膵外分泌機能不全 多尿症と多飲症が、慢性膵炎によって起こる糖尿病の症例にみられる
    若年性真性糖尿病 インスリン依存性真性糖尿病 1歳未満 多飲多渇 多食 夜尿症 重度体重減少 膵臓外分泌機能不全
    グルカゴノーマ及び空胞性肝障害に伴う代謝性表皮壊死 多尿-多渇症および体重減少は糖尿病の併発によって起こる
    下垂体機能低下症 成長ホルモン(GH)欠乏症
    下垂体性尿崩症 尿量が異常に増加 神経症状
    末端巨大症 腺下垂体腫瘍
    幼年型上皮小体機能亢進症 ジャーマンシェパード 遺伝 原発性上皮小体過形成 成長阻害 筋脱力 多尿 多飲多渇
    腎性上皮小体機能亢進症 腎性骨異栄養症、ゴム状顎 骨粗症は全身性 ラバージョウ 病的骨
    仮性上皮小体機能亢進症 上皮小体以外の腫瘍のホルモン 嘔吐 筋無力 徐脈 多飲多渇 骨変形 病的骨折
    原発性上皮小体機能亢進症 上皮小体の腺腫 稀 老齢犬 病的骨折 多尿多渇症、虚弱、発作、希釈尿
    甲状腺機能亢進症 バセドー氏病 食欲増加・体重減少 神経質 興奮 眼球突出 多渇多尿 下痢 脱毛
    甲状腺腫瘍 嚥下困難、呼吸困難、鳴き声変化 多渇、多尿、食欲亢進、喘ぎ呼吸、落ち着きのなさ、筋脱力、頻脈
    副腎皮質機能亢進症 クッシング症 多尿多飲 多食 腹部膨満 嗜眠 肥満 左右対称性脱毛 神経症状
    副腎皮質機能低下症 アジソン病 抑鬱 嘔吐 便秘と下痢 低血圧 脱水 腹痛 急性型:発熱 昏睡
    エストロゲン過剰症(雌) 異常子宮出血 発情徴候 両側性左右対称脱毛 乳房・会陰部色素沈着 時に多飲・多尿 子宮蓄膿症
    副腎褐色細胞腫 稀 多飲多渇または多尿
    APUD細胞腫 内分泌細胞腫瘍 嘔吐 体重減少 食欲不振 下痢 嗜眠性抑鬱 多渇 メレナ 腹痛 吐血 血便 発熱

    血液:
    高塩素血症 多渇 見当識障害 昏睡 癲癇発作
    高浸透圧 神経:過剰な渇き 心臓血管:高血圧と心室収縮力の低下 泌尿器:尿量減少
    過粘稠血症候群 元気消失 食欲不振 多飲多尿 失明 運動失調 発作 跛行 骨痛 関節痛 嘔吐 下痢

    神経:
    心因性多飲多渇症
    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    肝性脳症 神経徴候 抑欝 性格変化 CNS徴候 落ち着きなし 旋回運動 運動失調 虚脱 癲癇発作 頭部を家具等に押しつけ 頸を腹側に屈曲 昏睡 多尿 流涎
    肝性の低血糖症 発育停止、体重減少、食欲不振、嘔吐、下痢、発熱、多飲・多尿、肝性脳症、尿石症、腹水

    泌尿器:
    尿崩症 多尿 多飲 尿比重の低下 老犬に発生 性別は関係ない
    下垂体性尿崩症 多飲多尿
    腎性尿崩症 多飲多尿
    腎尿細管の疾患
    先天性腎機能障害 腎の異形成 6カ月齢〜5歳 2歳以内多い 嗜眠 発育不良 多尿 多飲多渇 嘔吐
    原発性腎尿細管異常
    膀胱炎 濁った濃い色の尿 少量頻回排尿 血尿 悪臭尿 排尿時の痛み 血尿 飲水量増加
    ファンコニ症候群 近位尿細管の欠陥 遺伝あり ノルウェージアンエルクハウンド バセンジー
    急性腎不全 尿路閉鎖不全症候群を救ったあとに起こる 元気消失、低体温、脱水、食欲廃絶、嘔吐、下痢、口臭、血尿、排尿困難
    慢性腎不全 初期 溶質の利尿が原因多尿 嗜眠 食欲低下 急性腎不全との相違:体重減少 被毛光沢の低下
    間質性腎炎
    先天性腎機能障害 多飲多尿、嗜眠、食欲不振、体重減少、嘔吐、貧相な被毛、削痩、脱水、蒼白、口腔粘膜の潰瘍と口臭 尿濃縮能低下、高窒素血症、高リン血症、再生不良性貧血
    腎臓の異形成・無形成 多飲多尿は半数の症例にあるとの報告あり
    嚢胞性腎疾患 腹部の進行性膨満 家族性:腎不全に二次的に嘔吐・食欲不振・体重減少・多飲多尿 ケアンテリア
    水腎症 別名:腎水腫・尿腎症 尿排泄障害で腎盂に尿貯留 無症状あり 食欲不振 落ち着きない 多飲多尿 血尿
    ファンコニ症候群 多尿・多飲多渇 糖尿 近位尿細管の欠陥 遺伝あり
    バセンジーのファンコニ症候群 多飲多尿 体重減少 脱水 虚弱 尿濃縮能低下 高血糖を伴わない尿糖
    アミロイド症 多尿 下痢 時に嘔吐 脱水 肝腫大 脾腫
    肝アミロイド症 急性元気消沈 食欲不振 多尿多飲 嘔吐 脱水 黄疸 粘膜蒼白 出血性腹水 肝腫大

    呼吸器:
    乳糜胸 呼吸困難 頻脈 低体温 可視粘膜貧血 糸状脈 虚脱 乏尿 多飲多渇 浮腫 打診による濁音
    肺の腺癌 喀痰を伴わない咳嗽 運動不耐性 呼吸困難 食欲不振 喀血 疼痛 跛行 多飲多尿 筋萎縮 発熱 腹水 四肢腫脹

    眼:
    特発性後天性網膜変性 急性視力低下 多尿 多渇 多食 肥満 肝臓腫大 平均8.5歳 雌:70%

    消化器:
    小腸内異物 下痢 便秘 元気消失 皮膚脱水 発熱 腹痛 腹部膨満 排便量減少 多飲多渇 食事後嘔吐
    肝疾患 肝腫大 肝萎縮 黄疸 食後肝性脳症 食後にNH3↑、壁に頭をぶつけたりする 沈欝 体重減少 食欲低下 間欠的嘔吐 腹水
    肝内性動静脈瘻 肝動脈と門脈肝の血管結合 門脈圧亢進 腹水 門脈シャント 嘔吐 下痢 多飲多尿 肝性脳症
    糖質コルチコイド性肝不全 多尿 多渇 全身性脱毛、筋肉の喪失の症候群はクッシング病を示す
    APUD細胞腫 内分泌細胞腫瘍 嘔吐 体重減少 食欲不振 下痢 嗜眠性抑鬱 多渇 メレナ 腹痛 吐血 血便 発熱
    膵外分泌機能不全 多尿症と多飲症が、慢性膵炎によって起こる糖尿病の症例にみられる
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ てんかん発作、後躯麻痺、虚脱、筋肉細線維化、異常行動、運動失調、多食、体重増加、多尿多飲、運動不耐性
    銅関連慢性活動型肝炎 進行性症状を示す壮年犬:嘔吐と下痢と多渇症と多尿症

    腫瘍:
    肛門嚢のアポクリン腺の腺癌 悪性ガン 老齢の雌 肛門周囲の腫瘤 多尿多飲多渇 嗜眠
    慢性リンパ性白血病 無気力 食欲不振 多飲多尿 出血 間欠的跛行 虚脱 リンパ節症 脾腫 貧血
    多発性骨髄腫 食欲不振、脱力感 多飲多尿 高Ca血症、出血傾向  麻痺や疼痛
    副腎褐色細胞腫 稀 多飲多渇または多尿
    クロム親和性細胞腫 希 副腎髄質内分泌細胞 カテコールアミン過剰 高齢 過剰な開口呼吸 頻呼吸 嘔吐 全身性高血圧
    甲状腺腫瘍 嚥下困難、呼吸困難、鳴き声変化 多渇、多尿、食欲亢進、喘ぎ呼吸、落ち着きのなさ、筋脱力、頻脈
    肺の腺癌 喀痰を伴わない咳嗽 運動不耐性 呼吸困難 食欲不振 喀血 疼痛 跛行 多飲多尿 筋萎縮 発熱 腹水 四肢腫脹
    APUD細胞腫 内分泌細胞腫瘍 嘔吐 体重減少 食欲不振 下痢 嗜眠性抑鬱 多渇 メレナ 腹痛 吐血 血便 発熱

    薬物・中毒:
    ビタミンD過剰症 多飲多尿 下痢便 脱水 慢性:発育不良 肺の石灰化が重度:肺炎症状 腎臓:急性腎不全
    高Ca血症 多飲多渇 多尿 食欲不振 嘔吐 便秘 神経障害 沈鬱 衰弱 ECGの変化
    低Ca血症
    薬物誘発性(輸液、利尿剤コルチコステロイド療法)
    グルココルチコイド製剤 肝腫大 多渇・多飲・多食 内分泌性脱毛 副腎皮質機能亢進症
    デキサメサゾン 合成副腎皮質ホルモン 多飲・多尿 下痢 出血

血色素尿

    新生子黄疸症 初乳により発症 重症時数時間後に死亡 血色素血尿・血色素尿 黄疸は3日目以降
    筋肉酵素の増加

    循環器:
    大静脈症候群 VCS 別名:急性犬糸状虫症 呼吸困難 血色素尿 可視粘膜蒼白 頸静脈の拡張と拍動 腹囲膨満 心雑音
    犬フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐

    筋肉:
    代謝性非炎症性ミオパシー 筋肉の脱力、運動不耐性、痙攣および虚脱 吐出 嚥下困難、食道や咽頭異常 暗色尿、筋色素尿症 血色素尿 脳症 嘔吐

    遺伝:
    新生子黄疸症 初乳により発症 重症時数時間後に死亡 血色素血尿・血色素尿 黄疸は3日目以降
    グルコース−6−リン酸 脱水素酵素欠乏症 遺伝 ほとんど雄 薬服用後急激な血色素尿伴う溶血性貧血と黄疸

    免疫介在性疾患:
    免疫介在性溶血性貧血 血尿(13%) 自己免疫性溶血性貧血 雌多い 寒がる、食欲不振
    全身性紅斑性狼瘡 歩様異常 皮膚病変(潰瘍 紅斑 脱毛) 発熱 嗜眠 食欲不振 関節炎 血小板減少 リンパ腫脹

    感染症:
    バベシア カニス 沖縄県 食欲減退 嘔吐 尿・黄褐色 発熱
    ヘモバルトネラ症 貧血・発熱・脾臓腫大 粘膜貧血・黄疸 腹部の疼痛 脾腫 血色素尿・ビリルビン尿

    薬物・中毒:
    ネギ中毒 ヘモグロビン尿 1〜2日で赤色・暗褐色尿 貧血 黄疸 元気消失 心悸亢進 下痢 嘔吐 脾腫
    輸血副反応
    薬剤
    食餌中の色素

血尿

    血尿の排泄時期と原因

    凝固障害:
    免疫介在性血小板減少症 鼻出血 無気力 虚弱 血尿 血便 喀血 メレナ(タール便) 皮膚の点状・斑状出血
    血小板減少症 全身皮膚粘膜に血斑 点状出血が口腔粘膜等 鼻出血、歯肉出血、前眼房や眼底の出血、吐血、下血、血尿 貧血
    先天性血液凝固障害 第Z因子欠損症 A型血友病 B型血友病 Von Willebrand病(VWD) 第X因子欠損症 第XI因子欠損症 異常フィブリノーゲン血症
    第XI因子欠損症 常染色体病 イングリッシュスプリンガースパニエル 血尿 鼻出血 歯肉出血

    血液:
    汎血球減少症 末梢血中白血球・赤血球・血小板数同時低下 元気消沈、粘膜の蒼白化、点状出血、血尿、喀血、下血、発熱

    泌尿器:
    尿石症 頻尿 血尿 努責 腹部膨満 疼痛 嘔吐 発熱
    腎臓結石 シーズーが多い 腎機能の変化を伴わないものから、尿毒症を伴った腎機能の激しい変化に至るまで様々
    水腎症 別名:腎水腫・尿腎症 尿排泄障害で腎盂に尿貯留 無症状あり 食欲不振 落ち着きない 多飲多尿 血尿
    腎芽細胞腫 若犬 腹部拡張 不安 食欲不振 削痩 血尿(17%) 肺転移多い
    腎盂の腫瘍 極めて稀 雄のみで報告 血尿 体重減少 9〜11歳以上の犬
    腎臓の腺癌 腎腺癌:体重減少、食欲不振、血尿、貧血 腎嚢腫癌:皮膚と皮下織に無痛性、結節性皮膚線維症や子宮のポリープ
    尿路の損傷 血尿、排尿困難、腹水、打撲傷、腫張、そして腹部および腰下の痛み
    尿道閉塞 頻回尿 少量尿、排尿時間長い 血尿、排尿疼痛
    尿道損傷 血尿 尿道周囲組織の浮腫・壊死巣形成 腹腔への尿の流入 排尿困難 疼痛 尿毒症
    膀胱結石 排尿困難、頻尿、血尿 尿失禁 濁った悪臭のある尿 尿道閉塞
    先天性腎機能障害 ウェルシュコーギーペンブロークの腎血管拡張症は5〜13歳に発症 触診で腎臓疼痛 血尿、排尿障害、腹部疼痛
    毛細管拡張症 ウェルシュコーギーペンブロークは2〜8歳から始まる肉眼的血尿症 貧血 尿路閉塞 水腎症 腹痛 背湾姿勢 ヒイヒイと鳴く 嘔吐 排尿障害
    キサンチン結石 尿酸塩結石 アロプリノール投与の犬 頻尿、乏尿、血尿などの膀胱結石あるいは尿道結石の典型的症状
    膀胱結石 排尿困難、頻尿、血尿 尿失禁 濁った悪臭のある尿 尿道閉塞
    膀胱炎 濁った濃い色の尿 少量頻回排尿 血尿 悪臭尿 排尿時の痛み 血尿 飲水量増加
    膀胱移行上皮癌 悪性 血尿 慢性膀胱炎 尿中癌細胞 犬では膀胱三角に最も発生しやすい 膀胱壁肥厚硬化・容積減少 老犬
    膀胱横紋筋肉腫 悪性腫瘍 ブドウ状横紋筋肉腫 18カ月未満大型犬 雌 血尿 排尿困難 頻尿 尿停滞 セントバーナード多い
    尿道結石 尿頻回、血尿、尿痛、尿失禁 尿管塞栓は水腎症へ 尿道塞栓は膀胱破裂へ
    細菌性尿路感染症 頻回尿、血尿
    膀胱の毛細線虫 膀胱やまれに腎盂寄生 ミミズ中間宿主 多数寄生で膀胱炎:血尿、頻尿、排尿困難
    腎虫 腹痛、腎性疼痛、血尿、尿毒症、貧血、体重減少、頻尿、腹膜炎

    内部寄生虫:
    膀胱の毛細線虫 膀胱やまれに腎盂寄生 ミミズ中間宿主 多数寄生で膀胱炎:血尿、頻尿、排尿困難
    腎虫 腹痛、腎性疼痛、血尿、尿毒症、貧血、体重減少、頻尿、腹膜炎

    内分泌:
    原発性上皮小体機能亢進症 上皮小体の腺腫 稀 老齢犬 病的骨折 多尿多渇症、虚弱、発作、希釈尿
    エストロゲン過剰症 雄の雌性化症候群 セルトリ細胞腫 雌性型乳房、性欲の減退

    生殖器:
    急性前立腺炎 食欲不振、沈鬱、発熱 嘔吐 後腹部痛 硬い歩様 尿道分泌物
    慢性前立腺炎 60% 老犬 尿路疾患徴候、発熱、嘔吐、裏急後重や運動障害
    前立腺膿瘍 尿道分泌物は出血性や膿様 破裂した場合、限局性腹膜炎:発熱、疼痛、嘔吐 黄疸
    前立腺腫瘍(腺癌) 老犬 中〜大型犬 便のしぶり 排尿困難 出血性尿道分泌物 後肢虚弱・硬直 後半身疼痛
    良性前立腺過形成 加齢変化 前立腺腫大 無痛 尿道から血様排泄物 血尿 射精物に血液混在 しぶり リボン状便 排尿困難
    前立腺の移行上皮癌 前立腺を犯す二番目に多い腫瘍 部分的尿道閉塞と関連する
    前立腺肥大 排尿困難、血尿失禁、下半身疼痛、排便時にいきむ 会陰ヘルニア誘発、便が平・出ない
    間性 表現型上の雄:生殖管の雌性部分の変化に伴って周期的血尿や子宮蓄膿症 発情徴候を示す、包皮の腫張、ほかの雄に興味を示す

    循環器:
    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    結節性多発性動脈炎 嘔吐 疼痛 皮膚潰瘍・発疹 粘膜潰瘍 鼻腔分泌物 脊髄痛 心不全 腎不全、血尿 発熱 関節痛 発作

    真菌:
    カンジダ症 口腔粘膜病巣 著しい口臭は合併症を示す 食道胃腸に潰瘍形成

    呼吸器:
    血胸 呼吸困難 可視粘膜蒼白 チアノーゼ 鼻出血 歯肉出血 下血 血尿 皮下出血

    薬物・中毒:
    ワルファリン中毒 クマリン系殺鼠剤 全身の出血傾向 鼻血 皮膚、歯茎、眼から出血
    チョコレート中毒 テオブロミン 嘔吐、下痢、多量な排尿、過敏、高体温、運動失調、ふるえ、発作、昏睡 腹痛、血尿、血便

    腫瘍:
    膀胱移行上皮癌 悪性 血尿 慢性膀胱炎 尿中癌細胞 犬では膀胱三角に最も発生しやすい 膀胱壁肥厚硬化・容積減少 老犬
    膀胱横紋筋肉腫 悪性腫瘍 ブドウ状横紋筋肉腫 18カ月未満大型犬 雌 血尿 排尿困難 頻尿 尿停滞 セントバーナード多い
    腎芽細胞腫 若犬 腹部拡張 不安 食欲不振 削痩 血尿(17%) 肺転移多い
    腎盂の腫瘍 極めて稀 雄のみで報告 血尿 体重減少 9〜11歳以上の犬
    前立腺腫瘍(腺癌) 老犬 中〜大型犬 便のしぶり 排尿困難 出血性尿道分泌物 後肢虚弱・硬直 後半身疼痛
    前立腺の移行上皮癌 前立腺を犯す二番目に多い腫瘍 部分的尿道閉塞と関連する
    腎臓の腺癌 腎腺癌:体重減少、食欲不振、血尿、貧血 腎嚢腫癌:皮膚と皮下織に無痛性、結節性皮膚線維症や子宮のポリープ

黄色尿

    ビーフジャーキー多食 プロピレングリコール ハインツ小体性溶血性貧血 動作鈍 便は少し赤色性粘液質 黄色尿 尿臭が強
    急性肝炎 糞便悪臭 下痢 黄疸・肝臓の疼痛 黄色尿 黄疸 激症肝炎:興奮 痙攣 嗜眠 口腔内出血 DIC

尿臭

    泌尿器:
    細菌性尿路感染症 頻回尿、血尿
    尿道閉塞 頻回尿 少量尿、排尿時間長い 血尿、排尿疼痛
    尿道結石 尿頻回、血尿、尿痛、尿失禁 尿管塞栓は水腎症へ 尿道塞栓は膀胱破裂へ
    尿毒症 嘔吐 口内炎・潰瘍は頬粘膜 口臭 舌先壊死 胃腸出血 貧血

    膀胱:
    膀胱炎 濁った濃い色の尿 少量頻回排尿 血尿 悪臭尿 排尿時の痛み 血尿 飲水量増加
    膀胱結石 排尿困難、頻尿、血尿 尿失禁 濁った悪臭のある尿 尿道閉塞

    食餌:
    ビーフジャーキー多食 プロピレングリコール ハインツ小体性溶血性貧血 動作鈍 便は少し赤色性粘液質 黄色尿 尿臭が強

削痩重度

    消化器:
    異嗜
    胃内異物 食後に間欠的嘔吐 胃炎症状に似る 食欲が一定せず多渇 体重減少 削痩 動作不活発 腹部触診を嫌がる
    慢性胃炎 嘔吐 食欲不振 痩せ 被毛粗剛 軽度の貧血 老犬多発
    胃の腫瘍 嘔吐 下血 暗褐色の吐血 黒色タール様血便 腹痛 胃部圧痛 貧血
    胃潰瘍 嘔吐、多飲 吐物には一部消化された血液 貧血 下血 胃穿孔で急死 腹痛

    吸収不良症候群 食欲はあるのに体重減少 嘔吐 消化不良の大量軟・下痢便 酸敗性悪臭脂肪便
    蛋白露出性胃腸症 極端な痩せ 腹部下垂、手足浮腫 下痢 胸・腹水 嘔吐 貧血 痙攣

    瓜実条虫 食欲不振、元気消失、体重減少 虫の一部が排便と共に出る、肛門部痒み 軟便 下痢
    マンソン裂頭条虫 通常は無症状で経過、多数寄生した場合に消化器障害、下痢、腹痛、痩せる
    豆状条虫 少数寄生では無症状、多数寄生すると下痢、腹痛、その他の消化器障害が主で、まれに腸閉塞や穿孔、神経症状

    膵臓・肝臓:
    糖尿病 急激な削痩 多尿多飲 多食 嘔吐 白内障 腎不全 失禁
    若年性真性糖尿病 インスリン依存性真性糖尿病 1歳未満 多飲多渇 多食 夜尿症 重度体重減少 膵臓外分泌機能不全
    慢性膵臓炎 悪臭伴う灰白色・黄色下痢便 糞量多 腹痛 多飲多尿
    膵臓の変性萎縮 旺盛な食欲 体重減少 大量で悪臭に脂肪性下痢 食糞 脱毛 腹部膨満 若い2歳以下
    膵外分泌機能不全 EPI 旺盛な食欲 体重減少 悪臭脂肪性大量下痢・軟便、間欠的水様下痢便 貧血、食糞 嘔吐

    肝硬変 症状乏しい 食欲不振 削痩 下痢 便秘 黄疸 腹水 肝臓大きさは犬では縮小
    肝膿瘍 無症状が多い 削痩 食欲不定 不整な発熱 消化不良 便秘 肝圧痛 重症:呼吸困難 黄疸 腹膜炎

    内分泌:
    甲状腺機能亢進症 バセドー氏病 食欲増加・体重減少 神経質 興奮 眼球突出 多渇多尿 下痢 脱毛
    副腎皮質機能低下症 アジソン病 抑鬱 嘔吐 便秘と下痢 低血圧 脱水 腹痛 急性型:発熱 昏睡
    若年性真性糖尿病 インスリン依存性真性糖尿病 1歳未満 多飲多渇 多食 夜尿症 重度体重減少 膵臓外分泌機能不全

    その他:
    白血病
    アミロイド症 多尿 下痢 時に嘔吐 脱水 肝腫大 脾腫
    結核 不顕性感染 咳 多尿多飲 悪臭のある軟便 黄疸 嘔吐 脱水 皮膚の潰瘍

前肢の跛行

    年齢無関係:
    爪の伸びすぎ
    前足の内側の爪(巻き爪) 化膿 出血
    骨折
    犬、猫などによる咬傷
    マダニ 跛行:指の間にマダニ寄生時

    成長期の犬(12カ月齢未満):
    骨軟骨症 肩関節の骨軟骨症 大型犬 雄(4ー5倍) 4ー8カ月齢犬跛行 疼痛 骨関節症
    肩関節脱臼
    亜脱臼(先天性)
    骨軟骨症 肘関節の骨軟骨症 大型犬 雄(4ー5倍) 4ー8カ月齢犬跛行 疼痛 骨関節症
    肘突起癒合不全 画像
    内側鉤状突起離断
    肘関節不適合
    屈筋の断裂/石灰化(肘関節)
    橈骨と尺骨の非対称性の成長
    汎骨炎 大型の若齢犬 間欠性跛行・疼痛 生後1年以内に発症 雄に多い
    肥大性骨異栄養症 骨幹性骨症 若齢大型種 橈骨・尺骨・脛骨の疼痛を伴う骨幹端の腫大 周期的発熱
    外傷(軟部組織,骨,関節)
    感染(局所あるいは全身的因子)
    栄養不均衡
    バーロー病 ビタミンC欠乏 子犬 跛行 長骨の遠位端における腫脹・疼痛 橈骨著明運動不耐性 疼痛 熱
    先天性異常
    グレーコリー症候群 シルバーグレーのコリー種 遺伝性骨髄異形成、 敗血症
    ライム病 スピロヘータ 神経症状:中程度の発熱・全身性痙攣・起立不能・異常歩行・神経過敏
    くる病と骨軟化症 関節の腫脹・変形 疼痛 跛行 四肢の変形 肋骨と肋軟骨接合部はくる病念珠 骨折しやすく 起立不能
    栄養性上皮小体機能亢進症 肉主体の食餌 病的骨折 跛行 歩様異常
    好酸球性汎骨炎 別名:内骨症 体重増加 跛行 疼痛 発熱 結膜の充血 雄(4倍)
    バイトリル注 エンロフロキサシン 30週齢以下に長期間(実験的には30日間)投与すると関節軟骨に病変が生じ、跛行

    成熟犬(12カ月齢以上):
    変形性関節疾患 骨関節症 跛行 関節軟骨の摩損と関節表面ならびに関節裏の骨様変化
    二頭筋腱滑膜炎
    棘上筋/棘下筋の石灰化
    棘上筋/棘下筋の拘縮
    軟部組織あるいは骨の腫瘍(原発性あるいは転移性)
    外傷(軟部組織,骨,関節)
    汎骨炎 大型の若齢犬 間欠性跛行・疼痛 生後1年以内に発症 雄に多い
    多発性関節症
    多発性筋炎
    多発性神経炎

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    成犬・老齢犬:
    尾側頚椎脊髄症 緩慢進行性共調運動不能 後肢不全麻痺 疼痛 グレートデーンやドーベルマンピンシャー、大型・超大型犬
    変形性脊椎症 老齢犬 別名:脊椎骨増殖症、肥大性脊椎炎、変形性化骨性脊椎炎、強直性脊椎炎
    慢性関節リウマチ
    特発性多発性関節炎
    椎間板脊椎炎 起立困難、竹馬様歩様、跛行、発熱、疼痛 雄に多い 大型犬・超大型犬
    骨関節症
    仮性上皮小体機能亢進症 上皮小体以外の腫瘍のホルモン 嘔吐 筋無力 徐脈 多飲多渇 骨変形 病的骨折
    原発性上皮小体機能亢進症 上皮小体の腺腫 稀 老齢犬 病的骨折 多尿多渇症、虚弱、発作、希釈尿
    全身性紅斑性狼瘡 歩様異常 皮膚病変(潰瘍 紅斑 脱毛) 発熱 嗜眠 食欲不振 関節炎 血小板減少 リンパ腫脹
    肥大性骨関節症 肺性骨関節症 マリー病 長骨の骨膜肥厚・四肢の軟部組織の腫脹
    骨髄腫 鼻出血 粘膜下出血 可視粘膜の貧血 血便 骨の脆弱化による跛行 神経症状
    多発性骨髄腫 食欲不振、脱力感 多飲多尿 高Ca血症、出血傾向(鼻と粘膜) 麻痺や疼痛 中年から老年(6―13歳)
    骨肉腫 悪性腫瘍 病的骨折 疼痛 中ー高齢 大型・超大型犬に多い
    パラプロテイン血症 跛行 不全麻痺 衰弱 体重減少 鼻出血 歯肉出血 点状出血 斑状出血 下血
    過粘稠血症候群 元気消失 食欲不振 多飲多尿 失明 運動失調 発作 跛行 骨痛 関節痛 嘔吐 下痢
    黒色腫 メラノーマ 黒い犬、老犬に多い 四肢がおかされた場合には跛行

    年齢無関係:
    頭部外傷
    ブロディ膿瘍 化膿性骨炎 主に長管状骨の骨端に限局、初期には局所の疼痛・跛行 骨関節症
    ビタミンA過剰症 四肢骨腫脹 疼痛 跛行 体重減少 知覚過敏 尿失禁 子犬起立不能 骨肥大性増殖 胎児:口蓋裂
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ 無気力、虚弱、運動失調、行動異常、痙攣、神経質
    感染性心内膜炎 虚弱、跛行、咳、運動不耐性 不整脈 鼻出血 チアノーゼ 関節炎 神経症状
    鼻蹠角化亢進症 鼻鏡部他が過剰増殖、乾燥、硬化、ひび割れ 四肢のパッド 跛行
    血管肉腫 跛行等の運動機能異常 貧血に伴う症状(可視粘膜蒼白、運動不耐性、心悸亢進、呼吸速迫、不整脈等)
    慢性リンパ性白血病 無気力 食欲不振 多飲多尿 出血 間欠的跛行 虚脱 リンパ節症 脾腫 貧血
    打撲
    捻挫
    ヘパトゾーン症 原虫 マダニ媒介 発熱 貧血 下痢 食欲不振 歩行異常 腰痛 筋肉知覚過敏 目脂 鼻汁
    肉芽腫性肝炎 頑固な発熱 元気消失 体重減少 食欲不振 白血球増多 跛行 潰瘍性皮膚炎 歯肉炎
    疼痛とストレスに関連する臨床徴候 筋骨格:跛行 脆弱 震え
    脾臓の血管肉腫 急性出血による突然死、体重減少、虚弱、間欠性の虚脱、運動失調、跛行、発作、痴呆、不全麻痺
    肝臓の血管肉腫 急性出血による突然死、体重減少、虚弱、間欠性の虚脱、運動失調、跛行、発作、痴呆、不全麻痺

後肢の跛行

    年齢無関係:
    骨折
    犬、猫などによる咬傷
    リンパ水腫 水腫は四肢・特に後肢で最も多く、跛行および疼痛は蜂巣炎が発現するまでみられない
    股関節脱臼 突然跛行 痛みのために患肢をあげる
    マダニ 跛行:指の間にマダニ寄生時

    成長期の犬(12カ月齢未満):
    股関節形成不全 モンロー歩様 横座り 後肢の跛行
    レッグ・ペルテス病 大腿骨骨頭部骨端軟骨症
    骨軟骨症 膝関節の骨軟骨症 大型犬 雄(4ー5倍) 4ー8カ月齢犬跛行 疼痛 骨関節症
    膝蓋骨脱臼 内側あるいは外側 歩き始めは後ろ足を伸ばす 後肢に触るとコキコキ音
    膝蓋骨の外側脱臼 大型犬 内側は小型犬が多い
    骨軟骨症 飛節の骨軟骨症 大型犬 雄(4ー5倍) 4ー8カ月齢犬跛行 疼痛 骨関節症
    汎骨炎 大型の若齢犬 間欠性跛行・疼痛 生後1年以内に発症 雄に多い
    肥大性骨異栄養症 骨幹性骨症 若齢大型種 橈骨・尺骨・脛骨の疼痛を伴う骨幹端の腫大 周期的発熱
    外傷(軟部組織,骨,関節)
    感染(局所および全身的因子)
    栄養不均衡
    バーロー病 ビタミンC欠乏 子犬 跛行 長骨の遠位端における腫脹・疼痛 橈骨著明運動不耐性 疼痛 熱
    ムコ多糖体沈着症 矮小発育、多発性骨形成不全、股関節亜脱臼、顔面変形 肝臓肥大、角膜混濁、大きな舌、心臓弁膜肥厚
    先天性異常
    グレーコリー症候群 シルバーグレーのコリー種 遺伝性骨髄異形成、 敗血症
    家族性シャーペイ熱 後肢踝関節腫張 微熱 緩慢な動き 倦怠感 体重減少 腹痛、嘔吐、下痢、貧血、不整脈、呼吸困難
    ライム病 スピロヘータ 神経症状:中程度の発熱・全身性痙攣・起立不能・異常歩行・神経過敏
    くる病と骨軟化症 関節の腫脹・変形 疼痛 跛行 四肢の変形 肋骨と肋軟骨接合部はくる病念珠 骨折しやすく 起立不能
    栄養性上皮小体機能亢進症 肉主体の食餌 病的骨折 跛行 歩様異常
    好酸球性汎骨炎 別名:内骨症 体重増加 跛行 疼痛 発熱 結膜の充血 雄(4倍)
    バイトリル注 エンロフロキサシン 30週齢以下に長期間(実験的には30日間)投与すると関節軟骨に病変が生じ、跛行

    成熟犬(12カ月齢以上):
    変形性関節疾患 骨関節症 跛行 関節軟骨の摩損と関節表面ならびに関節裏の骨様変化
    前十字靱帯疾患 後肢 膝関節 前十字靱帯(CrCL)の急性あるいは変性性の損傷 犬の跛行の最も多い原因
    前十字靱帯断裂 後肢 膝関節 避妊の雌犬ではその他の去勢や 避妊してない犬の2倍の確率の発生
    尾側十字靱帯損傷
    長指伸筋腱の断裂(膝関節)
    軟部組織あるいは骨の腫瘍(原発性あるいは転移性)
    外傷(軟部組織,骨,関節)
    汎骨炎 大型の若齢犬 間欠性跛行・疼痛 生後1年以内に発症 雄に多い
    多発性関節症
    多発性筋炎
    多発性神経炎

運動麻痺

    骨格:
    椎間板ヘルニア 腰抜け 運動障害:歩行を好まず 後肢麻痺 排便・排尿不能 腰の局所疼痛
    脊髄炎
    変形性脊椎症 老齢犬 別名:脊椎骨増殖症、肥大性脊椎炎、変形性化骨性脊椎炎、強直性脊椎炎
    尾側頚椎脊髄症 緩慢進行性共調運動不能 後肢不全麻痺 疼痛 グレートデーンやドーベルマンピンシャー、大型・超大型犬
    ウォブラー症候群 犬のよろめき症候群 頚椎の異常 後肢運動失調 成長期大型犬
    頚椎すべり症 両側対称性の後肢 まれに前肢に序序に現れる→運動失調 虚弱 麻痺性歩様 痛みはない 間代性痙攣
    脊髄被裂 二分脊椎 椎弓融合不全 便や尿の失禁、股関節はしまりなく、膝蓋骨の脱臼 チワワの例では弛緩した両側の下肢が麻痺(対麻痺)したり、後肢の浮腫
    脊髄腫瘍 大型犬に発生が多い、多く報告:硬膜外腫瘍は原発性の悪性骨腫瘍(骨肉腫、線維肉腫、血管肉腫)、骨・軟部組織への転移性腫瘍
    第七腰椎の骨折 交通事故・落下 後肢麻痺 排尿排便障害

    筋肉:
    特発性多発性筋炎 静止時・運動負荷時に上腕・四肢・体幹・食道の筋が筋肉痛・筋肉硬直・筋力低下 咀嚼筋疼痛

    神経:
    脳炎 興奮期→沈鬱期(麻痺) 意識障害、瞳孔縮小 結膜充血、不安定な歩様、癲癇 旋回運動、失明、昏睡
    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    ビタミンB1(チアミン)欠乏症 神経症状 食欲不振 痙攣性対麻痺 食糞症 後肢硬直 硬直性痙攣 知覚過敏 嘔吐 散大瞳孔
    多発性神経根神経炎 別名:クーンハウンド麻痺症・急性多発性神経炎 不安と機敏 後肢弱化 四肢麻痺 全身筋肉虚弱
    慢性変性性神経根脊髄障害 シェパードの変性性脊髄障害または後肢不全麻痺
    尾側頚椎脊髄症 緩慢進行性共調運動不能 後肢不全麻痺 疼痛 グレートデーンやドーベルマンピンシャー、大型・超大型犬
    クラッベ病 家族性瀰漫性小児脳硬化症 脊髄障害症状:後肢失調性歩様→後駆麻痺、小脳障害症状:小脳障害症状→不全麻痺へと進行する運動失調 協同運動障害 振戦 視力障害 行動認識 虚脱
    ハンセン型胸腰部椎間板突出症 軟骨異栄養犬種 腰背部疼痛、後肢の歩様失調、後肢の対不全 対完全麻痺、排尿制御失調

    循環器:
    後大動脈血栓症 後肢麻痺、大腿部疼痛 大腿動脈拍動触知できず 後肢爪出血なし 下顎、腹部腹側浮腫

    感染症:
    トキソプラズマ症 不顕性感染 下痢、筋肉脱力、呼吸困難 幼犬 発熱、リンパ節腫脹、嘔吐 鼻汁 咳 呼吸困難 眼障害
    ダニ麻痺 弛緩性運動麻痺 声の変化、咳、嚥下困難 平衡失調、前肢麻痺 起立困難 振戦 呼吸は遅く、嘔吐 瞳孔散大、

    泌尿器:
    尿毒症 尿毒症性脳症 不活発 眠気 嗜眠 振戦 テタニー 歩行困難 間代性痙攣 癲癇 昏睡

    薬物:
    狂犬病ワクチン副作用 痛み 食欲減退 倦怠感 脱力 発熱 嘔吐 下痢 浮腫 呼吸困難 知覚麻痺 運動麻痺 起立不能
    ナフタリン中毒 防虫剤 溶血性貧血 神経異常(運動失調、振戦、発作) 嘔吐、抑鬱、振戦、食欲不振、下痢、散瞳

    植物中毒:
    イエロージャスミン 植物全体に含まれる物質:運動失調・嚥下困難・痙攣発作・呼吸筋麻痺・死亡
    ヒエンソウ 植物 有毒:全草 成分:アコニチン他 流涎 振戦 運動失調 痙攣 呼吸困難 心臓麻痺
    ハンショウヅル 植物 有毒:全草 成分:アジヤコニン他 流涎 運動失調 振戦 痙攣 呼吸困難 心臓麻痺
    ハナヒリノキ 植物 有毒:葉 成分:グラヤノトキシン他 運動神経麻痺 呼吸困難 心臓麻痺
    センダン 植物 有毒:樹皮・果実 成分:カテコールタンニン 流涎 嘔吐 下痢 胃炎 運動失調 痙攣 呼吸停止 心停止
    ザクロ 植物 有毒:樹皮・根皮 成分:ペルチェリン他 嘔吐 下痢 胃炎 運動失調 精神混乱 失神 CNS麻痺
    キバナハウチワマメ 植物 有毒:特に種子 成分:スパルテイン 流涎 嘔吐 運動失調 呼吸困難 催奇形性
    アセビ 植物 有毒:葉・枝・花を含めた全株 成分:アンドロメドトキシン他 悪心 嘔吐 視覚異常 下痢 腹痛 痙攣 低血圧 運動失調 呼吸麻痺 死亡
    きのこ中毒 嘔吐 下痢 腹痛 元気消沈 黄疸 運動失調 発作 昏睡

    品種:
    ラブラドールレトリバーの遺伝性ミオパシー 骨格筋量減少 硬直性跳躍歩様 別名:筋ジストロフィー
    慢性変性性神経根脊髄障害 シェパードの変性性脊髄障害または後肢不全麻痺
    ハンセン型胸腰部椎間板突出症 3歳以上のミニチュアダックスフンド、ビーグル、ペギニーズ、コッカースパニエルなどの軟骨異栄養犬種

嗜眠

    免疫介在性疾患:
    免疫介在性溶血性貧血 嗜眠は99% 自己免疫性溶血性貧血 雌多い 寒がる、食欲不振、落ちつきがない
    全身性紅斑性狼瘡 歩様異常 皮膚病変(潰瘍 紅斑 脱毛) 発熱 嗜眠 食欲不振 関節炎 血小板減少 リンパ腫脹

    泌尿器:
    慢性腎不全 初期 多尿 嗜眠 食欲低下 急性腎不全との相違:体重減少 被毛光沢の低下
    先天性腎機能障害 多飲多尿、嗜眠、食欲不振、体重減少、嘔吐、貧相な被毛、削痩、脱水、蒼白、口腔粘膜の潰瘍と口臭 尿濃縮能低下、高窒素血症、高リン血症、再生不良性貧血
    腎臓の異形成・無形成 嗜眠、食欲のむら、被毛の質低下、体重の減少、抑鬱、多飲多尿、嘔吐、食欲低下、脱水、下痢、貧血
    腎尿細管性アシドーシス 稀 元気なし、神経症状、昏睡
    先天性腎機能障害 腎の異形成 6カ月齢〜5歳 2歳以内多い 嗜眠 発育不良 多尿 多飲多渇 嘔吐
    尿毒症 尿毒症性脳症 不活発 眠気 嗜眠 振戦 テタニー 歩行困難 間代性痙攣 癲癇 昏睡

    内分泌:
    甲状腺機能低下症 中年齢以上 元気減少 嗜眠 寒がり 運動不耐性 体重減少 痒みのない脱毛両側対称性
    副腎皮質機能亢進症 クッシング症 多尿多飲 多食 腹部膨満 嗜眠 肥満 左右対称性脱毛 神経症状

    感染症:
    フィラリアによる肝臓障害 被毛不良、貧血、胃腸障害、黄疸、腹水、出血傾向(吐血、鼻出血など)、肝性昏睡
    ライム病 スピロヘータ 神経症状:中程度の発熱・全身性痙攣・起立不能・異常歩行・神経過敏
    クリプトコックス症 深在性真菌症 体重減少と嗜眠 中枢神経系・眼の感染
    バベシア ギブソニ 貧血 発熱 食欲低下 血色素尿 神経症状(ひきつけ等)

    消化器:
    胃出血 暗赤色で酸臭のある血液を嘔吐 吐血中には必ず食物の片を混じる 暗赤色タール状悪臭ある血便を排出 貧血、可視粘膜蒼白、心機能障害(心悸亢進、瀕脈、貧血性雑音など) 嗜眠、
    出血性胃腸炎症候群 若い成犬多い 下痢前に嘔吐 吐物中に血液 悪臭のジャム状血便排泄 元気減少 嗜眠
    急性肝炎 糞便悪臭 下痢 黄疸・肝臓の疼痛 黄色尿 黄疸 激症肝炎:興奮 痙攣 嗜眠 口腔内出血 DIC

    雌生殖器:
    急性子宮炎 出産後1〜7日で発症 細菌感染 発熱 食欲不振 嗜眠 嘔吐 脱水 帯下 泌乳減少 子宮腫大

    中毒:
    イベルメクチンの中毒 散瞳 異常な眼球運動 振戦 運動失調 嘔吐 振戦 呼吸促迫 虚脱 嗜眠
    ブルセラ症 流産 犬は健常で多くは無症状 胚子死亡 不妊 死産 胎子菌血症 妊娠後期多い 新生子期に死亡

    ミネラル:
    高Ca血症 多飲多渇 多尿 食欲不振 嘔吐 便秘 神経障害 沈鬱 衰弱 ECGの変化
    高マグネシウム血症 徐脈 QRS間隔の延長 虚弱 麻痺 反射低下 抑欝 傾眠 腎不全
    高Na血症 多飲 見当識障害 昏睡 てんかん発作
    低Na血症 嗜眠 てんかん発作 閉塞 昏睡

    腫瘍:
    悪性組織球腫 皮膚病変はまれ 身体のあらゆる場所に出現 脱毛、潰瘍 致死的

帯下:性器から分泌される液体 おりもの
    正常な交配(発情)
    ブルセラ症 流産 犬は健常で多くは無症状 胚子死亡 不妊 死産 胎子菌血症 妊娠後期多い 新生子期に死亡
    子宮蓄膿症 発情から1〜2カ月 多飲多尿 嘔吐 脱水 脱毛 腹部膨満 陰門腫大 陰部を舐める 臭気 発熱 尿毒症
    急性子宮炎 出産後1〜7日で発症 細菌感染 発熱 食欲不振 嗜眠 嘔吐 脱水 帯下 泌乳減少 子宮腫大
    可移植性生殖器肉腫 性行為により伝染 性器の良性肉腫 陰部・陰茎の血様排泄物 カリフラワー状 出血
    胎盤部位の退縮不全 出産後 3歳以下 持続性分娩後出血が7〜12時間持続

    腟:
    腟炎 陰門を舐める 腟検査時の不快感 腟分泌物 雄犬はしばしば腟炎の雌に誘引される。
    腟の異常
    腟脱 発情前期・発情初期に若齢大型犬 最初の徴候:2歳前後 再発が多い
    腟の裂傷 稀 原因:産科処置、腟鏡検査、繁殖時の外傷、難産 腟処置後の急性腟出血開始
    腟の過形成 若齢犬の発情前期と発情期 腟ヒダは水腫状・過形成性、陰門から突出 露出粘膜は容易に外傷

急死

    循環器:
    特発性心筋症
    心室性頻脈 持続すると低血圧、心筋虚血、失神、あるいは発作、ショック、突然死を引き起こすことのある危険な不整脈
    不整脈
    フィラリア症 発咳 運動後の失神、腹水、貧血 喀血 黄疸 赤色尿 空嘔吐
    動脈管開存症 PDA 胎生期の動脈管が出生後も開存 最も発生頻度高い 夜間発作性呼吸困難 股動脈触診:跳躍脈
    心室中隔欠損症 咳、呼吸不全、肺水腫 右心不全から始まる
    肺動脈弁狭窄症 PS 軽症:生涯無症状 中程度:運動時呼吸困難・肝腫大・腹水・四肢浮腫の右心不全 重症:運動時失神・急死
    大静脈症候群 VCS 呼吸困難 血色素尿 可視粘膜蒼白 四肢の冷感 頸静脈の拡張と拍動 腹囲膨満 異常肺音 心雑音
    肺血栓塞栓性疾患 多いのはフィラリア 呼吸困難、呼吸促迫 起坐呼吸 頸静脈拍動 胸水
    心筋梗塞 血栓形成起因 元気消沈・食欲不振・呼吸困難・虚脱・嘔吐・肥満・突然死 跛行・頻拍・心雑音・軽症の熱
    鬱血性心筋症(犬の拡張性心筋症) 心室性期外収縮や心室性頻脈が一般的に見られ突然死を招きやすい
    大動脈弁疾患
    心臓内隆起欠損
    心タンポナーゼ
    動静脈瘤
    心房破裂 急性に虚弱虚脱発現し急死へ進行 粘膜蒼白 頻拍 微弱脈拍 右心不全の徴候:腹水・頸静脈怒張
    左心房裂傷 左心房破裂 左心房の拡張と左心房内圧の上昇により、左心房破裂や後天性心房中隔欠損症を併発

    血液疾患:
    体外出血
    体内出血
    止血障害
    急性白血病

    呼吸器:
    気管虚脱 ガンと鳴く乾性間欠的発咳 興奮 運動 飲水 食事中 チアノーゼ 痙攣 小型犬や短頭種 肥満
    喉頭水腫 短頭種や肥満犬 耳障りな浅速呼吸、呼吸困難 突発的なチアノーゼ 急死
    肺水腫 咳、呼吸困難、チアノーゼなどですが、急激な場合は激しい咳とともに血様の泡状の液体を鼻から出す
    肺血栓塞栓性疾患 多いのはフィラリア 呼吸困難、呼吸促迫 起坐呼吸 頸静脈拍動 胸水
    異物の誤飲
    気胸 呼吸困難 可視粘膜チアノーゼ 罹患側の胸壁の隆起と打診時の鼓音 胸壁の穿孔創・肋骨骨折を認めることがある
    血胸 水胸、膿胸、乳糜胸の症状と似る 呼吸困難 聴診・打診音の変化 可視粘膜蒼白
    横隔膜ヘルニア 急性:呼吸困難 横臥を嫌い 犬座 腹式呼吸 腹部縮小 粘膜蒼白 咳 疲労
    フレイルチェスト(動揺胸廓) 2個所以上の隣接肋骨骨折 呼吸時に胸壁の一部が反対の動きをする
    軟口蓋浮腫
    喉頭浮腫

    消化器:
    胃内異物 食後に間欠的嘔吐 胃炎症状に似る 食欲が一定せず多渇 体重減少 削痩 動作不活発 腹部触診を嫌がる
    口腔内異物 流涎→異物感 口唇に血液付着 疼痛 食事不可 異物刺激:口粘膜充血・腫脹 鼻出血
    小腸内異物 下痢 便秘 元気消失 皮膚脱水 発熱 腹痛 腹部膨満 排便量減少 多飲多渇 食事後嘔吐
    腸閉塞(イレウス) 嘔吐 腹位膨満 悪臭暗黒色タール様下利便 腹痛 多飲 脱水 食欲不振 沈鬱
    胃拡張 腹部膨満 疝痛 胃捻転に較べて症状は軽い 腹痛 空嘔吐 流涎 可視粘膜は不潔で金線状脈 打診すると鼓音
    急性胃拡張と捻転
    急性膵臓炎 肥満 室内飼育雌犬 高脂肪食 腹痛、嘔吐 中〜老年 下痢、ショック 発熱 黄疸、呼吸困難

    肝臓:
    急性肝炎 糞便悪臭 下痢 黄疸・肝臓の疼痛 黄色尿 黄疸 激症肝炎:興奮 痙攣 嗜眠 口腔内出血 DIC
    門脈シャント 発育不良、食後2時間で涎、歩き回る 癲癇様発作、食欲不振、嘔吐、下痢 尿路結石 多飲多尿 腹部膨満 口臭 発熱 流延 頻尿 血尿
    肝リピドーシス 脂肪肝、嘔吐、下痢 便秘 稀:黄疸、体重減少、流涎、意識障害、発作 腹部触診で腫大肝臓触知可能
    脾臓の血管肉腫 急性出血による突然死、体重減少、虚弱、間欠性の虚脱、運動失調、跛行、発作、痴呆、不全麻痺
    肝臓の血管肉腫 急性出血による突然死、体重減少、虚弱、間欠性の虚脱、運動失調、跛行、発作、痴呆、不全麻痺

    神経:
    水頭症 歩行困難、旋回運動、麻痺、精神状態の変化 全身性癲癇様発作 視力障害 小型犬
    脳血管障害
    脳挫傷
    血腫
    髄膜炎 感覚過敏、頸痛、抑欝、発熱 運動失調 軽度の不全麻痺 ジステンパー起因が多い
    一過性若年性低血糖症 重度の抑鬱、昏迷、顔筋の単収縮を伴う昏睡
    グリコーゲン貯蔵病 離乳前後の小型犬 タール様の下痢 涎 嘔吐 歩行困難 痙攣発作 体温低下 昏睡 痙攣 衰弱 死亡
    ショック
    非化膿性肉芽腫性髄膜脳脊髄炎 共調不能、運動失調、頚部痛、1週間以内に25%が死に至る
    交通事故

    腫瘍:
    血管肉腫 脾臓・肝臓・右心房が好発部位 雄 悪性腫瘍
    脾臓の血管肉腫 急性出血による突然死、体重減少、虚弱、間欠性の虚脱、運動失調、跛行、発作、痴呆、不全麻痺
    肝臓の血管肉腫 急性出血による突然死、体重減少、虚弱、間欠性の虚脱、運動失調、跛行、発作、痴呆、不全麻痺
    インスリン分泌性膵島細胞腫瘍(インスリン過剰症) インシュリノーマ 無気力、虚弱、運動失調、行動異常、痙攣、神経質
    脳腫瘍 大脳ないしは間脳が侵されると、攻撃性、無関心、見当識障害、興奮性のような行動の変化、頭蓋内圧の増加や脳へルニア:発作、視覚喪失、昏迷、昏睡

    内分泌:
    副腎皮質機能低下症 アジソン病 抑鬱 嘔吐 便秘と下痢 低血圧 脱水 腹痛 急性型:発熱 昏睡
    胸腺遺残
    糖尿病 急激な削痩 多尿多飲 多食 嘔吐 白内障 腎不全 失禁

    感染性疾患:
    犬パルボウイルス感染症 嘔吐 下痢 血便 脱水症、敗血症、栄養失調
    伝染性肝炎 子犬に多い 発熱 沈鬱 無気力 肝臓ある腹部を触診痛 嘔吐 下痢 角膜白濁
    コロナウイルス感染症 下痢 嘔吐
    ロタウイルス感染症 幼犬の急性下痢 血様便 急死 末期には脱水による循環障害 心拍数は増加 体温低下
    ヘルペスウイルス感染症 希 体力が弱い時に発症 新生子犬 発熱 元気食欲ない 黄緑色便 下痢

    サルモネラ感染症 重度の胃腸炎 内毒素血症 白血球減少 敗血症 肺炎 腎盂腎炎 壊死性肝炎 流産 死産
    敗血症

    中毒
    有機燐及びカルバミン酸中毒 殺虫剤成分 流涎、痙攣発作、下痢、嘔吐、呼吸困難、縮瞳
    ニコチン中毒 タバコ中毒 下痢、嘔吐、脈拍低下 副交感神経作動作用を伴う神経興奮され麻痺に進行
    ナフタリン中毒 防虫剤 溶血性貧血 神経異常(運動失調、振戦、発作) 嘔吐、抑鬱、振戦、食欲不振、下痢、散瞳
    Clostridium botulinum中毒 後肢の虚弱、弛緩性四肢麻痺 散瞳、顎の緊張低下、顔面筋筋力低下、嚥下困難 巨大食道症
    ハチ、クラゲ、毒蛇による咬傷
    ワルファリン中毒 クマリン系殺鼠剤 全身の出血傾向 鼻血 皮膚、歯茎、眼から出血
    熱射病 体温40℃以上 パンティグ 痙攣 呼吸困難 頻脈 唇が赤い ショック DIC 吐血、血便
    食中毒(貝類 フグ 毒キノコ)
    細菌性食中毒 大腸菌
    毒草

    植物中毒:
    アザレア 植物 葉と蜜:流涎・嘔吐・徐脈・痙攣、昏睡・死亡
    イエロージャスミン 植物全体に含まれる物質:運動失調・嚥下困難・痙攣発作・呼吸筋麻痺・死亡
    フィロデンドロン 植物 葉:口内炎・接触性皮膚炎・痙攣・神経症状・腎機能停止・死亡
    イチイ 植物 嘔吐、腹痛、悪心、筋力低下 大量:呼吸困難、痙攣、不整脈、突然死

    新生子黄疸症 初乳により発症 重症時数時間後に死亡 血色素血尿・血色素尿 黄疸は3日目以降
    子癇 神経過敏 不安 著明な流延 歩様異常 起立不能 呼吸速迫 痙攣 呼吸速迫 発熱 頻脈 粘膜充血
    妊娠に伴う低血糖 活動低下と採食量の低下後に嘔吐、呼吸速迫、異常な緊張や極度の疲労が続く

    薬物:
    狂犬病ワクチン副作用 痛み 食欲減退 倦怠感 脱力 発熱 嘔吐 下痢 浮腫 呼吸困難 知覚麻痺 運動麻痺 起立不能
    薬物性アナフィラキシー 嘔吐および下痢が現れ、その後に肝循環閉塞による高度のショック状態に陥る

    その他:
    新生子黄疸症 初乳により発症 重症時数時間後に死亡 血色素血尿・血色素尿 黄疸は3日目以降
    落下
    転倒
    打撲
    感電 胃潰瘍 嘔吐 吐血 コードを咬んだ場合:唇・舌・口粘膜に火傷

人畜共通感染症(ズーノーシス)

    感染性疾患:
    犬、猫などによる咬傷

    ウイルス:
    狂犬病 人間:咬傷部位の知覚異常、疼痛、頭痛、発熱、呼吸・嚥下障害、呼吸麻痺で死亡
    ダニ媒介性脳炎 人間:日本地域的発生 発熱 嘔吐 頭痛 痙攣発作 マダニ媒介 日本:犬やヤマトマダニからウイルス分離
    レオウイルス感染症 人間:乳幼児期における不顕性もしくは軽微な呼吸器病や胃腸病 不明な点が多い

    細菌:
    結核 人間:不顕性感染 呼吸器系症状 咳
    レプトスピラ感染症 人間:不顕性感染、発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、倦怠感、眼球結膜充血、黄疸、心不全、痙攣
    カンピロバクター感染症 人間:目眩、筋肉痛、腹痛、発熱、下痢
    パスツレラ感染症 人間:動物の噛み傷や引っかき傷原因 局所疼痛・腫脹、リンパ節腫張・化膿
    サルモネラ感染症 人間:急性胃腸炎、嘔吐、下痢、腹痛、食中毒症状
    ブルセラ症 人間:発熱、関節痛、不快、違和感、夜間の発汗、脱力  精神病に似る B.canisの感染は犬のみに限定・人間は特発性宿主で感染は他のブルセラ菌よりも比較的穏やか
    ヘリコバクター感染症 人間:細菌 胃炎・胃潰瘍
    菌血症
    黄色ブドウ球菌感染症
    MRSA感染
    大腸菌群感染症
    嫌気性菌感染症 悪臭のある液体 組織の壊死 創傷部のガス発生 咬傷による感染
    Clostridium botulinum中毒 全身性虚弱 弛緩性四肢麻痺 散瞳 顎の緊張低下、顔面筋低下、嚥下困難
    破傷風 人間:全身横紋筋硬直、自律神経失調、呼吸困難、嚥下困難、腹痛
    野兎病 人間:悪寒、発熱、筋肉痛、突然発症 皮膚に痛みのある小さな潰瘍と、近くのリンパ節に痛みと腫れ
    炭疽 Bacillus anthracis 限局性咽頭炎 胃腸障害 浮腫:口唇・顔面・頭部・頸部 敗血症:発熱・ショック・腎不全・呼吸困難・急死
    ノカルジア症 化膿性肉芽腫 四肢・頚部皮下の化膿と膿瘍 跛行 瘻管・滲出液排泄 リンパ節・肝・脾腫大 腹水 腹膜炎 咳

    スピロヘータ:
    ライム病 スピロヘータ 人間:遊走性紅斑

    リケッチア:
    鮭中毒症 リケッチア 発熱 体表リンパ節の腫大 渇欲亢進 嘔吐 食欲不振 沈鬱 下痢→血便
    エロコミン吸虫熱 リケッチア 鮭寄生吸虫がリケッチア保有 鮭中毒症より軽症 発熱 化膿性粘液性目脂 下痢、嘔吐、脱水
    つつが虫病 リケッチア 人間:近位リンパ節腫脹、悪寒、頭痛、倦怠感、筋肉痛を伴って発熱、徐脈、斑丘状皮疹
    Q熱(コクシエラ症) リケッチア 人畜共通 人間:急性慢性の多様な病態・不顕性感染・一過性の発熱・呼吸器症状
    紅斑熱群リケッチア症候群 リケッチア 人間:激しい頭痛と発熱で始まり少し遅れて発疹 全身倦怠感、関節痛、筋肉痛 米粒大紅斑が手足、顔面多数出現 痒みがない
    日本紅斑熱 リケッチア 人間:ツツガムシ病に類似 初期発疹は体幹よりも四肢に多発 7〜9月多発
    エールリッヒア症 リケッチア 人間:高熱、白血球減少、筋肉痛、頭痛 抗体陽性犬:沖縄・九州・本州

    内部寄生虫:
    線虫:
    フィラリア症 人間:肺に10円玉大結節形成・肺血管梗塞、皮下腫瘤、咳、発熱、胸痛、喀血 犬から蚊媒介により間接的伝播
    犬回虫 人間:肝・脾腫大、ブドウ膜炎、向神経系幼虫移行症 犬から直接的伝播
    犬小回虫症 人間:内臓幼虫移行症
    猫回虫 人間:肝・脾腫大、ブドウ膜炎、向神経系幼虫移行症 犬から直接的伝播
    鉤虫 人間:幼虫皮膚爬行症、好酸球性腸炎 犬から直接的伝播
    糞線虫 人間:成虫の腸管寄生・慢性腸炎(下痢・下痢)、皮膚炎 犬から直接的伝播
    腎虫 寄生は犬科、イタチ科の動物に多いが、馬 豚、人間にもみられる。
    東洋眼虫症 人間:結膜充血 犬から直接的伝播
    有棘顎口虫 人間:肝臓や皮下などを移行し、食欲不振、嘔吐、腹痛のほか肝症状を呈し、最後に特徴的な皮膚腫脹が起こる
    肝毛細線虫 特異な発育環
    旋毛虫 人間:発熱、下痢、筋肉痛、発疹、眼瞼浮腫、好酸球増多 欧米では死亡例もある
    蟯虫症

    条虫:
    マンソン裂頭条虫 人間:犬から間接的伝播
    瓜実条虫 人間:子供に下痢と肛門掻痒症、無症状 蚤を潰すと卵が無数にばらまかれて人間の幼児感染
    縮小条虫 人間:無症状 主要な終宿主はネズミと人間
    日本海裂頭条虫 人間:貧血 人間が魚を食べることにより発生 犬から間接的伝播
    有線条虫 犬猫、フェレット、人間にも感染して成虫となる
    連節条虫 人間:共尾虫症 終宿主は犬および犬科動物で人間も中間宿主となりえる
    単包条虫 エキノコックス 人間:無症状に経過 肝臓寄生:黄疸・腹水・肝不全 九州に多い
    多包条虫 エキノコックス 人間:無症状に経過 肝臓寄生:黄疸・腹水・肝不全 各所に転移 北海道に多い

    吸虫:
    日本住血吸虫 人間:発熱、粘血便、肝硬変、貧血 主要な終宿主:人間、牛、犬猫など
    横川吸虫 人間:慢性腸炎、腹痛、下痢 主要な終宿主は犬猫と人間など
    肝吸虫 人間:無症状、胆管炎、肝硬変 主要な終宿主は犬猫、ネズミ、人間
    浅田棘口吸虫 人間:多数寄生で下痢や血便 宿主:犬、ネズミ、イタチ、人など
    外旋棘口吸虫 人間:多数寄生で下痢や血便 宿主:犬、ネズミ、トリ、人など

    原虫:
    トキソプラズマ 人間:不顕性感染 リンパ節炎、胎児に経胎盤感染:流早死産・網脈絡膜炎 犬によるものはほとんどなく猫が主
    赤痢アメーバ 人間:無症状、アメーバ性大腸炎(粘血便や反復する下痢)、肝膿瘍
    ジアルジア ランブル繊毛虫 人間:腹痛、下痢
    トリコモナス腸炎
    バランチジウム 人間:無症状が多い、腹痛、下痢
    クリプトスポリジウム症 人間:腹痛、下痢 後天性免疫不全症候群(エイズ)の人間で激しい分泌性下痢、脱水症と死の原因
    リーシュマニア症 住血鞭毛虫類の原虫 人間:内臓や皮膚型リーシュマニア症、全身性感染症 吸血サシチョウバエにより媒介 日本発生なし
    エンセファリトゾーン症(ノセマ症・脳性胞子虫症) 犬・人間・特にウサギに感染

    真菌等:
    皮膚糸状菌症 人間:頭部や体部白癬
    クリプトコッカス症 深在性真菌症 皮膚:潰瘍・肉芽腫 膿瘍 呼吸型:くしゃみ 粘液様鼻汁 急性壊死性出血性肺炎
    スポロトリコーシス 深在性真菌症 頭部・体幹背側部限定 皮膚に肉芽腫又は膿瘍・潰瘍 リンパ管炎 リンパ節腫大 脱毛
    コクシジオイデス症 深在性真菌症 咳、微熱、、骨病変 非化膿性骨髄炎 病変は長骨骨幹部 跛行、軟部組織腫脹、疼痛
    アスペルギルス症 鼻腔型:長頭種 粘液膿性鼻分泌物血液混 播種型:ジャーマンシェパード 沈鬱、発熱 骨髄炎
    ブラストミセス症 深在性真菌症 犬の咬傷により人間が罹患肺・皮膚・眼・骨が侵され全身性感染 乾性咳 発熱 削痩 呼吸困難
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 慢性の咳 水様性下痢 不顕性感染 痰
    ピチウム症 真菌 脱毛、結節、潰瘍、肉芽組織、漿液血液様から化膿性滲出液 局所リンパ節腫大 メキシコ湾岸 ムコール症

    外部寄生虫:
    ノミ(蚤)感染症 人間:下肢・特に膝から下に見られる紅斑性丘疹 ペスト媒介
    疥癬(ヒゼンダニ、イヌカイセンダニ)症 人間:直径2〜3mmの赤い斑点 掻痒は夜間起こる 前腕、胸部、腹部、腋の下、首すじ、脇腹 飼主も40%感染ということもある
    耳疥癬症 人間:寄生は稀、時に掻痒のある皮膚疹
    ツメダニ症 人間:掻痒を伴う直径3〜8mm程度の丘疹がおこり、腕の内側や胸、腹部、大腿部、夜間の掻痒

    マダニ媒介:
    ダニ媒介性脳炎 マダニ媒介 日本:犬やヤマトマダニからウイルス分離 人間:日本地域的発生 発熱 嘔吐 頭痛 痙攣発作
    野兎病 人間:悪寒、発熱、筋肉痛、突然発症 皮膚に痛みのある小さな潰瘍と、近くのリンパ節に痛みと腫れ
    ライム病 スピロヘータ 人間:遊走性紅斑
    Q熱(コクシエラ症) リケッチア 人畜共通 人間:急性慢性の多様な病態・不顕性感染・一過性の発熱・呼吸器症状
    ロッキー山紅斑熱 リケッチア 人畜共通感染症 マダニで伝播 Rickettsia rickettsii 沈鬱 発熱 嘔吐 下痢
    紅斑熱群リケッチア症候群 リケッチア 人間:激しい頭痛と発熱で始まり少し遅れて発疹 全身倦怠感、関節痛、筋肉痛 米粒大紅斑が手足、顔面多数出現 痒みがない

日本発生未確認

    ウイルス:
    ボルナウイルス感染症 神経症状 致死的な髄膜脳炎

    プリオン:
    狂牛病 神経症状 日本での発生不明

    リケッチア:
    鮭中毒症 リケッチア 発熱 体表リンパ節の腫大 渇欲亢進 嘔吐 食欲不振 沈鬱 下痢 血便
    エールリッヒア症 リケッチア 発熱 漿液性鼻汁 目脂 食欲不振 体重減少 貧血 白血球血小板減少 発生報告はまだない 抗体陽性犬:沖縄・九州・本州
    エロコミン吸虫熱 リケッチア 鮭寄生吸虫がリケッチア保有 鮭中毒症より軽症 発熱 化膿性粘液性目脂 下痢、嘔吐、脱水
    ロッキー山紅斑熱 リケッチア 人畜共通感染症 マダニで伝播 Rickettsia rickettsii 沈鬱 発熱 嘔吐 下痢

    真菌:
    ピチウム症 真菌 脱毛、結節、潰瘍、肉芽組織、漿液血液様から化膿性滲出液 局所リンパ節腫大 メキシコ湾岸 ムコール症

    原虫:
    リーシュマニア症 住血鞭毛虫類の原虫 慢性角膜結膜炎、角膜ブドウ膜炎 鱗状および脱毛を伴うメガネ様眼瞼炎

    中毒:
    トカゲ毒の中毒 アメリカ毒トカゲとメキシコ玉状トカゲ 咬傷場所の出血 低血圧 疼痛 局所腫脹 流涎 流涙 日本にはない

不顕性感染

    感染症:
    レオウイルス感染症 軽い呼吸器症 不顕性
    ロタウイルス感染症 不顕性 幼犬の急性下痢 血様便 急死 末期は脱水 心拍数増加 体温低下
    結核 不顕性感染 咳 多尿多飲 悪臭のある軟便 黄疸 嘔吐 脱水 皮膚の潰瘍
    ブルセラ症 流産 犬は健常で多くは無症状 胚子死亡 不妊 死産 胎子菌血症 妊娠後期多い 新生子期に死亡
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 慢性の咳 水様性下痢 不顕性感染 痰
    ロッキー山紅斑熱 リケッチア 人畜共通感染症 マダニで伝播 Rickettsia rickettsii 沈鬱 発熱 嘔吐 下痢
    エールリッヒア症 リケッチア 発熱 漿液性鼻汁 目やに 食欲不振 体重減少 貧血 白血球血小板の減少
    ヘモバルトネラ症 リケッチア 貧血・発熱・脾臓腫大 粘膜貧血・黄疸 腹部の疼痛 脾腫 血色素尿?・ビリルビン尿

    内部寄生虫:
    コクシジウム症 激しい下痢 粘液・血液便 急激な脱水や貧血
    トキソプラズマ症 不顕性感染 下痢、筋肉脱力、呼吸困難 幼犬 発熱、リンパ節腫脹、嘔吐 鼻汁 咳 呼吸困難 眼障害
    クリプトスポリジウム症 原虫  Cryptosporidium 犬猫では稀 全身症状を伴わない下痢 小腸
    浅田棘口吸虫 成虫は腸寄生 無症状か軽微
    外旋棘口吸虫 成虫は腸寄生 無症状か軽微

    真菌:
    ヒストプラズマ症 深在性真菌症 慢性の咳 水様性下痢 不顕性感染 痰